矢倉沢往還

江戸幕府・昌平坂学問所が編纂した武蔵・相模両国の風土記稿は、「矢倉沢往還」を統一的な呼称として記載しており、これが幕府の公的な呼び名であったろう。
ところが、道中奉行が作成した「五街道分間延絵図」のなかに、小田原を起点とし関本を経て足柄峠を越え御殿場から三島に至る道筋を描いた「矢倉沢道見取絵図」がある。
・・・「矢倉沢往還」と「矢倉沢道」の関係を知らない。

 

平成20年6月6日(金)

7時45分 小田急・開成駅から歩いて数分の吉田島・下島を西に向かう。
集落の中を右に左にくねる細い道に、通勤途中の車がひっきりなしで危ない、危ない。
道の両側にはごく普通の家々が続き、このあたりに旅人相手の商いをしていた店があったとは信じられない。
道際の小さな用水路を満々の水が軽やかな音をたてて流れる。

牛島の集落に移っても、道は狭く、二台の車が擦れ違うときはひと苦労だ。
自治会館の前に「矢倉沢往還」の説明が掲げられている。

古代、都よりの東国に通じた官道のなごりともいわれます。
江戸時代、・・・富士山、道了尊、大山を結ぶ信仰の道としても栄えました。

幕末ごろから塩や雑貨を売っていたという塩屋も、瀟洒な家に変わっている。
要定川を越えると、田植えをしたばかりの田圃が所々に現れる。前方に、矢倉岳がやぐらの形というよりも、お椀を伏せた姿を見せている。

箱根登山・竹松坂下バス停から、道は折れて和田河原に向かう。通称怒田原と呼ばれる丘陵が、街道を大きく南のほうに迂回させたのだ。
富士フィルムテクノプロダクツあたりから集落の中の細い道を通って、少しばかり坂を上ると,福田寺の下に出る。さらに寺の前を過ぎて矢倉沢通りと合流する。角に立つ自然石の道標に刻んだ「左富士 向小田原・こふ津 右大山」がなんとか読める。
ここからは「矢倉沢道見取絵図」に描かれた道を辿る。

関本に入る。
まっすぐな坂道沿いに数軒の旅籠が建ち並んでいたらしいが、今は勿論新しく建て替えられているので往時の景色は全く残っていない。しかし高札場付近の中宿に本陣の福田屋、問屋の武蔵屋、旅籠の角屋の前に説明板が立っている。

本陣に小田原藩主が泊まった際には、草餅に白砂糖をまぶし、三宝に載せて差し出した。

なお大雄山道了尊参詣はここで左へ逸れる。
関本を出ると、緩い登り坂の道が延々と、西に向かってほぼ一直線だ。
雨坪で、弘行寺に寄る。

狭い境内の薄暗い片隅に、家康の側室お万の方の生母・性殊院の墓と伝えられる小さな五輪塔がうずくまっている。
紀伊・水戸の初代藩主のおばあさんの墓が、こんな辺鄙な寺にあるのが面白い。

弘西寺地区に入ると、道端に白地蔵がある。
安産と授乳に霊験があり、お礼にうどん粉を地蔵の顔に塗るので真っ白なお姿だ。妻は、今更とまったく関心を示さない。
このあたりの坂を化粧坂と呼ぶ。
苅野駐在所から足柄古道が右に上がっていく。古道はこのあと尾根筋を歩き、足柄神社を経て矢倉沢関所あたりで県道に戻るようだ。
足柄神社への登り口を過ぎる。
道の左に水田が、その先に狩川の流れがある。
矢倉岳の山容がずんずんと大きくなる。

県道から降りて矢倉沢下庭の集落を抜けると、関場の集落である。

関場では富士屋、立花屋、江戸屋、常陸屋など(の旅籠)が建ち並んでいた。富士屋と立花屋との間にあった釜成屋は、旅籠屋とも豆腐屋とも伝えている。
(「
南足柄市郷土資料館調査報告書 第11集」より)

人々の往来で賑わったことなどすっかり忘れ去ったように、のどかな静かな集落で、家々の周りに咲く色とりどりの花がまぶしい。矢倉沢関所跡は末光家の屋敷と広い畑になっている。

車がほとんど通らない県道を上がり続ける。勿論人っ子ひとりいない。
道際に「家康陣場の跡」の表示がある。天正18年(1590)秀吉の小田原攻めの際に家康が陣を敷いたところで、こんな山深いところ?とも思うが、この街道が東国への大動脈であったことを考えると不思議ではない。

街道は、足柄古道入口バス停から県道をはずれて林道を上がっていくようだが、金太郎と遊んだ熊が現れると困るので、そのまま県道を上がる。
周りはかつて金太郎が走り回った山々で、やがて金太郎の生家跡がある地蔵堂の小さな集落がある。
かつては地蔵堂の前に富士屋、吉田屋、大黒屋などの旅籠はあったが、今は食堂が二軒ほど。そのうちの一軒に入って早めの昼食。
地蔵堂脇を数分上がると、金太郎の生家跡がある。

Q:金太郎のモデルとは誰ですか?
平安時代中期に実在した人物で、源頼光の家来・坂田金時(公時)です。源頼光は、丹波国大江山の酒呑童子を退治したとされ、金時もこれに参加しています。
Q:金太郎が熊と相撲したのは本当のこと?
金太郎が山の中で誕生したことを象徴的に表すためだと考えられています。
(「歴史街道」平成20年6月号より)

戻って、地蔵堂前から街道に戻る。ここから峠までの標高差は約320m。この先、もう家はない。
県道沿い、足柄古道の小さな表示板が目に付く。
直線に近い古道が、大きくカーブする県道を突っ切って、山の中を上がっているのだ。

梅雨の晴れ間の陽射しがきつい。
日焼けを避けたい妻は、顔中タオルで覆って、暑い!暑い!とあえぎながらも頑張っている。
滴る汗が目に入って沁みる。
峠までの最後の斜面は足柄古道をたどって一直線に上る。
13時10分  足柄峠に着いた。関本から約4時間掛かったことになる。
足柄関跡、足柄城跡がある。

古代から多くの防人や官人がこの峠を越え、坂の険しさや風光の明媚さが都びとに喧伝され、摂関政治の全盛期には歌枕の地となった。
   足柄の 山の手向に 祈れども ぬさとちりかふ 花さくらかな  美福門院

静岡県側の金太郎富士見ラインと名付けた県道を下る。
「足柄駅まで60分」の表示があるところから、足柄古道を下る。
林の中を直滑降のようにどんどん下る。昨日までの雨でぬかっているところもあり、妻は恐々と足を運んでいる。
県道に合流する。伊勢宇橋を渡ると六字名号碑が立っている。日本一の大きさだという。
道幅の広い県道を独り占めにして下る。
竹之下一里塚。ここから先は町道である。

(竹之下へ行く道には、林道、県道、町道の三つのルートがあるが)最も古い道は、土地の人によると町道とのこと。
往古はこの道が官道として旅人が盛んに往来したが、元和4年(1618)から箱根街道が東海道として完成したため足柄街道或いは鎌倉街道と呼ばれるようになった。
御殿場市立図書館古文書を読む会編「ごてんばの古道」より)

道幅は狭く、切通しが続き、古道らしい風情がある。途中からは急坂を下りに下る。
最後は馬喰坂となって県道に合流すると、竹之下である。足柄峠の下、すなわち嶽の下が地名の由来だという。
無人の御殿場線
・足柄駅で休憩。

鮎沢川に架かる千束橋の袂に、足利軍と新田軍が戦った「竹之下古戦場」の石碑がある。
ここの集落は、頼朝が上洛の際に泊まったところで宿と呼ぶ。道は集落の真ん中で直角に折れる。家々の前に屋号が表示されている。すなわち、福屋、若狭屋、桔梗屋、小松屋、蔦屋・・・。

足柄駅入口交差点から竹之下合戦跡という有闘坂を上る。今まで散々山を歩いてきたのに、また道は山の中を上っていく。有闘坂上一里塚があって、やがて林を抜ける。
小山町営足柄温泉の横を過ぎる。東名高速を越える。

大雲院への参道入口に石仏が並ぶが、そのなかに童子の像を刻んだ接待供養塔がある。雲水たちはこの供養塔を目印に寺を訪れたという。
道の右側に見られる深沢の杉並木は、昭和27年にほとんどが伐採され、現在あるのは新たに植えられたもの。

足柄峠からは下りだけと思っていたが、竹之下からの道は緩やかだが上りが続く。
ようやく御殿場の市街地に入る。下宿、中宿、上宿があったはずだが、どこにも往時を偲ばせるものは無く、ごく普通の街並みが続いているだけだ。
吾妻神社の境内に「御殿場発祥の地」の碑がある。徳川家康は駿府から江戸までの交通路の整備を命ずるとともに、このあたりに御殿を建設して隠居所にしようとした。

16時45分   御殿場駅    44319歩 

今日一日見えなかった富士山が、日没時にシルエットのように黒く現れた。

 

 

平成20年6月7日(土)

5時40分 御殿場駅入口から県道を南下する。
頼朝が富士の巻狩のときの創建といわれる新橋浅間神社。
境内に樹齢数百年に及ぶ大樹があり、木の花名水が細く落ちる。おみくじは末吉だった。富士山は今日も見えないようだ。
商店が続いた森の腰を過ぎると、永原追分である。
大きな六字名号碑の脇にある小さな道標は「左へすばしりミチ 右へごてんばミチ」と刻んでいるらしいが、黒ずんで読めない。須走道は甲州街道に通じる。

道は緩やかに下っている。
東名高速をくぐる。
「矢倉沢道見取絵図」は、このあたりに見事な富士山を描いている。残念ながら今日は見えない。
ところで、江戸期以前の人々は「富士山は次のように出来た」と考えていたそうだ。

孝霊五年 あれを見い あれを見い
これは江戸期の川柳であるが、富士山は孝霊天皇の五年(BC.294)に一夜で湧き出したというもので、またこのとき近江国の地が裂けて琵琶湖となり、その土で駿河国に富士山ができたとも考えられ、世上ではこの説が最も流布していた。
山が荒れると「近江、近江」と叫んで神霊を鎮めたという。
(渡辺和敬解説「矢倉沢通見取絵図 第二巻解説編」より)

このあたりは竈新田。竈という地名は、頼朝が巻狩を行った時の竈場に由来するという。
諏訪神社の手前から県道に分かれて左に折れ、御殿場線の踏切を越えると、数多くの石仏群がある。街道に面して宿という集落があり、大振りな屋敷が続き、落ち着いた住宅街であるが・・・昔は違ったようだ。散歩中のお年寄りと話がはずむ。

嫁に来た頃は、同じような小さな家が並んでいて、自分の家がどれか分からないほどだった。
「しょんべん宿(しゅく)」と呼ばれていたよ。
上宿、中宿、下宿に分れて、家はみんな道際に建っていた。
道際を流れている用水路の幅が今よりもっと大きく、道はその分狭かった。

県道に合流する。
道端に庚申塔や石仏が多い。
中山でまた県道から分かれて、黄瀬川沿いの道を下る。
左下から川の音が湧き上がり、右側に木々の緑が溢れる住宅が続く。清々しい気持ちにさせるいい道だ。

大坂で県道に出る。
自衛隊のヘリコプターが頭上を舞っている。地図を見ると、右手に東富士演習場が広がっている。左手は箱根山塊。
町屋で黄瀬川を渡り、左岸に延びる静かな神山の集落を抜けていく。この集落にも宿場があったそうだが、内容は知らない。
東名御殿場ゴルフ場や駿河療養所への案内がある。
車のほとんど通らない、絶好のハイキング道は、
裾野市に入って、岩波駅横の県道に出て終わる。
この後、駅裏に延びる細い道を進み、箱根・芦ノ湖から取水している深良用水の流れを横切る。
ところが、地元の人の話では、この道は組合道と呼ばれているもので、街道は戦後進駐軍が利用するので拡幅された国道だとのこと。
そこで、深良新田で国道に出る。すぐに分かれて県道を南下する。

今日はスタートから緩やかだが下り坂で、結構脚にくる。さらに三島までずーと下りだ。
五竜の滝に寄り道。
黄瀬川を下る滝で、三条の雄滝と二条の雌滝から成る。梅雨どきで水量を増し、とりわけ雄滝が勇壮に落ちる。

滝のしぶきが夕靄と混って、滝壺は霞んでいた。滝壺から湿った空気が吹き上って来る。涼しいより寒いという感じだった。
「このまま二人で滝壺の中へ入っていきたいわ・・・」
守屋はその囁きを疑った。
(新田次郎著「蒼氷」より)

このまま南下すると沼津へ行ってしまうので、裾野市役所を過ぎて左折して裾野駅前から、三島に通じる県道に移る。
御殿場線の踏切を渡り、三菱アルミ工場横を過ぎ、伊豆島田から県道をはずれて西側に入る。このあたりに高札場があり、十分一役所があり、小田原藩が商品値段の十分の一を通行税として徴収していたらしい。
大場川の川音を聞きながら、静かな住宅街をくねりながら下っていく。

三島市に入る。
県道に戻ると、イチョウ並木の文教町で、戦前の野戦重砲連隊がいたところが学校になっており、校門から学生が三々五々出てくる。
JR
三島駅の東側のガードをくぐり、駅からの道と合流する。

12時35分  東海道・三島宿(本町)に到着   38595歩

東海道が箱根を通ることになって、江戸期には「矢倉沢往還」と呼ばれる脇道になってしまった。そして今、その道筋は、街の中に、山の中に埋もれつつある。やがて人々は忘れ去るだろう。・・・残念ながら、そんな予感をさせる街道だった。(了)


トップへ戻る