平成15年8月2日(土)

泊まった小海館の女将さんが、玄関に積まれた白菜を好きなだけ持って帰っていいよと言うが、担いで歩くわけには行かない。

5時35分  千曲川の左岸に渡り、馬流の集落を抜ける。             

集落内の道筋は変わっていないが商店等が密集し、道祖神の石祠も高根神社境内に移され町の中には往時を物語るものは残されていない。この付近は千曲川幅が狭く急で、水害をうけやすく、明治31年の洪水で道路から東側の全部が流されてしまった。
(長野県教育委員会編集「歴史の道調査報告書 佐久甲州街道」より)

 

国道141号を上がっていく。朝早いが疾走する車が絶えない。
左手は千曲川が流れている。
昨日乗った長野新幹線の座席に置いてあったトランヴェール8月号の 特集千曲川逍遥 のなかに次の記述があった。

千曲川は、甲武信岳の北側を標高1200メートルまで一気に下ると、いったん川上村で谷沿いに西へ流れるが、その先で八ヶ岳に突き当たるようにしてまた北へ向う。200万年前から数万年前まで活動した八ヶ岳の溶岩が千曲川の流れを佐久平へ押しやった形だ。

北に流れるその川を遡っている。
川の流れは洪水のたびに変わった。
それに伴って街道も変わっている。従って、なにがなんでも街道を辿るというよりも、国道を歩いていて街道らしきところが見つかればそちらを行くのもよしといった気楽な考えで歩こうとしている。


 鎰掛(かぎかけ)という難しい地名がある。道路標識が清里まで25キロ、韮崎まで49キロ、標高927メートルの地点であることを示している。
山肌に家が点在する。鎰掛洞門。抜けると右に街道らしき道がある。すぐに国道の左にくぐって集落の中を進み、やがて国道に戻る。対岸に延びていた小海線の線路が川を渡ってすぐ左を走っている。

国道は真っ直ぐで、緩やかだが上り続けている。
道端のニッコウキスゲは花の季節を終えて深い橙色になり、コスモスがピンク色の花を風に揺らしている。


 左に下りていく。
鮮やかな水色の朝顔にカメラを向ける。
ポツンと小海線松原湖駅がある。小さな小屋があるだけの無人駅で、トイレも無い。幾多の名スケーターを輩出した松原湖の玄関口とは信じられない。

 小海線と国道の間に街道が延びていた資料もあるが、今辿れるような道はない。
国道に戻る。

八那池の集落を過ぎると、国道と小海線は山と山に挟まれた狭い谷を窮屈そうに縫っていく。
小海町から南牧村に移る。標高1020メートル。只今の気温19度。薄曇で、真っ青な夏空ではなく、高原の爽やかさは全く無い。

海尻洞門に燕がたくさん巣を作ってチーチーと鳴きながら飛び回っている。
はるか左下に、渓谷を流れる千曲川とその岸際に寄り添う小海線の線路が見える。


 海尻の集落で国道の右に入り、大月橋を渡ると医王院に出る。
石段下で国道を渡り右に曲がって海尻宿に入る。
下っていく坂の両側に整然と地割された家が並ぶ。改築されているが宿場の雰囲気が漂う。
問屋跡の庭に高さ25メートルの姫小松の大木がある。姫小松は五葉松のことである。

 
小海線の海尻踏切を越える。国道に合流する。
湯川を渡る。高石川を渡る。
国道のすぐ右の山裾を小海線が延び、すぐ左を千曲川が滔々と流れており、昔の旅人が難渋したことは容易に想像できる。

 海の口城跡入口の標識やお食事処みちくさの看板が見えて、やがて佐久海ノ口駅に着く。駅に、小海線は宇宙に一番近い鉄道とあり、ここの標高を1039メートルと表示している。

左手に壮大な海ノ口大橋が見える、佐久甲州街道踏切を渡る。
道端に新しい魚魂碑が建っている。しかし鮎釣りをしている人を見かけない。

杣添洞門をくぐる。

千曲川が左に逸れて、千曲川に流れ込む杣添川を渡る。
 すぐ国道と別れて左手の集落に上がっていく。海ノ口宿である。庭に咲く色とりどりの花のなかで、タイマツバナの花が文字通り真っ赤に燃えているようだ。出桁造りの家がある。

丸屋、菊屋、くぼ屋などの旅篭の屋号が残っている。菊屋は中馬宿で、くぼ屋は鉱泉宿であった。宿内はほぼ昔の道筋を存し、旧役場や郵便局の木造洋風の建物や登記所跡などがあって、小海線開通以前のこの地方山村の中心であった宿場的雰囲気を残している。
(長野県教育委員会編集「歴史の道調査報告書 佐久甲州街道」より)

この報告書は今から20年以上前の昭和55年に作られたものである。今の集落は宿場であったことを忘れ去ったかのような山間の集落に過ぎず、報告書の記述を確認しようにもひっそりとして人影を見ない。

どこかでヘアピンカーブがあったはずだが分からず、つま先上がりの坂を上り続ける。一旦国道に出て少し上った後、左に延びて折れ曲がる国道をショートカットして、ハイキングコースのような緑豊かな林の中の道を上る。

 国道に出た。目の前に男山が屹立している。
少し先にレストラン141がある。奥さんの林さんが開店準備中である。

二人で歩いているのですか。甲府一高の生徒が同じようなコースを走っていますね。男子が学校から小諸までの103キロ、女子が須玉から小海までの46キロ。ここを通るときには、さすがに歩いていますよ。

―――帰宅して調べると強行遠足と名付けたこの高校の催しは大正期から続く伝統ある行事だ。男子の制限時間は21時間30分、女子のそれは8時間40分。従って男子は時速4.8キロ、女子は5.3キロで走り続けねばならない。
昨年ゴール直前の女子生徒の列に乗用車が突っ込む痛ましい事故があった。―――

林さんは魅力的な女性で、お店の料理も美味しいと思われるが、残念ながら準備中。
すぐ近くの右手に馬市場跡があることも教えてくれた。

翌朝私達は野辺山が原へ上った。私の胸には種々な記憶が浮び揚ってきた。ファラリイスの駒三十四頭、牝馬二百四十頭、牡馬まで合せて三百余頭の馬匹が列をつくって通過したのも、この原へ通う道だった。馬市の立つというあたりに作くられた御仮屋、紫と白の幕、あちこちに巣をかけた商人、四千人余の群集、そんなものがゴチャゴチャ胸に浮んできた。
(島崎藤村作「千曲川のスケッチ」より)

ファラリイスは馬好きだった閑院宮が貸し付けた種馬の名前。この宮様のお手植えの松が広い草原の隅で大きくなっている。

 
右手に見えるはずの八ヶ岳は、あいにくの曇り空で裾野だけがぼんやりとしている。

国道が一直線に延びる。両側にレタス畑が広がる。いたるところで白菜の苗を植えつけている。高原野菜はこのあたりの特産品である。
 しかし、長さ約三里のここ野辺山原は、かつて佐久往還の最大の難所だった。
人家が全くなく、降雨や雪解けの泥濘の際は通行に難儀をし、冬は零下20度を下ることも珍しくなく凍死する者もあった。

そこで慶長11年(1606)、幕府は「信州佐久郡西比沢村百姓、為往還旅人行暮養、野辺山原之内字板橋と言処江引越住居被仰付、依之、御蔵米三十六石被下置訖」と、百姓を移住させて旅人を守ることを義務づけた。
これが板橋集落である。

今は酪農家が多いのだろう、サイロがここかしこに突っ立っている。

板橋川を渡る手前で国道を右に離れて、くの字に歩いて国道を跨いで、野辺山駅の東を進む道があるらしいが、様子はそれほど変わらないだろうとそのまま真っ直ぐな国道をドンドン歩く。八ヶ岳高原ロッジまで4.5キロの案内がある。

 
やがて国道は右に曲がるが、そのまま野辺山駅の方向に直進する。
教会のような建物の野辺山駅前の「標高1345メートルJR最高駅」の表示板の前で記念撮影。
小海線の矢出踏切を渡る。左手は信州大学農学部野辺山ステーション、筑波大学農村技術センター。右手はキャベツ、レタス、白菜の畑が八ヶ岳の麓まで続くかのように広がる。

野辺山電波天文台がある。真っ白な大きなパラボラアンテナが落葉松林の向こうに覗く。
今月27日は、火星が地球に最も近づく約6万年ぶりの火星大接近だそうだが、その距離が5576万キロでは実感が湧かない。

 
三軒家跡が整備された小公園になっている。貞亨3年(1686)に先ほどの板橋集落から2戸、少し先の平沢宿から1戸の計3戸を移住させて旅人の救護にあたらせた、いわゆるお助け小屋があったところだ。当時の3軒が使っていた3つの井戸が並んでいる。

さらに真っ直ぐに進むと飯盛山への道となる。街道はここを上って行くらしいがあまり利用されていない様子だ。左斜めは野辺山スキー場。右の方向に平沢地区への表示があるので、その舗装された広い道を上っていく。車はさほど通らない。下に天文台の円いパラボラアンテナが光る。飯盛山に登った若人が下りて来る。

 
平沢峠に着いた。
今日は朝歩き始めてからずっと上りが続き、加えて蒸し暑くてシンドかったが、ようやく上りが終わってこれからは下りかと思うとホッとする。
駐車場にはかなりの車があり、家族連れの人達が多い。
しかし獅子岩からの眺めとなると、八ヶ岳は雲に隠れており、その広い裾野だけで家族連れも我慢する。

下り始めるとまもなく胴塚がある。武田信玄が打ち破った海ノ口城の城主だった平賀源心の胴が埋められている。この塚の脇にある草道が街道だったらしい。この道を利用すると平沢集落まで一直線のようだ。
広い舗装路を下り続ける。

 
平沢宿は信濃側の最後の宿場で甲州へ至る重要な拠点であり、平沢峠や野辺山原三里の難所をひかえる要地だった。しかし宿場の痕跡をとどめるものは無い。下り坂の両側に建て替えられた家や空き地があるだけだ。

 ロッジ飯盛山の御主人に懇切に教えてもらった国界を超えて長沢宿へ抜ける佐久往還の道筋を辿る。

すなわち宿場の端にある小さな馬頭観音で右折して、大きな石造物の前を過ぎて左に曲がる。
墓地に沿って行き、すぐのところにある国界を流れる大門川に向っての道を下る。薄暗い林の中の道である。
背丈ほどもある熊笹をかき分けて下りて行く。手探りというか、熊笹に隠れた道を足探りしながら辿っていく。
御主人は小さな頃から歩いているのでよく知っているが、しかし今は釣りの時ぐらいしか歩かないという道である。
川の音が大きくなる。木々の間から流れが見えた。滔滔たる水量である。その水が堰堤を勢いよく越えている。
この堰堤を歩いて対岸に行くのだと教えられていた。
愕然・・・そして呆然。次の瞬間、二人が堰堤から落ち、水に流されている光景が見えた・・・。大門川を渡るのは断念した。

大門川の上流に架かる平澤橋を渡って清里に向う。

 16時30分 小海線 清里駅   50069歩

トップへ戻る