尊延寺越道

天正10年6月2日の早朝、堺を発して京都に向っていた家康が、信長の死を知らされたのは、河内飯盛山麓(大阪府四条畷市)付近である。ここから急遽三河まで落ちのびる、いわゆる家康の伊賀越えの脱出行が始まる。その際、河内から山城へ抜けるときに利用したと思われる道が尊延寺越道である。

 

平成17年11月28日(月)

7時10分    京阪・枚方市駅の北口、「右くらじたき之四十三丁」と刻んだ道標の立つ宗左の辻で東海道と分かれて岩舟越道を進む。岩舟越道は尊延寺越道と同様に、生駒山塊に連なる北河内の低い丘陵を西から東へ越える道だ。
車が激しく行き交う南口駅前を過ぎてすぐ裏道になり、市役所周辺では横断歩道を無視して道をまたぎ、天野川の堤にぶつかって禁野橋西詰に至る。岩舟越道はそのまま堤上を進む。

 

この禁野橋が尊延寺越道の起点で、このあと府道となって橋を渡り、京阪交野線をくぐり、宮之阪と呼ぶ段丘を上がる。
途中、道際の階段を上がって百済王神社にお参りし、発掘中の百済寺跡の横から、もとの府道に戻る。 
府立精神医療センターを過ぎて、街道は府道と分かれ、一車線の幅で住宅の間に延びる。
枚方松丘郵便局の脇に往時の道幅で街道が残り、国道1号を越えてそのまま工場街に入り込み、やがてバス道(交番に聞いても道の名も市道か府道かも分からない。)に出てくる。
バス道となった街道は池之宮地区を抜けていく。車の行き来が激しい。府道は国道1号を越えて国道307号となり、バス道を並行している。

 
四辻交差点で東高野街道をまたぐ。民家あるいはマンションが多かったバス道の左右に、工場が増える。
大阪府教育委員会発行の「歴史の道調査報告書 第5集 京街道」によると、尊延寺越道はこのあたりから北ルートと南ルートに分かれる。

北ルートは、まっすぐ穂谷川に取り付き、南岸に沿って杉集落に向う古い道だ。
しかしいくらか旧道が残っているもののJRから東側は通行不能だ。
一方、南ルートは、野村・津田集落を経て、惣喜池の南堤上を東に進んで、穂谷川に取り付く。

全体に 旧道筋をよく残し、現在も道として使われているという南ルートを進む。右手を並行する国道307号とのあいだに工場や住宅を挟んで、道は緩やかに上っていく。
 
枚方東部企業団地からバス道を外れ、工場の間の細い道を辿る。道なりに進むと、やがて住居標示が野村元町となって野村集落に入ったことが分かる。ところどころに門構えの大きい旧家が残る集落のなかのくねくねした道を進む。 

津田交差点を渡り、JR学研都市線の高架橋をくぐって、津田の集落へ上がって行く。

信長の命により家康の案内役をつとめていた長谷川秀一が言った。
「河内国交野郡津田の近辺には、信長旦那のご恩をこうむりし者が多く住みおりますれば、それがしが道の案内をいたす者を連れてまいりまする」
(津本陽作「家康伊賀越え」より)
信長の死をきっかけに社会秩序が崩壊し、落武者と分かれば近郷の百姓が襲いかかってくる。道に不慣れなため危険にさらされた家康を、この集落にいた土豪津田某が助けたらしい。

山根街道と合流するところに「右ひらかた左のざ記大坂道」の道標がある。これまで東に向っていた道は道標が立つところからすこし北に振れて津田元町を貫いている。集落は山麓に広がって、旧いたたずまいの家があちこちに残っている。
春日神社の横を過ぎて、国道に出る直前、民家に挟まれて大きな二月堂の常夜燈が立っている。民家の庭で手入れ中の奥さんに伺った。

二月堂は奈良のそれです。村のはずれということで明治時代に立てたそうです。
阪神大震災のときも、ビクともしませんでした。


津田本通交差点で国道を斜めに渡って、大きな、しかし水を抜いた惣喜池の縁へ進む。
 
穂谷川の堤の道となる。川幅は広くない。下渡場橋を渡ってもやはり川沿いを進む。丘の斜面に立つ大坂国際大学の校庭を囲むアメリカ楓があざやかに紅葉している。周りの低い山の斜面を新しい家が這い上がっている。
川をまたぐ自動車道の高架橋をくぐる。また穂谷川を渡り、山麓斜面に取り付いているの集落をかすめて、川を遡り、国道を上がって行く。

 

尊延寺の集落は穂谷川の両岸にあり、街道は左岸の集落を通っている。道沿いに長屋門のある旧家もあり、古い集落であることが分かる。
来雲寺の本堂は板囲いがされているので寺の人に伺うと、ほぼ15年振りに真っ暗な本堂の中で「五重相伝」の行を行なうのだという。
村の墓地が寺の南側の厳島神社の先にあり、大塩平八郎の乱に加わった村の若者の墓もあるそうだが、どれなのかはわからない。

 

上茶屋橋を渡って集落を抜けると国道に出る。旧道は国道を渡って竹林を抜けていくのだが、ここからの尊延寺越道には3つのルートがあった。それらを手前から天神森越、槍越、水取越と呼ぶ。どの道を家康は通ったのか?

地元である京田辺市教育委員会の鷹野氏は、「家康の通った道はこの京都南部には、各市町ごとにあるようですし、」と目配りを怠らない。そして「京田辺市内の3ルートはいずれもあり得る。」とあくまで謙虚だ。

「家康と伊賀越えの危難」を著した川崎文隆氏も、「その経路甚だ詳かでない。」とし、「河内の津田・穂谷・尊延寺・宇津木越え、山城の天王、普賢寺・水取・多々羅・南山田などの地名が諸々により出てくる。」と困っている。

ところで、3ルートの現状を大阪府教育委員会の報告書は「天神森越の道筋は国道が、水取越の道筋は府道がそれぞれ踏襲しているが、旧道は消滅している。槍越は土取りなどで旧道は殆ど消滅している。」と述べている。
従って家康がどこを通ったにせよ当時の道を辿ることはできない。

津本陽氏は前記小説で「交野郡から宇津木越えを経て山城国へ」入る家康を描いている。
市教委の鷹野氏から送って戴いた25千分の1の地図を見ていると、槍越と水取越の間から山を越えた道が普賢寺・宇頭城の集落に下りており、そこに鉛筆で宇津木越と記してあるではないか。
国道や府道よりも往時の風情が残っていそうでもあり、この道を歩くことにした。

 
国道が左に分かれる氷室の交差点で、まっすぐの道は府道となってゆっくり上がっていく。関西外語大を過ぎる。
ひっきりなしに行き交う土取りや産廃のダンプに怯えながら、埃っぽい道を必死に進む。苦情を訴える妻の声を、ダンプの巻き起こす風が吹き飛ばす。
水取への道が分かれる三叉路を過ぎたあたりが坂の頂上らしく、その先すぐに見つかった宇津木越の道は紅葉した木々の間を下っていく。ダンプが通りそうも無い道幅2〜3メートルの山道を、茶畑があり、不法投棄のごみが散乱していたり、燃えるような紅葉があったりの変化を楽しみながら下る。

 

やがて舗装された道となり、道幅が広くなって、空幅も広がって、田んぼが見え、家々が見えると普賢寺の宇頭城集落だ。
京阪奈自動車道の高架橋をくぐると観音寺への紅葉の参道が延びる。この寺で毎年お水取りの松明を寄進する「二月堂竹送り」の行事が行なわれるという。
丘の上に同志社大の京田辺校の煉瓦色の校舎が並んでいる。学生食堂に入り込んで昼食。
構内に継体天皇「筒城宮址」の伝承碑が立っている。6世紀初頭に樟葉宮からここに移り、ここから弟国宮へ移ったという。継体天皇も我々と同じような道を歩いたのだろうか。

 

丘の下の多々羅の集落から木津川の草内の渡しまでの道も特定できないらしい。
普賢寺川の堤を歩いて飯岡の集落に向う。田畑のなかにそこだけが小高く盛り上がった丘に張り付いた家々の間の細い道を上がって行くと、集落の共同墓地に穴山梅雪の墓があった。

彼も家康に少し遅れて伊賀越えに挑んでいたが、この地で百姓に襲われて命を落としたという。母が武田信玄の姉であり、妻が信玄の三女にもかかわらず、勝頼を裏切り、長篠の戦いでは家康の道案内をして甲斐国に攻め入った梅雪。この男にはこの寂しい墓でよい。

 
草内にひろがる田んぼと家々を見ながら、河原に茶畑が続く木津川の堤を遡る。
山城大橋の手前の堤の草むらに草内の渡し場跡の碑を見つけた。家康はここで木津川を渡り、宇治田原へ向ったという。

15時10分   近鉄京都線新田辺駅   41032歩  (了)


トップへ戻る