矢倉沢往還

幕末期における矢倉沢往還は、小田原藩・荻野山中藩の「御家来衆」に加え、「上方筋より御通行御弁利と相見え」、駿河・遠江・三河・尾張・紀伊などの「諸家御藩中繁々御通行多く」とあるように東海道の脇往還としてさまざまな旅人に利用されていたことが推測できる。
厚木市郷土資料館編「東海道と矢倉沢往還」より)



平成20年4月20日(日)

6時35分 東急・宮前平駅前をスタート。
いきなり小台坂と呼ぶ坂道を上る。道沿いには中低層の高級感のあるマンションが多い。
地酒・草鞋を売っていた「下の店」もマンションになり、屋敷内にあった観音堂の跡が、その前のイヌツゲの茂みにある。観音堂は幕末に焼失したらしい。
万屋だった「上の店」があったのは、坂を上り詰める手前のマンションのところだろうか。

尾根道に変わり、やがて県道に出ると東急・高山バス停付近。
鷺沼交番近くのみずほ銀行横から、くねくねと曲り急勾配に落ちる八幡坂を下る。
国道246号に出たところから、街道は有馬川を渡り国道を斜めに横切って丘を上っていたのだが、区画整理で消えている。
近くの交差点を渡って上がり始めたところにある小さな馬頭観音。
その脇の石碑が「愛も憎も生も死も眠っている道」がなくなることを惜しんで顛末を述べている。

昭和27年東急・五島慶太氏が多摩田園都市開発の構想を打ち出し、36年より次々に着行された区画整理工事によって多摩丘陵は大きく変わった。それまで残されていた旧道はそのほとんどが姿を消した。

わずかに残った街道を探しながら、緩やかな、そのあとは急勾配の坂道を上る。
先ほどの馬頭観音は、本来 坂を上ったところにあって「右王禅寺道 左大山道」を旅人に示していたらしい。王禅寺道の詳細は知らない。保木薬師堂を経て
麻生区王禅寺へつながるらしいのだが。

ヒョイと有馬の住宅街を抜けると、手入れをした植木が現れて、造園業の皆川園がある。かつてここには立場茶屋があり、今も休憩するにはもってこいの緑の多い眺望がある。
うとう坂を下る。長い坂で、あゆみが丘の新しい家々を過ぎ、広い県道を越えても、横浜地下鉄をくぐっても続いている。
ようやく坂が終わるあたり、石段を登ると薄暗い木立のなかに老馬鍛冶山不動堂があり、不動堂の下から落ちる一筋の滝がある。

すぐ道は早渕川に突き当たる。往時架かっていた大橋が今は無いので、少し遡って宿裏橋で渡る。カルガモの親子が水面をすべり、大きな鯉が泳いでいるのを見ながら、川に沿って歩く。
早渕川と布川に囲まれた林になった一画は荏田宿の枡形で、下宿の婦人達によって建てられた庚申塔を祀った小祠がある。
すぐのJAは古着質屋の「現金屋」跡、その前のアパートが渡辺崋山の泊まった旅籠「枡屋」跡、隣の土蔵のある家は「たびや」、その先、中宿の「とうふ屋」の庭に常夜燈がある。

通りから少し入ったところに、真福寺がある。

ここには秘仏の子年観音があり、子年の今年は12年に一度の御開帳が行われていた。
すらりとした木彫りの千手観音で、平安時代の作らしい。

数人のご婦人らが御接待をしている。そのなかに「たびや」のご主人がおられた。お茶請けに筍や蕗の煮しめを頂きながら、荏田の話を聞かせてもらった。

宿場は明治28年に焼けて、昔のものは殆ど残っていない。
ただ、今でも下宿、中宿、上宿という言い方はする。
ここは戦後初めまでは不便なところで、横浜のチベットと呼ばれていた。
どこに行くにしても、東は綱島、南は中山、西は柿生、北は溝口まで出なければならなかった。
学校は溝の口まで自転車で行った。1時間くらいで行けたよ。
今は、東名バスを使えば東京駅へもすぐに行ける。電車より速い。

中宿をぶった切っている国道を渡る。高札場のあったコンビニあたりで宿場が終わる。
コンビニで折れ、荏田城のあった小高い森のふもと、ゆったりした佇まいの農家が並ぶ小黒谷を進む。
国道に合流するが、すぐ城南信金の先を国道と別れる。東名高速道路と東急をくぐり、途中 庚申塔や地蔵に手を合わせる。

東急・荏田駅の駅前広場をぐるりと回ったあと、街道は国道と線路に分断されて消え、やがて東急が市ヶ尾隧道に入る直前に現れる。
丘を乱暴に崩しての宅地開発が行われたのだろう、このあたりは長い石段を上って玄関までたどり着く家が多い。
道が下ると千日地蔵堂がある。
地蔵堂の前を過ぎ歯科医院を見て左に折れて下る道が猿田坂。ひっそりと身を潜めているような道である。
坂の下に旅籠だった「綿屋」の出桁造りの建物が残っている。

竹の下に着いた。柿生の方へ出る八王子街道(?)と、大山街道と呼ばれる二子の渡しの方から来た道とが交叉して十字路になる地点で、道の南側にはやや大きな古びた茶店が一軒、その前が馬車の終点で、・・・
(佐藤春夫著「詩文半世紀」より)
佐藤春夫は先の地蔵堂の脇の広い廻り縁のある一室を借りていたことがあるようだ。

矢の橋が架かっていた大場川は、県道の交差点で暗渠になっていて見逃しそうだ。
すぐに谷本川と呼ばれた鶴見川を川間橋で渡る。かつては渡るのに3文の橋銭をとられたが、武士は払わずに済んだらしい。
NTT前の大難の辻と呼ぶ二又を入る。ここは、大雨が降ると土砂崩れによって埋まったという。
右手に田中屋が見える。三代将軍家光を治療したマムシ治療薬を販売した話がある。また溝の口のはかりの田中屋からのれん分けしてもらったとの話もある。なにかと話題を提供する店らしいが、今はシャッターを下ろしている。

大門坂を上がる。腰掛茶屋だった家の入り口に樹齢600年といわれる一里榎がある。明治の大火で幹に空洞があり樹高も高くなく、横の桜のほうが大きくなっている。隣の家は代官という屋号らしい。
さらに坂を上ると医薬神社だが、田中屋のマムシ治療薬とは関係は無い。医王山薬王院東光寺が明治になって改宗したもので、祭神は因幡の白兎を治療した大国主命ら。

このあたりから、しらとり台までは谷本原と呼ばれた寂しい林の中の山道で、昼間から追いはぎが出没したという。
そんな物騒なところが開発されて、柿の木台・藤が丘・もえぎ野・青葉台になり、おかげで街道は消滅した。
青葉台駅近くで朝食兼昼食を摂る。

p角(さいかち)坂を下ると、今の青葉台、桜台方面から流れてくる雨堤堀(現しらとり川)がある。当時はサワガニ、ウナギの宝庫であったその谷川の上に榎田橋という土橋が架かっていた。深山幽谷の秘境は田園都市線が敷かれてから東京近郊随一の高級ベッドタウンに180度変容した。
(金子勤著「大山道今昔)より)

相変わらず、坂を上ったり下ったり、この街道が「八十八坂七曲り」といわれていたのを実感するなかで、モーテル前の石塔坂を下り、明治の初めに廃寺になった寿光院の墓地に入り込んで宝筺院塔を探したり、小さな道祖神に刻まれた「下り大山道 上り江戸道」を読んだり、さらには、国道で遮断された先に、渡辺崋山が柿栗を銭四十文で買った恩田茶屋の跡を探したりと忙しい。
恩田川を渡る。両岸には畑、植木畑がのびやかに広がる。しばらく交通量の多い国道を歩く。

片町で国道と別れ、緩やかに上がって、JR横浜線の青山ガードをくぐる。この道が青山街道とも呼ばれたためのガード名か?
道端の地蔵に刻まれた文字は「向テ右かな川 左みぞの口」「南つる間道 東江戸道」と読める。
下宿常夜燈から長津田宿に入る。

当時の宿場は現在の御幸通りで、街道に面した屋並は5、60軒であったが、はたご屋は6、7軒もあった。古老の話によると柳屋、河内屋、本旅、中旅、鶴旅、松本、鈴木屋、中村屋などで、そのうち柳屋は問屋もつとめ・・・。
(林房幸著「長津田の歴史を訪ねて」より)

かつて賑わったという御幸通りは広くなり、家並みも新しくなって、昔を偲ぶよすがは無い。
市街地を抜け、大石神社の先 長津田小学校の横に、街道の名残りと思われる竹林や雑木林に覆われた土道がある。
その土道を抜けると広い舗装路になり、うっそうとした木立のある森村学園を過ぎ、緩やかな長坂を上って行く。車の少ない長閑な坂道である。

国道に合流すると左右は雑木林が続く。ようやく下りになったところで、マクドドナルドの裏手に回りこんだのち、つくし野交差点を跨ぐと、細い道の右手が大きく開ける。馬の背と呼ばれる見晴らしの良いところで、町田の街の向うに大山・丹沢の山々が延びている眺めがある。
東工大の校舎群を見ながら、すずかけ台駅の方向に下り、また国道に合流する。
あとで考えると、それまでの起伏に富んだ道が、ようやく平坦になったのはこのあたりだろう。
神奈中・長津田辻バス停で国道から逸れ、まっすぐに行くと大ケ谷戸。庚申塔に「つるま」と刻まれている。このあたりでは一番古くから開けたところで、周辺に幾つもある鶴間の発祥地だ。集落内の円成寺も天正年間にできた古い寺。大きな農家が続く。
五貫目の道祖神を過ぎる。

武蔵と相模を分ける境川を渡ると下鶴間宿である。
今はごく普通の民家が並んでいるが、浜田賢著「下鶴間の史話」に書かれた明治維新頃の宿場の様子を参考にしながら歩く。

観音寺がある。その前にあった通称「やぶ」という、名主後見いわば用心棒だった蜂須賀家は河川改修工事で屋敷跡は無い。
居酒屋だったといわれる「浜田屋」。
「紺屋」だった高下家は大山阿夫利神社を祀っている。前のマンションが旅籠で生糸米穀商だった「山本屋」か。
鎌倉街道を挟んで「馬喰」の伊沢家と「弥一っ様」の瀬沼家。ともに名主などを勤めている。鶴林寺の開基に功績があり、同寺に来た田中角栄首相が「まるで殿様のような」と言ったお墓がある瀬沼家だが、今は東京に移られているようだ。
駐在所は旅籠「松屋」があったところ。隣のふるさと館の前が旅籠「三津屋」跡。

小さな流れの目黒川を渡ると、「門塀巨大」な豪農・長谷川家がある。

時の要人が着いた場合には本陣的役割を果たしていた。
渡辺崋山は宿を求めて立ち寄ったが、ちょうど客寄せがあって雑踏し、あきらめて、まんじゅう屋に泊まった。
明治に入っては乃木大将が泊まっている。
明治20年代には田畑山林あわせて123町歩を所有しており、昭和初年の小田急江ノ島線の敷設の際には、うち31町歩を提供した。

長谷川家の前から急坂となる。坂の途中に鶴林寺がある。寺の前の屋敷は元県議の土屋家。
坂を上がりきると、旅籠まんじゅう屋跡。前の道標は大半が地中にあり、矢倉だけが読める。きっと矢倉沢往還あるいは矢倉沢道と刻まれているのだろう。
養蚕をしていた農家などが続き、日枝神社の前で滝山道が交差している。滝山道は八王子・滝山と鎌倉をつなぐ街道。

江戸期は下鶴間宿を出ると、平坦な相模原台地に柴胡や桑畑や雑木林が広がって人家もまばらだったらしいが、今は民家・商店・事業所あるいは工場が間断なく続く。
街道はほぼ真っ直ぐで、小田急・鶴間駅横を通り、相鉄線を超える。時折、道端に石仏、庚申塔や道標がたたずんでいる。

大和市から座間市へ、さらに海老名市へ移る。

望地から南坂を下り、目久尻川を渡る。
伊勢山自然公園の下を通って、逆川と呼ばれた運河の碑を横目に見て坂を上がると、鎌倉街道に交わる国分の辻に出た。ここが国分宿の中心で消防器具置き場が高札場跡。

国分村」
国分寺所在の地なれば村名起こりしなり
家数百二十五 東西八町余 南北十九町 
矢倉沢道あり 道幅二間 当村より東のほう下鶴間村へ二里 西の方厚木村へ一里の継立をなす
(「新編相模国風土記稿巻之六十四」より)

宿場の後ろに相模国分寺跡が広がる。
音坂を下って県道に合流。海老名の繁華街を過ぎ、小田急を跨線橋で越え、JR相模線を渡る。
県道が左折するあたりから、「七曲り」が始まり、河原口の家々の間を縫って相模川の河原に出た。厚木の渡船場跡である。
真正面に大山が見える。
あゆみ橋で川を渡り、対岸の渡し場跡と渡辺崋山来遊記念碑まで川を遡る。

17時45分   小田急本厚木駅   53472歩

トップへ戻る