平成16年1月25日(日)

逗子駅から歩いて7、8分で久木郵便局前信号に着く。

7時 5分  県道から右へ分かれる細い道を入る。
閑静な住宅街の中をくねっていく道が、逗子開成学園の横に出る。正門の脇に、明治43年1月23日、七里ケ浜の沖でボートが沈み溺死した同校の生徒12名を悼む碑がある。

「七里ケ浜の哀歌」
真白き富士の根  緑の江の島
仰ぎ見るも 今は涙
帰らぬ十二の 雄雄しきみたまに
捧げまつる 胸と心

明治43年2月6日、同校校庭で行われた大法要の席上、鎌倉女学校生徒がこの哀悼歌を合唱した。作詞は逗子に住みこの事件をつぶさに知った鎌倉女学校教諭・三角錫子。
(堀内敬三他編「日本唱歌集」より)
 



右手の民家の裏はもう逗子海水浴場で、朝早くから砂浜を散歩する人が多い。
河口に近い田越川に架かる朱色の欄干の富士見橋を渡る。「浦賀道見取絵図」はここに田越板橋があったことを記している。川沿いのバス道を下って、国道134号を越えると、桜山の切通しとなる。
 鐙摺からは葉山町の堀内地区に入る。

「堀内村」  
戸数二百七十二 其内三分の二は漁家なり、
鐙摺   土人の傳に頼朝三浦に遊覧の時山路狭く、乗馬の鐙をすり往来自由ならず、故に此名起ると云ふ、今はさる険難の地にあらず、
(蘆田伊人校訂「新編相模国風土記稿 三浦郡巻之二」より)
 

葉山漁港では毎週開かれる朝市の準備をしており、もう10人ほどが野菜や魚を求めて待っている。
白い富士山が海の上から悠然と立ち上がり、江ノ島が手前にうずくまっている。

老舗らしい建物の日影茶屋は11時30分からの開店なので、残念ながら寄ることは出来ない。
海宝寺、葉山マリーナ、清浄寺。車の行き来が激しい。
脇町の庚申塔と表示されて、たくさんの庚申塔が祠に押し込められている。このあたりは元町というだけあって家も商店も多い。

堀内郵便局の先を左折する。ここから浦賀道は海に背を向けて三浦半島を横切って行く。
森戸川に架かる亀井戸橋を渡る。長徳寺を過ぎてゆっくりと上っていく坂は岩崎坂。絵図を見ると左手の山の名は岩崎山と大方瀬山。地図には千元山と記されている。山裾を進み、向原で国道に出る。

 町役場入口で御用邸に向う国道と別れて左の道に入るのだが・・・。間違って、手前にある旧道らしい急坂を上って腰掛山実教寺に出てしまう。山号は、当寺が鎌倉・小町にあったときに、日蓮が立ち寄り、腰を掛けたことがある故らしい。

一色村」
鎌倉より浦賀三崎に達する往還あり、村内にて両路に岐す、東は浦賀道南は三崎道なり、
瀧ノ坂   浦賀道にあり 登一町二十間
(「新編相模国風土記稿 三浦郡巻之二」より)

浦賀道は下ったり上ったりしながら、一色地区をほぼ真っ直ぐに延びている。
県道に出る直前、民家に挟まれた小さな地域に六地蔵と脇の庚申塔と呼ぶ10基ほどの庚申塔がある。さらに夜泣岩と呼ばれる大きな石もあるが、この由来を知らない。

車が多い県道は、SOTETSU ROSENの辺りからゆっくりと上がり始める。滝の坂である。かつてはうねりながら上ったと思われるが、今は山を直線で越えていく。昔の名残りを見つけようと山道に入ると、日本武尊が東征の際に湧き出る水を飲んで休憩したところに滝の坂不動がある。しかし、その先は県道が抜ける滝の坂トンネンの上で、通行禁止だ。
 
トンネルを抜けると上山口地区である。

「上山口村」
往還一條東西に貫く、浦賀より鎌倉への道なり 幅六尺許
新善光寺   古は鎌倉の名越にあり、当寺創建詳ならず
小金坂   浦賀道にあり、登二十間許
古碑   往還の北にあり、五輪塔二基並ぶ、高さ四尺余、土人伝えて猪俣小平太範綱の碑なりと云ふ、按ずるに猪俣氏は武州の着姓なり、当所に墓ある事疑ふべし、
(「新編相模国風土記稿 三浦郡巻之四」より)

新善光寺の山門に上る石段の下に南無阿弥陀仏を刻んだ背丈ほどの石碑がある。絵図には石杭と記されている。この寺の前から長い小金坂を下る。
京浜急行バスの御用邸水源地入口停留所を過ぎ、逗葉新道へ抜けるトンネル工事をしている湘南国際村入口から左に入って細い旧道を進む。両側の家は新しいが、道は右に左に曲がって街道の空気が流れている。栗坪川に架かる橋の名が「道中橋」というのも嬉しいが、絵図は、ここの橋をトウチン川板橋と珍奇な名で呼んでいる。山の裾野に民家が続く。ハイキングコースだろうか、散策中の二人連れを見かける。

 

栗坪の庚申塔と六地蔵があり、その先に猪俣小平太の墓と伝えられる五輪塔がある。その左に絵図には無い岡部六弥太の墓まである。前者は川越・児玉往還を歩いた際に埼玉県美里町で、後者は中山道深谷宿の先でお参りした記憶があるが・・・。
下山川の流れに沿った道が続く。

 県道に出て緩やかに上がる。絵図に鍛冶屋坂と記されたところだろう。境橋から木古庭地区に入る。絵図に鎌倉板橋とある不動橋を渡って、横浜横須賀道路の木古庭陸橋をくぐる。すぐに県道から分かれて右に高祖坂の細い道を上っていく。上りきったところに着物を着た姿を彫ったような庚申塔がある。
宗源寺坂を上ると、角に地蔵がある。このあたりは木々が多く、坂道はくねって、昔の面影が残っている。

 横須賀市に入ると阿部倉地区。ほぼ真っ直ぐに進むと石段。委細かまわずこれを下り、駐車場と家の間を下り、家々の間をくねる道を進む。一旦広い道に出るが、横須賀古道散歩の案内に従って、右に細い道を下って池上小学校の横に出る。

谷も丘も家で埋まっている。緩やかに下る坂は伝馬場坂らしい。途中に庚申がある。急坂を下る。

このあたりから金谷に掛けては市街化してしまい、絵図のおもかげは全くみられない。「横須賀市史」によると、戦後、公営の特別住宅・共同住宅、それに引揚者住宅などが市内各所に設けられたが、平作・金谷地区はその影響を大きく受けているようである。
(児玉幸多監修「浦賀道見取絵図解説編」より)

平作大橋。三浦高校。長い参道と石段の大明寺。
県道の左手の丘の裾に沿って進む。古い五輪塔。衣笠の居酒屋の間を抜ける細い道が、いつのまにか広い真っ直ぐな道となり、民家の間に商店や事業所が点在する。

 
横須賀高校の前に出る。ごぞんじ、小泉首相や一昨年ノーベル賞を受賞した小柴昌俊氏の母校である。
要所に横須賀古道散歩の案内があり、殆ど迷うことなく歩くことが出来る。
公卿町の高台にある明真寺から下を見ると、建ち並ぶ家々の間を、寺の前から丘の谷間に浦賀道が延びているのが分かる。
岩瀬アパートの一角に20基ほどの青面金剛と刻まれた庚申塔が並んでいる。そして金堀アパートとの間を入り、天神坂を下る。ここには300年ほど前の地蔵が大切に祀られている。

大津公園を縦断し、国道を越え、京急久里浜線をくぐる。諏訪神社の横に新誠寺。参道にあったという松並木は一本も無い。本堂で行なわれている法話がスピーカーを通して境内にいる我々にも聞こえる。イチョウの大木は蓮如が携えていた杖を挿したてたものらしい。

 矢津坂がかつての大津村と浦賀との境。浦賀道はここから矢津山を越えて浦賀に入っていく。
浦賀は入り江を挟んで東浦賀と西浦賀に分かれるが、今回の街道歩きでは、ゴール地点とした燈明台のある西浦賀に向う。

「西浦賀」
繁栄の地なり、戸数五百七十八、・・・浦賀奉行所支配所なり、
番所  湊際にあり、享保五年豆州下田より此地に移され、明年奉行を置かる、是より当所にて諸国の廻船を改めらる。爾来与力二員、同心六名、昼夜勤番し・・・
奉行役所  番所の西南にあり、享保五年番所と共に下田より移さる、海岸防御の事をも指揮す、
叶明神社  文覚源家繁栄の祈祷として石清水八幡を勧請す、平家西海に亡び所願成    就せしかば文治二年今の神号に改しと云、
燈明台  平根山の東海岸にあり、高五尺の石垣を築き上に楼を建燈を点し夜中廻船の標とす、
(「新編相模国風土記稿 三浦郡巻之七」より)

京浜浦賀駅前から三崎に向う広い道を進む。浦賀ドックを過ぎると、入り江べりの道となる。叶神社の緑青色の拝殿が見え、入り江の対岸にはここの叶神社を勧請した東叶神社が望まれる。

番所跡にある桟橋は陸軍桟橋ともいわれ、戦後南方からの引揚者数十万人が上陸したところでもあるという。狭い桟橋で釣り糸を垂れる人が多い。釣り人のバケツの中には、うるめいわしとタナゴが泳いでいる。ここから右手に入っていくと浦賀奉行屋敷跡があるが、住友重機の社宅になっていた。


家が途切れて、まだそこから約1キロも歩いてようやく燈明台跡に着いた。

松陰は朝早く起き、西浦賀をへて正午平根山にのぼった。黒船を見るためであった。平根山には、幕府がつくった燈明台(燈台)があった。この登高には、象山とその門生たちも一緒だった。
天は晴れている。
松陰は、象山からかりた望遠鏡をもって洋上を見た。
見えた。
黒船が、一線上にうかんでいる。
(司馬遼太郎作「世に棲む日日」より)

 

黒船の来た海を今、たくさんの大きな貨物船が走っている。その向こう、手を伸ばせば届きそうなところに房総の低い山々があった。

16時20分  浦賀・燈明台跡  47673歩

 

街道に残るかつての面影は、道ばたに残る庚申塔ぐらいである。しかし、日本史においてそれまでの時代と大きく変わる舞台となった鎌倉と浦賀を訪ね、富士山を堪能し、海を眺め、山を歩くという、風趣に富んだ街道だった。(了)


トップへ戻る