土気往還 

外房の物資を内房、江戸へ運んだ道で、千葉・登戸から松ヶ丘、鎌取、野田、土気を経て大網に至る。

  


登戸(のぶと)

平成24年7月10日

8時45分  千葉市登戸3丁目のIDEMITSUで国道14号から分かれて、千葉市の中心部に向かう。
ほどなくモノレールが右から頭上に現われて、すぐに左の千葉駅方向に逸れていく。
そごうの横を過ぎて、京成、JRのガードをくぐる。
パシオスと日高屋から始まる富士見町の繁華街を抜ける。
富士見橋で県庁に向かうモノレールをくぐり、中央公園とパルコの間を通り、広小路に至る。

ここを直進すると佐倉に至るが、この四つ角に、
「佐倉藩の荷物を登戸浦へ運びだす人馬の往来で賑わって・・・近世に入ってから通町と呼ばれるようになり・・・」と書かれた古びた案内板が立っている。

広小路を右折し、都川に架かる大和橋を渡る。江戸期、この川べりに商店が軒を連ね、荷物の積み下ろしが盛んに行われていたという。
すぐ左に曲がると、頼朝ゆかりの御茶ノ水の史跡が道祖神などの石造物に取り囲まれている。

中世にあったという亥鼻城址の裾に沿って上がっている道が右に曲がって、千葉大医学部を左手に見ながら病院坂を上がる。

医学部本館の後ろあたりと、その周りに「七天王塚」と呼ばれる七つの塚がある。
塚といっても地面がちょっと盛り上がっている程度で、鬱蒼とした巨木に覆われたその下に小さな石造物が無造作に置かれたもの。学生は見向きもしない。
「疾病災害を除く神として崇められ・・・猪鼻城の大手口に、北斗七星の形に配置してある・・・」そうだ。

農林省畜産試験場跡に作られた県立青葉の森公園に入る。
公園内の中央博物館前の案内板を見ると、広大な公園の中央部に「旧東金街道跡」と表示された部分がある。 

これは土気往還の名残りで、道幅2〜3メートル、長さ600メートルはあろうか。草木に覆われて薄暗く、最初は周りより低い切通しで、徐々に上がっていく。
街道が終わるところに、土気往還についての説明がある。「明治以降も付近の住民の生活道路として使われていたが・・・大正6年に畜産試験場が設立される際に、試験場内の街道の一部が概ね当時のままで残された。」

 

 

松ヶ丘

公園を抜けて県道20号の現大網街道を進む。京葉道路をまたぐ。
しげの屋星久喜店の前の松ヶ丘バス停後ろの塀際に、きなこ地蔵が鎮座している。

願がかなったお礼にきなこをあげるらしいが、最近はきなこを貰った気配がない。
地蔵の両側に「これより右とけ道 これより左とうか祢道」と刻まれている。
千葉行きのバスを待っていた若い女性に、正平流に声を掛けたところ、快く承諾してくれたので、地蔵と一緒にパチリ。

その先を右折し、左に曲がって、バス道に並行する住宅、商店が混在する道を進む。坂を下りると千葉東病院の立ち入り禁止の敷地にぶつかる。街道はこの病院に入ったあと、社会保険病院とサンピア千葉の間あたりに出るそうだ。
やむを得ず、左手に出て、県道20号を進む。それにしても、この街道沿いは大型の医療機関が多い。

千葉大病院、青葉病院、千葉東病院、社会保険病院、淑徳大看護学部、県ガンセンター、医療技術大学校。
更にこの先の鎌取から誉田に、県聾学校、下総精神医療センター、県こども病院、千葉リハビリテーションセンターがある。

 

 

鎌取

「鎌取は、中世 千葉氏の秣場であったが・・・草刈に入る農民から鎌一丁につき銭六文を徴収し、盗み刈りするものから鎌を取り上げたり、鎌改めを行った。地名の由来もこれによるものかと思われる。」
                          (「千葉県歴史の道調査報告書」より)

鎌取は煮売屋、一膳飯屋のある立場だったらしい。その立場の端にあたるJR鎌取駅北口付近には、客待ちのタクシーが所在なさげにたむろしている。
広い道を下り、JR外房線の線路をくぐると今度はひたすら上がる。周りに緑が多くなり、ウグイスの声がひっきりなしだ。

 

 

野田

坂を上りきったところが誉田一丁目バス停。その先の上宿から中宿、誉田郵便局あたりまでが野田宿。房総の物資を運ぶ駄賃稼ぎが多かったらしいが、緑豊かな敷地の広い家が続き、宿場のイメージはどこにもない。馬頭観音も見当たらない。

野田十字路 

いま車が殺到するこの十字路を、はるか昔、平将門が市原から佐倉へ、すなわち右から左へ渡ったらしい。

誉田郵便局前バス停近くに五日堂。

寛永12年(1635)に斬首された日蓮宗不受不施派の僧俗6名の霊を弔ったところ。その後ろに五輪塔がある。

誉田小学校の手前で県道から右へ分かれると、県道の裏道となってまっすぐ伸びている。 

13時45分  JR外房線誉田駅   22128歩

 

 

土気(とけ)

平成24年7月16日

8時45分  JR誉田駅前の県道20号のすぐ先の街道を歩き始める。
すぐに県道に合流し、跨線橋近くの陸橋でJRを跨ぎ、また県道を進む。
恕閑(じょかん)塚がある。

外房有料道路をくぐる手前、尋ねて戻ってようやく気が付くほどに地味な塚。
先日の五日堂のところで触れた日蓮宗不受不施派の僧俗が葬られたところだという。 

また陸橋を上がってJRの南に出る。家々の間に畑が残る越智新田、大木戸新田を進む。
土気郵便局から道は下り、新しい瀟洒なお店や住宅が増える。あすみが丘の住宅街で、バブル期話題になったチバリーヒルズはこの一画にあるらしい。
県道はJRを超えて、土気駅北口に出る。駅前にわずかに商店街の名残りがあるが、ここが土気の中心ではない。

さらに県道を15分ほど進み、讃岐うどん屋の手前を、関東ふれあいの道の表示に沿って左折し、土気城の出城跡といいわれる竹藪の坂を巻くように上がって行く。

上がった台地に緑豊かな家並みが伸びる。ここが土気の新宿。
そして突き当って左折すると道が広くなる。この広い道の家並みは北宿。
さらに北宿に入ってすぐ右折したところを松原宿と呼んだという。
台地の上にたたずむ、今はひっそりとしたこれらの家並みが、中世の土気城のご城下であり、近世の土気宿であり、鉄道が通るまでの土気の中心だったらしい
 

1、松原宿を進むとやがて左右が開けて、今は老人施設ひまわりの郷になっているところが、中世の土気城本丸跡。

2、北宿のまっすぐな道を進み、そのはずれから更に先の木立、一段と高くなったところに、土気城主だった酒井氏一族の墓がある。猛々しく茂る椎の巨木の下の塚が墓らしいが、夏草も茂り、墓標もなく、判然としない。20基ほどあるという。

3、新宿が北宿に折れるところに、大正5年に土気青年団が建てた道標がある。「小食土 池田 大網道」「正面土気停車場千葉道」などと刻まれている。

街道は、土気を出て、県道をたどるのが一般的だったようだが、単調な県道を避けて、城跡からクラン坂を下って大網に至る道を選ぶ。
坂の名前が、クラヤミ坂とかクラガリ坂からきたかもしれないといわれるとおり、深い切通しの急坂で、道幅は狭く、倒木が頭上を覆い、昼なお暗いさまは、恐怖を覚えるほどだ。
やがて、道は少し明るくなり、JRの線路をまたぎ、山をどんどん下る。

 

大網

ようやく山から出ると、青々した水田が広がり、蛍が飛び交うという小川が流れる。
あぜ道を進む。今日梅雨明けしたそうだが、日差しが遠慮なく肌に突き刺さる。
丘を超えて県道に出る。
 

駒込で県道と別れ、大網の旧市街に向かう。
かつて、大網はこの地域の物資の集散地として繁栄し、旧市街がJR大網駅の東に、南町、本宿、新宿、下宿と延びている。
何軒か大正期の建物が残っているが、今は寂しい通りである。
 

13時10分  大網・本宿   15057歩    (了)


トップへ戻る