下田街道

東海道三島宿にある三島大社の鳥居を起点に、北条・大仁・湯ケ島を経て、天城を越え梨本に至り、さらに小鍋峠を越え、箕作・河内を経て下田に至る19里を下田往還という。現在は下田街道の名で親しまれている。

 

平成16年4月6日(火)

三島大社の境内の桜は満開で、頼朝が放生会を行った神池も薄紅色に染まる。
8時55分 下田街道は大社の鳥居前からまっすぐに延びる えびす参道から始まる。
すぐの右手を入ると三島市役所がある。

富士の白雪ノーエ  富士の白雪ノーエ
富士のサイサイ  白雪朝日でとける
とけて流れてノーエ とけて流れてノーエ
とけてサイサイ  流れて三島にそそぐ

ご存じ農兵節だが、韮山の代官江川坦庵公が幕末の外国の脅威に対抗するために、農夫を集め訓練していたときに作られた歌だそうだ。
市役所の地にその農兵調練場があったらしく、駐車場脇に農兵調練場址の碑が立ち、隅に農兵節を踊る石像がある。

三島女郎衆はノーエ  三島女郎衆はノーエ 
三島サイサイ  女郎衆は御化粧が長い
御化粧ながけりゃノーエ  御化粧ながけりゃノーエ
御化粧サイサイ  ながけりゃ御客がおこる

 

ほぼ一直線の街道の両側に商店、事業所が続く。

言成地蔵を祀った小さなお堂がある。
貞享4年(1687)、明石藩主の行列を道の反対側で見物する母親のもとに行こうとして、行列を横切った少女が、周りの助命願にも拘らず、お手討ちになった。短気で横暴な大名の言い成りになった娘を三島宿の人々が哀れんで弔った地蔵だという。

明石藩主による無礼討ちといえば、150年ほど後の天保年間に美濃路、今の愛知県尾西市でもあったのを思い出した。
暴れた馬を鎮めようとした孝行息子を、行列を横切ったとして斬ったもので、このときは尾張藩が領内での所業許しがたいと抗議し、その後明石藩が領内を通る際は夜間に葬式の装いで通行させたという。

 
この言成地蔵の裏手にやはり小さな妻塚観音堂がある。平家方の大場景親が三島大社に詣でた頼朝を闇夜に乗じて討ったと思ったら、自分の妻だったところから、塚を作りその菩提を弔ったという話が残っている。
間眠神社の松の根元で頼朝は仮眠したらしい。この神社の前の細い道が在庁道。鎌倉からは遠いので近くの百姓が頼朝の代参をして大社に詣でた道で、代参した人を在庁奉幣使といい、その道を在庁道といった。

 
左手の春霞の中に箱根の山々が低く連なり、桜が咲いているのか山が白じろしている。

うちなびき春来たるらし山の際のとほき木末の咲きゆく見れば     尾張連
(万葉集 巻八 春雑歌)

三島大社の前からほぼ真っ直ぐに延びてきた街道が、伊豆箱根鉄道の二日町踏切を越えて、横浜ゴムと森永製菓の工場の前を過ぎ、また真っ直ぐ延びている。
温室でテッセンが白い花を咲かせている。

手無バス停に手無地蔵。驚かそうと若侍の髪を引いたら逆に左手を切り落とされた地蔵だが、堂内を覗いても内陣に大切にしまわれているので拝見出来ない。
案内板に、この若侍が頼朝であるという言い伝えがあると書き加えられていた。
ふと後ろを振り向くと、白いころもを脱ぎかけた富士山の大きな山容が迫っている。
 
細い御殿川を挟んで、ともに三島大社の門を守護している左内神社と右内神社がある。
右内神社の社叢は楠、榎や木斛の大木が天を衝く。大社の神の使いとして大事にされた鰻が放たれたという宇米都乃池は小さな水溜りのようで、今は神の使いがいるとは思えない。境内には頼朝の手水鉢なるものがある。乞食石、女石、立石一俵と名付けられた力石もある。

 

三島市から函南町に入る。
大場川に架かる大場橋の袂にある小さな自然石は大場橋供養塔。
このあたりの中島・大場・間宮地区は、天城・箱根方面への交通路が分岐するところなので古くから栄え、江戸期、街道沿いに家並みが続いていたという。勿論今も商店や事業所や民家が続き、車が交差点に殺到している。

街道はその交差点を右に折れる。
入学式を終えたのだろう、お母さんに手を引かれた一年生が、うれしそうに、あるいはまだ緊張した面持ちで通り過ぎていく。妙蔵寺。神明神社。廣渡寺に清水の次郎長と並ぶほどの大場の久八という大親分の墓があるというが、先を急ぐので関わりを持たない。道祖神。清水寺。
 
真っ直ぐに延びてきた街道が国道136号線と合流し、それからは殆ど国道と重なる。もちろん車の行き来が激しい。
来光川に架かる蛇ケ橋を渡る。大雨のために川を渡ることが出来なかったときに、蛇が現れて橋となって頼朝を渡したという。このあたりは柿沢川や狩野川も蛇行しており、氾濫の被害を受けることが多かった。
釣具屋に狩野川入漁証取扱所とある。狩野川が鮎釣で大いに賑わう様子は初夏のニュースの定番だ。

 

韮山町に移る。

原木は狩野川を利用した物資輸送の拠点として賑わったところで、街道の行き来が激しくなった幕末には三島と大仁の中間にあって人馬継立が行われた・・・というが今それを窺うものは見当たらない。
荒木神社は、頼朝が参拝の際鳥居前の神木に馬の鞍を掛けたので鞍掛明神と呼ばれたという。
当の御神木がどうかは分からないが、境内の楠は度肝を抜かれるほど幹が太く背が高い。

道端に、家々の庭に、色とりどりの花が咲き乱れている。
大島桜、海棠、大根草、サクラソウ、ソラマメの花、一初、ひなげし、なしの花、みつまた、蓮華、なずな、雀の鉄砲、桃、菜の花、芝桜・・・。

 
左に1キロほど入ると代官・江川太郎左衛門の屋敷がある。
門を入ると、垣根の赤芽が鮮やかだ。
屋敷内に悠然と咲く桜も良い。
母屋の造りがどっしりとしてすこぶる野太い。

蛭ケ島を中洲とする狩野川の支流を伝承では江川という。
・・・後北条時代、宇野氏がこの地で名酒「江川」を醸造した。
近世代官江川氏の由来である。
(吉川弘文館発行「街道の日本史 伊豆と黒潮の道」より)

 

街道に戻ると東海バスの北条停留所。
足利幕府の東国の拠点だった堀越御所跡が広場になっている。
ここには又北条氏の館もあったらしく北条政子産湯之井戸が伊丹家の玄関前にある。

その先に北条時政が建てた願成就院。時政の墓に赤い椿が供えられていた。
本堂の横、芽吹き始めたイチョウが鳥居を覆う守山八幡宮。150段の石段を上がる守山の中腹に本殿があり、治承4年(1180)頼朝はここで源家再興を祈り兵を挙げた。 
伊豆箱根鉄道の線路を挟んで反対側に頼朝が流された蛭ケ小島がある。
頼朝と北条一族が眼と鼻の先に住んでいたことを知ると、頼朝と政子との結びつきは至極もっともに思える。

 
中条で古川橋を渡ったあと、土手の左にある韮山石材の脇を進むのが、かつての街道と思われるが、すぐに駐車場、畑になって途切れてしまう。
左手に伊豆長岡駅。

 
反射炉入口を左に入り、オギノ化粧品店で右折して細い道を進む。
国道に接するところにさらに細い左に上がる道がある。入口にたくさんの石造物が並ぶ。横山坂はその先を右に入るはずだが、これだろうという道が雑木林で行き止まりになり、行ったり来たりしていると周りの家々の犬が騒ぎ立てる。その騒ぎに出てきた奥さんに教わる。

よく間違うのだけど、横山古道は、すぐ手前の車がたくさん置いてあるところ。
車の間を縫っていくと道があって、先まで行けるわよ。

幅2メートルほどの道は、入口はごみが散乱しているが、やがて落ち葉がふんわりと積もった山道となり、笹を切り開いて上っていく。私有地に付き立入禁止の表示があるが、先まで行けるとの話なのでずんずんと進む。道にばら撒いたようにスミレが咲いている。草に覆われた数体の石仏が見える。やがて下を流れる狩野川が竹薮の向こうに見える。さらに横山変電所の横を下って、また上っていく。ウグイスがホーホケキョ。山道が宗光寺側の人里に出るところに、南無阿弥陀仏と大きく刻んだ名号塔がある。

 
伊豆箱根鉄道の線路に沿った道が、やがて線路を越え、国道を越える。

国道は守木の東から田京にかけてはほぼ真南に南下するが、旧下田街道は直角に守木の集落の南端の山ぎわから御門に向って西南にすすみ、六角堂・田中学舎跡のところでほぼ直角に曲がって田京に向うという甚だ曲折した道をたどる。この道筋は田京条里の坪界線に一致し、ここもまた平安時代に遡りうる道であったと思われる。
(静岡県教育委員会発行「静岡県歴史の道調査報告書 下田街道」より)

御門区集会所の前に、六角堂跡の案内が記されている。
近くの狩野川の土手を背にした畑の中に来朝塚がある。平安期、来朝坊という法師が諸国巡礼の後、法華経を収めた塚で、頼朝はこの来朝坊の後身であるとの言い伝えがあるそうだ。 

田京踏切を越える。広瀬神社の境内を、楠、欅、椋などが亭々と覆っている。今日は幾つもの神社で楠を見たが、いずれも大きく、この地はよほど楠が合っているらしい。
旭化成ファーマ大仁工場から退社する社員がチラホラ。影が長く延びる。先を急ぐ。
 

大仁商店街が長く続く。
150年ほど前の元治年間、大仁には旅籠が4軒あった。本陣とも呼んだ江戸屋は、商店街のはずれの菊池米店のあたりにあったらしい。近隣の俳人仲間が集まって句会を開き、その記念に刻んだ芭蕉の句碑がお店の前の電柱の影にある。

 
狩野川に架かる大仁橋を渡ると修善寺町。街道はそのまま直進し、右脇を用水が流れる瓜生野の集落を進む。幕末、狩野川の渡船場にあったという南無阿弥陀仏の唯念名号塔が、昌徳院の門前に立っている。

国道136号に合流する。

 

18時5分   伊豆箱根鉄道 修善寺駅    47842歩


トップへ戻る