平成15年8月23日(土)

9時40分 ヤッピー八ヶ岳号が清里駅に着く。

清里駅は昭和8年に開業して今年70周年を迎えた。

裾野十里といわれる八ヶ岳高原のこの一帯は大森林地帯。その中にポツンと駅が設けられた。(中略)
駅前道路は、牛馬車が通るにもこと欠く狭い道。その両側は念場が原というその名が示すようにススキと原生林におおわれ、男でも一人歩きは淋しいところだった。現に開通当時、この念場が原で通行人が強盗に襲われ、刃物で刺されたという事件があった。さらにそれより五年、十年さかのぼると、女旅芸人が暴行されたとか、毒消売りが殺された、といったうわさは絶えなかった。

(中村勝実著「高原のポニー 佐久鉄道と小海線」より)

駅前通りを南下し、やがて国道141号・清里ラインに合流するが、洒落た土産物店、飲食店、ペンションが続く。
多摩、埼玉、横浜、川崎などの首都圏各地のナンバーを付けた車が国道を疾走している。
 
清里の地名は明治8年の町村合併の際に生まれた。由来について次の説がある。

当時の樫山村と浅川村が一緒になり、当初大門村とするつもりで申請したのだが、県側からもっと華麗な名前が良いのではないかと受付けてもらえず、鳩首協議の末、むかし清次と呼ばれる男が居たそうな、それで清次の住む里、清里になったという。
(八ヶ岳開拓60周年記念事業実行委員会発行「21世紀への伝言」より)

なお清里は山梨県北巨摩郡高根町にあり、その高根町誌は、清き里を名前の起源としているが、「清次の住む里」のほうが楽しい。

 

八ヶ岳地区。左手に高根清里小学校がある。
佐久往還は平沢宿のはずれで信濃と甲斐の国境を流れる大門川を渡るところを、先日我々は川の流れの激しさにひるんで立ち往生したが、大門川を渡ったあと、清里の原に出て畑を横切り、小深沢川を渡って牧場の中を進んで、この小学校に出てくるそうだ。

 国道を進み小須田牧場の先を右に入ると、旧国道が並行して延びている。
道端で、小さなトラックに魚・野菜、食料品を満載した行商から、今日のおかずを買っているおばあさんと立ち話。

この辺には幾つかの開拓集落がある。自分は隣の平沢宿から移ってきた。
小学校のあたりの八ヶ岳地区は東京・小河内ダムの底に沈んだ山梨県丹波山、小菅村の28人が昭和13年に入植している。

昔に比べると便利になっていく・・・わけじゃないよ。最近ここはバスが無くなって、なにかあるとハイヤーを呼ばねばならない。不便だよ。

 街道はこの旧国道に入ってすぐさらに右斜めに入っていくらしいが、やがて畑となって分からなくなるので、そのまま車一台、人っ子一人通らない旧国道を進む。丘の公園入口で国道に戻る。
前に南アルプスの高峰がぼんやりと浮んでいる。振り返ると八ヶ岳がこんなに近かったのかと思わせるほどはっきりとギザギザした岩の峰と長い裾野を見せている。

下念場地区。韮崎まで24キロ。
三軒家地区。明治に利根川さん、大正に小清水さん、そして昭和5年に小清水さんの弟が入植して三軒家になった。KOSHIMIZU酒店は子孫だろう。勿論今は三軒ではない。らーめんかざみどり、手づくりハンバーグステーキ、レストハウスまきば。お店の間にとうもろこし畑が広がる。

 
標高1000メートル。只今の気温30度。
国道と分かれて大門ダムの方向に向かう旧国道を下りていく。
下りきる手前、右から下ってくる細い土の道がある。これが弘法坂を下る佐久往還らしい。そしてこの土の道の脇から勢いよく出ている水をたくさんのペットボトルに詰めている二組の夫婦がいた。横浜と甲府から来たとのこと。弘法大師が杖を立てたところから湧出したので弘法水と呼ばれている、この円やかな水はお味噌を作るのに適しているらしい。

さらに旧国道を下り、月の木橋で川俣川を渡って国道に出る。

 

長沢宿に入る。左手の輿水宅の前に長沢口留番所の移築された門がある。
かつて口留番所そのものはその先の国道に沿った別の輿水宅にあった。番所の番人は昼夜二人ずつ勤務し、一人は武田家滅亡後この地に土着した長沢氏で、もう一人は家別に交替した。

街道の本来の道筋は、念場原から、先ほどの弘法水が湧く弘法坂と呼ばれた急坂を下り、農道を右に左に曲がって川俣川を渡り、唄坂と呼ばれた坂を上って、この門の前を通って国道に合流するらしいが、川に橋もなく、今この道筋を歩けるかどうかは知らない。
長沢三叉路を過ぎ国道から分かれて左に入ると、長屋門が残り、蔵も立派な蚕室造りの大きな屋敷が多い。

 長沢宿を抜けて右手に延びる国道を見ながら、山沿いの道を進む。南八ヶ岳花の公園に上るリフトカーをくぐる。
津金発電所がある方向には行かず、右の「一の坂」を上る。途中道端の草むらに越妙善女と刻んだ小さな墓がある。行き倒れた巡礼者のために土地の人が供養に立てたものらしい。

 

国道に出る。「陣の下」の道標がある。「左 ふちゆうみち 右村山みち」、ふちゆうみちは佐久往還のことである。 

観音坂を下る。今日は朝から殆ど下り続けている。国道沿いに 手打そば、ラーメンのお店、ガソリンスタンド、ドライブイン。道祖神。歩道が無く路肩を歩いており、車が近づくたびにヒヤヒヤする。左前に灰色だが端正な富士山が見えるのはうれしい。

高根駐在所前交差点に着き、キョロキョロして、そのまま国道を進む。
もう少しキョロキョロすれば、すぐ近くに箕輪新町の家並みがあったことに気づいただろう。
実は、交差点の手前を左斜めに入ると、国道に並行してその先に佐久往還が約3キロ残っていたのだ。とりわけ箕輪新町は長沢宿と次の中条宿との距離が長いので、徳川家康が命じて設けられた間の宿で、住宅地図を見ると道の左右にきちんと屋敷割りがされている。

 見上げる位置に南アルプスの山々が重なっている。左手に建部神社がある。桃直売の赤い幟が揺れている。
国道をひたすら歩く。冷夏の今年としては初めてと言ってもよい真夏の日差しが右上から強烈に突き刺さる。

 
「ドライブイン坂の上」の先から国道に並行する土の道に入る。すぐに草の道になり、わだちも消える。草が生い茂っているのもかまわず、ずんずん進む。台地の縁を歩いているらしい。やがて右に畑や水田や桑畑が広がり、斜め後ろに八ヶ岳の全貌が見える。左下の低いところに国道があるらしく車のエンジン音がかすかに聞こえる。
道がPapas Tennis Club にぶつかる。ここには公式試合が行なわれる幾面ものコートやドーム式インドアコートがある。フロントに、このあたりにあった拾騎屋敷跡を尋ねるが知らないとの答え。

佐久往還中往古は軍事上最も枢要の防備地と称せられ、武田氏時代に於ては士分拾人を坂上に置き、その住居したる場所を拾騎屋敷と称した。
(山梨県教育委員会発行「山梨県歴史の道調査報告書第五集佐久往還」より)

左の国道に下りていく。前に八ヶ岳と同じように長い裾野をひいた山がある。
本来はTennis Clubから国道にストンと下りていく小手指坂があるはずだが、それも分からない。

 国道に出たところに正覚寺。国道を渡って寺の参道を行くと「味噌なめ地蔵」がある。川中島合戦のときに、信玄が信州から持ってきたもので、病気と同じところに味噌を塗って祈れば直るそうだ。味噌だらけの地蔵のからだに、人々の信仰心とほのぼのとした温もりがうかがえる。
 
右に折れるとすぐに若神子宿だ。上木戸に海の口城の城主だった平賀源心の首塚がある。先般棒道を歩いたときは、ここを右に折れた。宿場の痕跡は無いが、道が緩やかに右に左に曲がることや、上宿、下宿の地名に、どうにか往時を偲ぶことが出来る。
若神子下交差点の手前を左に入ると須玉川に出る。かつてはここで渡ったらしいが、今、そこに橋は無く、すぐ下流に架かる須玉橋を渡る。

 
さきほどから左手にまるで八ヶ岳のような山容を見せ続けているのは、なんという山だろう、通りがかりのおばあさんに尋ねると、茅ケ岳だと答えてくれた。
百名山で有名な深田久弥氏が急逝した山だ。

昭和四十六年三月二十一日、お彼岸の中日、おだやかな日であった。女岩の鞍部から稜線をたどること五分。あとすこしで頂上という所で、何の前ぶれもなく、十一時二十三分、先生は突然倒れた。そして大きないびきをかきだした。
(山村正光著「車窓の山旅・中央線から見える山」より)

左右に裾野をひく美しい姿をした山だが百名山に選ばれていない。深田氏は、人々があまり触れないようにそっとしておきたかったほど、この山を好きだったのかもしれない。

 
山梨交通百観音停留所で右折して、すぐ左折すると百観音碑があり観音堂があって、国道141号に出る。右折すると右手に「くの字状」にわずかに街道が残っている。大豆新田、マミュウダと呼ぶそうだがこの集落で左に入っていく。坂を下り、中央高速道をくぐると、砦があったところに大きな題目大寶塔があり、ヒイラギの巨木がある。

桐木北橋、桐木橋を渡って塩川を越えると韮崎市に入る。桐ノ木橋交差点、角にあるパチンコニューきりのきの裏に街道があるそうだが、ほんの少しなので気にせず、そのまま国道を進む。富士山に向かって進む。右に稲穂を出した水田が広がり、左は塩川の岸辺の林から蝉の声が賑やかだ。

 柳原神社から右に入って藤井堰に沿って進む。
本来はもう少し先で国道から分かれて中条宿に入るのだが、用水路を溢れんばかりに水量豊かに、そして涼しげに流れているのでそのままどんどん農道を歩く。初夏には蛍が幻想的に飛び交うそうで、ここ小田川集落はホタルの里と称している。白百合が道端に咲いている。水田が広がる。雀おどしの爆音が足下ではじける。

正面に富士山、後ろに八ヶ岳、右に南アルプス、左に茅ケ岳。ここは風光明媚な楽園なのか、厳しい自然が人々の暮らしを脅かす地なのか・・・通りすがりの我々にはわからない。
太陽は南アルプスに沈もうとしているが、茅ケ岳は陽射しを受けてまだ明るい。

 
やがて藤井堰に沿った農道を左に曲がると、そこは中条宿だった。
昌福寺、松雲寺と禅寺が続く。長屋門。庚申塔。古い集落を感じさせる家並みだ。
花輪理髪店の前に立つ常夜灯に鯉と竜が刻まれていると妻がいう。妙な組み合わせだが確かに鯉と竜に見える。
竜ケ橋碑がある。400年ほど前の文禄年間、ここに架かっていた石橋で竜と鳳凰が争い、橋の上に竜の爪痕が残ったので竜ケ橋と名付けられたという。先ほどの常夜灯はこの話と関連があるのかも知れない。

JA直売センター「よつてけし」で国道に出る。

 駒井集落は養蚕が盛んだったのだろう、大きな屋敷が多い。そして絵見堂交差点で国道と分かれて右に曲がる。道は左に弧を描きながら、陽が落ちて真っ黒な塊になった七里岩に近づく。北下条、南下条の集落を抜ける。

 
18時55分  甲州道中との分岐点である韮崎追分に到着。  48264歩。

 
かつての道筋は利用されていないところがあって、歩けなかったり見落としてしまったことも一度や二度ではなかった。人々の生活物資が行き来した佐久往還は役目を終え、今は国道141号線と小海線が全国有数の観光地を結んでいる。 (了)


トップへ戻る