津久井道

登戸から西へ、生田、高石・柿生・鶴川に向かい、鶴川からは町田でなく、相模原台地の北の淵野辺、清兵衛新田を経て橋本から津久井の中野につきます。中野からは津久井地方の谷々、あるいは山梨県へ通じています。
(川崎市立稲田図書館発行「津久井街道」より)


登戸から柿生まで

道筋は上記「津久井街道」に詳しい。但し昭和46年に発行されたものなので道沿いの様子は今とは随分違っている。

平成20年2月19日(火)

11時40分   多摩川の土手を降り、大丸用水跡を過ぎ、登戸駅北口交差点からJR南武線下河原踏切を渡る。線路際に江戸期から続く吉澤石材店がある。
道は左右に分かれ、左は北向地蔵前から登戸駅に通じている。
右の道にはかつて登戸宿の賑わいがあったらしいが、風情も味わいもない通りになっている。そんななかで、江戸末期の天保元年(1830)から宿屋をしていた「柏屋」が日本料理店になって残っているのは嬉しい。

巌谷小波が「小春日や 日本一の腹か減」の句を書き付けた鯰の絵がフロントの壁にかかげてある。
名物料理の「なまずのスッポン煮」は予約がないと食べられないらしいので、京都で修業した八代目のミニ会席を昼食に戴く。

登戸は左官、大工、下駄職人などが多く、職人の町だった。田畑が少なく、東京に近いことがその理由らしい。しかし、明治40年ごろの地図を見ると柏屋のある通りに7軒もあった左官屋も今は見当たらず、「加登金の下駄」を東京に出荷していた加登屋も戦後下駄作りを止めている。

燃料店、履物店、魚屋、小間物店などの商店が並ぶ鉤形の先に、江戸末期から明治期にかけて大津屋やら山崎屋の大きな商家、あるいは旅館の音羽屋があったらしいが、どのようにあったかを知ろうとしても、そのあたりには小さな商店や住宅が建て込んでおり、全く分からない。
井出の表札がかかった立派な門構えの家は、江戸期から名主をやったり、多摩川を通る筏が、登戸を通る時に払う税金のようなお金を集めたりしていたという。

右手に多摩区役所、左手に行くと小田急向ヶ丘遊園駅に至るが、明治の中頃まで街道の右側は田圃が開け、左側は広々とした桑畑で、一軒の家もなかったらしい。
家々の間をくねっている道筋だけが、昔のままだろう。

小泉橋の下を稲毛領、川崎領を潤した二ケ領用水が流れる。橋の向うは榎戸と呼ぶ地域で、府中街道を横切ると、さらに細くなった道の両側にいくつかの店がある。

榎戸といって、むかしはたいへんにぎやかな通りでした。榎戸の道の両側には、旅館・居酒屋・めしやなど、街道を通る人たち相手の店が、せまいところに並んでいました。馬宿と、馬や馬を引く人の休む所がありました。
(「津久井街道」より)

一膳飯屋だった橋本屋酒店は店を閉じ、旅館をしていた紀伊国屋はマンションに代わっており、馬宿や馬力屋はあるはずがない。しかし寿々木まんじゅう屋だけはあった。明治初期から作っている酒まんじゅうを今も売っている。

榎戸を抜けると、県道世田谷町田線(現津久井道で以下新道と記す。)に重なる。
このあと津久井道は丘の裾を縫いながら、新道の右になったり左になったりしながら、小田急とともに多摩川の支流である五反田川に沿って分水嶺の百合ヶ丘まで遡っていく。

明大生田校舎へ通じる根岸陸橋をくぐる。
このあたり山かげの道なので、山からしみ出した水や落葉などでいつも道がぐちゃぐちゃして、車をひいて行く人は「じごく」と呼んで嫌がっていたらしい。
さらにその先に大谷坂と呼ばれた上り坂があったりして、野菜や果物を東京に運ぶ百姓が難儀した道が続く。
新道の北側に小田急生田駅を迂回するように旧道がくねっている。

生田は、明治初期 菅生村と五反田村とが合併する際に、それぞれの末尾の字をあわせた新しい地名である。いまでこそ首都圏に近い一等地だが、昭和初期までは起伏が多くて農耕にも適さない土地で、電気もなくランプ生活をしていたという、現在からみると信じられないような山間の一寒村であった。
(加藤一雄著「小田急よもやま話」より)

このあと旧道は新道と重なったり離れたりを繰り返す。
一旦、新道に出るが、すぐにまた逸れて新道より身の丈ほど高いところにある道となって、マンション、住宅の間を縫っていく。昔の大作の集落だが、今の住居表示は西生田だ。
やがて新道に出ると五反田川に並行したのち、よみうりランドまえ駅前の小田急の踏切を渡って、駅前通りを過ぎる。
線路際でしばらく小田急特急を眺めて、また新道に戻る。

高石歩道橋下で新道と別れて北に少し入ったところに、義経ゆかりの二枚橋があり、道の反対側には庚申塔がある。宝暦4年、武蔵国橘樹郡の字が刻まれている。
高石の集落には明治後期から昭和中期にかけて脱穀機や耕運機を全国に出荷した農機具メーカーの細王舎があった。今はマンションとガソリンスタンドになっている。
たび屋、かど屋、こう屋と呼ばれた店もない。博労はマンションになっている。
新道に面する「リカーランドかさはら」に入る。奥さんは生まれも育ちも高石で、移り変わりをよくご存知だ。

昔は菓子、雑貨を売っていて「かし屋」と呼ばれた。
新道は昭和30年頃に今の幅に広げられ、それまでは細くてくねくね曲がっていた。
新道の南側は全部田んぼだった。

すぐ先の寿司屋の横を北に入る細い道が長屋の坂と呼ばれる旧道で、行き止まりかと思われたが、階段になって上りU字を描いて下っている。
しかしその先にあるという布子坂はわかりにくい。かなり高台を歩いている。このあたりが多摩川と鶴見川の分水嶺らしい。

旧道は百合丘駅北側で新道に出た。このあたりは村の集落への山道と津久井道が分かれていたので追分と呼ぶ。
そのまま新道を進んで新百合ヶ丘駅の方に向かうのは大正期以降の街道であり、それ以前は、新道の南の丘陵を上がって行った。
今は一旦小田急の線路に断たれるが、百合丘小学校裏に現れて、弘法松公園まで上がっている。
百合丘団地が出来る前、左側は水田や畑、右側は山林だったらしい。なお昭和35年入居開始の百合丘団地は森繁久弥主演の東宝・駅前シリーズの「駅前団地」である。
高台にある弘法松公園は見晴らしがよく、周りに連なる低い山々を一望でき、丹沢が近い。少し靄っているため富士山は見えない。

公園から西に向かって瀟洒な家々の間を下る。
大坂と呼ぶ下り坂が終わって山口隧道を抜けると、山口谷戸の小さな集落である。点在する農家の隙間をアパートや新しい住宅が埋めている。
集落の中ほどに享保と刻んだ庚申塔や地神塔など数基の石塔が集められている。
農家の庭には特産品だった禅寺丸と呼ぶ柿の木が必ずある。この先の柿生の地名は勿論この柿を大いに作ったところに由来している。

その後無粋にも、私の村は川崎市に、佐藤(春夫)氏のいた鉄(くろがね)は横浜市港北区に編入されたが、私はこの文章では勿論、普通の手紙なんかに書く場合でも、都築郡柿生村という美しい字面が懐かしいのである。
(河上徹太郎著「都築ケ岡から」より)

小田急の線路にぶつかり、線路沿いを歩く。

15時50分    小田急柿生駅    18302歩


トップへ戻る