佐渡奉行街道

 

中山道を本庄宿で分かれて烏(からす)川を渡り、利根川沿いに北上して、玉村宿、総社宿、大久保宿、八木原宿を経て、渋川宿で越後へ抜ける三国街道と合流する街道である。長さは約10里。
現在の地名で言うと、埼玉県本庄市を発ち、児玉郡上里町で烏川を渡って群馬県に入り、佐波郡玉村町、高崎市、前橋市、北群馬郡吉岡町を通って渋川市に至る。
 この街道は、佐渡金山を経営する佐渡奉行が佐渡・相川に赴任する際に利用したので、佐渡奉行街道と呼ばれる。
もともとは三国街道の古道であり、古文書には三国道と記載されていることも多い。

この街道は又、無宿人佐渡送りの道であった。毎年1回平均十数人の無宿人がこの街道を通って、この世の地獄といわれた佐渡金山の労役に送り込まれた。
佐渡奉行の通行、無宿人の護送とも、越後路に雪の消える4月から8月に行われた。
江戸から越後・寺泊まで1週間から10日の行程で、3日目の朝本庄宿を出てその夜渋川宿に泊まることが多かった。

 

 平成14年7月7日(日)

 JR高崎線神保原駅を降り、駅前から真っ直ぐに伸びる道を歩く。左右に伸びる道に突き当たって右折する。この道に標識は無いが、緩やかに右に左にくねくね曲がる様子は紛れもなく中山道である。車は平行する国道17号線を走るので、ひっそりとしている。
角にカインズホームのある交差点を左折して、17号の交差点の表示を見ると小島北とある。本来曲がるところを通り過ぎたようだ。
中山道に戻って、一つ手前の何の標識もない交差点を曲がって細い道を下り加減に進むと、17号の交差点は、今度は間違いなく「万年寺」交差点。


 
8時50分。交差点を渡ると、温室がいくつもある。覗き込むと、鮮やかな紫や白の花を付けた、大小の蘭の花で満ちているようだ。
青年が温室の窓を開ける作業をしている。

市場に出すまでに、胡蝶蘭で3年、カトレアで5年かかります。
育てるのに苦労が多いんです。

元小山川を渡る。畑が広がる。「三ツ子のたましい百まで 本庄旭幼稚園」の看板があり、右奥に耳の付いた猫のかたちの通園バスが見える。新井の集落で道は大きく左に曲がっていく。ノウゼンカヅラが橙色の花を一杯咲かせ、タチアオイがピンク色の花を上へ上へ伸ばしてる。左に畑が広がる。植付け時期にあたるのだろう、あちこちの畑で深く掘った溝に葱を植えている。庚申塔を道端に見かける。

 八町河原の集落に入る。
江戸期は河川が交通の動脈で、烏川(からすがわ)を信州・上州からの米、絹、麻などが下り、茶、塩などが江戸から上って行った。これらの物資・商品の流出入の拠点が河岸で、この集落には「八町河岸」があった。河岸で荷物の輸送を取り扱ったのが船問屋で、八町河岸には3軒あった。 

神保原町婦人児童センターのある四辻を右折する。
右手に大振りの屋敷がひっそりと続き、途切れるところに「船問屋」をしていた高橋家がある。
左に稲荷神社。前は畑。

堤防に近い新井家の奥さんに伺う。歴史が好きだそうだ。

家の前の、烏川の堤防に上がっていく道は銀座通りといわれ、この辺りには商店があった。
自分の家は庄屋だが、道に面するところで雑貨屋をしていた。

集落の多くの家は河川敷に畑を持っていたが、暮らしは必ずしも楽でなかった。
この庭の大きな白蓮は借金のかたに置いていったもの。

家の裏の堤防沿いに船頭が住む今でいうアパートがあった。
戦後まもなく2度だけ川を進んでいく帆掛舟を見た。

堤防に上がると、烏川の大きな河原があり、もちろん大きな流れがある。 橋はない。従って対岸へ行くには、歩くか車に乗って回り道をするしかない。歩くと2時間掛かるそうだ。しかし辺りに車は無い。仕方ないので出発地点の国道17号までテクテク歩いて戻る。梅雨の合間の猛烈な陽射しの中を歩く。天気予報は曇り一時雨だったので雨傘を持ってきた妻は、気象庁に文句を言っている。拾ったタクシーが坂東大橋、五料橋を渡る。

 

12時。対岸の五料からの烏川は、水の流れが見えないほど葦に覆われている。
堤防を下りてすぐ右に玉村公園ゴルフ倶楽部が、そのあとは作業所が続き、ほどなく大澤家が右にある三差路を左折する。なお、真っ直ぐ進むと飯玉神社、五料関所から日光例幣使街道に出る。

三差路の右手に問屋がありその先に「新河岸」があったらしい。



烏川の堤防と平行して進む。分譲住宅、新しく建て替えた家が続く。
左にクボタゴルフセンターのネットが張られている。五料飯倉土地改良事業竣工記念碑が建てられた一画に庚申塔や地蔵が遠慮気味に座っている。
道端に立っている大きな清水翁記念碑からすこし奥まったところに大きな平屋の清水家がある。「本陣兼問屋」である。この近くの「川井河岸」が、前橋藩主が江戸に上る際の渡船場であったことから、この清水家で休むこともあって御本陣とも呼ばれたらしい。

 すぐ慈恩寺、飯玉神社がある。神社の前を左折し、すぐ右折して畑の中の道を行く。桑畑がある。
一帯は天明3年(1783)の浅間山噴火による降灰で地味は一変し、米麦より桑畑に適する土地になった。又噴火の際に流れ出した泥流の固まった、地元で「火石」と呼ぶ石を使った石垣や庭石が見られる。ガスが抜けるときに出来た小さな穴が多い石で、左折して渡る矢川の両岸に多く見ることができる。

 左に県営新玉村ゴルフ場。右に東栄寺。烏川の堤防に沿った道が突き当たる手前右に雑貨屋の田村商店がある。すぐ左の堤防をくぐると河川敷で新玉村ゴルフ場の青い芝生が広がる。田村商店の脇を右折する。すぐ角の叢に双体道祖神がある。人家が切れる四辻を左折する。牛舎にNHKのど自慢の歌が流れ、牛がおとなしく聴いている。

八幡宮の鳥居を右に見て再び堤防に近づくと、数本の欅の大木が小さな社殿を包んでいる。「摩利支天さま」として信仰されている八千矛神社である。社殿正面に4メートル近い刀を模した木刀が奉納されているのが珍しい。ここは川井城跡でもある。


 摩利支天の先を右に回りこむ道を進む。両側は水田である。田を潤す水の流れる音が涼しげである。
IWATANIの工場を見て左折。
滝川を下茂木橋で渡る。下茂木の集落を抜ける。
右に丸い小山の「軍配山古墳」が見え、左折して堤防方向に歩くと、左の水田の中に「梨木山古墳」がある。

右折して舗装道路を進む。右の家越しに玉村ゴルフ場が見える。左は休耕田も多い。
 角淵の集落に入る。蚕室造りの大きな屋敷が多い。
水の豊かな用水路の脇を左折すると、すぐに「角淵八幡宮」だ。境内には猿田彦大神、二十三夜塔、庚申塔が沢山見られる。この八幡宮は源頼朝が那須野の狩からの帰りにこの辺りで休息した。その風景が鎌倉に似ていたので鶴岡八幡宮の分霊を祀ったものといわれる。

 

 

玉村宿

県道40号に出る。街道は県道を渡って右にゆるいカーブを描いて玉村八幡宮に出てきたらしいが耕地整理が行われて辿ることは出来ない。
 従って県道を右折する。この県道は、ロードサイド店が林立する全国どこにでもある風景が続く道路である。滝川を渡って、右にある観照寺に死者の冥福を祈る「板碑」を見る。この辺りは錦野の里という。寺の前、玉村ショッピングセンターから左に入り、民家と畑の混在する地域を斜め右の方向に歩くと、「玉村宿」のある国道354号に出る。例幣使街道を歩いた時は五料のある東に向かって歩いたが、今回は逆に高崎のある西に向かって歩く。

 玉村八幡宮がある。隣に大きな屋根が圧倒的な、造り酒屋で「問屋」だった井田酒造がある。玉村宿は火付盗賊改、関八州取締出役の根拠地で沢山の牢屋があったが、今、その痕跡はない。通りにある商店は日曜日のせいか閉まっている。案内板を見ると、井田金物店、上州銘菓福嶋屋、菱田製作所、内田理容、石原京染店、よしのや、つたや書店、赤川商店、羽鳥タバコ店、馬場建設が民家を間に挟んで続いている。家の玄関に七夕の笹が揺れる。


 玉村宿を抜け、関越自動車道の手前を流れる「滝川」を渡って右折して、自動車道に平行して進む。
旧道は滝川沿いを進むようだが、川の改修により歩けない。
左は自動車道、右は川があり畑が広がる。その先に赤城山が横たわっている。
この日はこれから右に「赤城山」を見ながらの街道歩きとなる。山の説明はこの人に任せる。

見事なのは、のびのびと裾野へ引いた稜線であって、おそらくこれほど大きな根張りは、他に例が少なかろう。しかも、それが少しのわだかまりも渋滞もなく、ゆったりと優美な線で伸びているさまは、胸がすくようである。

                 (深田久弥作「日本百名山」より)

 
道は自動車道の下だが、滝川は左を流れ、また右を流れる。自動車道に掲げられた農協の看板に「群馬のお米 ゴロピカリ」とあったが、食べると変なことにならないかと心配する。

左前方に高崎ジャンクションが見えるところで自動車道の下の道を離れる。
上滝町左交差点で伊勢崎街道を越える。道端に数十体の小さな地蔵。街道らしく左に右にカーブを描く。
畑のとうもろこしが大きな穂をつけ、かぼちゃが地を這っている。農家が点在する。
高崎市水道局宿横手浄水場の先、諏訪神社を見ながら、「利根川」の土手に上がる。かなり下に流れが見える。北関東自動車道をくぐり、そのまま土手を進む。

 土手が右に曲がるところを曲がらず、土手の下に下りると、善勝寺。少し先の西横手町公民館裏に、南北朝時代である明徳元年(1390年)の銘がある「西福寺宝筐印塔」が置かれている。大きい石塔だが、近所の奥さんはその在りかを知らなかった。往々にしてそんなものだ。

 又土手に戻る。利根川の流れが木々の間から下に見え、流れる音が上がってくる。
時折散歩やジョギングをする人と行き交う。
 

「萩原の道しるべ」が江戸と秩父への方向を達筆で示している。
昭和大橋の先に江戸期から昭和40年まで200年近く続いた「公田の渡」の跡がある。

大きな流れを下に見ながら土手の上を歩く道が続く。
滔滔とした流れをアカシアの林越しに見ながら北上する。

 やがて土手を離れ、三差路を右折し、左折し、住宅街を直進する。かどやの店の前に馬頭観音が並んでいる。蚕室造りの家が見られる。黒髪稲荷の前に双体道祖神がある。左に下新田の集落に入る。八幡神社の前に「史跡佐渡奉行街道」の石碑が立っているのがうれしい。平成10年に東地区自治会連合会あずま歴史散歩の会が立てたもの。

 
県道13号に出ると、右手に利根川の「実政(直政)渡し」があったことを示す碑がある。
小相木町五差路は真っ直ぐ細い道に入る。
立派な四脚の総門がある「大徳寺」を夕闇の中に確認する。
この先は利根川が削ったすなわち「川欠」のため行き止まりである。県道に出て、下石倉町交差点で本日は終了。

 19時20分 JR両毛線 新前橋駅  50375歩

 

 

 平成14年7月13日(土)

 9時20分  下石倉町交差点をスタート。
角の菅原神社の境内に元首相故福田赳夫の書による
旧佐渡奉行街道の石碑がある。

県道13号を進む。右の民家越しに利根川岸の林が続く。両毛線のガードをくぐり、旧道が抜けていた群馬トヨペットの横から県道12号を進む。
高い県庁が一際目立つ前橋市の中心に向かう国道17号を越える。イチョウ並木の大通りが緩やかに左に曲がっていき、その通りが右に少し膨らむ大渡町交差点を渡り、「王山古墳」とモスバーガーの間の細い道を入る。
右の利根川の向こうにある前橋けいりんのグリーンドームが見え、歩いている道の辺りにも沢山の駐車場がある。アパートから子供の泣き声が聞こえる。すぐ右の断崖下は利根川の河川敷でその向こうに流れが見える。蔵のある家に突き当たる。川欠で街道は無くなったのだろう。左折して県道に出る。

 すぐ右手を利根川が流れる大渡町を進む。
看板によると、河川敷の前橋市設ゲートボール場の名前は幸始園(こうしえん)。うまい、座布団一枚。

総社町1−1の交差点から右に細い道を行くと、道端に数基の供養塔が転がっている。静かな住宅街に右下の河川敷から少年野球で練習する声が上がってくる。野馬塚神明宮への入口で左折し、又県道に出る。左の野馬公民館裏に「不動尊」があり、石碑、供養塔が集められている。

 


 総社宿

 総社城「南木戸跡」のすぐ先、大渡橋西詰を左折する。
 総社城は関ケ原の合戦で功があった秋元長朝が築いた。

但し、夫人の実家である上杉家が合戦に参加しない約束を取り付け、家康が安心して関ケ原に臨めたという功績であり、華々しい軍功があったわけではない。

宿場は城下町としての機能を持っていて、鍵形に曲がっている。しかし宿場を偲ばせるものは何一つ無く、通る車もここが宿場だったとは気が付かないだろう。広い通りに、建て替えらた現在風の家があり、その間にSAVE ON やセブンイレブンや医院がある。

信号の手前、マンションスペランザの裏の家で庭木に水遣りをしていたご主人に声を掛ける。

うちがお探しの江戸期に「問屋」をしていた福田です。造り酒屋もしていたので、蔵も沢山ありました。馬に乗ったまま出入りできる大きな蔵でした。三国街道よりもこの前の街道を使う人のほうが多かったそうですよ。街道の真ん中には用水路が通っていました。
平成元年に道路の拡幅があり、そのときに家を建て替え、蔵も全部壊しました。今考えると、もったいないことをしたなと思います。

交差点の角にカワイ音楽教室の建物があり、その裏に蚕室作りの大きな家が覗いている。持木家である。奥さんと話していると、ご主人が農作業から帰ってきて、玄関に座り込んでお茶と梅ジュースを戴いて話を伺う。

48年ぐらいまで養蚕をやっていた。群馬県でも遅くまで続けていたほうだな。
蚕が食べる桑の葉を取る作業などで多くの人を季節的に雇っていた。したがって8畳の部屋がいくつもある。
蚕が小さな時は1階だが、大きくなってくると2階で、繭を作る、いわゆる上簇(じょうぞく)の時に3階を使った。

大正14年にこの宿場が焼けた。道幅が狭かったので消防車が入れず、用水路の水が使えなかった。この家もその後に建てた。


養蚕を手伝っていた息子は今、東京の銀行で頑張ってくれている。(私と同じ銀行でビックリ。)
息子が定年で帰ってくるまで、こちらももう少し頑張るよ。ジャガイモが終わり、今は枝豆の出荷の最盛期。

奥の細道でも行きたいと思うが、歩いては無理だな。

 

交差点を渡って、角にあるミヤシタオートが「本陣跡」。街道である県道15号を進む。
宿場なので小さな間口を予期していたが、道沿いの家は皆大きい。商店は数えるほどで、民家が続く。
左手に光厳寺の門がある。ここを入って寺の手前の総社資料館に寄る。造り酒屋の大きな建物を利用したもの。

「総社」の名は総社神社による。
律令体制の下では上野国の国司が国内の主な神社を廻って豊作祈願をしていた。しかし体制が衰えるとこの行事が実施できず、国内の549の神を一括して祀り、一箇所で祈願するようになったのが総社神社である。

秋元山「光厳寺」は藩主秋元長朝が母の菩提を祀るために造った。総門、秋元家御廟所は小豆色に塗られており、ややなじめない。

「秋元家」は、その後甲州・谷村(都留)、武州・川越、出羽・山形と移り、館林6万石で明治を迎える。川越時代は老中を務めている。寺の横にある「宝塔山古墳」の上に秋元家12代の墓がある。

由緒正しい家の墓が古墳の上にあるのは珍しいのではないか。

総社小学校の校庭南側に「蛇穴山古墳」があり、その前を「5千石用水」が勢いよく流れている。なお古墳はいずれも7世紀に造られており、この辺りは古くから開けていたことがわかる。

 

街道に戻る。先ほどの資料館の表にあるのが本間酒店。クリーニング屋の手前の細い路地の突き当たりの小山に「熊谷稲荷」があり、丸い庚申塔が沢山並んでいる。蚕室造りの大きな家がところどころに残っている。街道は右に山宮酒店を見て左折するが、そのまま直進すると「元景寺」がある。秋元長朝が父の菩提を弔うために建てたもの。淀君の墓らしいのがあると説明板に書いてあるが、どこにあるのかわからなかった。なお秋元長朝が造った総社城は利根川の川欠で今はない。

総社城「西木戸跡」がある。

 立石橋の下に「天狗岩用水」が滔滔と流れている。秋元長朝が総社に来たときは六千石だった。領民と一緒になってこの用水を掘った。難工事で、大岩を取り除いてくれたのは天狗にちがいないと天狗岩用水と名づけた。秋元長朝は新田の開発に成功して4千石が増え、晴れて一万石の大名になった。
なおここは、用水路をせき止めて発電した群馬県水力発電所発祥の地でもあり、発電所のレンガの取水口跡が残っている。

 右に曲がって、諏訪神社のすぐ先のJR上越線前橋県道踏切を渡って、左にカーブする。総社町高井交差点を右折。「高井観音堂」の後ろに馬頭観音、二十三夜塔などが集められ、その先の民家の塀に食い込んでしかも電柱の蔭に「延命地蔵」がある。
 道は少し下がって北群馬郡吉岡町に入る。

 

 大久保宿

 午王頭橋のたもとに、大小20以上の庚申塔がきちんと整理して祀られている。橋を渡ると大久保の宿場である。「大久保の長宿」といわれ、下中町から中町、上町とほぼ真っ直ぐに続き、更に蛇行して延々2キロの長さがある。隣の宿場までが近く、もともとは貧しい宿場であったが、養蚕に力を入れて豊かな農家が増えた。道の両側に蚕室造りの大きな農家があり、必ず蔵がある。

椛沢家が問屋跡らしいが、全ての家の表札が道に面して無いので、どこの家かさっぱりわからない。「大泉寺」がある。門のすぐ側に白壁土蔵造りの元三大師堂が建っている。寺を境に、ここまでを寺下と呼び、この先は寺上と呼ぶ。右手は利根川に架かる上毛大橋だ。

大きな二十三夜塔がある。
左へ大きく曲がる。双体道祖神と二十一夜念仏供養塔がある。金毘羅大権現が祀られている。
緩やかに右に曲がる。「子育地蔵」が2体ある。元禄15年(1702年)のもので地蔵は足下の幼児を見守っている。

駒寄橋で長い宿場が終わる。

 

駒寄小学校の前の二又の道しるべには「右ゑちごしぶかわ 左いかほみずさは」と記されている。
道しるべに従って右に行く。
視界が開け、この道が小高いところにあるのを知る。右手かすかに赤城山が見える。
畑を耕している人に伺う。

左手に見える山は水沢山。この辺りの冬はそんなに寒くないよ。雪も年に2〜3回降る程度だ。

JR上越線長坂踏切を越える。畑が広がる。かっては一面そうであっただろう桑畑が残っている。サントリー榛名工場があり、川久保踏切を渡る。畑の中の細い道。「剣城の森」という深い森があったらしい。畑が点在する民家の間を進む。


 

 八木原宿

大きな自然石に彫られた「八木原の道しるべ」が立っている。
「右高崎江四里 左江戸江三十里」の下に更にたくさんの遠方の地への距離が彫られている。
「善光寺江三十三里 京都江一百十一里半 讃州金毘羅江一百七十五里半」この半は本当かなあ。




 滝沢川を柳橋で渡ると八木原宿である。道は真っ直ぐ。家は建て替えられており、宿場の趣きはない。県道26号を越えると「高札場跡」。道端に神輿が鎮座しているが誰もいない。散歩から帰ってきた儘田さんから説明を聞く。

祇園祭です。神輿が置かれているところは天王と呼ばれる神地です。
神輿の担ぎ手がいないので明日は車で町内を廻ります。

道の左側を、ところどころに石積みが残っている用水路が流れている。
高札場跡から諏訪神社へ入る道がある辺りまでは、「乗切馬場」と呼ばれ、毎年1月金毘羅さんの祭の日に草競馬が行われていたという。
諏訪神社の低い鳥居は元禄15年に建てたもの。境内の中や外に道祖神や馬頭観音や庚申塔がたくさん並んでいる。

 

 

渋川宿

宿場を出ると道が左右に分かれる。左に進む。
関越自動車道渋川伊香保インターに阻まれて、街道を辿るのは難しい。インターとJR上越線に挟まれた水田の中の道を行く。
茂沢川の更正橋を渡ると中村の集落に入る。
「日本のまんなか 緑の渋川」の看板が立っている。家の塀に貼られた案内が、渋川へそ祭りが今月26日27日あることを知らせている。道はくねくねと曲がり、古い民家もある。「延命寺」。大きな欅のある「早尾神社」。

国道17号を横切る。やがて街道は大同特殊鋼の駐車場に阻まれる。ぐるっと右に回りこんで渋川駅の跨線橋を渡る。

渋川駅前から右に進んでこうしん橋を渡り三叉路、四つ角を過ぎると「川原町」、元町である。ここで三国街道と合流した。

 18時30分  40350歩 

朝から曇り空で、昼過ぎからぱらついていた雨が本降りとなった。JR渋川駅へ急ぐ。

 

 

地元の人さえも忘れている佐渡奉行街道を、今歩く人は稀であろう。街道沿いの町も宿場の面影を僅かに留める程度である。
明治以降の近代化のなかで、特にこの地方は養蚕が盛んで、その波が江戸期の名残りを流してしまったのだろう。

道ばたに残った数多い石碑だけが、江戸期にこの街道を通った人が多かったことを物語っている。

中山道から分かれて利根川沿いに進む佐渡奉行街道は、余計な手を加えていない生地の街道だった。

                                                           終わり

トップへ戻る