浦賀道

「浦賀道」と呼ばれる道は、二通りあった。一つは、戸塚宿から鎌倉雪下を経由して、小坪(逗子市)から三浦半島に入り浦賀に達する道、もう一つは、保土ヶ谷宿から金沢道を経て六浦(横浜市)に至り、そこから横須賀・大津(横須賀市)を通って浦賀に達する道である。
この二つの浦賀道は、道筋が大分ちがうが、ともに江戸方面から三浦半島に入る道として、海防・陸運・観光などの面で大きな役割を果たしてきた。

(吉川弘文館発行「街道の日本史 鎌倉・横浜と東海道」より)

 今から200年ほど前の寛政・文化期に道中奉行所が編纂した「浦賀道見取絵図」(以下絵図)は、前者の戸塚宿からの道を描いている。おそらくこの道を利用する人のほうが多かったのだろう。今回はこの絵図に描かれた道を、児玉幸多監修の「浦賀道見取絵図解説編」を読みながら歩く。


 平成16年1月18日(日)

JR戸塚駅から歩いて10分ほどの距離に八坂神社がある。
浦賀道はこの神社の脇から東海道とほぼ直角に分かれて始まる。  
7時15分スタート。

 かつて東海道と分かれたところにあった「これよ里かまくら道」と刻んだ等身大の道しるべが、今は100メートルほど先の右手に広がる日立製作所戸塚事業所の正門脇にある。
柏尾川を渡って、白い大きなマンションが建ち並ぶコンフォール上倉田団地の前を過ぎる。
東海道線に突き当たり、少し左にある豊田川架道橋をくぐって、県道に出る。

東海道線に並行する県道の左はその奥に広がる小高い丘の先端部で、道沿いに民家が続く。
民家の間の道の向こうに蔵田寺の本堂が見えるので行ってみると、駐車場も広く、からりと明るい空間だ。かつて参道に並んでいた六地蔵は、鐘楼の傍の小祠で肩を寄せ合っている。
「右かまくら道」と読める羽黒山講が建てた石碑が江ノ電バス上倉田停留所に立っている。
林宗寺は、つま先上りの坂の上にある。住職の話では、昭和40年代に移ってきたそうで、道理で絵図の場所と違うはずだ。

 下倉田の交差点から寄り道。左に入って右に左にくねくね曲がる道は永勝寺に続く。途中、細い畦道を入り石段を上がって下倉田八幡神社に寄る。絵図に八幡宮と描かれただけの神社だが、高台にあるので、歩いてきた方向の谷をマンションや住宅が埋めているのがよく分かる。畦道を戻った駐車場脇に、永勝寺への道しるべが立っており、「右かまくら」の小さな文字が読める。右にコープ野村戸塚の横を入ると、途中延命地蔵があり、県道に戻って寄り道を終える。

 商店が増え、マンションも多い。
下倉田交番の横に、「南谷戸のおおわらじ」が吊るしてある。大正期に地元の青年達が作ったのが始まりだが、古くからここで旅人は休憩しわらじを履き替えたらしい。

浦賀道は、交番前から県道の右手に入って高層マンションのブロードスクウエア戸塚の前を通って豊田小学校を突き抜けていたようだ。
ここで横浜市戸塚区から栄区に入る。

サンクスの脇に出て、県道を跨いで鈴木医院の駐車場に抜けて、静かな住宅の並ぶ中を県道に並行して進み、やがて県道に出る。
鈴木医院の背後にある満松寺に旅立ちの安全を祈って立てた板碑群があるというので行く。大きな墓地を持つ寺があったが寺の名を示すものがなく、通りがかりの人に尋ねてやっとここがお目当ての寺であることが分かった。しかし板碑は見つからない。

 環状3号線の長沼大橋をくぐると、二本松ハイツの建物を貫いていたと思われ、そのあとは路地を入り、正安寺の前を通って、また県道に戻る。
絵図解説編に、「道の反対側の八幡宮から寺のほうを見下ろすと旧道のありさまが展望できる」と書かれている。周りが削り取られたような小さな高台にあるその長沼八幡社に上がると、浦賀道は家々の屋根に隠れ、そのかわり真っ白な富士山が大きく見えた。

 緩やかな貝殻坂を下ると飯島交差点で、かいがら坂ハイツの家々が横に広がり、フェアロージュ本郷台が上に伸びる。周りの丘は欅が多く、葉を落とした姿はまるで茶色い珊瑚のようだ。大屋根が見えるので行ってみると般若院。その奥に飯島村の鎮守だった三島神社。

「飯島村」
東、小菅谷村、南、笠間村、北、長沼、下倉田二村、及び戸塚宿、・・・
鎌倉道村内を貫けり 幅二間、
(蘆田伊人校訂「新編相模国風土記稿 鎌倉郡巻之三十四」より)

 根岸線を斜めにくぐる。この辺りに絵図に記された腰掛塚があったらしい。やや上がりそして小菅ケ谷にだらだらと下る。セブンイレブン、AUTOBACS。商店が増え、マンションが増える。

鼬(いたち)川に架かる新橋(にいはし)の袂に、延命地蔵と「従是とつ加道」の道しるべがある。整備された岸辺を人々が散策したりジョギングしている。
笠間町歩道橋が十字路の右を跨ぐ。笠間薬局の前に地元の郷土史研究会が立てた笠間と刻んだ石柱があり、「風間(カザマ)の転化など諸説があるが、鎌倉時代にはこの地名で呼ばれていた」と説明している。

 道端の不動尊は小さいが憤怒の表情は一人前で、台座に今泉村不動道とある。すぐ先の笠間幼稚園の奥が法安寺。
数体の庚申塔がある。
青木神社の116段の石段を上がる。ところが絵図解説編は127段と記している。下りでも慎重に数えたが、やはり数は変らなかった。

 浦賀道は、鎌倉市に入って、資生堂鎌倉工場の斜め前の芝浦メカトロニクスを突っ切っていたと思われる。
大船郵便局の横を流れる細い砂押川に架かる橋の名は松竹大通橋。すぐ左手のイトーヨーカドー、鎌倉女子大のあたりにあった松竹大船撮影所に因んだ名前だ。
川に沿って右に進んだところに架かる仮設したような頼りない橋のあたりに、絵図に記された砂押土橋があったらしい。

 この橋を渡って伸びる細い道がイトーヨーカドーの駐車場横を過ぎ、大船駅近くのSEIYU、代々木ゼミナールの看板を右手少し離れたところに見ながら、住宅の間を右に左にゆったりと曲がりながら、長く続く。

「大船村」
昔此地瀕海にして粟を積たる船着岸せし縁故に因り、粟船村と唱へしと伝ふ、今の文字に改しは何の頃なりけん、
(「新編相模国風土記稿 鎌倉郡巻之三十」より)

 静かな裏道のような道が延びる。離山富士見地蔵、五輪塔が四つ角にあり、旧鎌倉街道中道の標柱が立っている。紛らわしい四つ角だが、第六感を頼りにやゝ右よりの道に進む。県道を越えると小袋谷地区だ。
 成福寺を左に見て横須賀線第一鎌倉踏切を越える。小袋公会堂の先、水堰橋の袂で県道に合流し、横須賀線に平行して進む。山之内地区に入って、鎌倉小坂郵便局、北鎌倉女子学園、十王堂橋。車が多い。

 鎌倉五山の第二位である円覚寺。漱石が参禅した塔頭の帰源院。高い石段の上の茅葺門に昨夜降った雪がまだ残っている。

山門を這入るや否やすぐ右手の方の高い石段の上にあった。丘外れなので、日当の好い、からりとした玄関先を控えて、後の山の懐に暖まっているような位置に冬を凌ぐ気色に見えた。宗助は玄関を通り越して庫裡の方から土間に足を入れた。上り口の障子の立ててある所まで来て、たのむたのむと二、三度呼んで見た。(夏目漱石作「門」より)

 東慶寺の裏山の低いツゲの垣根の中で、鈴木大拙、和辻哲郎、岩波茂雄、西田幾多郎、安倍能成の諸氏がひっそりと眠っている。
鎌倉五山の第四位の浄智寺では、受付の人が水仙の咲いたことを告げてくれる。春が間違いなく近づいている。
鎌倉五山第一位の建長寺。一昨年秋に小泉淳作画伯が描いた法堂天井の雲龍を拝観。龍が仏法の雨を降らしていた。

 建長寺の天下門にぶつかるように進んだ浦賀道は、その直前で右折し、円応寺を過ぎて、巨福呂坂の洞門を下っていく。新道の洞門を抜けて、いとも簡単に坂を越えて雪ノ下地区に入ったので、旧道の巨福呂坂の切通しの名残りを見たくなった。
そこで八幡宮裏の先にある車のお祓い所の辺りから右に入る。民家の間を緩やかな上る坂道の傍らに庚申塔や道祖神が残っている。期待を持たせるが、すぐに、どうしたことか一軒の平屋建ての民家が道を塞いでいる。その家の裏に廻っても、笹が大いに茂っており、道が見つからない。残念ながら巨福呂坂の切通し探索は失敗に終わった。

 車が殺到する四つ角に「鉄の井」がある。この井戸から掘り出された鉄観音の首は、東京・日本橋人形町の交差点近く、フジボウ本社近くの大観音寺に安置されている。

 鉄の井から一茶庵の前を通って、鶴岡八幡宮三の鳥居に出る。
鎌倉文士といえば、大仏次郎が頭に浮ぶが、若宮大路を進み、鎌倉雪ノ下郵便局の手前の路地を入ると、その裏通りに大仏邸がある。黒板塀が大きくうねりを描き、里見惇が書いた「おさらぎ」の表札が今も掛けられていた。
 小町通りの「コアンドル」でハヤシライスを食べる。気さくなご主人と言葉を交わす。

親父が開業したのは昭和42年で、私はまだ高校生でした。
その頃、小町通りは、鎌倉駅の近くにお店が2軒ほどあった以外は、しもたやが続いていました。
大仏次郎さんはじめ多くの作家に来ていただき、今は安西篤子さんが来られます。

 若宮大路の二の鳥居を過ぎ、右手から江ノ島道が交わる下馬四ツ角を左折する。絵図に記された「閻魔川に架かる墨売板橋」が、今の地図では「滑川に架かる延命寺橋」と変わる。横須賀線の大町踏切からは大町地域で、道の両側の商店は下町っぽい。
教恩寺の本尊は、鎌倉に捕らわれた平重衡が持っていた像らしい。
一遍に帰依して真言宗から時宗に改宗した別願寺。
安養院の本堂裏に北条政子の墓と伝えられる、にしては小さい供養塔がある。
安国論寺に昭和63年に亡くなった土光敏夫氏の墓を見つける。勿論大きくはない。
このあたりは日蓮の遺跡や関係する寺が多い。
長勝寺もそのひとつ。本堂の前に高村光雲作の大きな日蓮大上人辻説法像。その台座に昭和50年代のバブル時、地上げ王といわれた早坂某の名前がある。

 横須賀線の名越踏切と名越坂踏切を渡る。かつての浦賀道は名越坂踏切のあたりから横須賀線の軌道敷に入って消えているそうだ。
名越の切通しへのつま先上がりの急坂が始まり、JRのトンネルの上に上る。
陽が当たることは少ないらしく、ぬかるんだ細い道に両側から大きな羊歯が覆う。
自然石の石段を上ると、道は揺るやかに上がりそして下がる。
敵を防ぐために置かれた大きな石が道の真ん中に転がっている。
非常に狭い切通しの部分は逗子市教育委員会が保存工事をしており通れない。しかし上からも覗き込めば狭い様子はよく分かる。

 絵図解説編は「名越の切通しを越えてきた浦賀道は、いきなり新しい住宅地に出てしまう。その住宅造成のために、浦賀道の跡をたどることはできなくなってしまった。」と記している。
困った・・・。いくら絵図を眺めても名越の切通しから鐙摺あたりまでの道筋が分からない。途方にくれて尋ねた逗子市観光協会が明快に答えてくれた。

名越切通から亀ヶ岡団地の北端に出て、県道311号線へ降ります。バス停久木新道付近に出てきます。JR横須賀線の海側になります。久木郵便局前信号を右折、新宿交番前を通り、逗子開成学園横を通り、更に旧逗子会館前を通り過ぎると富士見橋へ出て渡ります。すぐ右折して田越川沿いに道なりにバス通りを歩いてゆくと鐙摺へ着きます。富士見橋から徒歩約15分です。

 小坪の住宅地から坂を降りて県道に出る。坂を真逆様に降りながら、改めて名越の切通しの険しさを実感した。

 16時20分  横須賀線逗子駅  40341歩


トップへ戻る