佐倉道

佐倉道は佐倉と千葉方面を結ぶ重要な道であったが、特に佐倉藩の年貢米輸送ルートとして大きな役割を果たしていた。
(千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書 佐倉道」より)

そして報告書は、このルートには、佐倉から亀崎、物井、栗山、四街道を通り、若松、原、高品を経て千葉の道場に至る「北年貢道」と、佐倉から六崎、石川、木野子、神門、から現在の国道51号を通り、千葉の道場に至る「南年貢道」があったと書いている。

今回はこの二つのルートを歩く。

 

 

北年貢道

平成24年9月14日(金)
千葉モノレールよし川公園駅から10分ほどの広小路十字路。

その一角に「佐倉藩の荷物を登戸浦へ運び出す人馬で賑わって・・・」の案内板が立っている。

6時20分 この十字路から北に向かい、100mほどで左へ折れて、道場地区を緩やかに曲がりながら抜けていく。
道場坂下で、大六天神社の石段を上がる。

タブの大木が日差しを遮って薄暗い境内に、佐倉藩家中矢吹源左衛門が幕末近い弘化2年に奉納した手洗石がある。
意外なほど小さい。

神社の裏手に千葉刑務所がある。

ジャズピアニスト山下洋輔さんの祖父である山下啓次郎さんが設計した刑務所のひとつ。
奈良少年刑務所同様(般若寺坂越え奈良街道ご参照)、外観がデイズニー顔負けのお城のようだ。

江戸期には勿論こんな刑務所はなかったので、大六天神社の左を進んだが、今は刑務所前を過ぎ四街道入口を左折して、刑務所の高い塀に沿って県道64号を進む。
高品坂下から道幅が広くなって上がるが、次の高品橋前で左に入って道幅が戻る。
すぐの路地の角に、道祖神、馬頭観世音。道標もあるが場所が悪く、「南 千葉 北 四街道」しか見えない。
路地から出てきた小学生が三々五々、その先の京葉道路を跨いで、高速道路沿いを学校へ急ぐ。

家のあいだに畑があったりして、まだ千葉の中心から1時間ほど歩いただけだが、周りに随分緑が増える。
JR総武本線を跨ぐ。

入口十字路で寄り道して石仏を見に行く。

左折して10分ほど行くと、こんもりした熊野三社太神の杜が見えてくる。
その神社の入り口に1mほどの端正な馬頭観音と道祖神が鎮座している。
馬頭観音は道標を兼ねており、もともとは十字路に立っていたという。
「南 ちば  西 原村 道   北 さくら  東 坂戸 道」

街道に戻り、モノレールをくぐり、西都賀の新しい住宅地を下って上がる。


そして不思議なことに、「千葉県歴史の道調査報告書」には、この先の街道についての記述が全くなく、地図上にコースが記されているだけ。
従って、そのコースを辿って行く。

若松町に移っても、沿道には商店、事業所、民家が続く。
鎌池交差点で御成街道と交差する。
道一本左に陸上自衛隊下志津駐屯地が広がる。

四街道の地名発祥の四つ角に来た。
明治14年に建てた道標があり、四つの道が交わったのが地名の由来だとわかる、

北 成田山道
南 千葉町道
東 登宇がね 馬渡   道
西 東京 船橋   道

また、傍らには一里塚の名残の大きな榎がある。
佐倉藩主が参勤交代の折、休息所として立ち寄ったという。

街道はイトーヨーカドーにぶつかって、一旦消える。
このスーパーの広い敷地は、精工舎工場跡地であり、戦時中は陸軍野砲学校があった。
スーパーの横の文化センターの脇にある小山は、大砲の射撃訓練の際の標的として作られたものだという。

街道はスーパーの先の四街道市役所横に現われる。
まっすぐな県道136号が商店、事業所が間断なく続く栗山地区を抜けていく。
残暑とはいえ、今日も32度まで上がっているだろう。汗がしたたり落ちる。
バス停に「茶屋の作」「馬洗」とある。この地名の由来はなんだろう。

東関東自動車道を越え、三叉路から物井に入る。
かつては原野が広がっていたのだろう。今も周りには畑や原っぱが広がって、その奥に幾重にも杉林が延びる。
そんな台地の上に延びる道を、ひたすら歩く。

亀崎に移る。
長屋門のあるお宅の先に熊野神社がある。
密に茂った緑の参道をくぐっていくと、あれっ、本殿を建設中だ。

帰って調べたら、この神社は昨年夏に本殿が焼失していた。

神社創建当時に植えられたという数多くの巨木も一部燃えたようで、本殿の周りは随分すっきりしている。
神社裏手の目通り2m以上のケンポナシは健在。


いくつかの大ぶりな農家を過ぎて坂を下ると、目の前に稲刈りを終えた田んぼが大きく広がる。
道はその田んぼの中を大きくカーブして、やがて小さな山を回り込むと佐倉の市街に着いた。

11時45分  JR佐倉駅  29488歩


 

南年貢道

 平成24年9月20日(木)
今日のコースは、 千葉市広小路を起点とする国道51号が、佐倉の手前まで連れて行ってくれる。

6時20分  広小路十字路から道場地区をくねくねと抜けて道場坂下に至る。
千葉刑務所を過ぎて、そのまま直進する。右手は都町、左手は貝塚町。
通勤・通学客を載せた千葉駅行きのバスと頻りにすれ違う。
車坂を上がる。

京葉道路を跨ぎ、桜木町で直角に左折する。
千葉モノレールをくぐると、道幅が随分広くなり、ロードサイド店舗のオンパレードとなる。

若松町で御成街道と交差したのちは、落花生畑や大きな林が現われる。
江戸期、このあたりは、六方野と呼ばれたというが、四方八方、原野だったのだろう。
籠屋前バス停のあたりは、昭和の初め頃でも数軒の家しか建っておらず、茶畑が多かったというが、むしろまた原野に戻りつつあるのではないかと思われるほど、道の両側の林が深い。

広かった道幅が元に戻って狭くなる。
川野辺バス停の右手一帯が、慶応年間に加曾利村の八軒の家が開墾した加曾利新田だが、今は木々の間に現代風の家々がのぞく。

四街道市に入る。
吉岡十字路から南波佐間にかけて、道標を兼ねた石塔がいくつかあるはずだが、見つからない。
コンビニやら大きなパチンコ屋ができており、どこかへ移ったのかもしれない。

地図を見ると、左手には四街道総合運動公園がある。

坂戸の三叉路に出る。

坂戸・岩富方面への道と佐倉道が交わり、地元では追分と呼び、明治中期まで二軒の旅籠があったらしい。
川村記念美術館あと1KMの案内の横に、馬頭観音と道標を兼ねた地蔵尊が、どーんと立っている。
右 成戸 八日市場 いゝぬま道
左 成田 なめ川 かしま道

美術館は坂戸方面への県道22号沿いにある。         

追分を過ぎると、戦前までは松の大木の並木が一キロほど続いていたという。
その松並木が尽きた馬渡坂上で国道と分かれて左へ入り、畑の中を緩やかに下る。
八坂神社を回り込むと、その先に馬渡の本宿がまっすぐ延びている。

五軒の旅籠、一軒の木賃宿と三軒の茶屋が、大正初期まであったらしい。
明治24年3月、正岡子規が旅籠の上総屋に泊って、「月寒し 宿とり外す 独り旅」の句を詠んでいる。
上総屋は総二階造りの店を構えていたが、大正期に、後ろに位置していた田中酒造が上総屋の土地を買い取った。
田中酒造「旭鶴」は今も盛業中。

宿場の面影はないが、国道が集落の外を走っているため、ひっそりとした家並みが残る。
八坂神社祭礼時の仮屋で集落を抜けると、鹿島川流域の低地に出て視界が開ける。
旧旭橋の袂に、小さな地蔵と三界満霊塔が隠れるように立つ。

国道に戻って、台地への長い坂を上る。
坂の途中に神門神社、王蔵院がある。
坂を上がりきると神門の十字路。広小路からの国道51号とはここで別れる。
左折して県道65号を進む。

木野子に入ってすぐ右手に木之子神社。杜の中には諏訪神社と金刀比羅神社の小さな本殿が並ぶ。
神社を過ぎると、穏やかな下り坂となる。

東関東自動車道を渡って、石川に移る。
追分食堂の看板を掲げた店がある。

そこが大篠塚との追分で、二基の道標がある。
しゃがみこんで、刻んだ字を読もうとするが、摩耗していて難しい。
小さい方は250年前の宝暦年間のもので、「右ちば 左とうか祢」とあり、大きい方は明治のもの。

このあたりからは、城並木と呼ぶ杉、松の並木道だったが、ここも戦争中に伐採された。
佐倉城下に近づいて、家が建て建て込んできた。
六崎に入ると、坂上から旧道がわずかに残る。欅の大木のある妙見神社がある。
墓地前から大きく左に曲がり、立正佼成会裏の六崎大坂を下る。
JRにぶつかる。

JRの反対側に出て、表町から高崎川に架かる仮橋のような小さな橋を渡る。
これがかつての欄干のつく長さ14間の本格的な本板橋だった皿田橋だろうか。

橋を渡ったあと、田んぼの中を直進し、国道を突っ切り、ジョナサン横から佐倉厚生園下で台地下に取り付く。
台地をとりまくように右へ進んだあと、谷に沿って暗く湿ったヘビ坂を、残ったチカラを振り絞って上っていく。
上がりきった大蛇町を左折し、厚生園に沿って進み、左に右に折れて弥勒町で成田街道に合流したのち、新町を通り、横町札の辻に至る。
11時55分 34154歩

佐倉城に運びこまれた年貢米あるいは領内の年貢米を、江戸で売却するために千葉・寒川に運んだ。
年貢米を運ぶ時に、上り坂では難渋したであろうと思うと、これまでになく、坂道が気になった。(了)
                                                


トップへ戻る