矢倉沢往還

リチャードソンの事件の後・・・大名行列の道筋を別の方向へそらして、厚木の町を通らせることを提言したのだが、この計画は失敗した。
(アーネスト・サトウ著「一外交官の見た明治維新」より)

生麦での外国人殺傷事件をふまえ、従来の東海道のルートを変更して、平塚宿より相模川に沿って北上し、厚木宿より矢倉沢往還を利用する計画が立てられ、実際に見分等も行われたが、最終的にはルート変更には至らなかった。

 

平成20年5月27日(火)

7時20分  厚木市旭町3丁目から、ゆりの樹通りと名付けた県道を南へ下る。

厚木は主要な道が集中し、加えて相模川の水運の利があったので、各地から物産が集まり、商業の町、宿場町として発展。明治9年には30軒もの旅籠があった。
とはいえ、小田急本厚木駅周辺は一面の田圃だったし、宿場も最勝寺あたりになると、家並みもまばらで人の往来が少なかったらしい

厚木宿は熊野森といわれた熊野神社で終わる。
神奈中・下宿バス停の先で、県道から分かれる。
ソニーの工場前に、桐辺堤と「きりんど橋」があったことを伝える石碑がある。桐が植えられた長い堤と田圃が広がって「桐堤賞月」の景勝地だったらしい。今、付近には建て込んだ家々と大きな工場の建物があるだけだが。
それでも岡田一本松バス停からソニーの工場横を抜けて、岡田の渡しがあったあたりに出ると、「相河清流」の雄大な景色が得られる。

バスや通勤途中の車がひっきりなしに走る。
三島神社の先、東名高速道路をくぐる手前に、「うなぎ観音」のある永昌寺がある。

相模川が洪水になると、うなぎが観音にお参りするかのように、うなぎ堀を上がって境内に集まってきたという。

しかし民家風の観音堂は閉まっており、運慶が造った(?)といわれる観音像も拝めなかった。
うなぎ堀と呼ばれる岡田用水路を渡る。
リバーサイドの先のごく平凡な三つ角で、これまで重なっていた旧平塚街道と分かれて右に折れる。西に向かい、県道と国道を渡る。

新玉川を越えると酒井新宿。平塚街道沿いの酒井村から、矢倉沢往還に進出した新宿の意味で、わらじ、安部川もちを売る店と一、二軒の木賃宿があったらしい。
今はごく普通の農村だ。とはいえ、田圃は工場・事業所に変わりつつあり、昭和30年代の厚木付近の農家を描いた映画「鰯雲」で見た田園風景は無い。淡島千景が戦争で夫を亡くした農家の嫁で、愛した人と別れて、それを忘れるかのように歯を喰いしばって除草機を押しているラストシーンが印象的な映画だった。

麦藁帽に紺絣、だが膝から下はもう泥ンこだ。
遥か遠くの野の果てを小田急の電車が走る。
早苗はどこまでも続いている。濃い緑一色の絨毯の如くに相模平野いっぱいに拡がっている。
そして、その高い空に――初夏にはめずらしい鰯雲。
(「鰯雲」  脚本橋本忍 監督成瀬巳喜男 主演淡島千景)

愛甲宿は暗渠になった玉川橋あたりから始まる。
橋を渡ると「左 大山道 右江戸青山 あつき道」と刻む庚申塔が立つ。
宿通りの中ほど、道から急に高くなったところに円光寺がある。本堂横に、頼朝の家人愛甲三郎季隆の墓と伝えられる五輪塔が、案内も無くひっそりと立っている。
県道を渡り、小田急・愛甲石田駅脇から国道に出ると、石田。ここは、北陸へ落ち延びようとした義仲を討ち取った武将として有名な石田為久の本領地だった。

泥田の中からはいあがると、魔の踊りのように、その首を差し上げて、体中から怒鳴った。
「木曽殿の御首級を、われ揚げたるぞ。――相州三浦の住人、石田次郎為久、木曽将軍義仲のお首を取ったりっ。――木曽殿をば、石田為久が討ちとったり」
(吉川英治著「新・平家物語」より)

石田交差点から左へ行く道は明治以降の新道、それ以前は「ヘッピリ坂」とも呼ぶ割地坂を上って右手の丘へ向かっていたようだ。今、丘の一部は削られて日本ロジテムがある。この工場の後ろに回りこんで階段を上がるが、かつてのように峠の二軒茶屋も、江ノ島・大磯の高麗山が見えた眺望も無い。
民家の間を抜けて坂を下り、国道を渡る。JA成瀬の後ろに白金地蔵が立っている。文政11年(1828)以来地元に大事にされているらしく綺麗なお顔だ。
架け替え工事中の棚田橋を渡り、田圃を埋めた新しい大きな道を渡る。右手に大山が大きい。
粕尾通り大山道と合流して下糟谷宿が始まる。

左へ、粕尾通りを下ったところに、旧家の能条家があり、この家の氏神だった若宮八幡が前の新しい家々の裏にある。
能条家の先の亀井家の祖先は、大雄山最乗寺を開創したという説がある。
粕谷下宿バス停から先に大きな屋敷が続く。名主鶴屋は、黒板塀の自宅と新しいマンション。
その先に普済寺。大きな多宝塔には北海道の地名が刻まれているそうだが、目を凝らしても分からない。
粕谷上宿バス停前に旅籠だった五つ屋。その前は生薬屋だった。

ところで、中世 糟谷を名乗る多くの武将がいる。いずれもこの地と関係があるようだ。

糟谷藤太有季は、頼朝の御家人として平家討伐に従軍し、義経追討の任にもついている。
中山道・番場宿の蓮華寺の275基の五輪塔のなかに、主君北条仲時とともに自刃した糟谷三郎宗秋のものがあるらしい。

亭々とした社叢のなかに、糟谷庄127ケ村の総鎮守だった高部屋神社がある。
鳥居や拝殿の注連縄にホンダワラがぶら下がっているのが珍しい。

延喜式内社。神社周辺の支配者が変わるたびにお祀りする神さんが増えたらしい。
住吉神社と同じ三筒男命も祀られており、祭りの際には大磯海岸で「汐汲み神事」を行ない、海水、浜砂、ホンダワラを採って来るそうだ。
茅葺の拝殿の向拝には竜宮城や乙女様や浦島太郎まで彫刻されている。

国道を越える。大きな白い東海大学病院の下を、そして来院者のためのいくつもの駐車場横を過ぎると、渋田川脇の咳止地蔵に出る。

小さな祠の前に可愛い土団子がふたつ供えられている。子どもの咳が止まると、お礼の本物の団子に変わるだろう。

市米橋を渡る。大山へ行く場合は右折する。しかし我々は4年前に大山詣でを済ましているので、今回は行かない。
そのまま直進して緩やかな坂を上っていく。伊勢原高校前から下る。

国道に出たところが伊勢原交差点。ここは伊勢原宿の北端である。

元和5年(1619) 伊勢宇治山田の住人らが、大山参詣の際に野宿した場所に、地下水が出ることを知って、開発に着手、家を造り栗をまいたのが(伊勢原村の)そもそもの始まりである。
草分けの人たちの縁で近畿地方から多くの人々が移り住みついた。屋号・氏名にも近畿ゆかりの名が多いのもその証左である。
(「伊勢原町勢誌」より)

伊勢原駅につながる宿通りに入る。
伊勢原大神宮で今後の旅の安全を祈る。境内で見た大神宮の由緒では、伊勢の住人が当地に来たのは元和6年となっていた。勿論、400年ほど前の一年の違いはまったく気にしないが・・・。
建ち並ぶ商店のひとつ「茶加藤」の先祖は、武田信玄の二十四将のひとりである加藤丹後守景忠。店に入って「清寿軒」を煎れて頂いて一休み。

国道に戻り、また西に向かう。
板戸あたりから国道と少し離れたり戻ったりし、白根付近からは国道に分かれて北側に大きくコの字に入る。
これは南側に大きく拡がっていた水田を避けて畑地の中を街道が進んでいた為だが、今は水田も畑も無い。
住宅やら事業所やら梨畑やら、鈴川を渡るあたりからは緑豊かな静かな住宅地で、そんな中に菊勇の蔵元を見つけたりと、国道の喧騒をいっとき忘れる道となっている。比々多で国道に戻る。

桜坂から右に行くと鶴巻温泉。東名高速をくぐる。新善波トンネルに向かって上がっていく。
街道は坪ノ内信号で国道と分かれて、善波川の細い流れを渡ると、整備された山の道となって上がっていく。
「関東ふれあいの道」の案内板がある。

この道は、・・江戸時代には裏街道として賑わい・・日常生活に必要な炭、わさび、干し魚、茶、それに秦野のたばこなどが、馬の背で江戸へ運ばれ・・・

この説明が無粋に感じられるほど、木々に覆われた気持ちの良い道が30分ほども続く。
しかし、そのまま善波峠へ行く道は無い。一旦国道に出て、すぐの新善波トンネル直前から国道に分かれ、ラブホテル街を過ぎて、今は利用する車も人も無い旧善波トンネルを抜ける。
さらに少し北を上がっていくと15分ほどで、切通しがあり、善波峠があった。
数体の石仏と、旅人の安全のために灯されていた御夜塔が残る。今は通り抜けられない峠だが、雰囲気は「The 峠」である。

峠から下っていく途中に見える秦野盆地の眺めは素晴らしい。国道の南側に残る旧道を道なりに下る。
秦野曽屋高校の周りを半周して国道に出て、金目川に架かる入船橋を渡る。ここから秦野宿だが、橋を渡ってまた坂を上がっていくのにはウンザリ。
秦野市は波多野氏が栄えたところだった。

田原藤太秀郷の孫の孫たる公光は相模守であった。其子の公俊も亦相模守であったといふ説がある。公俊の子経秀は即ち波多野家の元祖である。・・・三浦岡崎曽我澁谷など此地方の武士は悉く彼等の縁者であった。しかし年月の力と云ふものは如何ともせん方無きもので、是程の名門でも今往って見ると、村名以外には殆と何の痕跡も留めて居らぬ。
(柳田國男著「游秦野記」より)

秦野宿の名残りも、下宿・仲宿・上宿通りのバス停名ぐらいなもので、商店は殆ど建てかえられ、しかもシャッターを閉じた店が多い。
ジャスコの入口に湘南軌道の碑がある。この軽便鉄道は葉タバコの輸送を目的に、ここにあった専売公社と東海道・二宮駅との約10キロを繋いでいたという。
しかし有名な「秦野のたばこ」も随分昔に作られなくなり、毎年開催される「秦野たばこ祭」のタイトルに残っているだけだ。
13時30分 寿町のやなぎ屋で日替わり定食。


水無川を渡り、右に折れ、川と小田急に挟まれた今川町、上今川町、清水町、緑町を貫く真っ直ぐな道を進む。緩やかだが、上がり続ける。
しかも、晴れ上がった空からは容赦なく陽が真正面から照りつけて、妻が遅れ出す。
住宅街を進んできた道は、国道を渡ると周りは工場になり、小田急を越えるとまた住宅の中になる。次第に商店が現れると、渋沢駅が近い。
稲荷神社の「右ふじ道」と刻まれた道標の傍らで休憩。アイスクリームが体を冷やしてくれる。

渋沢駅を右に見て、萩が丘に向かって真っ直ぐに上って行く。
上がるにつれて、丹沢の山々が左に延びる。
下に広がる家々の中に西中学校の白い校舎が覗く。
この中学校を卒業したのが、去年の今日亡くなったZARDの坂井泉水さんだ。

「負けないで」
負けないで もう少し
最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても
心は そばにいるね
感じてね 見つめる瞳
(歌 ZARD 作詞 坂井泉水 作曲 織田哲郎)

♪負けないで ほらそこに ゴールは近づいてる♪ とまるでこの急坂を上るためにあるような歌詞だ。歌うというより唸りながら上る。

新しい住宅地を抜けると、徐々に家がまばらになり、さらに西へ進み、山の中に入り込み、どんどん下る。しかしこの道は、踏み跡が無くなり、潅木に覆われた泥濘になって、最後は高い笹が生い茂って道がまったく分からなくなった。

頭高山への標識のあったところまで戻り、一旦 南に向かう。
丘の斜面に石垣を高く積んだ家が張りついた千村の集落を下っていく。すりばちの底のようなところに出ると、西に向かう道がある。再度 山越えに挑戦だ。
すぐに家が無くなり、今度はいきなり樹木に覆われた下りの山道だ。しかし車の轍の跡がある。道端に馬頭観音もある。細い道を下り続ける。道際を深く落ち込む沢から水音が激しく湧き上がる。木々の緑を楽しむ余裕は無い。
15分ほど下り続けるとパッと前が明るくなって、小田急の電車が目の前を走った。よかった!
ところが、国道に繋がる道がない?
線路を跨いで、農家の庭に入り込み、ご主人に道を尋ねる。

国道への道?この横の川の中を歩けばいいよ。
(えっ?この流れの激しい四十八瀬川を渡れますか?)
そうだね。今日は水が多いなあ。
(それでも、川の中を歩かねばならないのですか?)
それじゃ線路を歩いて川を渡って、そのあと川べりを歩けば国道に出るよ。

川を跨ぐ小田急の線路を歩き、川辺の平均台のような護岸を恐々伝って、ようやく国道に出た。

たていしバス停付近から国道を歩き始める。
街道の道筋は上の茶屋あたりまでは国道だろうが、蛇塚からは車の少ない県道を選んだ。
四十八瀬川の流れは途中、川音川に名を変えるとともに川幅を広げ、小田急と絡みながら、県道の横を下っている。

川音川を渡った街道は、下の茶屋から篭場橋横の神山に出てくる。
東名高速の高い橋脚をくぐる。大井松田インターは近い。
県道を渡ると清水の集落で、入り口にある大和屋は江戸期 宿屋だった。ここからしばらくは、上の家といわれた北村家、下の家といわれた田中家などが趣のある家並みをつくっている。
しかし御殿場線を越えて、町屋の集落に入ると、問屋や宿屋や商いをしていた家も、大振りな農家としか見えない。
疲れた足を引きずりながら、道なりに進むと、酒匂川の岸に出た!

江戸中期まで、酒匂川には松田町町屋と開成町下島を結んで、「十文字の渡し」が現在の足柄大橋付近にあった。渡しは川の流れの変化により、上流へ上流へと移ったが、「十文字の渡し」の名前はそのまま付いていった。

川幅の広い酒匂川に架かる足柄大橋を渡る。
足柄の山の峰に太陽が近づいている。

暑い一日だった。

18時20分    小田急・開成駅    57394歩


トップへ戻る