佐屋路

東海道の脇往還である。
東海道の宮の宿から北上する美濃路と新尾頭(名古屋市熱田区)で分かれ、岩塚、万場、神守の各宿場を経て佐屋宿(愛知県海部郡佐屋町)に至り、さらに船で三里を渡って桑名宿までの九里の街道である。

 

平成15年10月3日(金)

金山新橋南交差点に「左さや海道 津しま道」の道標。
8時30分 新橋通りと名付けられた県道115号を西に向う。

 堀川に尾頭橋。橋のたもとにあった「七はしくよう」の碑は、近くの八熊通りの金山神社の前を入ってすぐの畑中地蔵に移されて大切にされている。架橋と築堤に難儀をしていた村人を救うために人柱となった旅僧の供養塔である。
また堀川沿いに沢の観音と呼ばれる妙安寺がある。かつては高台の景勝の地で多くの文人墨客が訪れたというが、今は家や事業所が建て込んだ普通の風景が広がるだけである。

 
車の行き来が激しくなってきた。
東海道新幹線のガードを抜けると唯然寺。門の脇の垣根から津島街道一里塚と書かれた石碑が覗く。五女子の一里塚の名残である。
県道が八幡本通りと名前を変えて、まっすぐに延びる。両側は商店が続く。江戸期を偲ばせる家並みは全くない。
中川福祉会館に佐屋街道の新しい石碑が建っている。

二女子バス停。地図を見ると四女子町もある。
この・・女子の地名の由来については諸説あるようだ。

俗説では「昔愛知郡片端の里に尾張の大領何某とかやいふ人あり。この人七人の女をもちて七所へ嫁娶に各其地を領せしむ。それより村名と為す。其時片端を一女子村と改む今の古渡村是なり云々」とあり、・・・
(名古屋市中川区役所発行「中川区史」より)

この説も今から1300年前の奈良時代の話では確かめる術が無い。

 
明治元年12月の京都へ御還幸の明治天皇駐蹕之所。
長良橋を渡って、常盤交番の裏にも、明治天皇御駐輦之所。
さっき休んだのに又、と思ったらこれは明治2年東京へ行幸したときのもの。なおその後明治天皇は京都に御還幸されることは無かった。

近鉄烏森駅脇の踏切近くに、松並木の名残の2本の松が最近まであったらしいが、枯れたのだろうか、いくら探しても見つからない。

 
禅養寺300mの案内を見て左に細い道を入る。
秀吉の妹(のちの朝日姫)を嫁にしたが、その後家康の正室にするために離婚させられた副田吉成が、隠斎と名を改めて、このあたりに住んでいたらしい。禅養寺の門は、その隠斎の家門という。
本堂に接して水難を逃れた船頭が奉納した白武稲荷が祀られている。

街道に戻る途中、路地を行ったり来たりして中川宅を探す。河川開削のごほうびとして松並木の松を切ることを許されて屋敷の梁にしたと伝えられている。門が閉ざされていたので、茅葺の大きな屋根を見るにとどまった。

 
並木町の町名に、松並木が続いたかつての名残をとどめている。
歩道には、街道を偲ばせる松、駕籠、鳥居が描かれている。
庄内川の堤の脇に岩塚宿がある。と言っても、かつて本陣と7軒の旅籠があった宿場の面影はどこにもない。
稲葉酒店の奥さんに聞く。

光明寺の前の空いた部分は馬繋ぎ場だった。
本陣は寺の北側にあった? 知らないなあ。
三十三観音石仏は、寺の前にあるよ。

右に入ると熱田の七神を祀る七所社。
境内に、日本武尊が東征の帰りに腰掛けた石がある。畳一枚程度の大きさだが、岩塚の地名に繋がる腰掛石だ。

 
庄内川に万場の渡しがあり、対岸に万場宿があった。
江戸期は昼夜を分かたず渡船でき、明治期になって橋が架けられた。
その橋があったあたりの堤の小さい秋葉社の境内に、常夜燈と万場大橋欄干石が残っている。

万場宿は本陣と旅籠10軒があった。堤から緩やかに下ってくる通りは静かで、大きな民家が並んでいる。
国玉神社八剱社。光円寺の鐘がボーンボーンと鳴る。時刻は11時半。寺の前に鈴鹿峠にあったような大きな石灯篭がある。

 
名古屋高速万場線をくぐる。
新川を渡る。黄金色の田んぼが現れる。
閑静な砂子地区を進む。突き当りが高札場跡。小さな地蔵堂を左に行くと行基の開基といわれる自性院。
住宅街の中のカフェドサンラークで昼食は味噌かつ定食。

東名阪自動車道をくぐる。七所神社前の民家の玄関前に見逃しそうな旧一里塚跡の小さな標柱。

私はビュルガー博士と共に、経度測定の時間を得るため、一行より数マイルの距離を先行した。われわれは宮から三里九町離れた園津村の近くにある一里塚の傍で好機会に恵まれて観測を行なった。それから舟で砂子川を渡ったが、その幅広い川床にはほうぼうに砂の州があって数千のノガモが集まっていた。
(シーボルト著「江戸参府紀行」より)

街道は工場、民家が混在する中を大きく大きく曲がる。狐海道東交差点に出て県道68号を進む。
七宝町に入る。福田川の堤に彼岸花の朱色が散らばっている。
七宝焼原産地が六町北の遠島であることを示す道標が立っている。近くには大きなパチンコ屋やホルモン材料卸や薬局やラーメン屋など雑多な店が集まっており、七宝焼の製造販売店は、少し先に2軒ほどあった。
 

田園風景が広がる。前方に養老の山々が低く延びる。
蟹江川を渡る。橋の名は弓掛橋。義経が弓を放ち、百町先に矢が落ちた。そのとき弓を掛けた松があるはずと探すが見当たらない。なお矢が落ちて百町と名づけた場所は、ここから三十町ほど先の日光川沿いにある。

津島市に入り、県道65号を越えるとすぐに、神守の一里塚。北側の塚の上には椋の大木が載っかっている。南側の塚の跡が民家の庭にあるようだが、木が茂っていて覗くこともできない。
そしてこのあたりから神守宿の下町が始まり、県道と分かれて右に折れると中町、上町になる。車はもちろん人影もない静かな通りである。家並みは建て替えが進んで宿場らしさは殆ど無いが、何軒かは重厚な屋根を載せている。
三輪さんの奥さんに伺うと江戸期は「和泉や」という旅籠だという。「おうまや」の看板を掲げた文房具屋は馬屋を営んでいたらしい。通りの突き当たりに本陣があった。

右手に憶感神社が見える。
近くに、この神社の旧地とされる、まるで車の輪のような形をした水田があるらしいので探すが・・・。畦道を通りかかったおばあさんに尋ねる。

農地整理によって、分からなくなっているでしょう。
この集落が昔あったところには、元屋敷とか寺前という地名があると聞いています。

このおばあさんの話は神守宿の成立に関わっている。

万場宿へ一里半九町、佐屋宿へ一里半九町。正保4年(1647)万場宿・佐屋宿間の距離が長く、人馬の疲労がはなはだしく人馬が継ぎかねると岩塚・万場・佐屋の三宿から藩に訴え出た結果、北神守・南神守二ケ村立会いで一宿を勤めることになり、・・・・北神守村を北約五百メートル隔ったところから移住させ、南神守村と併せて108戸、人口635人と宿場の町並みがつくられた。
(愛知県教育委員会発行「愛知県歴史の道調査報告書V 佐屋街道」より)

宿場の西の出口にある穂歳神社は日本武尊の妾腹の子を祀った神ともいわれているらしい。

 
日光川を渡る。
旅人の多くは 津島神社参りをして佐屋に向ったという。
我々も佐屋路の残りは明日辿ることにして、津島の市街へ急ぐ。埋田町、柳原町、今市場町。筏場町、横町の町並みに、かつて湊町、門前町として栄えた頃の面影が残っている。
中町で 「茶房 であい」 に入る。

コーヒーはありませんが・・・(信長にも茶の湯接待をした歴史を持ち、茶道が盛んな津島らしく日本茶が主体だ。暑いので白玉入り冷しぜんざいを注文。) 去年会社を辞めて、この生まれ育った家で喫茶店を始めました。(とすると、お歳は60代?) いいえ私は大正9年生まれ、妻は15年生まれ、二人合せて160歳です。
(お若く見えますが秘訣は?) 笑って暮らすことです。歩くこともいいですな。(我々は街道を歩いています。)中山道の細久手は行きましたか?(大国屋のおばあさんにお世話になりましたよ)あちらに別荘を持っているので、おばあさんをよく知っています。
ところで、津島神社の秋祭はあさって行なわれますよ。(祭のことまで調べてこなかった。・・・でも、元気をもらった良い「であい」だった。
 

16時   津島神社  38487歩  アイプラザ津島に泊まる。

 



平成15年10月4日(土)

6時45分  津島神社へ向う道と佐屋に向う道の分岐点である埋田の追分は、津島市役所前バス停から左に入ったところにあった。
「左さやみち 右つしま天王みち」の道標や一対の常夜燈、伊勢湾台風に流されて根石だけになった津島神社の一の鳥居が見捨てられたように立っている。ここへ伊吹おろしが砂ぼこりを巻き上げれば、座頭市が出てきてもおかしくない舞台が出来上がる。

 
街道はこの追分から左手の民家、津島市民病院の中に消える。
再び現れるのは、かなり南下してのち、愛宕神社の脇である。住宅の中の曲がりくねった街道が県道114号と県道105号を跨いで延びるが、やがて又消える。名鉄尾西線を越えて、黄金色に輝く田んぼを見ながら進むと佐屋海道址の自然石の碑が立っている。この石碑の脇に現れた街道は県道458号に合流する。

 浄法寺の鐘楼が街道ぎわに見えると、そこはもう佐屋宿で、須依交差点を右に折れて宿場の中心に進む。しかしごく普通の民家が続き、佐屋交差点近くにある「左 さや船場みち」の道標や佐屋代官所址の碑だけが往時の佐屋宿の様子を知らせている。

 
佐屋三里の渡し跡の碑がある。

東海道の宮(熱田)から桑名までは七里の渡しと称される海路を通るが、干潮時には沖を通るので十里ほどになることもある。
四日市宿へは直通しても海路十里ある。・・・佐屋と桑名間は、三里の渡しと称され、伊勢湾渡海に比べて半分以下の距離であり、河川航路であるから安心感もあり、船酔いの憂いもないために、利用する者も多かったのである。

(加藤安雄他解説「佐屋路分間延絵図・解説篇」より)

旅人はここから佐屋川を下り桑名に向った。
しかし佐屋川は年々砂が堆積し川床が高くなり、江戸末期には船の通行が困難になり、明治期に廃川となって、今は無い。

 
8時20分  佐屋交差点から佐屋川の川筋だったと思われる道を進む。
道際の家の石垣は川べりの名残だろう。

西保あたりから右に入って、木曽川用水沿いを歩く。
 
右手のこんもりと小高いところは、佐屋から下る船が目印にした梶島だ。木曽川と佐屋川に囲まれた孤島だったが、今は田んぼに囲まれている。
この梶島の神明社の脇に真新しい「いかだ中継ぎ場跡」の碑が立っている。神明社から一段低い、今は畑になっているところが丈江と呼ばれた跡である。

尾張徳川藩が領有した材木が筏として木曽川を下った。
この丈江で、錦織(岐阜県八百津町)から乗ってきた筏師が下りる。替わって筏に乗りこむのが梶島の筏師である。ここから、熱田の白鳥や桑名まで送り込むのが梶島の筏師の仕事である。丈江はいわば筏師の中継点であった。

(「愛知県歴史の道調査報告書V 佐屋街道」より)

 
木曽川を尾張大橋で渡って三重県桑名郡長島町に入る。
信長に対抗した長島一向一揆よりもジェツトコースターの長島スパーランドで有名な町だ。

木曽川の広い堤を下る。景色が広がり気持ちよい。

 
佐屋川・木曽川を下ってきた船は、長島輪中と葭ケ須輪中を分ける鰻江川に入って、長良川、揖斐川に抜けた。
今そこに鰻江川締切の地の案内板がある。
それによると、木曽川から長良川、揖斐川に流れ込む水路になって水害の要因であった鰻江川を明治20年に締め切ったという。

かつての鰻江川に沿っていたと思われる道を進む。
畑仕事をしている男性に声を掛ける。

今二人が歩いている道は、もとは鰻江川の川べりの細い細い道で、道の右側に幅広い川が流れていました。埋めて畑にしたのは昭和になってからです。今夏の天候不順で、畑のさつまいもは出来も悪いのですが、よかったらたくさん持って帰って下さい。この大きいのもリュックに入れましょう。

レジャーランドのなばなの里の横から長良川の堤に出て、伊勢大橋で長良川・揖斐川を渡る。
是非を巡って議論のある長良川河口堰が大きく長く横たわっている。

 
13時   桑名の七里の渡し跡  32335歩

 平成13年に東海道を歩いたときは名鉄と近鉄を利用した宮と桑名の間を、今回歩いて文字通り東海道を完全踏破した。改めてバンザイ、バンザイ。 (了)


トップへ戻る