歌姫街道

万葉びとが大和国から山城国へ向かう道で、平城宮の北にある歌姫を越える。
近世は郡山街道の一部だった。


街道は平城宮・一条南大路の大極殿跡から北上するのだが、街道そばに散在する4〜5世紀の天皇の古墳をめぐるには、近鉄・平城駅から歩き出すと都合がよさそうだ。

平成19年12月29日(水)
11時 平城駅で降る。
近鉄・大和西大寺駅から京都行きの各停に乗って一つめである。駅名は、このあたりが
旧平城村だからである。
次第に晴れてくるといっていた天気予報とは違って、小雨が降ったり止んだり。

駅前の六つ辻から「成務陵」の道標に従って坂道を上がると、成務天皇陵の後円部周濠に出る。
さらに垂仁天皇の皇后である日葉酢媛陵が現れ、二つの御陵の間を進む。
小山のように大きい御陵は木々を茂らせ、辺りは小雨に煙って幻想的である。
孝謙天皇陵の後円部から丘を下って山上八幡神社の前、下吉堂池の横から御前池の北に出る。
大きな池の西岸に回りこんで釣殿神社を過ぎると、佐紀神社が鎮座する。
ところが池の東にも同じ名前の神社がある。どちらが延喜式以来の伝統を持つのか専門家もわからないらしい。

池の東の佐紀神社の前の幼稚園の裏に、江戸期五代将軍綱吉の信任を得て、生類憐れみの令を勧めたとも伝えられる僧隆光の墓があったのには驚いた。

隆光は神田・錦町に護持院を建てた。
護持院は享保二年(1717)焼失し、跡地は原っぱとなり、その原っぱで森鴎外の小説でも有名な護持院原の敵討があった・・・というのは余談で、この大僧正はこのあたりに生まれ、ここにあった超昇寺で没したらしい。

目の前に、再建中の平城宮大極殿の大きな覆屋が現れる。
その前の佐紀町交差点が歌姫街道の起点である。
広々とした平城宮跡に背を向けて道は緩やかに上っていく。道幅は狭く、車二台がやっとだが、平城宮の造営の際には大量の材木や瓦が、この道を使って運び込まれたのであり、今よりもずっと広かったらしい。
右手に平城天皇陵の黒い森が見える。地図を見ると、さらに東には仁徳天皇の皇后磐之媛陵やウワナベ・コナベの大古墳がある。

地蔵が道の真ん中にたたずむ。奈良交通の歌姫町バス停を過ぎると、道がさらに狭くなり、両側の農家が古いたたずまいを見せる。

日あたりのいい、明るい中庭で、女どもが穀物などを一ぱいに拡げながらのんびりと働いている光景が、ちょっとピサロの絵にでもありそうな構図で、なんとなく仏蘭西あたりの農家のような感じだ。
(堀辰雄著「大和路」より)


ピサロの絵が思い浮かばない。仏蘭西あたりの農家を持ち出すあたり、小説家の発想は随分飛躍するものだ。
今日は正月の準備に忙しいのか、農家の中庭に人影はない。

 
街道に鳥居が覗く。
添御県坐(そうのみあがたにいます)神社である。農の神、旅の神として崇敬されてきた古社だ。
鳥居に新しい注連縄が張られ、拝殿前には松竹が立てられて、新年を迎える準備がすっかりできている。
小さな社であり境内であるが、厳乎にして清切である。灯籠に灯がともって幽玄でさえある。

道が下り坂になる。急坂の横に竹林があり、一直線に下っていくと田んぼがある。
さらにその先は平城ニュータウンの中の広い道となる。
新しい家々が尽きると、田んぼが広がって、もう京都府木津川市である。そこに「従是南大和国」の大きな石標が立っている。

13時35分  最寄駅の近鉄・高の原駅(平城駅から一つめ)に着く。  14782歩 

典雅な名前を持つ街道だが、距離は短い。
しかし街道周辺の天皇陵、古墳を巡る道は、静かな緑に包まれた素晴らしい散歩道である。 (了)



トップへ戻る