千人同心日光道

日光東照宮の火の番の任にあった「八王子千人同心」が警備につく際に往来した街道である。
東京・八王子から拝島、箱根ケ崎、埼玉県に入って二本木、扇町屋、根岸、高萩、坂戸、高坂、松山、行田と進み、行田からは館林道、日光例幣使街道の道筋となる。日光まで約40里、三泊四日の行程だったらしい。
今回歩くにあたっては、中山高安氏が著した「日光脇往還」、埼玉県教育委員会発行の「歴史の道調査報告書 日光脇往還」を参考にした。

 

八王子市・千人町

平成18年6月2日(金)

7時5分 JR西八王子駅前の甲州街道を東に向かう。周辺は八王子千人同心が住んでいたことから千人町と呼ぶ。
背の高いいちょう並木が途切れると、陣場街道との追分で、「右甲州道中高尾山道」の道標が立ち、千人同心屋敷跡記念碑がある。

八王子は単なる田舎町ではない。
小身ながらも「八王子千人同心」といった幕臣の集団が住んでいたという点では、江戸という町のとびきり小さなヒナ型ともいえるわけであり、それが武蔵の辺境にあるがためにかえって江戸を愛する精神がつよいともいえる。古くは江戸っ子を描いた十返舎一九が出、幕末にはこの付近で新撰組が成立し、そののちは三田村鳶魚が出た。
(司馬遼太郎著「街道をゆく 甲州街道」より)

八王子十五宿の八木宿、八幡宿のブロックを過ぎ、八日市宿との境で甲州街道と分かれて、日光道は道幅の広い国道16号になって北上する。大横町にあった二大寺のうち大善寺は移転し、極楽寺だけが残っている。
浅川橋を渡る。
川口川橋を渡ると旧道は国道を逸れて住宅街の中に入り、緩やかに上がっていく。その先は、ひよどり山に連なる低い山をくねりながら上がっていく稲荷坂と呼ぶ坂道だったらしいが、かつての道筋を今は歩くことが出来ない。坂の名になったと思われる覚祐稲荷の小祠を過ぎると住宅が道を遮り、国道が山をぶった切り、山の斜面にレストランなどが張り付いて旧道が消えたからだ。
その旧道は山の頂きに上りつめて水道局の建物を巻くところにわずかに残されており、住宅やラブホテルの間を下っていく。
中央自動車道を越え、左入町に入ると大型トラックがすさまじい勢いで八王子インターを出入している。

 

昭島市・拝島

昭島市に移って多摩川に架かる拝島橋を渡る。
江戸期、ここに数人の船頭が常駐する「拝島の渡し」があったことを示す石碑が橋のたもとの児童遊園にある。

文久元年(1861)の記録によると、渡し賃は平水時は24文、大水のときは割増料金を徴収する といった定めがありました。――ちなみに旅人が煮売屋(食堂)で昼食をとると、50文ほどであった。なお八王子千人同心など公用の通行人馬は無賃。――
明治時代に入っても、なおさかんに利用され、昭和10年代には八王子―川越間を走る定期バスが、この渡し船を利用して多摩川を渡ったこともありました。
(拝島町4丁目南児童遊園の石碑の碑文より)

 
拝島宿は、大日堂から西に延びていたようだ。

弘化3年(1846)の記録によると、家数159軒のうち宿屋が6軒あり、そのほか居酒屋・質屋・荒物屋・菓子屋・鍛治屋・銭湯といった商売屋が56軒も建ち並び、旅人の便に供されていたことも知れる。
(広報あきしま bQ95「拝島宿の面影」より)

しかし今はいくつか商店があるものの、住宅が続くごく普通の通りで、バス停名の上宿や公会堂の中宿の名がかすかにここが宿場だったことを伝えている。その後、街道は一旦拝島駅に消えるが、駅北口に現われる。昭島市から福生市に移る。
玉川上水に架かる日光橋を渡る。橋の名はもちろん街道に由来している。

五日市街道を越えて、国道に再会するが、ここから街道は米軍横田基地の中に消える。従って基地を半周する形で国道を6キロ以上も歩かざるをえない。
基地の金網フェンスに沿った歩道を進む。金網に「この先管理用道路につき通行できません」の掲示があるが、国道の車の行き来が凄まじく反対側の歩道に移れない。軍用犬にかみ殺されるかもしれないという恐怖に怯えながら、管理用道路を歩き続ける。
第5ゲートの入口横の自販機で冷たい飲み物を買おうとすると、基地の警備員がすっ飛んで来た。

入ったら駄目だ。
門の外とはいえ、ここはもう基地の中だから入ったらいけません。
飲み物を買うだけでも、駄目だ。
これだけ言っているのに。しかたないな。買ったらすぐ出てくださいよ。
(妻が不安そうに成り行きを見ている。)

中古の衣料品など米兵相手の商店が続く。羽村市を通り抜けて、瑞穂町に入る。
道端にカメラを構えて、基地に着陸する飛行機を撮影している青年がいる。もうすぐ米兵の物資を積み込んだジャンボが着陸するという。
15分ほど待っていると、旅客機のような派手な色彩の大きな機体が車の騒音に紛れてあっけなく着陸した。

 

瑞穂町・箱根ケ崎

基地の外に現れた街道は、すぐ新青梅街道に切断されるが、その先に箱根ケ崎宿が延びる。箱根ケ崎? 興味を惹く地名だ。

この地を通った何者かが、その地形が相州の箱根を小規模にしたものに似ていると思い、丘の上に箱根権現を勧請し、その付近の集落に箱根よりも先(都より遠く離れた)にある村という地名をつけたと推測するのは如何なものであろう。
(瑞穂町教育委員会編集「瑞穂の地名」より)
 

青梅街道も通る交通の要衝だったところで、天保12年(1841)には、関屋・嶋屋・久保田・勘兵衛・田中屋・山田屋・村野屋・角屋・次郎右衛門の9軒の宿屋があった。宿通り沿いにいくつか残る蔵に往時の賑わいを知ることができる。
宿場の中心だった中宿をうろついていると、店のガラス戸越しに真竹を削っていた主人の姿が見えた。店の名は猪俣竹細工店。

竹で編んだ籠は、摘んだお茶や、蚕の餌となる桑の葉を入れるのに使われました。
(ここは狭山茶の産地なので、摘むときに使う籠のニーズがあるでしょう?) 
今は機械で茶摘をするので、竹籠は要らないのです。
昔は箱根ケ崎だけでも数人の同業者がいましたが、今は、立川から青梅まで私一人です。

箱根ケ崎を抜けると、字名が駒形富士山となる。さぞ綺麗な富士山が見えるのかと農作業中の中年夫妻に尋ねると、「このあたりで富士山は見えないよ。ふじさんではなく“ふじやま”と読む。」との答え??

瑞穂町のホームページによると、村の鎮守が駒形明神だった駒形村と、富士浅間神社があった富士山村が合併して駒形富士山の地名ができたそうだ。

周りに茶畑が増える。

 

入間市・二本木

東京都瑞穂町から埼玉県入間市に入ってすぐの三叉路に自然石の道標が立つ。
ここから二本木宿が始まる。道標の横の説明には、この宿場が道幅4間余、戸数170軒余だったと伝えて、さらに現在でもそれぞれの家の屋号に当時の盛況ぶりを窺うことができると記している。しかし人の姿を見ない農家が続いており、賑わいとは程遠い。
こんなひっそりしたところで営業しているのが不思議な「食事処 美食」に入る。主人は若い。

親父の代は屋号で呼んでいます。うちは酒屋です。
姓は友野、右隣の大きな門構えの造り酒屋だった家も友野、左もその先も友野。

こんなに同姓が多いと屋号で呼ぶはずだ。
国道と合流する直前で左折するのだが、この辺りの宮寺地区は狭山茶の本場だ。街道沿いにある入間市博物館の前庭には、色々な銘柄の茶の木が植えられている。そのうちのひとつ「やぶきた」の名の由来は説得力充分。

やぶきた(茶農林6号)
昭和28年静岡県茶業試験場育成。品質は極めて良好、全国栽培面積の7割以上を占めている。
「やぶきた」の由来は実験茶園の藪の北側で発見されたため命名された。

この先、雑木林の中を真っ直ぐに延びていたらしいが、戦時中狭山飛行場となり、戦後武蔵工業団地となって、街道は失われている。工業団地を出ると再び現われて、入間インターをくぐり、武蔵カントリークラブ入口付近で国道16号に合流して、緩やかに下っていく。

 

入間市・扇町屋

扇町屋宿は、宿の長さ6町許、道幅8間余、戸数90軒、三八の日に市が立ったという。八王子千人同心は、ここで往きは昼食を摂り、帰りは宿泊した。
上町の地蔵堂前に「みたけ山・ふし山・高尾山・大山」の山岳信仰の霊山名を記している道標がある。各地の社寺にお参りする多くの人々がここを通ったことを物語っている。
今も道幅は広いが、商店は宿のはずれの入間市駅の方向に多く、そこが入間市の繁華街らしい。一番賑やかなサイオスビル前の三叉路にあった道祖神が、手前の志茂町子育地蔵の前に移っている。側面に「従是 日こう道」と刻まれている。
黒須坂を下る。

17時30分    西武池袋線入間市駅   52708歩


トップへ戻る