東海道 五十三次膝栗毛

平成13年(2001年)は、家康が東海道の宿場を整備して四百年。
東海道をしばしば旅した芭蕉とともに歩く。


 

(歩いた日)
(宿場) (歩いた距離) (歩数) (所要時間)
平成13年
4月29日(日) 日本橋
品川 7.8キロ 22829歩 3時間35分
 

一万歩を目指して家の周りを歩くと、いつも同じ道になり飽きてきた。
それでは東海道を歩いてみるかと軽い気持ちで日本橋をスタート。銀座通りが東海道とは・・・いままで知らなかった。

 「野ざらしを心に風のしむ身哉」

江戸期の旅は追いはぎ、かっぱらいがいて危ない。食中毒がある。飯盛女も危ない。馬方も怖い。不安がいっぱいである。

5月13日(日)
川崎 9.8キロ 23500歩 5時間
 

「麦の穂をたよりにつかむ別れかな」
芭蕉は、川崎のはずれで見送りの人と別れを惜しんだ。

 東海道が有名な川崎の風俗街の横を通るのにはビックリした。

 

5月20日(日)
神奈川
保土ヶ谷
戸塚 23.4キロ 46526歩 9時間15分
 

国道1号線の權太坂の手前を右に上がると、江戸期の權太坂があり
もっと急勾配だった。

 

5月26日(土)
藤沢
平塚 21.5キロ 38450歩 6時間50分
 

                                   ほとんど国道1号線と重なるが、ところどころに松並木が残る。

 

6月 2日(土)
大磯
小田原
(箱根湯本) 22.5キロ 43084歩 8時間30分
 

化粧坂に昔ながらの松並木があり美しい。
小田原・外郎(ういろう)で懐中必携の霊剤透頂香を買う。

 

6月 9日(土)
箱根
三島 27.2キロ 万歩計を忘れる 10時間10分
 

箱根峠へは駅伝の道ではなく、昼なお暗き石畳の道である。女転し坂、割石坂、猿滑り坂、苦しくてドングリほどの涙こぼるる樫木坂。 
峠から三島大社への西坂は、いやになるほど長―い下り。

 「箱根こす人も有るらし今朝の雪」

「霧しぐれ富士をみぬ日ぞ面白き」

 

6月16日(土)
沼津
吉原
(富士川) 30.5キロ 55739歩 10時間15分
 

沼津の旅籠のあるじの所望により「都いでゝ神も旅寝の日数哉」
富士川のほとりで捨子を憐れんで「猿を聞く人捨子に秋の風いかに」

富士山と駿河湾に挟まれた街道をひたすら歩く。妻は足が痛そう、なんとか富士川を渡りきる。 

6月30日(土)
蒲原
由比
興津
江尻
府中        31.6キロ 57254歩 10時間55分
 

広重の東海道五十三次にある薩た峠からの富士山は見えない・・。
――あらためて12月に峠に行き、富士山を望む素晴らしい眺めを堪能した。――

 


7月 7日(土)
丸子       
岡部      
藤枝
島田 28.7キロ 50703歩 9時間40分
 

朝早く開店前で、石部屋のあべかわ餅、丁字屋のとろろ汁が食べられなかった・・・・残念。

宇津ノ谷集落の家々に七夕の笹が揺れる。

 「道のべの木槿(むくげ)は馬にくはれけり」

「さみだれの空吹きおとせ大井川」

 



7月14日(土)
金谷
日坂
掛川
袋井 26.9キロ 49775歩 10時間20分
 

朝から日差しが強い。

緑の茶畑が続く。
「駿河路や花橘も茶の匂ひ」

小夜の中山へは心臓が破裂しそうなきつい坂道だ。
「馬に寝て残夢月遠し茶のけぶり」

 袋井は江戸、京のどちらから数えても27番目、従って“東海道どまん中ふくろい“

 

7月20日(金)
見附
浜松 22.2キロ 41545歩 7時間50分
                                                                     

長さ1キロの天竜川橋に歩道がなく、爆走する車が怖かった。
今日も明日も日帰りで歩く。従って無理をしないで早めに帰る。

 

7月21日(土)
舞阪
新居
白須賀
二川 28.9キロ 50465歩 9時間50分
 

午前中は夜来の雨が残り蒸し暑くへばる。

昼に浜名湖でうなぎを食べて元気回復。

夕陽をまともに受けて遠江から三河へ歩く。
 



7月29日(日)
吉田
御油
赤坂
藤川
(東岡崎) 32.4キロ 59570歩 10時間55分
 

           「夏の月御油より出て赤坂か」
 

御油の手前の国府は夏祭り、三味線を弾く芸者も男が扮した花魁も汗だく。


御油から赤坂にかけて黒松の並木が600メートル続く。



東海道から名鉄の駅までが遠い、駆けるようにして東岡崎駅へ。
自宅に帰ると零時20分。

 

8月 4日(土)
岡崎
(新安城) 10.0キロ 20365歩 3時間50分

 

岡崎は最高気温38度を記録。ゆかた姿の女性が花火大会に急ぐ。
知立で泊まる。

 

8月 5日(日)
池鯉鮒
鳴海
23.4キロ 39131歩 8時間30分
 

清涼飲料水をひっきりなしに飲む。一日にペットボトル10本。
妻は真っ赤に日焼けして不平タラタラ。

間の宿・有松は重厚な町家が軒を連ねる。絞りのハンカチを買う。

 鳴海に泊まって
             「京まではまだ半空(なかぞら)や雪の雲」

熱田神宮前の茶店で
  「しのぶさへ枯れて餅かふやどり哉」

 

8月15日(水)
桑名
四日市
石薬師
(加佐登) 25.2キロ 46217歩 9時間 5分
 

                                   宮から桑名は海路七里、とはいかないので名鉄と近鉄を利用。
                                   四日市・富田は夏祭り、子供たちが大きな鯨の山車を曳いている。
 

                                          桑名の浜に出て

        「明ぼのやしら魚しろきこと一寸」

                                          猿は木から落ち、芭蕉は馬から落ちる。

        「かち(徒行)ならば杖つき坂を落馬哉」

 



8月16日(木)
庄野
亀山
14.3キロ 24429歩 5時間
 

昨日は亀山に泊まる。夜も暑かった。
           鈴鹿川の土手に、広重が描いた“庄野の白雨”の竹薮がある。

連子格子の古い民家が続く関の町並みに
           感激!






 

8月19日(日)
坂下
土山
水口
(三雲) 34.4キロ 50318歩 10時間30分

                                 坂下へ上っていくと野猿が3匹。台風接近で鈴鹿峠は雨。

                                  峠を越えると京まであと一息。晴れやかな気分で足どり軽く土山に下る。
                                  草津に泊まり名物うばがもちを食べる。
 

「命二ツの中に生きたる桜哉」
水口で20年ぶりに知人に会ったときの句である。

 



8月20日(月)
石部
草津
大津
三条大橋 44キロ 68583歩 13時間25分
 

琵琶湖に舟を浮かべて 「行く春を近江の人とおしみける」 

台風がますます接近。2日間で歩く予定を変更して一気に駆ける。
草津宿本陣、瀬田の唐橋、逢坂の関。

雨が小降りになった19時15分三条大橋に着く。 

東海道を歩き終えた・・・・・。

芭蕉の言葉に
「東海道の一筋をしらぬ人風雅に覚束なし」とある。

 トップへ戻る