平成19年4月21日(土)

5時45分  JR高槻駅近くの街道に出る。
道沿いに病院(私事で恐縮ですが孫が生まれた高槻病院)・事業所・商店が続き、やがて家並みに古い農家が多くなる。
安満山の裾に延びる安満、萩之庄、梶原、神内の集落は、JRや阪急の線路に隔てられて都市化の波がおよばないのだろう、懐かしい農村景観をとどめている。
後鳥羽天皇も訪れたという磐手杜神社に足を伸ばす。雨がパラついてあわてるが、ほどなく止む。

JRの線路下をトンネルで抜けると島本町で、マンションや団地の横を進むと、楠公父子別れの地である桜井駅跡がある。
さらに進んで、参道を見逃してしまい行ったり来たりしたが、水無瀬神宮がある。境内に湧く日本百選の水である「離宮の水」を求める人で朝早くから賑わっており、我々も美味しい水を頂き、コンビニ弁当で朝食。
水無瀬川橋を渡り、山崎に入る。

山崎も去年の京都の拡張以来大都会の一部にへんにゅうされたけれども、しかし京と大阪の間には気候風土の関係が阪神間のようなわけには行かないらしく田園都市や文化住宅地がそうにわかにはひらけそうにもおもえないからまだしばらくは草ぶかい在所のおもむきをうしなうことがないであろう。
(谷崎潤一郎著「蘆刈」より)

「旧幕の世のくらい庇のかげにただよっているような家」はさすがにもう無いが、昭和初期に谷崎潤一郎が山崎から西国街道を水無瀬あたりまで歩いたときのおもむきが、今もなお残っている。
山ぎわのサントリー山崎蒸留所のチョコレート色の建物をのぞいては・・・。

関大明神社の斜め向いの森村宅が連歌の始祖である宗鑑の屋敷跡といわれ、この先にある待庵で千利休が茶をたてるとき水を汲んだ井戸が、この家の台所にあるらしい。
神社横の細い流れ(山崎通分間延絵図は明神川といい、大山崎町歴史資料館発行の資料は西谷川と呼ぶ。)が摂津・山城の国境で、「従是東山城国」の碑も立つ。今も大阪・京都の府境だ。

細い流れを跨いで大山崎町に入る。道はすぐ鉤型に曲がり、離宮八幡宮にぶつかる。境内が街道にせり出しているのだ。この八幡宮は中世以来「油の神様」として名高い。

「庄九郎はよく旅にでるの。お万阿が可哀そうではないか」と宮司がいったが、庄九郎は平伏したまま、「旅のみが道楽でござれば」と神妙に答えた。
いちぶのすきもない油屋の旦那である。この旦那が美濃で天下をとる工夫をしているとは宮司も気づかなかった。
(司馬遼太郎著「国盗り物語」より)

八幡宮の前の御車道と呼ぶ道は、淀川の山崎の渡しに通じ、対岸の東海道橋本宿に渡ることができた。
JR山崎駅前に千利休の「二畳隅炉の茶室」待庵で知られる妙喜庵だが、予約なしでは拝観謝絶。
駅北寄りの踏切を越え天王山を登る。

急坂をエイコラエイコラ上って、宝積寺境内から途中、青木葉谷公園で淀川と桂川の合流地点を遠望し、さらに秀吉が千成ひょうたんの旗印を立てて味方を鼓舞したという旗立松に至る。
ここからは、天下分け目の天王山の戦いの主戦場だった小泉川一帯、今は名神高速道路の大山崎インターになっているその地を眺めることができる。

大山崎山荘美術館前から街道に戻る。大山崎町歴史資料館で休憩。阪急京都線をくぐり、東海道新幹線の高架に沿って進む。ここは、天王山と淀川との間のわづか数百メートルの間に、JR京都線、東海道新幹線、阪急京都線、名神高速道路、国道171号が集まる、昔に変わらず今も交通の要衝である。

電柱のかげに石敢当が忘れられたように立っている。ここは大山崎の黒門跡で、このあたりに山崎宿の本陣・脇本陣があったらしい。
鉤型を曲がると久我畷が合流する。この畷を江戸期は伏見道と呼び、西国街道を利用した西国の諸大名は大山崎からこの道を経て、伏見、東海道に進んだという。
小泉橋を渡る。
調子八角から先の茶屋町にある「右 よど」の道標が淀道を教えてくれる。

友岡でかつて横山峠と呼ばれた坂を下る。

街道は神足商店街に入るが、ここで寄り道。JR京都線のガードをくぐって勝竜寺城跡に立ち寄る。

勝竜寺城は応仁の乱では西軍の拠点に、そして光秀の娘ガラシャが細川忠興に嫁ぎ、山崎の合戦では光秀が本陣を構えた城だ。
北門跡に「この門から光秀が逃げ出した」との案内板が立っていた。

街道に戻る。神足商店街と名乗っているが、まるで住宅地のなかの道だ。
北へまっすぐ長岡京の西三坊坊間小路跡を、さらに西一坊坊間大路跡を北上して一文橋から島坂へ上がっていく。
旧家の家並みが残る上植野町下河原から、島坂を上がりきったところに石塔寺。
五辻と呼ぶ五差路で街道を逸れて南真経寺へ。その先に長岡京の大極殿跡。

長岡京は、造長岡京使の藤原種継が島坂で暗殺され、それに関与した疑いで桓武天皇の弟で皇太子の早良親王が憤死する事件に象徴されるように造都が順調に進まず、わずか十年で平安京に遷都した。

街道に戻ると向日神社の前で、花びらがじゅうたんの桜並木の長い、そして緩やかに上る参道が三間社流造の本殿へ誘っている。
この神社の西隣に、かつて桜の園があった。前述の笹部翁が購入した三千坪の土地で、向日町苗圃として苗木の育成や接木の実験を行なったところだ。

ここは数千本の山桜の苗木の園である。世間に知れわたったもののうち、造幣局の通り抜けの桜、橿原神宮参道の桜、琵琶湖畔近江舞子の桜、根尾の桜、みな、この苗圃で育てて運んだものである。
(水上勉著「櫻守」より)

その後この桜の園は名神高速道路建設用の土砂採取地に取り上げられ、今は府営向日台団地になっており、当時の様子を想像するのは難しい。

物集女街道と合流する。
道端の小さな道路元標が、秀吉のもとで誕生した向日町の中心であることを示している。宿屋、油屋、酒屋、呉服屋、魚屋など数多くの商店や職種の人々が集まっていたらしい。松葉屋の屋号で醤油屋を営んでいた須田家の建物は延享元年頃のものというから260年前だ。
ところで、山崎から向日町のあたりは日本一ともいわれる筍の産地だ。

店頭に筍が山積みされている長崎屋のご主人に筍料理を食べたいというと、店の前にある自分が経営しているスーパーの一角で安く提供していると教えてくれた。
内容は筍ごはん・地がつお煮・竹の子木の芽あえ・竹の子梅肉あえ・竹の子と蕗の煮物・若竹汁・竹の子山椒からなる筍御膳で、1050円也。
ちかごろはスーパーにある水煮になった筍を食べることが多かったから、この筍御膳に満足。実はそのうえ筍弁当も食べました。

街道が「段」を緩やかに一直線に下っていく。寺戸宝菩提院や大原野神社の方向を示す梅の木の道標を過ぎ、大通りに出ると、ビルの陰に窮屈そうに築榊常夜燈が立っている。
阪急東向日駅横を抜け、JR向日町駅にぶつかり、ぐるっと回り道をして下久世の集落に入ると、条里制地割に沿って二度直角に曲がる。
桂川に出る。西山・北山・東山と京都を取り巻く山々が一望である。江戸期は久世渡し、今は久世橋を渡る。かつて宿屋を営んでいた「いずみ屋」のあみ船が川面に浮かぶ。

街道は吉祥院地区を斜めにまっすぐ抜けていく。商店が点在する。
西高瀬川の手前で近くの吉祥院天満宮に寄り道して休憩。3日連続で歩いているので妻は疲れ気味。境内に菅原道真ゆかりの胞衣塚を見る。
九条御前で広い九条通りに出ると、東寺の黒々とした五重塔が見えた。
花園児童公園に羅城門址の碑がある。

ここから南に延びる鳥羽作道は鳥羽へ直進し桂川を越えて、乙訓の田畑を斜めに横切る久我畷となって山崎に至るという古代からあるもうひとつの西国街道である、

五重塔がぐんぐん近づく。
16時15分  東寺 南大門前   48280歩
この日は「弘法さんの縁日」で、寺の内外に人があふれていた。


菅原道真は思い出の地を何度も振り返りながら大宰府に落ちていった。
豊臣秀吉はこの街道を駆けのぼり、天下人に駆け上った。
道真、秀吉にかぎらず、西国街道は古代から無数の人々が栄光・挫折などさまざまな思いを胸に、西へ東へと行き交った街道である。街道に幾層にも積み重なった歴史は、3日間歩いたぐらいで分かるはずがない。(了)


トップへ戻る