津久井道

この道は一般的に津久井往還といっているが、この他に江戸道・登戸道・柿生往還等々その地域の地名をとっており、その総合が津久井往還又は津久井道となる。しかし実際には津久井往還の名称はごく新しく、交通史研究上からとられたものである。
(相模原市博物館編「“道”再発見」より)

 
橋本から津久井まで

久保沢道を通って津久井に至り、津久井町教育委員会発行「つくい町の古道」を見ながら旧道を辿って津久井を抜ける。

平成20年4月5日(土)

7時30分  橋本駅南口近くの大山道の石標から八王子道を北へ向かう。
横浜線大山街道踏切を渡り、県道に出て、八王子バイパスをくぐる。
住宅街のなかに、津久井・久保沢に通じる久保沢道を見つける。道は西に向かっている。
横浜線田尻踏切を渡る。近くに橋本高校がある。

万智ちゃんを先生と呼ぶ子らがいて神奈川県立橋本高校
髪型もウェストもまた生徒らの話題なるらし教壇の上
廊下にて生徒と交わすあいさつがちょっと照れてる今日新学期
(俵万智著「サラダ記念日」より)

歌人俵万智が教壇に立っていた高校だが、校庭に銅像が立っている・・わけがない。
 

二本松で国道に合流する。車の行き来が激しい。
このあたりに、昭和37年津久井湖の誕生で湖底に沈んだ集落の132世帯が転入したらしい。
二本松交差点角に、街道に日陰を提供した二本松の二代目が植えられて、久保沢道の道標が立っている。その説明によると、久保沢道は大正時代に改修されてから「津久井新道」と呼ばれていたそうだ。

江戸初期から7の日に市を開いていた原宿を過ぎる。沿道に家が途切れない。
左に曲がる国道に分かれて直進すると、城山総合事務所前に鎌倉みち起点の石標がある。

「八里橋なし九里の土手」といわれたところで、鎌倉街道の起点らしい。
関東地方には、いたるところに鎌倉街道やら大山街道やらがあり、今日歩き始めた八王子道も大山街道と呼ばれていたし、手前の原宿に大山道の道標もあった。

そして温泉坂と呼ぶ急坂を下る。明治10年代、ここに熱海から湯を運んでいた温泉宿があり、坂の名になったという。

再び国道と合流したところが久保沢で、江戸期には毎月3の日に市が開かれ、材木・繭・木綿・海産物を中心とする取引の場として繁盛して、近江商人の進出もあった。
谷ケ原浄水場の前を過ぎる。構内の染井吉野が満開だ。
三方に山が見える。山がうっすらと白いので、雪が残っているのかとも思ったが木々の新芽のようだ。山笑うだ。

「旧道は、国道から右手に入って、中沢から荒川の渡しで荒川に渡ったのち、小網の原を西に進んで中野に至る。」 

しかし相模川を城山ダムで堰止めて津久井湖を造ったので、荒川集落も旧道も湖底に沈んで、旧道を辿ることは出来ない。
そのまま国道を進む。
城山ダムの天端を国道が走っている。津久井湖のまわりの染井吉野は満開でピンク色の帯をめぐらしている。
湖畔ではさくらまつりが行われており、花見客が集まってくる。

津久井城跡のある城山の山裾を進む。
中沢、荒川を経由した旧道は太井交差点に現れて、国道に合流するようだ。
中野への入り口で厚木からの道が合わさる。車が混んでいる。
日赤前で国道と分かれて、中野商店街と名づけた通りに入る。津久井郵便局の前で、長竹への道が分かれる。
津久井道の終点がどこなのか?
決まってもいないので、各方面からの道が集まる津久井郵便局前を今回の津久井道の終点にした。

10時40分  津久井郵便局  15309歩

 

津久井から相模湖まで

一応、津久井道は終わったが、さらに少し先まで歩いた。
戦後出来た津久井湖と相模湖のため、往時と様子が変わっているところも多いが、できるだけ旧道に拘っていく。

中野の旧道を西に向かって歩く。
街灯に中野商店街と表示されているものの、商店街とは名ばかりで店を開けている商店は少ない。
そんななかで、ひときわ目立つ東屋撚糸店のレトロな建物だけが、かつてはここが津久井地方の商業の中心地として繁盛していたことを伝えている。津久井では古くから養蚕が行われ、川和縞と呼ぶ紬織物が特産品だったという。

川和の辻から又野の集落に通じる道に入り、国道を渡る。
津久井郷土資料室があり、津久井湖の湖底に沈んだ村々の人々が使用していた農具・漁具・生活用具などが展示されている。
坂を下って大沢川を渡ると又野で、川から坂を上りつめると尾崎咢堂記念館がある。
憲政の神様といわれた尾崎行雄の生誕地だ。

私の家は、私が三、四歳のころ、怪火のために、家財全部焼失したので、記録も何も残っていない。舊家といふことだけは、徳川時代に出版された書物などに書いてあるが、いろんな書物を見ても、そのほかのことは一切わからぬ。實に不思議な先祖である。
(「尾崎咢堂全集」第十一巻より)

50年ほど前の記念館開設の際に植えた染井吉野が大木となって大いに咲きほこっている。前庭にあるワシントンから里帰りの咢堂桜と名づけた普賢象の開花は少し先らしい。

記念館の先の実相院の境内に薬師堂がある。堂内の天井で天女が舞っている。
近くで鶯が鳴いている。
急な坂を上りきると又野ッ原。坂を下ると野尻の集落。

野尻を抜けてそのまま直進すると、わずかばかりの農家が肩を寄せ合った落合の集落がある。

落合の里は、駄馬のいななきと鈴の音で朝があける。・・・
この街道は甲州から通じていて、落合というささやかな集落の往還も、中央線の開通しなかった、明治の中期までは、人馬の往来がはげしかった。
(神大寺雄著「落合の里」より)

今はひっそりとしているが、宿場の町並みがあったのだ。

米穀・荒物を商う萬屋。萬屋の店先にあった居酒屋の町田屋。
荷宿の丸屋、ここの梅さんは片道13里の道を一日に往復するほど足が速かったらしい。
一膳飯屋の喜久屋、内儀のおりんさんが美人だったという。医者と薬屋を兼ねた大和屋。(同上)

 
集落のはずれの急峻な七曲り坂を下る。
坂の途中、草薮から日待供養塔や施餓鬼供養塔が覗いている。
下りたところは桂川(相模川)と道志川が合流する津久井湖の西端である。
桂川の水が沼本ダムから白いしぶきになって湖に注いでいる。ブラックバスでも釣っているのか、小舟が浮かんでいる。
しかし、対岸の沼本への渡し舟は津久井湖の出現によって湖底に沈んだので、もう先には進めない。
戻って、三ケ木から国道を進む。

道志橋の下に、蛇行する道志川と桃源郷のような集落が見える。昭和20年代の連続ラジオドラマ「三太物語」の舞台だ。

おらあ、三太だ。東京から、おらの村まで、中央線でたった二時間だ。
あの山が道志山、そのとなりが石老山だ。
おらの村には、キツネもいる。タヌキもいる。うそじゃねえ。
キツネやタヌキのほかには、村長さんもいる。校長さんもいる。
(青木茂原作「三太物語」より)

三太はこの川で魚とりに夢中になり、あの大きな青い淵でカッパ大王を退治しようとして溺れかかったのだ。

道志橋を渡った後、道はずうと上り坂だ。
沼本で渡しを越えた旧道は、道筋から考えて寸沢嵐のあたりで国道に合流しているのだろう。

さがみ湖ピクニックランドの入口前から国道を逸れて、鼠坂八幡神社の横を国道に並行して200メートルほど上っていくと、民家の庭先に黒っぽい石がある。よーく見ると「鼠坂関址」と刻んである。

鼠坂関所の設立は、慶安4年(1651)の由井正雪の乱を契機としたと伝えられ、物資の流通を改め、また通行者は村人以外禁止された。従ってこの道は甲州街道の裏街道で、関所は小仏関に対する裏関所といえるし、一般的な庶民往来の道ではなかった。
(「“道”再発見」より)

よほど気をつけないと通りすぎてしまう石以外、関所跡を示すものがないのだ。
いささかがっかりしていると、道の反対側に「ゆらーり プカプカ 渡し舟」の看板があるのに気付いた。1キロ下に船着場があるという。
面白そう・・・半信半疑で、木々に覆われた細い山道を下ると相模湖畔に出た。黄色いドラム缶を棒でガーンと叩くと、ほどなく舟が迎えに来た、来た!!
相模湖駅下まで約10分、二人で1500円。ゆらーりと湖面を進む、のどかな、のどかな渡し舟だ。

渡し舟を操る船頭さんの話では、鼠坂関址から下ってきた山道が旧道で、この先は湖底に沈んだ勝瀬村を経て甲州街道吉野宿に至るらしい。なお湖上に浮かぶ遊覧船スワン丸は、その勝瀬村の人たちの出資によって運営されているとのこと。

気持ちのよい湖上散歩が楽しめるこの渡し舟はお勧めだ。石老山に登山してきた人たちが利用することが多いという。

15時20分   JR相模湖駅(駅の前を甲州街道が走っている。)  33865歩    

これまではスタートからゴールまで「足」で歩く街道歩きだったが、今回始めて 「渡し舟」の名前につられて思わず乗船・・・。やっぱり楽だ!  (了)


トップへ戻る