西国街道

 

平成19年4月19日(木)

西国街道の西の起点は西宮えびす神社であるが、スタートの前に近くの白鹿記念酒造博物館へ行き、春の特別展として公開されている「笹部さくらコレクション」を見る。
このコレクションを蒐集した笹部新太郎翁は、明治20年大阪に生まれ、東大在学中から昭和52年に亡くなるまで職に就かず、私財をなげうって山桜を愛し、名桜の保存と桜の品種改良に取り組んだ「櫻男」である。

「桜のよしあしを一口でわかるようにいえば?」と訊かれて、ふと私はこんな答えをしたことがある。
「山桜を本場結城とすれば、里桜はまずお召か縮緬に当たろうか。ソメイヨシノとなると、さしずめ、スフというところだろう。」
(笹部新太郎著「櫻男行状」より)

展示されている桜文様の書画・工芸品はいずれも溜息がでる逸品で、本物の桜はないものの贅沢な花見をさせてもらった。とともに、翁の桜への思い入れの凄さを感じた。

 

12時15分  白鹿クラシックスで昼食ののち、西宮のえべっさんの鳥居前から旧国道の本町筋を東に向かう。ほどなく東川に沿って北上する。
阪神、JR、阪急神戸線の高架をくぐり、市民グランドで街道は一旦消える。
六甲の山並みを望んでグランドを抜けたあとは、旧西国街道の標識に従って住宅街を東北にほぼ一直線である。ところどころに旧家のたたずまいがある。

厄神道標が立つ角を曲がって、神戸女学院に立ち寄る。街道と関係ないのにと妻は首をひねるが・・・。

正門から急坂を上がる。総務課で見学の許可を得たうえでキャンパス内を散策。
この女子大には、あの中山道・近江路沿いの豊郷小学校を設計したヴォーリズが設計した校舎群がある。総務館・理学館・図書館本館・文学館がそれで、淡いクリーム色の外壁に赤銅色の瓦を葺いた地中海様式の建物が中庭を取り囲んでいる。
中庭では生物学の講義だろうか、先生の鳥や草の説明に耳を傾けるグループがいる。
関西の男性には憧れの的である神戸女学院生だが、最近のOGにはなぜかアナウンサーが目立つ。
高井美紀(以下敬称略)、武内陶子、山本美希。有働由美子と笛吹雅子は同期らしい。

阪急今津線門戸厄神駅横を通る。西宮市議選候補者の連呼がかまびすしい。
阪神水道企業団・甲東事業所を迂回し、新幹線の高架下をくぐる。武庫川の堤防へ上がる手前に報徳学園高校がある。校舎の屋上から選抜高校野球出場の垂れ幕がまだ掛かっている。高校の北側の地名は一里山であり、一里塚がこの辺りにあったらしい。
武庫川にはかつて髭の渡しがあったが、今は少し下流に架かる甲武橋を渡る。振り返ると、甲山が名前どおりの姿を見せている。
 

西昆陽で国道171号と重なり、寺本で国道から一旦逸れ、やがて国道と平行する昆陽宿のあった通りに入る。古い家はほとんど見当たらない。阪神淡路大震災で壊れて建て替えたのだろう。

16時30分  昆陽・
伊丹市バス停  21466歩
                   昆陽池畔に泊まる。

 

平成19年4月20日(金)

今日は天気がよく、さわやかな朝だが・・・「ニュース7」の天気キャスターの半井小絵さんは、この季節「さわやか」という言葉を使うのは間違いだという。

俳句では「さわやか」は秋の季語なので、この時期は「すがすがしい」が正解です。今はだんだん、そんな感覚もうすれているものの、天気予報ではちゃんと使い分けるようにしています。
(半井小絵著「お天気彩時記」より)
半井さんはご当地・伊丹出身だ。

6時30分 すがすがしい朝の空気を吸って、昆陽の東天神社参道あたりから出発。街道は昆陽、千僧の住宅地をくねって東北に延びている。現在の伊丹市の中心地は街道から2キロほど南にあり、かつては伊丹郷町と呼ばれ、江戸の人々に人気のあった剣菱・松竹梅・男山・白雪などの酒造りが行なわれていた。

大鹿の「すぐ京 すぐ中山ありま」の道標が、有馬への道を示している。
伊丹坂を下る途中の路地の奥に伝和泉式部の墓を見る。
多田街道と交差する辻に、「従東寺拾里」と刻んだ自然石の道標がある。
JR福知山線を越え、ダイハツの本社工場前から猪名川の堤に上がる。小倉百人一首の「ありま山 猪名のさゝ原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」を二人がかりで思い出す。

軍行橋を渡り、下河原の箕面川橋に来ると、なんと!そこは大阪国際空港の滑走路の先端である。 

大阪国際空港は昭和12年に大阪第二飛行場としてつくられた。大正12年の地図を見ると、今の空港ターミナルビルのあたりに小阪田という小さな集落がある。そして周りには水田が広がっている。
今は空港の周りにぎっしりと住宅が建て込んでいる。もちろん騒音問題は避けられない。
しかし1972年発行の伊丹市史編纂室編「伊丹史話」によると、「ジェット旅客機はスピードが速く、急速度で上昇するから、操法いかんによってはその音はプロペラ機より小さい」と堂々と述べていた専門の航空技術者がいたというから、ことはやっかいだ。

離陸する飛行機は我々の真上で機首をぐいと上げる。ちょうど8時前後のラッシュどきで、次から次からと離陸する光景に半時間は見入っていた。

中国自動車道をくぐる。街道であることを忘れるようなごく普通の道が住宅地の中をくねっていく。
阪急宝塚線にぶつかり、近くの石橋駅前のすき家で朝食。
戻って、西国街道踏切を渡る。
石橋阪大下交差点手前の「正光大祐商店」の店先に、見事な虎模様のクルマがある。この米穀店の虎キチのおっちゃんは自転車やバイクまで縞模様にしている。18人の虎キチを紹介した本にも、このおっちゃんが登場する。

「この世から阪神がなくなったら寂しいやろうなあと思うわ。だって一日の半分以上は阪神のことを考えているわけやからな。勝ってほしい、勝ってほしい、と祈ってな」
(関西ライター猛虎会編「燃える!タイガースな人々」より)

阪急箕面線を渡るあたりで箕面市に入る。
箕面といえば、滝・お猿・紅葉のてんぷらぐらいしか思いつかなかったが、市域を長く東西に貫いて箕面市の背骨のような存在が西国街道だ。市もこの街道にオシャレな石畳を敷いている。
瀬川宿の本陣はどこなのかわからない。その先に半町の本陣跡の案内はある。
やがて田園風景がみられ、その先に市民病院や箕面船場の建物群が砦のように林立している。
萱野三平が自刃した長屋門の残る萱野旧宅で休憩。屋敷内を吹く風が心地よい。
一旦国道に合流するが、すぐ西宿で分かれて国道の南、今宮、栗生新家、小野原の住宅地の中を東へ東へとひたすら歩く。旧街道の景観が残り退屈しない。「左 京ふしみ道」の道標がある。
大阪モノレールの豊川駅の下をくぐって茨木市に入る。

宿川原町に「椿の本陣」として知られる郡山宿の本陣がある。この本陣には西国筋の大名三十数家の関札があるという。浅野内匠頭が、松の廊下で刃傷沙汰の前年、ここに泊まったのは有名な話。

街道を逸れて北にしばらく行くと、宿久庄という、ひっそりとした集落がある。
二歳で父が三歳で母が死んだ川端康成は、この宿久庄にいた祖父母に引き取られた。その祖父母もそして姉もわずかの間に死んで「孤児」となった。

川端論とは畢竟、性愛に対する偏向と執着を論じることではないか、と思った。性愛へのエネルギーは「孤児」という、見放されたものの孤独を発条にしている。
宿久庄の祖父宅を出た「孤児」は茨木中学で寮生活をはじめた。最初の性愛は夜中、寝入っている寮生の太ももや寝顔を、大きな瞳でじっと見つめることであった。
(平成18年2月14日付産経新聞「日本のかたち」より)

康成が身を寄せていた家の前に「川端康成先生旧跡」の石碑が建つ。石碑脇で日向ぼっこをしていた老人は、現在の家のご主人で康成の遠縁にあたるという。一緒に写真撮影。家の近くに、幼い康成が遊んだという小さな八坂神社があった。

街道に戻り、勝尾寺川に寄り添い、幣久良橋で茨木川を渡り、太田橋で安威川を渡る。連子格子、弁柄、虫籠窓、長屋門のある家も多い。
雲見坂を上がると継体天皇陵がある。この古墳からしばらく進むと今城塚がある。但し整備工事中とのことで立ち入り禁止。
宮内庁は太田茶臼山古墳を継体天皇陵としているが、この今城塚こそが真の継体天皇陵とする説が有力で、先日もそれを裏付ける発見が新聞紙上を賑わした。

今城塚古墳を調査中の高槻教育委員会は、石室の基盤にするため墳丘内部に埋め込んだ巨大な石組み跡を見つけたと発表したという。・・・市教委は「天皇陵にふさわしく、いかに入念に施工されたかが分る」としている。
(平成19年3月2日付日本経済新聞より)

郡家新町、川西町のくねった道に、下校途中の学生や買い物に出かける女性が乗った自転車が増える。
芥川を渡ると芥川宿で、街道筋の町場的雰囲気を感じさせる集落が延びる。鍵形に折れるところに一里塚が残る。

街道から逸れて高槻の繁華街を通り、高槻城跡・高山右近天主教会堂跡をたどる。

17時  JR高槻駅近くのホテルに入る。  50059歩


トップへ戻る