津久井道

柿生を通り能ケ谷村に入り、その付近から小田急線は南西に下るので鶴川駅付近でわかれ、町田市域を西へ進み根岸村を通り、町田街道と交差して淵野辺村へ出・・・
(「町田市史」より)


柿生から橋本まで

詳しい道筋を示す文献が見当たらない。
上記市史にある能ケ谷・鶴川・根岸・淵野辺を結ぶ道を探すと、現在の鶴川街道・芝溝街道とかつての八王子道になる。

平成20年3月22日(日)

8時 小田急柿生駅南口を出る。
ここに江戸期からの炭問屋・藤屋があったという。タクシー乗り場前のラーメン屋やら診療所が入っている藤屋ビルのところだ。

黒川を始めこのあたりの村々は雑木林が多く、冬の農閑期には炭を焼いた。
そして江戸、東京で「黒川炭」として知られていたそれらの炭を津久井道を使って出荷していたのが藤屋である。

商店の間に寛政11年(1799)建立の題目塔がある。その先を右折すると小田急の踏切で、旧道は踏切とその先の新道を渡ったのちバックして小田急の南側に出てくるのだが、田んぼの中の一本道だった頃とは違って麻生川に橋もなく、忠実に辿ることは難しい。
そこで踏切を渡らず、線路沿いにしばらく進み、柿生記念病院、麻生病院の脇を進む。
造り酒屋だった旧家のあるあたりが、旅人相手の宿や商店があった竹の花と呼ばれたところなのだろう。

麻生環境センター横を過ぎ、住宅の間を抜ける。
川崎市から町田市能ケ谷町に入っている。
小田急の踏切に出る手前、道が二股に分かれるところに小さな庚申塔がひっそりと立っている。ここが一本松と呼ぶところで、横浜方面への道との分岐点だ。

小田急の踏切に、カメラを構えている青年がいる。

ロマンスカーが走り始めて50周年で、1960年代のバーミリオンオレンジの塗装を復活した「旧塗装特別記念号」が走っているのです。
もう来ますよ!!

私事だが、今年三歳の孫がロマンスカーに興味を持ち、お陰で妻も詳しく、目の前を過ぎて行った記念号は7000形LSEだと言う。

踏切を渡って新道に合流する。
しばらく行くと新道から分かれて、いかにも旧道といった趣きのある細い道がある。
すぐの道沿いには藁葺きの家まである。ご主人に訊ねた。

130年ほど前に建てられたもので、可喜庵と名づけて、今はイベントに使っています。
旧道の名前? 小さい頃から「道」としか言わなかった。
津久井道なんて呼んだことはないが、旧道が新道に合流したり分かれたりして続いていますよ。

町田市あるいは、この先の相模原市にも、津久井道について語る文献がほとんど無いのは、そもそも昔からそこに津久井道と呼ぶ街道が無かったからだろう。とすると今歩いているのは・・・???

新道に出て、矢崎橋から寄り道。真光寺川沿いの整備された道を10分ほど遡って、旧白洲次郎邸である「武相荘」に行く。

空襲がはげしくなると、東京では強制疎開がはじまり、鶴川村も目に見えて人口がふえた。せっかちな私どもが、一足先に東京から逃げだした時、国賊呼ばわりをした人々が、今度は「先見の明」があるといって褒めた。その同じ人々が、戦争が終わって、世の中が落ち着くと、「こんな草深いところに、よく我慢していられる」とせせら笑った。
(白洲正子著「鶴川日記」より)

今は武相荘の入口に広い鶴川街道が通り、まわりには家が建て込んでいる。しかし武相荘に一歩入ると高雅な雰囲気が残っており、展示された品々がセレブリティのつどった頃を髣髴させる。


矢崎橋に戻る。
これまでは南下してきた道が、ここからは西に向かい、鶴川街道と名づけられた新道を進む。道には車があふれている。
香山美術館、鶴川前を過ぎる。
旧道が新道から別れ、やがて一緒になる、を繰り返す。
右手に野津田公園の丘が、左手に七国山の低い連なりが延びる。数年前に、この二つの丘を南北につなぐ古道を辿って鎌倉街道を歩いたことを思い出した。図師のあたりも、大山詣での道を歩いた際に通っている。
芝溝街道に入っても家が途切れない。丘を崩して新しい住宅が広がる。
西に向かっていた道は方向を徐々に南に変える。
根岸で町田街道を横切り、その先で源義家ゆかりの箭幹八幡宮に寄り道。数人の子供が境内にある鐘楼に吊り下げられた大きな鐘を突いては笑い転げている。裏手の桜美林大グランドからはボールを追いかける若者の声がする。

街道に戻り、境川を渡って東京都町田市から神奈川県相模原市に移る。
青山学院大の黄色い校舎が家々の間に垣間見える。
JR横浜線のガードをくぐった後、横浜線と国道16号の間の、奇妙にギクシャク曲がる道を西に進む。これがかつての八王子道である。
すぐに淵野辺駅前に出る。

横浜線開業時(明治41年)の乗降客は一日平均76人から却って減る状況で、純農村地帯では、貧しくて利用もできず、貨物も全く少なかった。昭和10年代に軍の施設が出来るまでは全く寂しい駅で、昭和21年桜美林学園ができた頃もまさに狸が出そうなところだった。
(サトウマコト著「横浜線物語」より)

マンションや住宅が立ち並んでおり、狸も狐も見当たらない。
村冨神社の玉垣脇に「八王子道」の標柱が立っている。

おもに八王子へ向かう人々が行き来した道だったので、この名があります。「久保沢道」「神奈川道」「横浜道」などと呼ばれていました。「矢部新田」はこの道に沿って開かれています。

八王子道が広い国道16号を斜めに横切って、江戸末期の天保年間に開墾が始まった清兵衛新田、今の清新地区を進む。JR相模線の大河原踏切を渡ったあと、道は住友スリーエムの工場に一旦消えている。橋本五差路から東電橋本変電所の鉄塔群を抜け、相原高校横を進む。

16時20分    横浜線橋本駅   36641歩

トップへ戻る