佐久往還

中山道岩村田宿と甲州街道韮崎宿を結ぶ脇往還で、全長ほぼ18里。佐久甲州道とも呼ぶ。千曲川の流れに沿い、八ヶ岳の東麓を南北に延びる。中世は武田信玄の佐久侵入路であり、江戸期は食料・雑貨などの生活物資が行き来した。今はJR小海線が街道沿いを走る。

 

今回歩くにあたって佐久市観光協会の佐藤さんからアドバイスを戴き、とりわけ紹介された沖浦悦夫著「山窓記」には道筋の詳細な記述があり、大いに助かった。

 平成15年8月1日(金)

長野新幹線佐久平駅から小海線に乗り換えて次の岩村田駅で降りた。

岩村田は半農半商の質素な宿場で、軽井沢・追分のように飯盛女を置いたという浮いた話はついぞ聞かない。明治維新後、従来の旅籠屋は次第に軒並み転業・廃業または移転した中で、元の位置を守って動かないのは本町の石橋屋と亀屋の二軒だけで・・・
(長野郷土史研究会機関紙「長野」第106号楜沢龍吉著「中山道岩村田宿」より) 

さっそく本町通りに今もある石橋屋を訪ねた。看板にSHOES SHOP とある。
朝早かったが御主人の出沢さんにお会いできた。

先祖の出身地である甲斐の石橋(現山梨県東八代郡)が屋号となった。また長篠の戦いに出陣し、戦場近くの出沢(現愛知県新城市)の人達にお世話になったので、出沢を姓にした。旅籠をしていた当時の庵看板は大切にしまってある。
亀屋はお向いのなかむら呉服店の大家で、今も店の裏に屋敷がある大井さん。
千曲錦の酒造をしている吉田屋は茶屋をしていたこともある。戸塚酒造も古い。

 

岩村田宿のあった本町通りから相生町交差点で右折する中山道が、西念寺からの細い道と交差する、どこにでもあるごく普通の四辻が佐久往還の起点である。

9時10分 民家の建て込んだ細い道を入る。
100メートルほど行くと、もともとは先ほどの中山道との分岐点にあったという道祖神が清水宅の前にある。
千曲バス岩村田小学校入口で国道141号と合流する。街道は、野辺山までおおむねこの国道と重なっている。

湯川を渡り、すぐに国道と別れて左に入る。急坂を上がり、猿久保の集落を進む。
今は幸神社と名を変えた猿田彦神社の前に大きな石灯籠がある。「永代橋助成加入之衆中扞往来諸人及牛馬橋上平安祈願」と刻まれた、この石灯籠の左を行くと駒場公園入口交差点に出る。この交差点のあたりは開発が進み、街道の道筋を辿れない。

佐久自動車学校の手前を右に入り、買い物客で賑わうJAファーム佐久店との間を進む。左に長野種畜牧場が青々と広がる。
地球環境高校を過ぎ佐久市総合体育館から国道に出る。このあたりはかつて人家のまったく無かった中込原だが、国道の両側に事業所や商店が並ぶ。佐久市役所の隣の佐久消防署の前に佐久気象観測所の一画があり、ここが海抜687メートルであることを表示している。

 佐久鯉料理の幟が揺れる千曲パークホテルの裏手の中村新聞舗の脇の草道を下る。第1大塚踏切で小海線を跨ぎ、左手に流れる用水路に沿ってバッパ道と呼ばれる道を進む。水田の向こうに低い山々が左右に伸びている。

滑津川を渡って権現堂の集落に入ると、阿夫利神社の石灯籠が迎えてくれる。集落の中の緩やかにカーブする道を進み、火の見やぐらの手前を左折する。曲がらずにそのまま進み石神の集落から千曲川を渡る道もあったらしい。

旧中込学校の特徴ある建物が現れる。

二階のベランダ、窓のガラス戸や鎧戸、廊下の端にある丸窓や欄干の色ガラスなど、新しい趣がこめられていた。また子どもたちの心に深くのこるもの、それは学校の中心部にある屋上に、空をめがけて突き立っている八角の塔であった。

(丸岡秀子著「ひとすじの道」より)


 道端の道標に刻まれた字を読めず四苦八苦、「向 岩村田 善光寺 左 ?」。
三家。佐太夫町、かつて、このあたりは水田であり葦原である。
中込駅前に出る。グリーンモールと名付けたL字型の広い通りの両側に商店が並ぶ。大正期には、その賑わいから佐久の上海と言われたらしいが、今は閑散としている。ラーメンととんかつの頓珍館だけが賑わっている。とんちん麺のとろけるようなチャーシューは絶品だった。

 野沢橋で千曲川を渡る。たくさんの人が川の深みをものともせず鮎釣りの長い竿を操っている。

原町通りを進む。井幹屋の横に出てくる細い道が、先ほどの権現堂集落で直進して千曲川を渡った道と思われる。
金台寺は一遍上人が踊り念仏を開いた道場。山門が高い。

野沢宿だった商店街に宿場の痕跡はない。車の行き来は激しいが人影は無い。商店街が国道にぶつかる野沢十二町の三叉路の角に女男木と呼ばれる欅の大木がある。かつては2本あったらしいが今は男か女のどちらかの一本が残っている。傍らの明治期に建てられた道標に「北 木曽路 東 岩村田道 南 甲州道」と刻まれている。

 この大木の手前にある市川兄弟商会脇の、南に向う小道に入る。金毘羅大権現の大きな石灯籠がある。
八十二銀行野沢支店に出て、野沢田町の交差点で県道を横切ってまた細い道を進む。
曲がりくねった道が くの字に進み、野沢会館で県道に戻って、すぐ反対側のメガネの板垣の脇を入る。
用水路が一部暗渠になってまるで裏道のようだ。
取出町交差点に出ると、右に百番観音堂がある。傍の「左 甲州道 右 本新町」の小さな道標の指示どおり進むと、畑や水田の間の農道となって、舗装路が草道に変わる。不安になって農作業をしている男性に尋ねると、

              大丈夫、行けるよ。これが間違いなく、昔の甲州道だよ。


やがて街道は黒岩歯科医院のあたりで消える。仕方なく岳見団地にぶつかって左に曲がってShowa Shell 千曲SSの手前から県道に出る。歯科、SSのあたりを抜けていたであろう街道の痕跡がSS横にある。
道ばたに「南 甲州道 左 もち月 いせ道」の道標。

美里交差点の手前を右折して路地のような細い道を進む。道沿いの家から聞こえる風鈴が涼しげだ。
四辻に出て曽根宅の右の細い道を入る。道端にノウゼンカズラや向日葵が咲き乱れている。
畑の中の道が墓地を抜ける。左手にある四つ角を右に曲がる。住宅街の中の真っ直ぐに進むごく普通の道がやがて狭くなる。涼しげに流れる用水路。道祖神。県道に出る直前に大きな屋敷の井出宅にぶつかる。戦国時代からの旧家で、島崎藤村の四女柳子さんが嫁いだ先であろう。



 すぐ先の県道と千曲川にはさまれて建っている大きな建物は佐久総合病院。いうまでもなく農村医療で有名だ。

「病院の屋上にのぼったかい」
と、病人がいう。その気になってのぼってみると、なるほど見事な景観で、千曲川が森や丘を縫って悠々と蛇行し、佐久平そのものが一個の完結した小宇宙であることを思わせる。

             (司馬遼太郎著「街道をゆく 信州佐久平みち」より)

今日は薄曇なので見晴らしは悪いと決め込んで、我々は屋上には上がらず1階の食堂で氷イチゴを食べて身体を冷す。

 ここ臼田町には東洋一のパラボラアンテナを持つ宇宙空間観測所があり、星の町と称している。
おとめ座通りを跨ぎ、獅子座通りを進む。
城下。左に赤松が載っかった稲荷山がある。ここに武田信玄が川中島合戦の折に築いた出城があった。城山交差点で国道に合流する。
勝間坂を上る。ロケットの形をしたコスモタワーがのぞく。左手は千曲川に落ち込んでいく。勝間停留所から下る。車の行き来が多い。しかし道端に色鮮やかな花が咲き乱れており、心が和む。赤、紫色のグラジオラス、赤いサルビア。

 三条大橋入口。JA佐久浅間の前で右折して宿岩集落を進む。
ゆったりと左右にくねる道は紛れも無く街道である。大振りの家が多く、古い集落を感じさせる。筆塚のあるところに一里塚跡との説がある。

道はそのまま高野町宿に入る。往時の町並みが残っているというが、家は建て替えられており、陣屋、高札場がどこにあったのか分からない。
また本陣格の旅籠屋であったという高見沢宅も、殆どの家に高見沢の表札が掛かっており、どの高見沢宅なのかわからない。尋ねようにも人影がない。旅籠屋の本屋の在りかだけは珍しい標柱が立っているので分かった。

桂宵寺。道の右側の用水路を水がたっぷりと流れている。背後の断崖は八ヶ岳の火砕流の残骸なのだろうか。あるいはフォッサマグナの海の地層か。奥村土牛記念美術館前で国道に戻る。

 下畑停留所で右斜めに進み、下畑集落を抜けて、さらに国道から離れていくところがわからず、国道に出てしまう。
畑信号を過ぎて右に入る。上畑宿である。ひっそりとしており、それだけにカナカナと鳴く蝉の声が物悲しい。問屋・名主の建物は川崎市立民家園に移築されているそうだ。

国道に合流。清水町。大石川橋を渡る。往時の渡河点は少し上流にあったらしい。
すぐ右に入って千曲川の堤の上を進む。川音を聞きながら遡る。
やがて養蚕農家らしい家々の間の道となる。

街道は国道から離れたかと思うとまた合流する。

本間、宮下の集落。本間川洞門。馬流の集落。

 

18時15分 小海駅  48778歩    駅前の小海館に泊まる。

トップへ戻る