平成17年3月7日(月)

7時30分  大佐貫の集落をスタート。
長良神社・東光寺の辺りは、鎌倉期の御家人佐貫氏の館跡といわれているそうだ。

佐貫氏は秀郷流藤原氏で、一族の活躍は源平の戦いに覗き見ることが出来る。たとえば養和元年(1181)頼朝が、工匠に賜る馬を義経に引かせて臣下の行為を強要した場面に登場する。

重ねて仰せて云ふ、畠山次郎、次に佐貫四郎候するの上は、何ぞ其仁無きの由之を申さるや、是併しながら所役卑下の由を存じ、事を左右に寄せて難渋せらるるか者、九郎主頗る恐怖し、即ち起座して両疋を引く、初の下手は畠山次郎重忠、後は佐貫四郎広綱なり。
(龍粛訳注「吾妻鏡」より)

 

矢島の集落に入る。
矢島長良神社のすぐ先、水路の脇の一本松が植えられているところに一里塚があったらしい。館林城下から一里。小さな松の根っこの富士山供養塔は、富士参拝に向かう老人が力尽き、田の水面に映る富士を見て息絶えたのを、村人が弔ったもの。供養塔は安政4年に建立されたというから今から150年ほど前のことだ。
霜が畑を白く覆い、空気が冷たい。二日前に降った雪があちこちに残る。子供たちは元気に登校していく。

 
国道122号に出る。街道は国道を横切って片山鉄建の後ろを通っていたようだが、土地改良工事によりそこは畑となっており、たどれない。谷田川に架かる青柳橋を渡ると、堤に沿った右手のビニールハウスの際から旧道が残り、カマツカ自動車の車置き場を横切って、国道に合流する。
 龍積寺の麻疹地蔵。館林藩の青柳刑場にあったころは首斬地蔵と呼ばれていたのというが、なぜハシカと結びついたのかわからない。


右手1キロにある茂林寺に寄り道して、分福茶釜を見る。

蝶々のふはりと飛んだ茶釜かな    一茶(「おらが春」より)

 

国道が太田・邑楽の方向に左に分かれ、そのまま真っ直ぐな道は県道7号となる。
この分岐点のすぐ先から延々1.5キロにわたって杉並木があったという。しかし昭和38年の道路拡幅工事の際に伐採し、今、杉はもちろん街路樹1本さえ無い。
残された写真で見ると、街道の両側に亭々とした杉が並んでいる。300年前の宝永年間に植樹され、その後は勿論村人が代々手入れをしていたのであろう。その受け継ぐべきものを、いともあっさり捨て去って、我々が次代に残したものは、ダンプが轟々と行き交う2車線の舗装道路であり、薄汚い事業所や商店が続く雑然とした沿道風景である。 

杉並木が始まった地点の右側の畑に館林藩の青柳刑場があったというが、当時の面影は全くない。
小桑原にある密蔵寺の子守地蔵。
新宿2丁目交差点で国道354号を越える。
東武伊勢崎線踏切。
この辺りまで杉並木が続いていたという遍昭寺。
竜泉寺、このあたりは下町と呼ばれた。

 

鶴生田川を渡って、ゆるやかな坂の途中にあるケヅカ書店の前に、かつて館林城の江戸口門があった。
館林城は、天正18年(1590)小田原落城後、家康の関東入国に伴い、徳川四天王のひとり榊原康政が10万石で入封した。

 
館林駅方向に寄り道して駅西口にある製粉記念館を訪ねる。
日清製粉の前身である館林製粉の工場本館を改修して記念館にしたもので、木造総2階の淡い空色の建物は大きくはないが周りに高い建物がないので、すぐにそれとわかる。館林のつつじが見頃のときには来館者も多いようだが、今日はひっそりとしている。
館内には、製粉に関する資料の展示、日清製粉の紹介がある。掲げられた先々代の正田英三郎社長の年譜に、昭和34年の皇太子御成婚が遠慮がちに記されていた。

戻って、城の方向に進んで、美智子皇后が通った第ニ小学校の先の館林うどんの本丸で昼食。なまずのてんぷらで沼地の多かった館林を体感し、ふきのとうのてんぷらで春を味わう。

 

街道に戻る。
谷越町。青梅天神。

城下町の道路は、榊原康政の町割計画によるものといってよい。日光脇往還の道幅は七間から八間である。現在の道幅とほぼ同じ道幅である。自動車のない当時としては、広すぎるくらい立派なものである。
(群馬県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 日光への脇往還」より)

本町2丁目交差点が、大辻、江戸期は札の辻と呼ばれたところらしい。
足利町。本陣、問屋がこのあたりにあったというが、ごく普通の商店があったり、空き地があったりで、偲ぶよすがは全く無い。

台宿町。文字通り高台であるが、町並みが尽きてゆるやかに下ってくる途中、ドラッグセイムスの手前に佐野御門跡の表示がある。

そして、坂の下、道が二又に分かれるところに高さ1メートルほどの道標がふたつある。
ひとつは正面に馬頭観世音、左側面に「左かんま ひこ満道」、右側面に「右さの とちぎ道」と筆太に深く彫られ、もうひとつには「らいでん道」とある。それぞれ栃木県田沼町の閑馬、飛駒、近くの上早川田の雷電神社を示している。

 

街道は右に進み、近づいてくる県道と重なることもなく真っ直ぐに延びる。
やがて左手に青々とした麦畑が広がる。
小さな下早川田の集落を抜けて、渡良瀬川の高い堤防に上る。

十数基の馬頭観音が整然と立っている河川敷がかつての早川田河岸らしい。しかしその先に流れを付け替えられた矢場川があり、渡良瀬川は更にその先のようだ。

 

渡良瀬大橋を渡る。
堤防下に雲龍寺がある。足尾鉱毒事件の本拠地として足尾銅山鉱業停止請願事務所が置かれていた。

見よ被害民は遂に憤怒せり、最後の大破裂は遂に来れリ。聴け、明治33年2月12日の夕べ、群馬県邑楽郡渡良瀬村早川田なる、鉱毒事務所雲龍寺の梵鐘は、殷々として晩冬の荒原に咽びぬ。これを聴くや、群馬県邑楽郡多々良、渡良瀬、・・・・及び同県下都賀郡谷中村の人民無慮三千、各々蓑傘に身を固め、「・・・人のからだは毒に染み、孕めるものは流産し、育つも乳は不足なし、二つ三つまで育つとも、毒の障りに皆斃れ、・・・悲惨の数は限りなく・・・」と、悲愴の声に鉱毒歌を唄ひつゝ、老を扶け病躯を支へ、瞬時にして雲の如く集まり来れり。
(荒畑寒村著「谷中村滅亡史」より)

境内に鉱毒事件解決に尽力した田中正造の墓と、死を前に発した「現在を救いたまえ」の言葉に由来する救現堂が建っている。
 

堤防工事で、姿を消しているが、街道はここで大きく、くの字を描いている。おそらく現在の堤防付近で右に折れて県道を越えたあとすぐ、再度県道を横切って椿田稲荷神社の先を左に入り、才川の椿田土手を進むと思われる。土手際にある鬱蒼とした森は椿田城跡である。やがて土手を右に降りて真っ直ぐに進むと県道に再び合流する。この合流点の近く、東武佐野線田島駅のあたりは佐野市庚申塚町という。興味深い町名だが、その由来は知らない。
東武線に並行する広い県道を進む。年度末を控えての道路工事が大々的に行なわれている。 

秋山川を渡って二つの寺に寄る。
伝教大師開山という東光寺。中門は文政9年(1826)に封じられた領主堀田氏の陣屋表門。
東光寺の塔頭だった法雲庵、現在の法雲寺。元和3年(1617)家康の遺柩を日光に移す途中、この寺に仮安置したという

七軒町、大祝町、大和町、本町と進むにつれて、川越にあったような重厚な商家が現れる。

15時30分  日光例幣使街道 天明宿(佐野市)に到着   41037歩 (了)


トップへ戻る