矢倉沢往還

江戸・赤坂御門を起点とし、青山から南西に向かい、二子で多摩川を渡り、相模国中央部を横断して、足柄上郡矢倉沢村(現足柄市)から足柄峠を越えて駿河国に至る街道である。
また、この道は江戸時代、大山(伊勢原市)へ参詣する人々が利用したことから、大山道・大山街道とも呼ばれていた。
(吉川弘文館発行「街道の日本史」第21巻より)

 

平成20年4月15日(火)

6時40分  メトロ有楽町線永田町駅から這い出ると、都道府県会館の横に赤坂見附跡がある。ここが今回のスタート地点で、街道は広い青山通りとなって弁慶堀を右に見ながら下っている。


いきなりのっけから寄り道をする。
明治の元勲大久保利通の乗った馬車が通った道筋をたどって、暗殺された清水谷へ行こうとしている。

(馬車は霞ヶ関・三年坂にあった邸を出て、国会議事堂裏から国会図書館角を左折し、自民党本部の手前でダラダラ坂を下り、右折して三べ坂を登りきって左に、)
赤坂見付ノ手前カラ右ニ達磨坂、夫レカラ直グニ馬首ヲ左シ、北白川様の南横、土堤内ノ坂路ヲ下リマス、コノ道ハ弁慶橋ガ出来マシテカラ廃道ニナリマシタ、夫カラ右ニ折レテ御遭難ノ清水谷ニ進ンダノデ御座リマス、
(「大久保利通遭難ニ付キ小高芳吉(馬丁)談話筆記」より)

赤坂プリンスホテルと弁慶堀との間に細い道がある。明治期と同じ道ではなかろうが、道筋はほぼ合っている。この道を下るとホテルニューオオタニにぶつかって清水谷に出る。

(そのまま清水谷を抜けて左折、紀尾井坂を上がって外堀を渡れば、明治6年の皇居火災後仮皇居になっていた旧紀州藩赤坂邸に着いたのだが・・・。)
右向手ノ叢カラ、白兵児帯ニ帽子モ被ラズ、手ヲ袖ノ中ニ入レテ妙ナ格好シタ一人ノ書生ガヒョイト溝ヲ跨イデ馬車ノ前面ニ顕ハレマシタ(同上)

明治6年に大久保利通が兇漢に襲われたところは、大久保公追悼碑のある清水谷公園よりも少し弁慶橋寄りだったらしい。参議院議員宿舎の前あたりか? 満開の八重の桜並木で華やいた通りからは、うっそうと繁った木の下道だった往時を想像することは難しい。


寄り道を終わり、弁慶橋を渡り赤坂見附交差点で街道に戻る。というより ようやく街道歩きのスタートだ。
鹿島本社を見ながら青山通りを上がる。
すぐ逸れて牛鳴坂の細い道に入る。
赤坂弓道場は旧赤坂小学校で、大岡越前守の西大平藩下屋敷跡である。

江戸町奉行として名声の高かった越前守は旗本から大名に列せられ、その出世にあやかろうと屋敷内にあった豊川稲荷へ参詣する人が多かったという。大正4年に小学校の敷地が広げられたとき、稲荷は少し動いて今の場所になった。
なお、越前守は「所宝惟賢」という書を遺している。宝は金銀財宝ではなく、賢いことが唯一の宝だという。馬鹿にされそうで付き合いたくない人物だなあ・・・。

赤坂、青山は江戸城に近く、大名、幕臣の屋敷が多かった。
右は出雲松江藩松平家の拝領屋敷跡。青山通りに面する羊羹の虎屋はその屋敷の隅にあたる。
左は旗本の屋敷跡だったところに山脇学園の建物が延びる。
くの字を描いた細道から青山通りに戻る。左に薬研坂がどーんと落ちる。右手は赤坂御用地。

高橋是清翁記念公園がある。

高橋是清翁は、御用絵師とその奉公人との子として生まれた。生後すぐ仙台藩中屋敷の足軽高橋家に里子に出され、やがてその養子になった・・・から始まる波乱万丈の生涯だったが、公園奥にある銅像の翁の顔は稀有の楽天家らしく実に柔和だ。
多忙な政務のなかで、この公園にあった落ち着いた和風の邸宅でコーヒー、パンの朝食をとり英字新聞を読み、孫たちと庭を散策することを大切にしていたという。

カナダ大使館、青山ツインビルを過ぎ、青山一丁目交差点を渡る。
北青山に丹波篠山藩青山家中屋敷跡、明治期以降は陸大があった。
南青山の青山霊園が郡上藩青山家下屋敷跡。

青山の地名が江戸初期に徳川家康の側近だった青山忠成の拝領地だったことに由来していることは有名な話だが、朝日新聞発行の「江戸情報地図」には、青山忠成の馬が走りたおれた駒留八幡がメトロ乃木坂駅近くの教運寺に並んで記載されている。
しかし、その寺の大黒さんに伺っても、八幡について心当たりはないとのこと。また周辺をいくら探しても見つからなかった。

明治神宮外苑の銀杏並木が芽吹いている。
梅窓院、この手入れの行き届いた青山家の菩提寺から青山学院大の手前までを、江戸城警備の鉄砲百人組の組屋敷があったことから青山百人町と称した。
表参道交差点を過ぎる。
骨董通りの手前、スパイラルホールの柱かげに「都旧跡 高野長英先生隠れ家」の小さな石標があるのを見つけた。

高野長英は、ここにあった青山百人町与力小島某の持家で質屋の伊勢屋の離れに隠れていた。
しかし捕方に踏み込まれて死亡。嘉永3年(1850)の出来事。

青山学院大は伊予西条藩松平家上屋敷跡。
向かい合う国連大学と子供の城は、山城淀藩稲葉家下屋敷跡で、明治に入って北海道開発のための開拓使官園となり、明治末期には市電青山車庫になり昭和40年代まで続いた。  

オフィスビルが立ち並ぶ青山通りと別れて宮益坂の商店街に入る。
もとは富士見坂といったが、御嶽神社のご利益を願って坂の名を宮益坂に変えた。ところがその神社はビルの上に追いやられている。通勤途中の大勢の人とぶつかりながら坂を下る。

宮益坂の坂下北側に馬肉屋があって、そこの子供も同級だった。玄関からすぐに広い階段が二階に通じているのが珍しく、赤い蹴出しを見せた姐さんが膳をささげて上って行く恰好を不思議な眺めとして覚えている。
こんな馬肉屋が付近に二、三軒あった。・・・これらは江戸時代の遊興地の名残りである。
(大岡昇平著「幼年」より)

山手線宮益ガードをくぐり、ハチ公広場横を過ぎて、道玄坂を上る。

天保2年(1831)渡辺崋山は、厚木への旅の途中、道玄坂で銅銭七十文の煙管を買った。
また 林芙美子がメリヤスの猿股を並べて二十銭均一の札を下げた夜店を出したのも、徳富蘆花が玉川の水を運ぶための天秤棒を買ったのも、鉄幹と彼を慕って上京した晶子が愛の巣をつくり、歌集「みだれ髪」を生んだのも道玄坂である。江戸川乱歩の怪人二十面相の隠れ家があったという話もあるが、未確認である。

朝のうちに道沿いのブティックなどに商品を搬入しようとするトラックが、坂の両側を占領している。
道玄坂を登りきって再会する青山通りは、玉川通りと名を変えている。
しばらくすると、玉川通りに分かれて大坂が落ち込む。相模川でとれた鮎を魚河岸に運ぶ若者が、この急坂を駆け上がって一服した団子屋は、どこにあったのだろう?

すぐ玉川通りに戻り、目黒川に向かって下る。
氷川神社の石段下に「大山道 せたがや通り 玉川通」と刻んだ天保13年(1842)の道標がある。玉川通りも世田谷通りも江戸期からの呼称なので、びっくり!
北側の大橋から駒場にかけては、将軍家の鷹狩りを行う16万坪の御鷹場駒場野が広がっていた。

しかし狩りの際に一羽の鳥も捕れないようでは将軍家の御威光に係わる。そこであらかじめ鳥を捕らえて飼育しておく。その役目に、先日歩いた津久井道沿いの野津田村のキジ捕り名人の権兵衛が選ばれた。
権兵衛さんのキジ捕りの方法は、キジの大好物の大豆をまいておき、近くの番小屋で様子をうかがい、キジが大豆を食べる瞬間に綱をひいて網をかぶせる。しかし、肝心のキジよりも先にカラスがえさを失敬してしまう。
そこで「権兵衛が種まきゃ、カラスがほじくる、三度に一度はおわずばなるまい、ズンベラ、ズンベラ・・・」という俗謡が生まれた・・とさ。

 
池尻で旧道に入り、稲荷神社をのぞき、三宿で玉川通りに戻る。
このあたりには明治期以降、陸軍の施設がたくさんあった。昭和女子大は近衛野砲兵連隊跡である。
三軒茶屋で休憩。大山詣での旅人も、三軒の茶屋で休んだのだろう。

明治14年2月 明治天皇は駒沢で兎狩をご覧になっているが、明治天皇記に「六日 十時三軒茶屋に著御 山本織之助の家にて御小憩の後騎馬にて発したまふ」とある。この山本家が、三軒の茶屋のひとつである石橋楼。今その場所はビッグエコーである。前に大きく「大山道」と刻んだ不動尊の道標が立っている。
なお天皇記は、当日の獲物を兎1羽、狸1頭と記録している。

三軒茶屋から用賀に向かう街道は新旧二本ある。玉川通りのほうが新しい。そこで玉川通りと分かれて、古い世田谷通りを進む。
上馬の駒留八幡に立ち寄り、若林の北原白秋の旧居跡を過ぎる。
円光院前から枡形を曲がり、代官屋敷のあるボロ市通りに入る。

近在のお百姓さんもさることながら、ぼくら小学生にとってもボロ市は鶴首して待つ楽しい年中行事だった。この日は学校も休みで終日町すじをうろつきまわり、ねじり飴だの綿菓子、馬の脚などを買い喰いできる。サーカスや猿芝居、お化け屋敷などの小屋もかかる。小学校四年生のときだ。ぼくははじめて「おでん」の立ち喰いをやった。
(「あまカラ」抄――寺内大吉作「おでん地獄」より)

弦巻の追分からは、先日歩いた登戸道が分かれる。ここにあった「左大山道 右登戸道」の自然石の道標を、さきほど立ち寄った代官屋敷に隣接する郷土資料館で見た。
マンション・官舎・民家などの間を、執拗なほど真っ直ぐに南下する。
小公園に「大山道の旅人の像」がある。チョンマゲ姿の商家のご主人が腰掛けて一服している。

道が下ると用賀の追分で、左後ろから玉川通りを進んできた街道が合流する。
真福寺の赤門に「喩伽山」の山号が掲げられている。用賀の地名がこの喩伽に因るとの説がある。
用賀駅近くの鰻屋でエネルギーを補充。
東名高速をくぐり、延命地蔵でまた道は二股に分かれる。古いほうの右の道へ進む。
環八を渡って慈眼寺の前の急坂を下る。次大夫橋を渡って、多摩川の河原に出た。

多摩川の二子橋を渡る。お洒落な「ニコタマ」のお店を覗くこともできないので、妻はちょっと不機嫌だ。

其の川の水源は甲斐か秩父か、地理に晦いをとめの頃のかの女は知らなかった。たゞ水源は水晶を産し、水は白水晶や紫水晶から滲み出るものと思って居た。春はその水晶山へ、はらはらと一重桜が散りかかるのを想像する。
(岡本かの子著「川」より)

 

二子の渡しからの道が、そば処喜よしの裏を通って、二子の上宿が始まる。
ここから、川崎市立稲田図書館発行「大山街道」に記載された昭和40年代の家並みを見ながら歩くのだが、目の前の通りはマンションストリートになって、往時とは随分違っている。
中宿の、岡本かの子の生家である名主・大貫家があったところも、マンションと小公園になっている。

大貫家は幕府諸大名のご用をつとめた商人として財をなし、いろは四十八蔵あったという話が残っている。
今は小公園に、蔵の土台石とヒマラヤ杉の大木が残るにすぎない。
二子神社の境内には、岡本太郎が、母親であるかの子を想って創った彫刻があった。それはいかにも岡本太郎の、あるいは岡本太郎しか創れないものだ。

下宿がどこからどこまで? 六軒町はどこ? とキョオキョロしているうちに、どうやら溝口に移ったようだ。
蔵造りのタナカヤ呉服店はなんとか残っているが、油と金物を手広く売っていた油田中は広い駐車場になっている。
高津四ツ角の先に、お茶とはかりの田中屋が150年ほど前と同じところにあり、一方 250年ほど前にできた薬の灰吹屋は新府中街道に移っている。
旧府中街道を越えると大山街道ふるさと館。
その隣のケーキ大和は、陶芸家・濱田庄司が幼い頃預けられていた祖父の家である。
二ケ領用水を渡る。
亀屋ビルは、国木田独歩が明治33年泊まった旅館「亀屋」があったところ。

旅人宿だけに亀屋の店の障子には燈火が明く射して居たが、今宵は客も余りないと見えて・・・
(国木田独歩著「忘れえぬ人々」より)

栄橋から溝の口駅は近い。南武線大山街道踏切を渡る。
片町の四つ角と広い県道を越えると、道は曲がりながら上っていく。さらにねもじり坂と呼ぶ急坂をあえぎながら上る。
住宅街の中を進む。道端に笹原の子育地蔵、身代わり不動。
梶ケ谷で国道246号を跨ぐ。庚申坂を下る。
アップダウンの道が立ち並ぶマンションの間に延びる。

15時55分  東急田園都市線宮前平駅  41853歩


トップへ戻る