多古街道

千葉県酒々井町北東部から富里町に入り、東進して 成田市三里塚を経て、多古町に至る街道である。

千葉県教育委員会の「千葉県歴史の道調査報告書一 多古街道」によると、
多古までの道に加え、「多古から八日市場を経て銚子へ向う道と、多古から佐原に向う道の総称」とあるが、
今回 多古から先へは行かない。なにしろ交通の便がよくないので。



平成24年8月29日(水)

8時 京成酒々井駅に下車。
県道137号に名を変えた成田街道のゆるやかな坂を、佐倉に向って上がっていくと、ほどなくかっての酒々井宿の家並みが現れる。
宿場をしのぶよすがの殆どない中に、朱塗りの勝蔵院と重厚な屋根を載せた島田本家と分家がある。

多古街道は江戸幕府直轄の牧場である佐倉七牧のうち内野牧と取香牧を突っ切っている。
従って、街道周辺に牧に関連する史跡が多い。
勝蔵院は野馬奉行が野馬捕りの際に宿泊したところ。
島田家は牧を管理していた牧士たちの組頭。

島田本家脇の「酒々井町役場入口」の標識が掲げられた三差路で、多古街道が成田街道から分かれて東に延びる。
朝のラッシュ時に重なって車が忙しなく行き交う。

国道51号を跨ぎ、すぐ左手に入ると町役場だが、まっすぐ進み、、せみしぐれに包まれた東光寺を過ぎる。
集落のはずれにある酒々井の鎮守、麻賀多神社前で国道296号に合流する。
JR成田線の線路と酒々井の新しい住宅地を崖下に見て、随分高いところを歩いていることにびっくり。
酒々井町を抜けるまで、街道は馬の背のような狭い台地の上に延びている。

総合公園があり、長さ30mの古墳がある。七〜八世紀に築造されたものらしいが、そんな古くから、このあたりに生活の場があったことが信じられない。

雑木林を切り拓いたセメント工場、資材置き場、廃棄物処理場が道沿いに続く。
大きな空幅が開いて、東酒々井入口の手前、落花生畑の脇に、身の丈ほどの「百番拝禮成就」の平たい石碑がすっくと立っている。

安政三年の建立で、大願成就した近くの村々の15名の名前が刻まれ、
また、道標を兼ねて  此方 尾上 芝山  西 酒々井 佐(倉)  此方 加茂 多古(道) とも刻まれている。

そば畑、農協、物流センター、落花生畑、機材センター、落花生店と続く。
雑草が道にまではびこって、夏の日差しを撥ね返している。


酒々井町から冨里市に移るあたりに内野牧の大規模な取込土手がある。

取込め、あるいは捕込(とっこめ)は、野生の馬を捕らえる場所で、
街道から左手に入ってすぐの造園業の福美さんの林のなかに、3〜4mの高さで確認できる。
それは又、街道に戻っても見えて、さといも畑の奥に長く延び、土手の上に木々が生い茂った防風林でもある。

地図を見ると、周りには新囲、大溜袋、駒詰、中木戸、野馬木戸、堀ノ内など、牧に起因する地名が多い。
東関東自動車道を大溜側道橋で越える。
街道はまっすぐに延び、大型の貨物トラックが爆走している。成田国際空港からの貨物だろうか、大型車が多いようだ。

南内野に来ると、商店が増える。
国道409号と交差する南七栄NT入口、そして七栄四ツ角を中心に商店が続く。

七栄は明治維新後、職を失った東京府民への窮民対策として行われた開拓の七番目ということで名付けられた地名という。
さらに第二次世界大戦後にも受け入れた開拓民たちの苦闘が、目の前の七栄の賑わいに繋がっているのだろう。

七栄東交差点で国道と分かれて、左に延びる県道106号に移る。
まっすぐな幅広い道に、途切れない程度に商店、事業所が続く。
商店が姿を消し、周りに緑が多くなる。ラディソンホテル前を過ぎる。

県道が右にカーブしながら下るところを、直進して生姜畑の道に入る。根木名小学校に突き当たって、その先の急坂を下り、県道を横切って根木名の小集落に入る。細い流れの根木名川を渡る。
県道に出る直前の右手の崖のような坂道に二基の庚申塔が鎮座している。

一基は普通の青面金剛像、
もう一基は庚申を孝心と刻んだ珍しい庚申塔で、道標を兼ねている。
左 加茂 多古 銚子道  正面 佐倉 江戸  右 小池 芝山 九十九里道

この崖のような坂を上がったあと、さつき団地入口へ下って、切通しを通ってきた県道に合流する。
酒々井の東からここ根木名までが内野牧で、この先は取香(とっこう)牧だった。

県道に合流したところは成田市三里塚で、まっすぐな道の先に成田国際空港がある。
時折、ゴォーという爆音とともに、空港から離陸したばかりの飛行機のびっくりするほど大きな機体が視線の先を左から右へ横切る。

三里塚第一公園を過ぎて、左へ寄り道。

宮内庁下総御料牧場跡の三里塚記念講演がある。
園内に数多く植えられたマロニエの大木から大きな実(栃の実)がころころ落ちる。
貴賓館裏の防空壕も見せてもらう。
なお御料牧場は取香牧の一部。

三里塚交差点を20mほど過ぎた左手奥、銀ずし裏に、地名の由来となった「三里塚」が桜に抱かれ杉を従えている。

三里塚の由来には、佐倉城から三里、多古町日本寺から三里、芝山仁王尊から三里の説がある。
また日本寺から江戸まで、あるいは中山法華経寺まで一里ごとに刻んでいたとの話もある。

成田国際空港に突き当たる。
やむなく、街道が空港から再び現れる千代田交差点まで、空港敷地沿いをぐるっと大きく迂回。
途中、夏休みの子供で賑わう航空科学博物館で休憩。

14時50分  芝山鉄道 芝山千代田駅  35178歩

 


平成24年9月9日(日)

8時10分 芝山千代田駅から10分ほどの千代田交差点から、成田国際空港を背に東に向かってスタート。
広い県道を進むと、すぐ民家が途切れ、やがて鬱蒼とした社叢の中に春日神社がある。このあたりの旧六か村の総鎮守だという。

すぐ先、右斜めに入っていく小道がある。

白桝へ廻る街道らしい。
白桝に美しい娘がいる粉屋があったからといって、わざわざ廻り道をするかな?
今そんな美人はいないだろうから道草はしない。

田辺野バス停を左に入る。
傍らの葛のつるが大いに伸び、葉が大いに茂って、周りは杉林が取り囲んでおり、本当に街道かなと不安を覚えるが、木立の中に牛頭天王宮の小さな石碑が、あるいは道が下り坂になると阿弥陀堂といくつかの墓石があって、昔の人々の営みに触れ、ほっとして歩き続ける。

坂を下る。蕎麦屋があったというが、あたりは夏草が茂るばかりだ。
丘裾を回りこむと、普賢院へ上がる参道がある。上がると朽ちそうな大師堂と庫裏がある。

国道296号に出ないで、普賢院の前を左に曲がって、細い流れの高谷川を渡る。橋の袂に如意輪観音が身を屈めてうずくまっている。
道は突き当たって三差路になるが、右に曲がって国道にでるまでが加茂宿だった。しかし大ぶりな構えの家があるだけで、旧宿場を感じさせるものは全くない。

国道を横断して左へ、急坂の山道にかかる。
しかし、近くの畑で除草中の男性が、山道の先はゴルフ場用地になって通れないと教えてくれた。そこで国道を上がっていく。

上がったところで芝山町から多古町に移り、台地上には落花生畑やら、杉林やら、トラック、タクシーの駐車場やらがあって、国道は車が激しく行き交う。
ゴロゴロ、ゴーゴーと耳をつんざく音は、湧き立つ入道雲から雷がなるのか、空港から飛び立った飛行機の爆音か、あるいは両方か。

喜多で国道はくねりながら急坂を下る。稲刈りを済ませた田んぼが広がると染井

「千葉県歴史の道調査報告書」によると、「街道は国道左側の林の中を曲折しながら平行して走り、
中佐野で国道一部となるが、20m程で左に分かれ、水田を対岸の染井に渡るが」とある。
これを確認せず、国道を選んだのは、残暑と思えない暑さのせいでもある。

染井交差点が大きく整備されており、街道の道筋がなかなか掴めないのには閉口した。
地元の人に尋ねてようやく交差点脇を左斜めに入る。
細い道が集落の家々の間を縫い、右に曲がると爪先上がりとなる。そして上がりきると、染井の鎮守である三輪神社がある。
道は長い参道横に延び、林を抜け、畑を過ぎる。
オニヤンマが行ったり来たり、クロアゲハが上がったり下がったり、セミ時雨が暑さを掻き立てる。

までいどの三差路」に来た。ここで佐原からの道が北から合流する。

いくつかの石塔があり、一番大きいのは明治21年建立の道標。
西 三里塚 佐くら 東京
東 多古 八日市場 てうし
北 十余三 さくら田 佐八ら(佐原のことか)

切通しの道を下り、県道と合流すると多古の市街地。
すぐ仲町だが、日曜日のせいか、ほとんど店が閉まっている。
通りを抜けると八坂神社で、ここが今回の街道歩きの終点。  11時36分  19344歩

多古町は松平一万二千石の城下町。
陣屋は現在の多古第一小学校の校庭の一部で、石垣の一部がその遺構を伝える。

多古藩主が参勤交代に使った街道を、今は多古⇔成田国際空港のシャトルバスが走っている。この便利さはありがたいが・・・・・、美味いという多古米を使った昼飯を食べさせる店がないのには参った。(了)


トップへ戻る