東金御成街道 

東金御成街道は、徳川家康の命をうけた佐倉藩主土井利勝が三日三晩で造成したといわれている。
千葉県内の船橋から犢橋・金親・中田を経て東金に達する、ほぼ一直線の37キロの道程である。
なお地元では単に東金街道あるいは御成街道と呼んでいる。

 

平成18年10月15日(日)

JR総武線・船橋駅南口から歩いて数分のところ、民家に囲まれて、全国で一番小さい東照宮が鎮座している。社殿にめぐらされた幔幕には、もちろん葵の御紋がついている。

街道の造成工事とともに、船橋・千葉・東金に家康の休憩所・宿泊所として御殿が建設された。この東照宮のあるところが船橋御殿の中心だったらしい。
家康は慶長19年(1614――このとき家康は73歳)と元和元年(1615)の2度、狩猟のため東金方面に出かけ、その際船橋御殿で休んだり泊まったりしている。

7時10分 船橋東照宮をスタート。
本町通りに出て、船橋大神宮の左脇を緩やかに上がり、船橋高校前を過ぎて、成田街道との分岐点に来る。道端に立つ道標は明治期のものだが、「成田山」、そして細い字で「従是房総街道」と刻んでいる。房総街道は東金御成街道のことである。
JR総武線をくぐり、津田沼駅を右に見て、新京成線の踏切を越える。

船橋市から習志野市に移る。時刻は8時、片側一車線の道に通勤の車が増えてきた。
坂を下るところから旧藤崎村である。坂下の藤崎交番前を右に入ると藤崎古道の表示が立っている。表示に従って細い急坂を上ると、広々とした台地に出て、御成街道以前の道と伝えられる古道が台地上の畑の中に延びている。遠くに幕張の高層ビル群が見える。
村の鎮守らしいたたずまいの子安神社がある。

家康が子安神社で休憩したときに、境内の藤の花が咲いているのを見て、ここを藤咲と命名したそうだ。
(本保弘文著「東金御成街道を探る」より。本保氏は東金御成街道を研究している郷土史家で、著作も多い。)

御成街道に戻ると、左手は騎兵第1・第2旅団があったところで、騎兵第1旅団長といえば日露戦争で活躍した秋山好古少将が有名だ。明治36年 清国駐屯軍守備隊司令官を勤めた天津から帰国する際の送別会で彼は次のように挨拶している。

「先程、総領事から不肖秋山の微労に対し、高級金時計を贈りたいお話でしたが、私は粗野な武人で、今から赴任する習志野も狐狸の棲む荒野でありますし、そんな高価な品物を頂戴してもどうかと思うが・・・」
(野村敏雄著「明治陸軍屈指の名将秋山好古」より)

狐狸の棲む荒野だったところに、今はパークグランディエデナと名付けた高層マンションが立っている。

正面に高い真っ白な塔が現われ、近づくにつれてそれが日大生産工学部の構内に立っていることがわかり、正門脇の受付で尋ねると、焼却炉の煙突だとの答え。今は使っていないそうだが、モダンなデザインで目立つ煙突だ。
京成線の踏切あたりに、かつて一里塚と呼ばれる塚があり、塚の上に椎の古木が生えていたという。その古木の子どもが、踏切から随分手前の習志野二中の校門脇で葉を茂らせている。

誉田八幡神社・大原大宮神社を覗き、京成線の線路を越える。この辺りにあったという一里塚が見当たらない。

もっとも、この街道は一直線でそのため起伏が大きく、物資輸送や旅人の通行に向いておらず、船橋から東金まで通して利用する人がいなかったので、一里塚は必要なかったはずだ。一里塚と伝えられているものも、そうではなくて旅人が単に目印としたものではないか。

街道を逸れて右下へ降りていくと実籾本郷公園という整備された一画があり、そこに江戸期名主だった鴇田家の移築復元された屋敷がある。

家康一行のうち上級武士がこの屋敷に泊まったことがあるらしい。貰ったのだろうか、葵の御紋の入った家具が土間にあった。

街道に戻り、長作交差点を少し左に入ると、道端に二十三夜塔、二十六夜塔と庚申塔がある。庚申塔は約250年前の宝暦3年のもので、側面に「北さくらみち 南海辺道」と刻まれている。但し我々は西から東へ歩いている。

習志野市から千葉市に入り、花見川区を進む。
道は下ったり上がったり、しかし相変わらずまっすぐに延びている。公民館で催されている文化祭の獅子吼太鼓に聞き入ったり、葱やキャベツの広い畑を眺めたり、椎の古木や石仏・石塔に立ち止まったりしながら、やがて数人の釣り人が糸を垂れる花見川を渡る。花見川は印旛沼用水路の下流の名称だそうだ。

坂を下ると街道が「への字」に曲る。

地元の古老によると、この地点は工事を担当した村と村との接点であり、東に向けて工事をしてきた村と西に向かって工事をしてきた村とが、目測を誤り、直線道として結びつかず、互いに主張を譲らなかったために曲ってしまったという。
(「東金御成街道を探る」による)

また坂を上がると、旧犢橋(こてはし)の継立場だ。百メートルも行けば士分の坂と呼ぶ下り坂で、そんな短い台地の街道沿いに、江戸期 十数軒の商店があった。

前掲「東金御成街道を探る」に掲載された江戸期の犢橋村の家並みを現在並ぶ家々と対応させてみた。
すなわち京成・犢橋局バス停の後ろの蔵のある屋敷が金物屋の佐吉、隣の同じように大きな屋敷が酒屋の仁左衛門、前が餅屋の多七、荒物屋の仙蔵・桶屋の林蔵は明治乳業宅配センターになっている。
駄菓子屋、豆腐屋、旅籠、湯屋、茶屋だったところも、ごく普通の家があるだけで、かつての生業を偲ばすものは見当たらない。

東関東自動車道を跨ぐ。右は宮野木JCだ。

御滝神社は、家康が滝の水で喉の渇きをいやしたとの話が伝わるが、今滝はない。
家光が傷ついて死んだ愛馬を供養するために建立したといわれる元観音堂には、たくさんの石絵馬が奉納されている。

国道16号を渡る。像高2.4mの駒形大仏。
まっすぐ進んできた街道が住友重機の千葉工場にぶつかり、自衛隊下志津駐屯地の中に消滅する。
そして自衛隊敷地を半周した若葉区鎌池交差点に、江戸期そのままの道幅3間(ほぼ5.5m)の道として再び姿をあらわす。
街道を造るときに狼煙を上げたり、白旗を掲げたりした「焼塚」と呼ばれるところは、総武本線の踏切を越えてすぐの右側の茂みだろうか。

右に千葉モノレール千城台駅、左へ御成台研究学園都市の御成台交差点の先、街道はまっすぐそして深く下っていく。
そして切通しの右の台地上の御成公園に「提灯塚」と呼ばれる塚がある。道筋を決めるのにあかりを灯して直線を定めたと伝えられている。家康の単なる東金への鷹狩りのために夜を徹して街道をつくるだろうか?

御成街道に「一夜街道」の伝承が残るほどの緊急性を要する出来事があったのだろうか。・・・慶長19年9月に起きた里見氏の改易事件がある。館山城の引き渡しにあたっては、里見氏家臣団との戦闘が予測され、城受取りの那須衆などの兵力の迅速な移動の必要があった。この兵力移動の道として作られたのが、御成街道であったと推測され
(吉川弘文館発行「街道の日本史 房総と江戸湾」より)
そもそもは軍事上の目的で造られた街道で、そこを家康・秀忠が狩猟で東金に行くときに利用したということらしい。

15時30分  千葉モノレール 千城台駅  44598歩

 

平成18年10月17日(火)

7時30分  提灯塚をスタート。街道は真っ直ぐでアップダウンが多い。真っ直ぐだから車がスピードを挙げる。アップダウンが多いので前方が見えず、車が突然現われる。しかも歩道がないうえ両側の木々が道に迫って壁になっており、疾走する車を避けるのに四苦八苦。しばしば妻がたじろぐ。
継立場だった旧金親村の名主を交代で勤めた3軒がそれぞれ大きな長屋門を構えているが、車が危なくてゆっくり見ておれない。

林の中に金光院がある。

家康の元和元年の鷹狩りの際に宿泊したといわれている。その際家康が褒めた「御手掛けの桜」の何代目かが境内の中央にある。山門は、この先にあった御茶屋御殿の裏門らしい。

三叉路に残る旧道をオタクっぽく辿って、やはり街道が一直線であることを確認すると、地名が御殿町となり、雑木林のなかに御茶屋御殿跡がある。
敷地は野球場ほどもあり広い。周囲にめぐらせた空堀と土塁が残る。

台地を進んできた道が切通しを下り、平川をまたぐ中田橋を渡る。
ゆるやかな坂上の真光寺を中心にある集落は旧中田村の継立場だった。鹿島川に架かる富田橋を渡ってぐいぐい上がると富田の集落。一里塚の目印だったという椎の木は切られて、残る幹の周りからその大きさを偲ぶしかない。

坂を下り、袖ヶ浦CCの前を過ぎる。八街市に入るところで道は大きく左に曲がるが、かつての街道はもちろん直進し台地に上っていた。今そこは雑木林に埋もれている。エイヤッと雑木林に入りこみ、よじ登って、台地に出る。落花生畑に、掘り出された落花生が乾燥のために逆さまにして積み上げられている。この落花生の野積みを地元では「ぼっち」という。
その落花生畑の脇の竹林のなかに、街道跡が幅2m〜4m、長さ100mで残っている。
その先でまた、下総台地の畑に消える。

家康がこの台地の雄大さに感嘆したことに因み、ここを風景谷(ふがさく)と呼ぶ。

なだらかな起伏のある台地に、落花生の「ぼっち」が林立し、やまといもの黄色い葉が地面を這い、にんじんの葉の柔らかい緑が広がる。千葉県が北海道に次ぐ農業県だということが実感できる風景だ。

平成16年度千葉県農産物の全国ランキング(千葉県農林水産部発表)

全国第1位 ねぎ にんじん 大根 ほうれん草 梨 落花生 かぶ 春菊 パセリ 他
全国第2位 さつまいも トマト キヤベツ すいか とうもろこし しようが みつば 他 
全国第3位 やまのいも ごぼう 他

農地整理で消えた街道は南沖の墓地の端に現れる。ここからの上り坂は、今は道幅が拡がり舗装されて苦も無いが、江戸期は険しく「蛇田谷(へびたさく」の険」と呼ばれた。
蛇田谷の険を上って台地上に相変わらず真っ直ぐに延びる道は、御成街道で上り下りがもっとも険しい「馬渡しの険」に達する。まるでスキーのジャンプ台のような傾斜の下りと、台地に駆け上がっていく長さ100メートルほどの谷である。

難所の上砂の馬渡の坂にさしかかると、家康は駕籠を降りて馬に乗り、漸く坂を登り、滝台にはいるとそこに美しい池がありました。鷹狩りの一行はこの池の付近で休息をし、家康はこの池のほとりで、もつれた髪を洗い清めました。それからこの池を、「びんたらいの池」と呼ぶようになりました。
(八街市発行「八街の昔ばなし」より)

そのびんたらいの池を過ぎ、ゆるやかに坂を上り、やがて細い砂利道に変わり、林のなかに街道が消える。草木が生い茂って辿れないが、やがて長南屋という旅籠があったあたりで現われた街道は県道となり、そこはもう東金市で、このあとは直線でなく、右に左に曲りながら延びている。

15時 東金御殿のあった東金高校に着く。 35545歩

慶長19年正月8日 大御所千葉に到らせる 
9日 東金へ渡せられ 鶴4狩得たまふ 
10日 けふも東金にて狩し給ひ 鶴5 鴈18 鴨7狩得給ふ 
12日 放鷹ありて鶴3狩得給ひ 此邊猪多ければ これを猟しむべしと命ぜらる 
14日 雨ふりければ猶御滞留あり 
16日 東金より千葉に至らせ給ふ 
(徳川実紀「台徳院殿御実紀巻二十五」より) 

御殿の敷地は6700坪であり、その内に小姓部屋、書院、広間、鉄砲部屋、弓部屋など40をこえる部屋があった。家康の居間は、現在の東金高校運動場の西側にあり、ここに池を造らせ、居間からながめたという。
(千葉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 御成街道」より)

東金まで狩猟に出かけたのは家康、秀忠、家光までで、寛文11年(1671)には御殿が取り壊され、その後 街道は房総から江戸への物資の輸送路として、あるいは村と村とを結ぶ生活路として利用された。
今、街道は拡幅されているが、一直線の道筋は建設当時と同じ。そして家康の足跡があちこちに残っていた。(了)

 トップへ戻る