平成16年4月23日(金)

8時40分  東海バス・湯ヶ島温泉口停留所をスタートし、国道414号を進む。

すぐ家がまばらになり、木々が芽を吹く山の中に国道が上っていく。

狩野川が本谷川と名を変え、その川の瀬音が右下に聞こえる。水恋鳥広場と呼ぶ川岸の小さな広場が下に見える。
発電所入口バス停から国道と別れて、天城遊歩道と名付けた川岸に沿った細い道を進む。
幾つかの民家の前を過ぎると山道となり、鉄製の階段を上り、沢を木橋で渡り、杉林の中の落石注意の急坂を息を切らして上る。
天城山荘前に出る。天城遊歩道の矢印は国道を横切ることを示している。
国道はくねくねカーブしながら上っていくが、下田街道でもある遊歩道は浄蓮の滝まで真っ直ぐに上っていく。
 


浄蓮の滝から旧天城トンネルを越えて湯ケ野までは踊子歩道と名づけられた道を辿る。
街道歩きの趣旨からは、明治期に造られた旧天城トンネルを通らずに、江戸期に天城峠と呼ばれた現在の二本松峠を越えるべきだろう。下田条約締結の日本側全権の林大学頭、露国使節プチャーチンとの交渉役だった川路聖護、そして吉田松陰がこの峠を越えている。
しかし旧天城トンネルに行きたいという妻の達ての希望に逆らうのもいかがなものか・・・。
 

滝から土産物店の脇に上がって駐車場を横切って舗装された道を道なりに緩やかに上がっていく。
右脇の細い用水路を勢いよく清水が流れる。家の庭に白いシャガの花が咲き乱れ、石楠花が薄紅色の花をつけ、真っ赤なつつじが咲いている。

島崎藤村が馬車でこのあたりを通った時の描写を刻んだ文学碑が浄水場の手前にある。 

桧林に入る。歩道崩壊のために通行禁止とあるが、かまわず進む。木々が倒れ、枝が道をふさぎ、なるほど道が崩落している。冬に荒れた道がまだ整備されていないのだが、この状況を見ていると人々が利用しなくなった道があっというまに失われていくのが良くわかる。
あきらめて木にしがみついて右下を並行する国道に下りる。道の駅・天城越えがあり、車を停めた観光客が十数人。 


引き続き踊子歩道を歩く。
林のなかの説明板に、このあたりには江戸期に伐採を禁じられた天城七木があると記されている。すなわちスギ・ヒノキ・サワラ・マツ・ケヤキ・クス・カシ。軍艦天城はこれらの木を切り出して造られたことも。

山神社を拝み、杉林を進む。林の中を進み、森の中を進み、山の中を進む。

国道と本谷川に挟まれた狭い道が鬱蒼とした山の中を上っていく。右下の川の流れが岩を噛んで白いしぶきをあげている。

青空に黒い雲が重なってきた。雨が落ちだしたと思う間もなく、本降りとなってきた。道に水が浮き、やがて道が川となった。細長いわさび田を流れる水音も賑やかだ。

 

大川端キャンプ場に出る。二本松峠への下田街道はここから右手に上がっていくようだ。従ってここから先は江戸期の下田街道ではなく明治期の街道を歩く。

キャンプ場を突っ切って本谷川を左に見て、水生地下で国道の下をくぐると、旧天城トンネルへの広い道である。
 
地図で見ると道はずいぶん左にくねって上っていく。
ようやく雨が上った。
時々、観光客が運転する車が追い越していく。

暮れた天城の山道を、このきれいな女とふたりきりで歩くかと思うと、私の胸は甘酸ぱいものがいっぱいに詰った。
女は急いでいるので、私の足は、指を痛めていることもあって、とかく遅れがちになった。

すると、女は私の足を見て
「兄さん、草履を脱いで、裸足になってごらん」
と言った。


(松本清張作「天城越え」より)

 

12時30分  旧天城トンネルに着いた。
このトンネルは湯ヶ島と河津町を結ぶもので明治38年に完成した。昭和45年には、このトンネルの西側に新天城トンネルが開通している。
トンネルの中はひんやりとしている。意外にも、全長446メートルと長く、小さな照明灯も付いている。やや湿っぽいのは先ほどまで降っていた雨のせいばかりではないだろう。

2002年の紅白歌合戦で聴いた「天城越え」は、ほんと素晴らしかったです。
石川さんの歌が始まる時、家族でいただく年越しそばのために私はキッチンに立っていました。・・・
湯気を顔面に浴びながら、鍋の中のソバをさい箸でかき回す私の手も歌と一緒にいい感じです。
石川さんの熱唱も最高潮に達しようとした時、さすがに私はもういてもたってもいられず、テレビに釘づけです。

「あなたとーォ越えたい、天城越えエエエ・・・・・」
いやあ、痺れましたね。

(メイプル2004年1月号「黒木瞳連載エッセイ 母の言い訳」より)

 

トンネルを抜けると、つづら折りの道が若葉の淡い緑色に染まって下っていく。
なんの変哲もない、しかし歌詞で有名になった寒天橋がある。
二階滝。ドンドン下りていく。
やがて国道を横断して、細い道を下る。わさび田。転がるように下る
 

宗太郎園地に来ると、河津川に架かる小さな橋を渡って右から細い道が合流する。これこそが大川端キャンプ場で別れたあと二本杉峠を越えた江戸期の下田街道で、従ってここからは街道を下ることになる。
街道になった途端、石仏、題目塔、供養塔などを見かける。
高々と伸びた杉林が続き、右手は河津川の瀬音が激しい。

 河津七滝に向ってさらに下りる。
釜滝・えび滝・蛇滝・初景滝・かに滝・出会滝・大滝。観光客が多い。

ループ橋の下を通り抜ける。
車が一台通る程度の細い道が緩やかに下っていく。まるで裏通りのようだが、石仏があり、某城主の墓がある。左上を国道が走り、右の深い谷を河津川が流れている。

大泉橋を渡ると旧梨本村の中心集落である川合野
かつては宿屋や人馬継立の施設があったらしい。なまこ壁の民宿に梨本宿の看板が架かる。

ぐいと右に折れて畑の中を下っていく。
河津川に架かる吊橋を渡り、川に迫る山の斜面を上がる。
黄色い実をつけたままのミカンがたくさんの白い花をつけている。左手の山あいに湯ヶ野の町が見える。

小鍋神社に寄ると小鍋・大鍋の地名の由来の説明があった。

文覚上人が頼朝に決起を促した際に見せた父・義朝の髑髏が、神社の南の樫の大木の根元に埋められているという。これを弔うために頼朝が家来20人ほどと来た際に、大勢の料理を作る鍋が無くて探した結果、ようやく大小の鍋を入手した。差し出された鍋の大小で大鍋、小鍋の部落名が誕生した。

小鍋川を渡る。 

16時40分  湯ケ野・国民宿舎かわづ  39156歩

 

 

平成16年4月24日(土)

泊まった「国民宿舎かわづ」の田島さんから、小鍋峠越えの道筋を、懇切に教えてもらう。
小鍋峠は海抜290メートルだが、天城越えに次ぐ下田街道の難所である。 

8時10分  昨日渡った小鍋川に架かる小さな橋のあたりをよく見ると、崖に50センチほどの二体の地蔵がはめ込んである。摩滅が進んだこの地蔵には「下田ミち」などと刻まれているそうだ。ここが小鍋峠へのスタート地点。
民家の間を上っていく。畑で作業中のおじさんに尋ねると、峠までの所要時間は約40分。

すぐに民家が途絶えて山道になる。
2ヶ月ほど前に峠を越える催しがあったそうで、道は整備され、多分その時に用意したのだろう、「下田街道」の道しるべが道端の随所にある。これなら道に迷うことは無い。

薄暗い杉林の中の落ち葉が積もった道は、つま先上がりで、しかも一本調子に続く。
この急坂を朝いきなり上るのはちょっときつい。
さらに突然雨がぱらついたりしてあわてるが、これはたいしたことがないようだ。

沢を渡る。掘り下げて溝のような道がつづら折に上っていく。
地蔵があり、「従是下田道・従是普門院道」の50センチほどの道標がある。
勾配の急な山道は10分ほどで終る。その後は右下に深く落ち込む山の斜面を進んで、平らな、あるいはなだらかな上りだ。積もった杉の枯葉から羊歯や名を知らない草が芽を持ち上げている。
40分ほどで切通しになった峠に着く。周りは木が茂っており見晴らしは望めない。石仏や題目塔がある。

この峠は河津町と下田市の境界でもある。下田市側に下る。
石だらけの急な坂があり、沢を下りるようなところもあり、登りより苦労するが、「下田街道」の道しるべが要所にあって安心だ。やがて落ち着いた道となり、空幅が広くなって、八木山の小さな集落に出た。
 

うぐいすが朗らかに鳴き交わす。れんげ畑がうれしい。
1メートルほどの道標が立っている。
指で刻まれた字をなぞると「右下川津東浦 左三しま 道」と読める。八木山、北の沢、逆川の各集落への分岐点らしい。

北の沢は小鍋峠越えの休憩地だったようで茶屋などがあったらしい。そして旅人の目を楽しませた七かゝへ半ありといふ大なる楠があった。道が下るところに、今はその孫といわれるやはり幹の太い楠がある。

北の沢橋のたもとで、国道414号に合流する。ここから下田まで下田街道はこの国道とほぼ重なっているようだ。
清水堂の岩清水をペットボトルに詰める。
周りの山々は若草色、萌黄色、若葉色、若竹色に染まって笑い、その美しさは秋の紅葉以上ではないか。 

国道に沿って流れる川が稲梓川から稲生沢川に代わって、人家が増えてくると、人馬の継立場が置かれた箕作集落に至る。家並にかつてを偲ばせるものは無い。役人が休んだという竜巣院の社殿に座って泊まった国民宿舎で作ってもらったおむすびを食べる。
集落のはずれ、国道沿いの山の斜面に、落ち葉に埋もれるように小さな「いんぼ地蔵」がある。この地蔵にあげてある石でイボをこすると治るそうだが、肝心の石が無い。 

米山薬師の前を過ぎて、伊豆急の高架橋が見える。
国道414号は稲生沢川に沿って南下する。
お吉ケ渕を過ぎたところで、国道と別れて直進して河内地区を進む。車は殆ど通らない。道の右端の用水路を清流が走る。なまこ壁の土蔵が現れ、家の庭にソテツがある。
 

蓮台寺口。立野橋を渡ると中之瀬。ここは山間部から出された炭や薪を下田港まで中継した地。川に面した家々のどっしりしたなまこ壁がかつての繁栄を伝えている。

本郷橋を渡る。下田富士のオムスビのような姿が特異だ。

「下田富士」
駿河の富士の姉にあたるが器量がよくないので美しい妹に見られるのを恥ずかしがり、間に屏風として天城山を立てたとの伝説がある。
本来は本郷富士だが、一般には下田富士と呼ばれている。
(静岡県教育委員会発行「静岡県歴史の道調査報告書 下田街道」より)         
 

福泉寺の前を通り、近所の人に聞いてやっとそれが道軒橋と分かる小さな橋を渡る。ここからが下田町である。マイマイ通りに出て藤が咲く稲田寺を右に見て、あじさい通りに入ってすぐセンター街を進む。 

13時45分  架け替え工事中のみなと橋   27513歩

 
自然豊かな土地だけに多くのハイキングコースが整備されていた。
しかし 総じて下田街道への関心が薄いようで、とりわけ湯ヶ島以北は街道の所在を示すものは殆ど無く、手探りで歩いた。湯ヶ島以南も、小説「伊豆の踊子」との関係でコースづくりがされており、下田街道を意識していたのは小鍋峠ぐらいだった。
幕末、下田に黒船が来航し、内外の人々が往来した歴史の道を、是非保存し、後世に伝えて欲しい。(了)


トップへ戻る