平成16年4月22日(木)

私が湯ヶ島へ来る途中、修善寺へ行く彼女たちと湯川橋の近くで出会った。その時は若い女が三人だったが、踊子は太鼓を提げていた。私は振り返り振り返り眺めて、旅情が自分の身についたと思った。
(川端康成作「伊豆の踊子」より)

 
湯川橋は、修善寺の温泉街を流れてきた桂川が狩野川に流れ込む直前に架かっている小さな橋。
9時5分 湯川橋から歩き始める。橋のたもとの藤が艶なる紫の花房を川面に垂らす。
小立野の集落を真っ直ぐに貫くバス道の右手には、新緑の沸き立つ山が迫る。

左手を流れる狩野川を背にして伊豆市役所があり、庁舎に「4月1日伊豆市誕生」と大きく掲げられている。修善寺町、土肥町、天城湯ヶ島町、中伊豆町が合併したとは知らなかった。
 
左に遠藤橋を見てすぐ、バス道沿いの右手の切り立った崖を細い道で上がっていく。
畑が現れるが、その脇を土道が続き、現れた民家の前には小さな石仏もあり、街道を確信させる。修善寺東小学校東側入口に、幾つもの庚申塔や石仏がある。

 

バス道に出る。本立野の集落だ。

下田街道の伝馬役をも勤め、俗に立野宿という名称や下宿・中宿・上宿などの小名も残っており、南端には川口屋という本陣もあった。交通の要衝であるばかりでなく、天城の材木を狩野川を利用して流し、立野で集積していかだに組んだり、製材するなども木材の集積地でもあった。
(静岡県教育委員会発行「静岡県歴史の道調査報告書 下田街道」より)

街道沿いの家々は建て替えられており江戸期の面影は全くない。酒文商店にいたおばあさん達に川口屋の所在を尋ねると勿論よく知っていた。椎茸屋さんの右手を入った、2軒先の庭の大きな高橋さんだという。

 
不越坂の方向に行かず、猿橋バス停で国道136号に出るが、そこからすぐに山道に入る。おそらく今は殆ど人が通らないのだろう、蜘蛛の巣を払い、降り積もった落ち葉に足を取られながら上っていく。竹林が続き、薄暗い。道の真ん中にたけのこがいくつも顔を出している。小祠があり、中を覗くと大山祇命と書かれた御札が収められている。畑洞川砂防堰堤から下って、中宿バス停近くの宮内歯科医院の脇で国道に出る。
 

大平地区は国道を進む。車は多い。
この地方は集落ごとに塞の神を祀っており、道端に丸彫単座像が鎮座している。
 

暑い。汗が滴り落ちる。この日、関東各地は4月の気温としては観測史上過去最高を記録した。静岡地方は30度。

狩野川が左に迫り、深沢川と合流する高橋橋のあたりは、街道も右手の高いところを通っていたようだが、道筋がはっきりしない。
軽野神社は国道に背を向けている。街道が神社と狩野川の間を通っていたからだが、神社の前は川に続く落ち込んだ草地であり、全く道筋は分からない。なお笠を脱がないと笠が飛ばされて境内の松に掛かるといった話が伝わっているが、それらしき松は無く、槙だろうか大木が何本も枝を張っている。
 

松ヶ瀬集落、柿木橋、青羽根集落のあたりの街道は、狩野川の断崖を避けるように、今の国道を中心に右に上ったり左に下ったりしていたようだ。それらしい細い道が左手の狩野川側から上ってきたり右手の山側から下ってきたりするが、いきなり正確に辿っていくのは難しいので国道を進む。 
商店がところどころにある。
龍爪神社という珍しい名の神社がある。狩野ドームの白い屋根が見える。

青羽根駐在所のあたりから右に入る、いかにも旧道らしい細い道がある。大きなランドセルを背負った4人の新一年生が、楽しそうに道草を食いながら帰っていく。
 

出口交差点付近で国道に出る。すぐに国道沿いに上っていく細い道があり、どんどん進み、やがて常夜燈の脇から国道に戻り、そのまま進む。
周りを萌黄色や苗色に染まりつつある山々が取り囲む。農家の庭や畦道を赤や黄や紫や色とりどりの花が咲き誇っている。空は真っ青。
道路標示が松崎44K・土肥20Kを示す・・・?・・・国道136号・・・?・・・道を間違えた。二つの国道が交わる出口交差点付近で国道414号を進むべきなのに間違えた。 

交差点に戻り、船原橋を渡る。

船原川を渡ってからの下田街道は山の中腹を走るが、このあたりは当区間中よくその面影を残している。月ケ瀬の道祖神のあたりから国道414号線を横切り、慶応リハビリ病院の手前を右に折れ、急な坂を登る。・・・この坂の両側には茶店が並び屋号「店」の銘菓「まめねぎ」は旅人に評判であったという。・・・一旦国道に出たあとは、一部国道と重なり合いながらも国道の右手を小戸橋まで走っている。
(「静岡県歴史の道調査報告書 下田街道」より)

しかし、残念ながらこの記述どおりの道を見つけることはできず、左に狩野川の流れを見たり、瀬音を聞きながら、国道を進み、嵯峨沢橋に至る。その嵯峨沢橋もかつては今より50メートルほど下流にあり、従って街道は旅館嵯峨沢館の前を通って狩野川を渡っていたという。 

市山地区を真っ直ぐに突っ切る。わさび漬けの店。家が増えてくる。湯ヶ島だ。
簀子橋を渡ってすぐに右に折れて細い道を上がる。作家井上靖邸跡が広場になっている。

洪作は自分がおぬい婆さんと一緒に住んでいる土蔵に帰り着くまでに、街道に沿った家々の幾つかの明るい夕食の灯を眼にした。子供たちの遊び場は、部落の者たちがお役所とか御料局とか呼んでいる帝室林野管理局天城出張所の正門前に決まっていた。そこから土蔵までの間に、道に沿った家はほんの数えるほどしかなかった。
(井上靖作「しろばんば」より)

お役所は伊豆森林管理署と名を変えている。意外に車がよく通る。子供たちが新道と呼んだ国道に商店が並ぶ。 



15時50分   湯本館   31299歩


湯本館は川端康成が「伊豆の踊り子」を執筆した宿としてよく知られているが、大正生まれの女将さんから伺った話は面白かった。

湯ヶ島の二日目の夜、宿屋へ流して来た。踊り子が玄関の板敷で踊るのを、私は梯子段の中途に腰を下ろして、一心に見ていた。
(川端康成作「伊豆の踊子」より)
 

伊豆の踊り子は川端康成の体験に基づいて書かれており、女将さんが、梯子段のどこに座っていたのかを本人に尋ねたところ、上から5段目だったと答えたそうだ。
梶井基次郎はここが満員だったので湯川館に泊まった。行き来のあった川端康成と幼かった女将さんの御主人が湯川館の屋根から梶井基次郎の部屋に入り込んだこともあった。
 
尾崎士郎は宇野千代と「もみじの間」に泊まり、人生劇場を書いた。

あたりの物音がしいんと彼女の耳にあつまって、それがいつのまにか一つ、一つすぎ去った日の思い出となって彼女の感情をそそりたてるのである。湯槽の湯がゆらぐごとに、長々とのばした肉体から白い弾力の線がぬけだして水の面になやましくうかんでくる。
(尾崎士郎作「人生劇場」より)

 

 トップへ戻る