館林道

中山道鴻巣宿の北、箕田追分で中山道から分かれ、行田・館林を経て、天明宿で日光例幣使街道に合流する。

今回は館林道見取絵図に依って歩いたので、街道名を館林道とした。
しかし、この街道は例幣使街道に繋がって日光に達しているため、五街道の一つである日光街道と区別して日光脇往還と呼ぶほうが一般的だったようだ。

天保7年(1836)井上河内守が前藩主松平家に向って、
「御城下往還は何街道と唱へ候哉」と問うたのに対し、
「町内は日光脇往還と唱へ申候」と答えた・・・(「館林市誌」による)
 



平成17年2月22日(火)

9時25分 中山道・箕田追分から分かれる道が北に延びる。
いかにも街道らしくゆったりと蛇行しているが、ダンプを含め車が頻繁に行き交い、沿道は、アパート、事業所、商店が混在して、街道散策を楽しむ雰囲気ではない。

正面から吹きつける風も冷たい。 

右手に高崎線北鴻巣駅が見え、駅前のマンションが壁のように横に伸びている。
行田街道踏切を越える。
樹齢400年の大欅のある三ツ木神社。 

現中山道の国道17号を越えると、川面地区。車が減り、春の花を育てるビニールハウスが増える。清瀧寺。
元荒川に架かる川面橋。左手遠くに、しかし意外に大きな真っ白な富士山。右手すぐ近くに上越新幹線の高架が延びる。

橋を渡ると袋地区。元荒川が蛇行して袋状の地形らしい。
新幹線の高架をくぐって、忍川沿いを進む。前方の雪を被って白く光っているのは日光連山だろう。 

石田堤史跡公園という小公園がある。
天正18年(1590)秀吉の小田原攻めの際、石田三成がこの近くの忍城を水攻めにし、そのときの堤が残って石田堤と呼ばれていると公園内の案内に記されている。
公園の脇にある凝った意匠の堀切橋の先に、その石田堤が250メートルほどあり、松並木になっている。 

堤根地区。永徳寺、伊奈利神社。
田んぼは枯れた切株が残る冬の景色だが、畦に咲くイヌフグリ、ホトケノザが春の近いことを告げている。

下忍地区。天神社。
17号バイパスをくぐり、樋の上橋を渡る。
TACOの工場敷地内に下忍の一里塚が覗く。江戸より15里。道の拡幅で西塚は無く、残った東塚だが、榎だろうか塚の上の樹が大きい。

 

工場脇から街道を外れて、右手に広がる「さきたま風土記の丘」に行く。
浅間塚古墳の上に前玉神社がある。「前玉」はサキタマあるいはサイタマと読まれ、埼玉県名発祥の地といわれる・・・が、意外にも神社は手入れされていない。
稲荷山古墳から出土した金錯銘鉄剣を資料館で見る。
辛亥年七月中記乎・・・と鉄剣に象嵌された文字の金が眩いばかりに光っている。1500年以上も前に作られたものと思えないほど、その金文字は鮮やかで、展示室にいた案内係の女性に、本物ですか?と尋ねたほどである。

 

街道に戻り、三軒茶屋から妙音寺の裏を通って、県道77号に合流する。
高源寺の手前、佐間の三叉路で左から合流する欅並木の道は、東照宮火防の任にあった八王子千人同心が往来していたので千人同心道あるいは日光脇往還と呼ばれる。八王子から拝島・箱根ケ崎・二本木・扇町屋・根岸・高萩・坂戸・高坂・松山を経てここに至っている。
天神社の前に、くの字の形で、旧道がわずかに残っている。天神社の後ろには水城公園が広がり、公園内の池の周りで大勢の太公望がヘラブナを釣っている。

 

道は行田の中心に向う。
行田は忍城の城下町として発展した。

忍(おし)は戦国時代に成田氏が拠ったところで、荒川や利根川を城の外周の防備とした。
永世6年(1509)に成田顕泰のもとに暫らく滞在した連歌師の宗長は、館の四方は沼水が幾重ともなく囲んで、水鳥が多く見える水郷であると言っている。
江戸時代には松平・酒井・阿部など譜代大名が置かれた。

(杉山正司、岡屋紀子解説「館林道見取絵図 解説篇」より)

忍城は明治6年に全て解体された。
昭和63年に復元された三階櫓に上る。遠くに日光連山や赤城山が延びる見晴らしも良いが、櫓内に展示してあった小錦の足袋の大きさにびっくりした。なんと34センチ!
 

行田といえば足袋を思い浮かべる。
200年近く前の天保年間に既に27軒の足袋屋があり、昭和30年には650軒が足袋の町・行田を支えていたという。

水城公園に立っていた行田音頭の碑にも次の歌詞があった。

ハーアー渡り鳥さえヤッチョマカセ(ヨンヤサ)
渡り鳥さえ朝寒む夜寒むトコヨンヤサノサ
足袋の行田を想い出す
足袋の行田を想い出す(ソレ)
ハヨイヨイヨンヤサノサットコセ
ハヨイヨイヨンヤサノサットコセ

(作詞西条八十 作曲中山晋平 歌小唄勝太郎)

しかし今は数軒が携わっているにすぎず、家々の間に覗く蔵だけが華やかなりし頃を偲ばせる。
 

行田は館林道の宿場でもあった。
新(あら)・上・下の各町があり、最初の町が新町。
その一本右手の道は250年前の明暦年間に作られた八幡町。大工町といわれるほど大工が多かったらしいが、この八幡神社の前の通りも今はごく普通の商店などがあるだけだ。

上町に来て武蔵野銀行の前に高札場跡の、そして右折して埼玉県信金の前に御本陣跡のそれぞれ石碑が立っている。
歩道は整備され、遊びに興じる子供の姿を刻んだ銅製のかわいい像が立ち並んでいる。しかし他の地方都市同様、人の姿は少なく、シャッターを閉じた商店も相当あり、ただ車だけが国道125号を騒がしく行き来している。
  

大長寺の手前、下町の古田畳店の御主人に伺う。

道が広くなってすっかり様子が変わったね。
うちも車道近くまで庇が出ていたが、ずいぶん引っ込んだ。
この先の写真屋のノアさんのところを曲がると下町横町だ。
(大通りから外れているので古い町並みが残っているのでしょう?)
いや、あの通りも変わったね。Yさんも建て替えたし、その横も持ち主が変わって、たくさん建って・・・。


下町横町に折れると、行田馬車鉄道発着所跡の石碑が何気なく家の前にある。長野口御門跡。
忍川に架かる小沼橋のたもとに船着場跡。 

橋を渡り桜町地区を進む。
県道7号に出る直前、文化2年(1805)創業、清酒「日本橋」醸造元の横田酒造がある。
なぜ日本橋なのだろう?とお店に入ると御主人が出てこられた。

先祖は近江・日野から来ました。
江戸に下ってきた時の初心を忘れないようにと日本橋と名付けたのです。

(関東地方で醸造業に携わる日野商人が多くいたことは聞いたことがある。藤岡の十一屋さんもそうだった。近江商人の活動範囲の広さに改めて驚くが、ご主人は事も無げにおっしゃる。)
日野に屋敷があり、ここはお店(たな)です。姉が東海道・土山宿の本陣に、妹が水口に嫁いでいます。

杜氏は岩手から来ます。仕込み水は荒川の伏流水で、軟水です。くせが無いでしょう。何度も金賞を獲ったお酒です。(ここまで説明されるとお酒を買わざるを得ない。さすが近江商人は商売がうまい。)
蔵のひとつで食事が出来ます。(蔵一山と名付けたお店で、魚とかまどめしを食べる。美味かった。お勧めである。)
 

秩父鉄道の東行田駅を左に見て踏切を越える。
長久寺。久伊豆神社、その横に初午に赤飯と油揚げを献ずるという赤飯(せきじゃく)稲荷。

広い県道7号が真っ直ぐに延び、商店、事業所が途切れない。 
小見の古刹、真観寺。観音堂の後ろに、杉に覆われた全長112メートルの前方後円墳があり、閉じられているが石室への入口がある。
すぐ先の道際の虚空蔵の小祠が載っている高台は陪塚だろうか。

ようやく左右に田んぼが広がる。
利根川から引いた水が滔滔と流れる武蔵水路を渡る。
見沼代用水に架かる棒川橋を渡り、荒木の集落を抜ける。
館林まで10キロ、羽生まで5キロ。
田んぼが広がり、その中を拡幅された道が長く一直線に延びる。途中県道から分かれる住吉集落への道は往時のままのようだが、すぐに県道に戻る。

行田から羽生に通う路は、吹きさらしの平野のならい、顔も向けられないほど西風が烈しく吹荒んだ。日曜日の日の暮れ暮れに行田から帰ってくると、秩父の連山の上に富士が薄墨色に分明と出ていて、夕陽が寒く平野に照っていた。途中で日が全く暮れて、さびしい田圃道を一人てくてく歩いてくると、
ふと擦違った人が、

「赤城山なア、山火事だんべい」
と言って通った。

(田山花袋作「田舎教師」より)

右手の田んぼの先にゴトゴト走る3両編成の秩父鉄道が見える。
 

祥雲寺の甍が見えると、上新郷宿だ。
祥雲寺は西寺と呼ばれるそうだが、東寺といわれる法性寺の墓地が上新郷交差点の先に覗く。

交差点を左折すると広い宿通りが真っ直ぐに延びる。
羽生市内循環バス・宿中停留所の傍のENEOSの須永家が脇本陣。風格ある欅造りの門が残る。
少し先の敷地内に黒々とした椎の大木がある須永家が本陣。「従是西忍領」の傍示杭が庭に立っている。またこの本陣には、天保14年(1843)将軍家慶の日光社参に同行した水戸藩主徳川斉昭が休息した際に詠んだ和歌が残るという。将軍の日光社参の際、これに従う御三家が日光街道の混雑を避けるために、この街道を利用したのがわかる。

 

宿のはずれの愛宕神社を玉垣に沿って廻ると、道の左側に勘兵衛と呼ばれる松並木があり、石碑が立っている。

徳川三代将軍家光公日光御社参ノ道路タルヲ以テ風致ヲ添ユルタメ時ノ忍城主ニ於テ勘兵衛ナル者ニ命ジテ植樹セシモノトノ伝説ニ基ヅキ・・・

その後枯れたりして植え替えたであろうが、数十本の松が続く。
 

高い利根川の土手に上がると、川俣関所跡の石碑が立っている。
利根川に架かる長い昭和橋に歩道が無い。疾走する車が切る冷たい風に帽子を押さえながら、数十センチしかない路肩をビクビクしながら進む。
 

橋を渡り土手を右に下りると、川俣宿の本陣の塩谷家がある。どっしりとした白壁の塀が印象的だ。右に入ると真如院。粟島神社は宿場の鎮守。
本陣から続く真っ直ぐな道の両側のひっそりとした家並みからは、かつて遊女屋まであった宿場の賑わいを想像できない。

 
江戸期は上宿橋と呼ばれた邑楽用水架橋に「川俣事件衝突の地」の碑がある。
ここで明治33年(1900)、足尾銅山の鉱業停止を請願しようと上京を図った鉱毒被害農民約三千人が、それを阻止しようとした警官隊と衝突し、68人が検挙された川俣事件があった。
 

街道は国道122号を斜めに横切り、大きくくの字に曲がって大佐貫の集落を抜けていく。

17時30分   東武伊勢崎線 川俣駅    42653歩

トップへ戻る