滝尾(たきのお)古道

世界遺産・日光二社一寺のうち二荒山神社と輪王寺のルーツは、八世紀開山の日光修験にある。
今回はこの日光修験に由来する中世の道を歩く。
もちろん日光東照宮ができる前からの道であり、日光街道杉並木よりはるかに古い樹齢500年を超える老杉の並木道である。

 

平成20年6月24日(火)

8時30分 
東武日光駅に降り立ち、神橋へ向う。
まだ観光客の姿は見えず、鉢石に並ぶ土産物屋も店を開ける気配はない。

9時
大谷川に架かる朱塗りの神橋を見て、二社一寺へ向う階段の右、本宮神社の石柱が立つ階段を上がる。

のちに日光開山を果たす修験僧・勝道は、天平神護2年(766) 補陀洛山(男体山)を目指した。
山菅の蛇橋(神橋)を渡り、まず草庵を結んだのが、本宮神社の地である。

朱塗りの拝殿の前に、勝道が休息の際に笈を立てかけた笈掛石がある。
本殿脇を上がると、紫雲石があり、三重塔観音堂がある。

勝道は、男体山の方にたなびく紫色の雲を見たこの地に、紫雲立寺に由来する四本龍寺を建てた。
「日光発祥の地であり、奈良・平安時代の日光の中心地であった」との説明板が立っている。
江戸前期以降、この寺を輪王寺と呼ぶ。
三重塔は貞享3年(1686)に再建されたもの。

四本龍寺の面影を伝える三重塔と観音堂の間に、日光修験の遺跡である不動明王と石の護摩壇がある。

寺域に隣接する日光幼稚園から、園児の可愛い、楽しそうな声が聞こえる。
道は幼稚園の前から、輪王寺の支院の間の緑豊かな真っ直ぐな道を進む。
突き当たって折れると、空海ゆかりの小玉堂がある。

空海が修行中、池に現れた小の玉を虚空蔵菩薩の本尊として祀った・・・?
柵の中の小祠の前に書かれたこの説明が、理解できない。
二荒山を日光山と改めたのも空海といわれているが、そもそも空海は日光に来たの?

むしろ、小玉堂の裏手にある明治の館、ふじもと、尭心亭の和洋の料理店のどちらで昼食を摂るかが我々の関心事である。
駐車場の周りを巡り、「史跡探勝路」の案内に沿って、東照宮美術館の脇を抜ける。
道端を清冽な水が走る。
杉林のなかに養源院跡がある。

家康の側室だった於六の方の菩提を弔うために建てられた寺で、奥の細道の途中 芭蕉が立ち寄っている。

木々の緑のなかに、朱塗りの重層宝形造の建物が現れる。開山堂だ。

勝道は、15年かかって 延暦元年(782) 補陀洛山に登頂して、山頂と山麓に二荒山神を祀る社を創建した。

開山堂後ろの仏岩は、開山して35年後の弘仁8年(817)勝道上人が入寂した岩窟。
のち上人の霊を祀る為に建てられたのが開山堂で、堂裏に上人の墓がある。
開山堂脇に香車堂。おびただしい数の香車の駒が奉納されている。妊婦がこれを借りると安産できるそうだ。
香車堂の裏の池にお産に因む陰陽石がある。といってもどちらが陰か陽かすぐにはわからないほど上品である。

9時50分 
開山堂前を出発。ここから滝尾神社へと続く道が滝尾古道である。
日光の「もうひとつの杉並木」が始まる。

樹齢五百年余。昌源杉と呼ぶ。
文明8年(1476)別当昌源が山の荒廃を嘆き、数万本の杉や松を植えたことに由来する。
松は木陰で枯れたのか、見当たらない。

直径1・5メートルもある太い幹。苔むしているが、触ると樹齢を感じさせないほど柔らかく官能的でもある。
天を突いて聳えるそのてっぺんを見ようとすると、まるで摩天楼を見上げるときのように首が痛い。

足もとには古代・中世からの石畳が長く続く。昨日までの雨のせいか、それとも苔むしているためか、滑って実に歩きにくい。箱根の旧街道の石畳に苦労したことを思い出した。
杉の大木を仰ぎながら、石畳を踏みながら、道は少しずつ上がっていく。
鳥居に梅鉢紋が刻まれた北野神社、北野神社に詣でたのちに手を掛けると字が上達する手掛石、家康の愛馬が東照宮の神馬として仕えたことを記す神馬の碑に立ち止まる。
ひと気は無い。鳥の声だけが聞こえる。

「大小へんきんせい」の碑があり、ここからは滝尾神社の神域である。

滝尾神社は、日光山内の北の最も奥まったところにある。
弘仁11年(820)空海が建立したと伝えられる。

ここから行者堂へ上る道があるが、滝尾神社にお参りした後に行くことにする。
緑滴る木立のなかの道が続く。
天狗沢に架かる午王橋から白糸の滝が見える。落差の無い滝だが、昨日までの雨を集めて白い太い糸になって落ちている。
橋を渡ると神社への参道の石段が現れる。7〜80段ほどの急な石段を休み休みしながら上る。

別所跡がある。このあたりが「日光修験の中心で、今に伝わる強飯式もここが発祥の地である」そうだ。
空海が祈ると美しい女神が現れたという影向石の先に、運試しの鳥居が立つ。三個の石を投げて鳥居の真中の丸い穴を通った数で運を試したというが・・・・投げても投げても通りません。

10時30分  
滝尾神社楼門をくぐる。開山堂から40分である。
大きくないが、拝殿本殿とも総漆塗りで、本殿は三間社流造り。
本殿の前に片手の親指と小指で笹を結べば願いが叶うという縁結びの笹がある。

本殿の後ろの小さな石橋は、御神木の三本杉を遥拝するために俗界と縁を切る無念橋
自分の年の数の歩数で渡ると、女峰山の奥宮まで登ったことになり、願いが叶えられるという。
横の小さな滝尾稲荷神社も空海の創建による。
神社下の霊水の酒の泉を見て、橋を渡る。
触ると子供が授かる子種石があって、ここで道は行き止まりだ。

禁制碑まで戻って石畳の階段を上りつめた峠に行者堂がある。堂内に役行者が祀られている。
この峠は滝尾神社の御神体・女峰山へ向う修験者が通ったところらしい。


ここから石段を下ると、意外に早く二社一寺の中心に出た。
人が訪れることも少ない滝尾古道のすぐ隣が、参詣人で賑わう二荒山神社なのだ。

勝道上人の創建した山麓の社を、嘉祥3年(850)に現在の東照宮鐘楼付近に移して新宮と称し、元和3年(1617)には東照宮の造営に伴い、新宮の造営などの整備がおこなわれた。
明治維新後、新宮を二荒山神社の本社とし、本宮・滝尾両神社を別宮とし、また中禅寺湖畔の社を中宮祠、男体山頂の社を奥宮とした。


久しぶりに大猷院・二荒山神社・日光東照宮・輪王寺をじっくり見て、昼食は尭心亭にした。
精進料理を食べているうちに、絢爛豪華な二社一寺を見学したあとの落ち着かない心持ちが治まって、滝尾古道の静けさをしみじみ思い出した。

14時35分  
神橋に戻る。  13970歩        (了)

トップへ戻る