日光例幣使街道 (野州路)

 

例幣使は、毎年恒例として朝廷から派遣される奉幣使の意味である。
京都から持参した金幣を、東照宮に奉げる。この金幣、すなわち金の御幣は、金箔を貼った和紙で作られているが、御神体が宿る神聖なものである。
 新しい金幣を奉げると、代って前年の金幣を神前から取り下げる。これを細かくきざんで奉書紙に包み、奉書紙の表に「東照権現様御神体」と記して、帰路江戸在住の大名に配布し多額の初穂料をせしめた。
また、天皇が正月に供えたご飯を乾燥させて菊の紋のついた紙に包んだ御供米を7万個も準備した。これをお守りとして重宝がる庶民から、引き換えに各地の名産が献上された。
 例幣使を尊ぶ庶民は多く、例幣使に近づくと疱瘡が軽くなる。乗ってきた輿の下をくぐると、病気が軽くすむ。使用した手洗い水が目薬になる。などと信じられた。

  

平成14年3月4日(月)

 JR両毛線富田駅から東へ10分ほど歩くと、蕎麦屋の前に、昨日の終着点である寺岡の二本の道標がある。

9時15分  スタート。

県道67号は朝から車が多い。杉木立の中に両社神社。旗川の手前で左に入って川を渡るのが本来の街道であるが、そこに橋は無く、真っ直ぐ行って白旗橋を渡る。渡るとすぐに左折し、牛舎の前から堤防を降りる。
 並木町は、古い屋敷、蔵が多く、静かなたたずまいである。かぶらを胸に抱えた船渡川米穀店の主人に伺う。

これはかぶらではなく、丸大根。土のせいで、この形の大根になる。
私の先祖は、昔殿様が川を渡る時に呼ばれた船頭で、立派に仕事をした功績により名字帯刀を許された。船渡川を名乗る家は、ここには20軒ぐらいある。

 

天明宿

(栃木県佐野市天明町)


JR第1足利街道踏切を越え、右に西中学を見て、向河原歩道橋で県道を渡り、「佐野厄除け大師」惣宗寺に行く。
元和3年(1617年)、完成した東照宮に改葬されることになった家康の霊柩は久能山から川越、行田、館林を経て天明宿に至り、一夜この惣宗寺に安置した。
これを記念して建てたのが寺の前庭の東照宮である。

おみくじを引くと凶である。願いかなわず、待ち人来らず、失せ物出がたし、その他万事よろしからずとはひどい。妻は吉である。

 街道に戻り佐野市観光協会に寄る。点在する「蔵造りの商家」を載せた散策マップをもらう。

私は毎日のように町を歩いた。この町は、十三世紀からの鋳物や大正期の佐野縮など絹織物による富の蓄積のおかげで町並みには大きな家が多く、戦時中に露地に打水などがなされていて、どの家もどの辻も町民による手入れがよくゆきとどいていた。

                                 (司馬遼太郎作「この国のかたち」より)


 
確かに街は小奇麗だが、例幣使街道には殆ど関心が無いようだ。
今歩いている、町の中心を貫く道を、あいさつ通りと呼ぶ。せっかく例幣使街道という素晴らしい名前があるのに、どうしてこんな馬鹿な名前をつけたのか。
「本陣」は、天明最中を売っている創業弘化元年(1844年)の大坂屋本店に聞いても分らず、群馬銀行佐野支店の前の案内を読んでようやくここだと分った。

 4月12日 例幣使一行が本陣で泊まる。

 天明の鋳物師は有名である。京都・方広寺の国家安康の巨鐘の鋳造に際しては、全国の鋳物師とともに天明の鋳物師39人が関わっている。道端に子供をテーマに鋳物で作ったモニュメントが建ち、電話ボックスは鋳物で飾られている。

 今、佐野といえばラーメン、しかし月曜は定休日で食べることができない。残念だが、おみくじが当たっている!
つつじ観光社の小さな事務所のある角を左折すると車が減った。両毛線、東武佐野線のガードをくぐる。やがて妙願寺に突き当たって右折して県道141号を進む。
森田屋総本店の看板があり、手打ち中華そばとあるので入ると客で一杯だ。メニューはラーメンとチャーシューメンの2種類。やっと出会えた佐野ラーメンの青竹手打ちそばは、うどんの食感だった。
横に志賀際物店。鯉幟、吹流し、武者絵を作っている。近くに人形店がいくつかある。

 

犬伏宿

(栃木県佐野市犬伏)

天明宿からは3キロ足らずと近い。
犬伏小学校を訪ねて宿場の話を聞きたいとお願いし、藤倉先生から丁寧な説明を戴く。

向こうの山に俵藤太が「唐沢山城」を築いた。
この小学校が「本陣」跡。
小学校の少し手前の蔵の有る堂々たる屋敷は莚やかますの商いをしていた人の住まい。
その脇を入ると、関が原に向かう徳川秀忠が休んだ「大庵寺」がある。
宿場のはずれにある「薬師堂」で真田父子3人が石田三成方と徳川家康方に別れたと言われているが、ほんとうかなぁ、むしろお堂の前の寿司屋じゃないのかなぁ。


校内にそびえる大木は「むくろじ」で、実が、羽根つきの羽に付ける玉になることも教えてもらう。木の下に行くと黒い玉が一杯落ちており、いくつかポケットに入れる。
 


さっそく薬師堂に行く。道より一段高い所にあり米山古墳の表示しかない。
陣屋を置いた真田昌幸・幸村が信幸と別れる説明は無い。
先ほどの先生の説明にあった、前の「あけみ寿司」をつくづく見る。

「父上。では、これにて・・・」 
「もう、行くか」 
「はい」 
「何も申すまい。おもうままにいたせ」
「かたじけのうござる」
「行くがよい」 
「は・・・」 
昌幸へ一礼した信幸が立ち上がり、離れ屋を出て行った。幸村は見送りに立った。

                                                        (池波正太郎作「真田太平記」より)


 県道75号、ダンプカーが多い、東北自動車道をくぐる、HOTELビバリーヒルズ、馬頭観音、常夜燈、首の無い地蔵、白梅、第2佐野街道踏切、県道67号、車が多い、馬頭観音、道祖神、道標、岩舟町役場。ダンプカーが地響きをたてて続く、歩道がない、怖い、怖い、全て車道で人の歩くところがない。 
和泉交差点の次を左折する。
倉賀野から終始、東に向かっていた街道は、ここから北に向かう。

車が通らない道で、ほっとする。
下校途中の小学生が二人、こんにちはと元気に挨拶。

一年生だよ、ランドセルに黄色い交通安全のカバーをしているのが一年生。車の通らない道を通るから大丈夫、大丈夫。

 県道11号に出る。右は麦畑、左はまだ目が覚めない茶色い低い山々。

 

富田宿

 (栃木県下都賀郡大平町富田)


県道と分かれた真っ直ぐに伸びた道の両側には、ゆったりとした裕福そうな農家が続く。
宿場を思い起こすよすがもないので不安になり、おばあさんに聞くと、隣の家が「木戸」だったと。
そして「本陣」跡は富田交差点角にあった。蔵があり、イチョウの大木の下に八坂神社があり、地蔵堂がある。
静かな集落である。

 
宿場を出ても街道はやはり県道の右の、畑の中を走っていたが、店が出来、家が建ち、辿れない。県道を歩き、江戸期は二本杉川と呼んだ永野川の手前で左に入り、川沿いの道を歩く。歩いている我々の影が長く路上に伸びる。川建天満宮の紅梅が夕陽を浴びて華やかである。県道を越え、栃木南高入口を左折する。

  17時30分   東武日光線 栃木駅      38440歩

 

  

平成14年3月5日(火)

 栃木宿

(栃木市)

8時30分   栃木駅前の境町をスタート。街道を外れて、蔵の町遊歩道に紛れ込む。
町の中心を流れる巴波川の清流に沢山の白鷺が足を浸している。この川の舟運により巨万の富を得た商人の屋敷、白壁土蔵が川岸に甍を並べている。
横山郷土館、塚田歴史伝説館。

 中央通りに出て蔵の町観光館に行き、本陣の場所を教えてもらう。栃木市郷土参考館の近くの仕出屋うおうの前に「本陣」をしていた長谷川家があった。

例幣使は、本陣の長谷川四郎三郎方に入って昼食をとるのが習わしであったが、前々年の文久2年(1862)1月11日に出火して焼失していたため、仮本陣の三星屋儀右衛門方が休息所に指定されていた。仮本陣は入念に拭き清められ、家の前には砂が盛られていた。町役人や町の主だった者たちが、正装して仮本陣の近くに集まり、例幣使一行のやってくる街道の南の方向に視線を向けていた。町は静まりかえり、蛙の声と街道の中央を流れる用水堀の水の走る音がしているだけだった。

                                                       (吉村昭作「天狗争乱」より) 

お話を伺おうと戸を開けると、部屋の棚に沢山の本が並んでいる。おたまじゃくし文庫と名づけた私設図書館で、近くの栃木高の学生ら数人が備え付けの机で毎日勉強しているらしい。
明治初期に作られたという上品な表情のお雛様が飾ってある。
パソコンを使って点訳をしていた奥さんに生姜湯を入れて戴く。
ご主人は時に資料を持ち出して熱っぽく語られた。

文久2年の本陣の火事は、使っていた若い衆の不始末が原因だが、
罪が軽くなるように嘆願したこと。
例幣使が配ったお供米が蔵から十数個出てきたこと。
日光社参の折立ち寄った水戸斉昭が漢詩や和歌を書き残したこと。
江戸末期、天狗党の放火で宿場が焼失したこと。
足尾鉱毒に取り組む田中正造の運動に共鳴して資金援助をしたこと。
以前は質屋をし、その後証券会社に貸していたが、
今は学生に勉強の場を提供していること、等。

 
大通りに出て、山本有三ふるさと記念館に入る。生家はこの記念館の隣の現在の銀巴里理髪店で、少年時代はその先の栃木グランドホテルになっている路地裏に住んでいた。裏にある古寺「近龍寺」に墓がある。

 4月13日 例幣使一行が本陣で昼食。近龍寺がしばしば本陣代わりに使われた。

 蔵造りの万町交番を見て左折し、日光例幣使街道の道標を見て右折すると、江戸期の面影を残す「嘉右ヱ門町」である。細い道が、左に右にとゆったりとした曲線を家並みの間に描いている。代官岡田嘉右ヱ門の大きな屋敷が右側にある。

左側の大きな商家に「創業天明年間  油屋傳兵衛 味噌・田楽」の暖簾が懸かっている。暖簾に釣られてお店に入り、店の奥さんに注文する。しばらくすると里芋とこんにゃくと豆腐の田楽と傳兵衛もちの香ばしい匂いともにご主人が現れた。

自分も例幣使街道を歩いたことがあり、又栃木の例幣使街道を考える会の活動で昨年10月には街道今昔展を行った。(とその際作ったパンフレットを戴く。)
この建物が昔の雰囲気を伝えているので、TV番組によく登場する。最近では、NHK制作の松たか子主演のドラマ「蔵」、ひるすぎ日本列島。他にもいい旅夢気分、火曜サスペンス劇場等。(きれいな女優さんに会えていいですねと問いかけると真面目そうなご主人は満面に笑みを浮かべた。)

 
「北木戸跡」を右に進む。一乗院の大きな鬼瓦にびっくり。平柳町1丁目で県道に出る。

 

合戦場宿

 (栃木県下都賀郡都賀町合戦場)

珍しい地名は、戦国期に宇都宮軍と栃木軍とがこのあたりで合戦したことに由来するらしい。
作業所、民家、蔵、農家、スナック、畑、修理工場、理髪店。
郵便局に入り、宿場の様子を聞くが、まったくわからない。


屋敷の前に、日立製作所小平浪平生誕の地と刻まれた大きな石がある。技術王国日立を作った人の生家である。

明治二十六年一月八日  日曜日  晴天
故郷も飽きたり。早く東京なる学校へもがなと思いしも、家を立ち出づるきはは何となくなごり惜しく、せめて今一日も止まりたき心地せり。
まして母上の愛を込めたる心を以って何くれとなく世話をなし玉はるに於ては、尚去り難き心地ぞする。

                                                        (小平浪平遺稿「晃南日記」より)

 県道3号線を進む。自動精米機、十九夜塔、地蔵、犬が吠える、白梅、ダンプカー、美容室、防風林、蔵、麦畑、駐車場、欅、ダンプカー、豊年神社、琴平神社、北関東自動車道。


 

金崎宿

 (栃木県上都賀郡西方町金崎)

大きな屋敷の庭にいたおばあさんと目があった。

昔は地主でお金を貸したりもしていました。証文がたくさん残っています。
門は壬生城の中庭の門です。立て直そうと言ってもおじいさんはうんと言いません。
蔵に泥棒が入って、良いものは皆持っていかれました。
屋敷や庭の大きな樹木の世話が大変です。
次の代では維持できないでしょう。


本陣は、おばあさんから本陣さんの屋号で呼ばれている家だと聞いていたが、出会った人に聞いてもなかなか分らず右往左往する。金崎交差点の山川菓子店の老夫婦から聞いてやっと分った。ついでに、日の出屋と朝日屋という遊郭があったことまで教えてもらう。
「本陣」は由緒を感じさせる門がある古澤家で、奥さんが庭の草花の手入れをしている最中だった。

 町のはずれを右に行き、思川を小倉橋で渡って、堤防をしばらく歩いて国道293号に合流する。「女体」という珍しい名の集落がある。聞くと街道沿いの小山が女体山で昔は寺があったとのこと。小山に上がると寺の鐘だけが残っていたが、名前の由来は見当がつかない。
 立派な門と「深岩石」の蔵のある大きな屋敷が続く。東北自動車道脇の交番で聞くと、皆イチゴを作っている農家だという。最近スーパーで見掛ける「栃乙女」の生産地らしい。

 「追分」交差点で「壬生道」、今の国道352号と合流する。
ここで、玉村宿から金崎宿まで13宿の狭義の日光例幣使街道は終わる。
これから更に今市、日光を目指して歩き続ける。

 17時10分  東武日光線 楡木駅   28028歩


                                             トップへ戻る