平成18年6月5日(月)

7時5分 西武・入間市駅南口近くの黒須坂を下る。
霞川を渡ると黒須地区。瓦屋根の重厚な旧家が目に付く。ここが秩父と所沢を繋ぐ秩父甲州往還が交わる要衝だったからであろう。

 
狭山市 根岸

入間川を豊水橋で渡る。「根岸の渡し」といわれたところだ。
橋を渡ると狭山市根岸で、緩やかなカーブを描く旧道が国道の横に残っている。根岸宿の問屋を勤めた久下家の屋敷内の巨樹が天を衝き、このあたり往時の面影を偲ぶ景観がある。
なだらかな金屋坂を上がって国道に合流する。

日高町に入ると国道脇にわずかに旧道がある。しかし圏央道が南小畦川を渡る道筋を変えたと思われ、確認に手間取る。この小川を渡って児童ふれあいセンターの脇を進むと、小さな祠の中に子安地蔵があり、台石の右に「日光道」と刻んである。

国道に戻る。
鎌倉街道と交差する先に杉並木が現われて、1キロにわたって続く。
杉の大きな古木に加え松・くぬぎなどが入り混じった並木だ。鬱蒼とした木々のほの暗い足もとに散らばるドクダミの白い花とヤブヘビイチゴの濃紅色の実が少し不気味だ。
左は雑木林、右は日高カントリークラブ。このあたりはゴルフ場が多い。

 

日高市 高萩

杉並木を抜けると、旧道は畑の中を上がり、谷雲寺の脇を下って、中小畦川にぶつかり、県道にでる。ここで間違ってJR川越線武蔵高萩駅の方向に折れるが、この道が高麗川に向かっているのに気付いて戻り、国道の高萩交差点から北へゆっくり上がる。高萩宿はこの交差点辺りから延びていた。
川越線のガードをくぐったところに旅籠の亀屋と鶴屋があったという。しかし狭い道に車が殺到して大混雑しており、かつての面影をゆっくりと探す余裕がない。
坂を上がりきった中宿バス停の付近にある土蔵造の家やレトロな元郵便局が、かつての賑わいをわずかに伝えている。

 
小畔川を渡り、かすかに残る旧道を歩いて、戦前高萩飛行場があったあたりを過ぎると、約3キロにわたる杉並木が始まる。この並木も杉だけではなく松・くぬぎなど種々の木々が連なっている。

道端に日光街道杉並木の表示があるが、この街道の統一された名称は残っていない。日光脇往還と呼ばれることも多い。
このホームページのタイトルの千人同心日光道は嘉永元年(1848)発刊された関東十九州路程便覧にある。

国道から分かれると街道の並木が桜となる。桜が満開の先頃、八王子千人同心のパレードがあったそうだ。
鶴ヶ島中学の校庭の端に木製の榜示杙が立つ。
その反対側を斜め右に入った畑の中に小さな土塁で囲まれた代官川崎某の陣屋跡がある。百姓から慕われる名代官で川崎大明神と刻んだ小さな石祠が残っている。

お代官様といえば、威張り散らして無理難題を押しつける人の代名詞のようであり、代官は悪人ばかりだったという印象すらもたれている。ところが、代官のなかには、在職中の功績を讃え、顕彰する石碑を建てられたり、はては神社の神様に祀られるなどという名代官ともいうべき人がいる。その数は43名、91か所にのぼるという。
(本郷bQ1掲載藤田覚著「お代官様」より)

またこの代官は玉川上水に沿って桜も植えている。小金井の桜堤である。

 

坂戸市 坂戸

坂戸神社の少し北あたりから坂戸小学校の近くまでが坂戸宿で、日光に向かう八王子千人同心の第一日目の宿泊地だった。

(昭和20年代の)坂戸の街並みは清潔という言葉がぴったり当てはまるたたずまい。砂子屋の交叉点からまっすぐ北に延びた町屋は幅の広い道の両側に整然と並び、道路と家屋との間に麦や胡麻を乾燥させる二間ほどの干し場があったから、道幅は一層広い感じを与えた。
街並みはまだまだ茅葺の家が多く、瓦葺の大尽は、化粧品店・米穀商・医師・肥料店・菓子店・左官屋・呉服店と地所持ちの素封家などに限られていた。
(「坂戸市史 通史編U)より)

江戸期の家並みが昭和20年代まで残っていたのだろう。

坂戸小学校前に「左 日光道 松山道」の道標があるが、その先は、東上線北坂戸駅・北坂戸団地の建設で街道は消えている。街道が再び現れる場所が分からずウロウロした後、ようやく団地の北西の県道沿いにあるセブンイレブンの裏手に見つける。旧日光街道の碑の後ろの水路が街道の道筋で、県道を渡ると田んぼの畦となり、左右にくねって越辺川の堤へと延びている。もっとも上吉田の一本杉あたりで又消えるのだが。

 

東松山市 高坂

かつて越辺川をどの地点で渡ったのかは分からない。今は高坂橋で渡る。用水路のような九十九川に架かる岩下橋から道は緩かに上っていく。

「高坂村」
当村は八王子千人組の者、日光への往還、又江戸より川越にかかりて秩父郡の辺、及西上州へ往く馬継なり、家数百二十、南より北への往還に住せり
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 巻之百九十 比企郡之五」より)

宿場だったことを偲ぶよすがは無く、静かな家並みが続く。

「右日光」の道標に従って坂を下ると都幾川の川原で、「高坂の渡し」の痕跡を見ようとするが、河原は多目的広場等に整備されており、渡しに通じる道の途中にあった石橋と石橋供養塔が残っているだけだ。

 

東松山市 松山

都幾川を東松山橋で渡る。 
清見寺、八幡神社の脇を通る道が、いかにも旧道らしく右に左に曲りながら東松山の市街に向かって延びている。

16時40分  東武東上線東松山駅   48254歩  

 

平成18年6月11日(日)

二日前に梅雨入りし、今朝も空模様は怪しい。
まずは東武東上線東松山駅の東側に位置する箭弓神社にお参りする。江戸後期以降関東一円からの参詣者で賑ったという。

8時5分  明神町をスタート。と同時に雨が落ちてきた。
下沼公園脇に、下の病にきくといわれる道祖神。その先に延びる本町は松山宿の中心だったらしく、格子窓、土蔵造りの重厚な商家の建物が残る。しかも斜交いに建っている。八王子千人同心の帰りの昼食地だった。

松山町は町と称しても、検地帳には松山本郷とあって、住民は田畑屋敷を名請けする百姓だった。市町の商人として営業しているものも身分を肩書きする場合は百姓と記した。
しかし宿場の同様に伝馬役を負担する点では、むしろ事実上の町人といってもよく、景観も宿場同様の街並みであった。
(市史編さん課編「東松山市の歴史 中巻」より)

八雲神社を過ぎ、市野川、滑川を渡るたびに緩やかな上り下りを繰り返し、次第に田園風景が拡がる。東平交差点で国道を渡り、雑木林と草地や梨畑を見ながら大きな上り下りのある丘陵を進む。

県道と分かれて大里村に入り、春日神社にわざわざ立ち寄るように折れ曲がって丘陵から下りると田植えを終えたばかりの田んぼが広がる。
小八林バス停近くの道端に供養塔があり、「北 日光山 行田道」が読み取れる。ここから大福寺までの道は田んぼの中らしい。道を探していると、雨が激しくなりカメラの調子もおかしくなる。

寺から裏の五差路に出て県道沿いに和田吉野川の堤に上がる。荒川に架かる大芦橋と荒川水管橋の間で和田吉野川を渡って、荒川の河原に下りてゆく。大きな河原一杯に麦畑が拡がり、文字通り小麦色に染まっている。
道がぬかるんでいたところもあったが、割と容易に「大芦の渡し場」跡に来た。身の丈ほどの水神宮や九頭龍大権現、馬頭尊の石造物が並んで立っている。水が流れている川幅は意外に狭い。近年までここに橋が架かっていたらしい。

昭和15・6年頃までは洪水の警報が出ると村人総出で、この橋の床をはがして流されないように安全なところまで運び、治まるとまた床をならべたという。
(埼玉県教育委員会編集「歴史の道調査報告書 日光脇往還」より)

大芦橋を渡る。橋から下に見える大芦河岸も、芦ではなく麦が広い河原を埋め尽くしている。
荒川水管橋の下にある賽神の石碑から吹上町の大芦の集落に入る。道は家々の間を、あるいは田んぼの中をくねくねと曲がって延びている。道沿いに医王寺、龍光寺、氷川神社が鎮座し、道端に石仏、庚申塔が立つ。

本町に入ると家が多くなる。舟材で作られた塀が屋敷を取り囲む大芦河岸の元締をしていた秋池家を過ぎ、高崎線吹上駅を右に見て松山街道踏切を渡ると、懐かしい中山道に出た。このあたりは吹上宿の上宿中組で木賃宿や商家がかたまって並んでいたところだ。
すぐ先の国道17号を越え、古利根川に架かる佐賀橋を渡る。

国道を越えると広い道になるが、この道を明治から大正期までの20年間、吹上と行田を結ぶ馬車鉄道が走っていた。

馬車道と人道の区別はなく、普通の道にレールが引かれていた。そのため、時にはレールの中に石が入り込み、馬車がひっかかったため、専門にレール上を歩き、専用の鉄棒で石を取り出す係がいた。
本倉稲荷の前は忍(行田)行と吹上行の馬車の交換場所だった。
(吹上町教育委員会編「吹上郷土読本」より)

がんがら落と呼ぶ水路を渡ると行田市だ。上越新幹線をくぐり、馬車が走った真っ直ぐに延びる道を進む。遍照院を過ぎ、水城公園の横に出る。
14時30分  館林道と交差する佐間のT字路に着いた。 32757歩

ここから行田の中心までは近い。行田は忍城があった城下町、八王子千人同心の往きの昼食地、帰りの宿泊地だった。
行田、佐野を経て日光に至る道は、過日歩いた館林道・日光例幣使街道である。従って今回の街道歩きはここで終わる。八王子千人同心が歩いただけでなく社寺詣で等にも利用されて、意外に多くの人々が行き来した街道だった。 (了)


トップへ戻る