日光例幣使街道 (神領)

 

例幣使の格式は高く、一行が通ると、大きな大名行列でも通行を遠慮せねばならなかった。また沿道の住民は土下座して一行を見送った。 一行の随員の中には、その権威を悪用する不心得者が少なからずいた。

駕籠の中から、担いでいる人足に声がかかる。「相談せんか、相談せんか。」 金をよこせという意味である。この時、人足が金を出さないと、激しく駕籠をゆすって催促し、わざと転がり落ちて、「無礼者、このままではすまさぬぞ。」と脅す。村役人が詫びて金を渡してその場をおさめる。「ゆする」の語源である。

 
安政6年(1859年)に例幣使に任じられた冷泉家二十代目の記録によると、一行はざっと50人、そのほとんどが魚屋、八百屋など冷泉家に出入りしていた商人だったらしい。堅苦しい公家の装いをして日光までの長い旅をわざわざ志願したのも、たっぷりと実入りがあったからである。

 

 平成14年3月7日(木) 

楡木宿

(栃木県鹿沼市楡木町)

8時10分    東武日光線楡木駅から国道293号・352号の広い通りに出て、左折。通勤中の車がひっきりなしに通る。
「成就院」に、枝垂れあかしでという珍しい木が植わっている。住職に伺う。       

ここから少し手前の、白っぽい家が2軒建っているあたりに「本陣」があった。
文人墨客も来たらしいが、昔を偲ぶものは何も残っていない。
向いの楡木郵便局の辺りに遊郭があった。


 左斜め前に雪を被った日光連山が見える。快晴である。
真っ直ぐな道を進むとすぐに奈佐原町に入る。

 楡木宿と次の鹿沼宿の間(あい)の宿として「奈佐原宿」(栃木県鹿沼市奈佐原町)があった。
日光美酒杉並木の旗がひらめく中新井酒店の仲のよさそうな夫婦に尋ねると、

お店の手前の、建て替えているが、
木のこんもりとある家が「東の問屋」で、
その前の空き地に「西の問屋」があった。
ここは遊郭の多いところだった。


今は、広い国道の両側に、民家、事業所、商店があるだけだ。

 民家の裏に深岩石で作られた文楽用具収蔵庫がある。文楽そばを売っている店もある。遊郭が多かったので、遊芸人の往来が多く、「奈佐原文楽」はその影響を受けて始まったようだ。明治期には大阪・文楽座から人形使いや従瑠璃の指導に来ている。

用水路に小魚が群れている。男体山の頂上を白い雲が走る。
と書くと、いかにものどかな風景のようだが、実際は車がひっきりなしに行き来し、民家、事務所、農家が間断なく続く、あまり感想も無い道である。

 「子供泣き相撲 生子神社」の看板を見て、左折する。畑が広がり空が広がる。
1キロほど歩くと杉木立の中に神社があった。
参道の先に、拝殿があり、その横に、土俵がある。泣く子は育つの縁起をかつぎ、先に泣いたほうが勝ちだそうだ。
毎年9月19日に行われ、毎年TVがニュース番組に初秋の催しとして報道する。


 大門宿交差点で、のざわ米やのご主人に聞く。

地名から考えると休憩所である立場茶屋があったのかもしれない。
数十年前にここに移ってきた当時、周りはみんな農家だった。今は家がいっぱい建って随分変わった。
 

鹿沼宿

(栃木県鹿沼市)

柳原神社、胸形神社。目にするお店の名前に宇賀神さんが多い。

日光山「一の鳥居」跡に小祠が建てられている。地名も鳥居跡(とりいど)である。街道はここで二筋に分かれる。宿場はこの二筋の街道に沿って家並みが続いた。右は田町通り、左は内町通り。江戸期は田町通りが賑わったという。
「本陣」は石橋町の鈴木医院である。屋敷の前に、麗澤之舎を開いた鈴木石橋なる偉人が出た家と説明する案内板が立っているが、本陣跡であるとは書いてない。「脇本陣」が、前のはしだ旅館である。

国道293号と国道352号の内町通りは、下材木町で国道121号が合流するので、市役所前交差点までは3本の国道が1本になって走っている。

仲町屋台会館で「屋台」を見る。華麗な彫刻で飾った屋台は、例幣使街道が東照宮造営に携わった宮大工たちの通った技術伝播の道であることを示している。観光物産館に入る。こんにゃく田楽を食べながら、若い館員に街道についてあれこれ尋ねる。市役所の職員なのか、気軽に役所に問い合わせてくれたうえ街道の資料をファクスで送ってもらう。感謝!
 物産館を出る。日本ロマンチック街道の標識を鹿沼市が立てている。なぜそんな名前を付けるのか、役所のすることは分からん。と思いながら歩いていると、自転車に乗って、さきほどの若い館員が息せき切ってやって来た。田楽のお金を戴いていません!

 格子のある家があり、星宮神社があり、「御成橋」で黒川を渡る。左手に日光連山が白く光る。川に沿って、道がゆっくりと上り始める。表示板は今市まで17キロを示す。杉の大木が時折現れる。木々の間に作業所、工場が続く。今市まで11キロ。 


松平正綱の日光杉並木寄進の大きな碑がある。

B君  松平正綱さん、どうして日光杉並木街道ができたのですか?

松平 そもそも、日光杉並木街道は、日光東照宮がつくられたために、誕生したのじゃ。東照宮の起源は、1617(元和3)年に「神君家康公」をまつるために社殿が建立されたことじゃよ。東照宮が建てられたあと、1625(寛永2)年ころから、20年以上の歳月をかけて、日光街道、例幣使街道、会津西街道の3街道に杉がうえられてのう。この大事業を行ったのが、このわし、相模国の甘縄(神奈川県鎌倉市)2万2000石の大名・松平正綱じゃ。(新しい歴史教科書より)


 日光杉並木街道が始まる。

街道の両側に杉の大木がぎっしりと並ぶ。
杉並木の中を車が疾走していく。
杉花粉が飛び交っている、というより充満しているその真っ只中を進む。
花粉症の妻は顔が引きつっている。

 



文狭宿

(栃木県今市市文狭町)

JR日光線の文狭((ふばさみ)駅が近づき、杉並木が切れ、空が現れる。
おもだかやの看板が掛かった朽ちた旅籠がある。地元の人は料亭として記憶しているようだ。
JA上都賀落合支店、今市市落合支所の人々に聞いても宿場の痕跡をご存知ない。

集落のはずれに二荒神社があり、「郷倉」がある。
説明によると、元禄、天明、天保年間に大量の餓死者がでたので、村民が共同で、不作の時に困らないように貯穀をしたようだ。
                                                                     
杉並木の中を進む。

杉の大木が圧倒的な迫力で両側から迫ってくる。

車が多い。
道幅いっぱいに爆走するトラックが頻繁に現れる.

歩道がない。


 

板橋宿

(栃木県今市市板橋)

杉並木が切れ、ひっそりとした集落が現れる。
はずれに福生寺がある。


 今市まで7キロ。

杉並木の中を進む。

歩道はなく、車と行き交うたびに、道端に立ち止まって通り過ぎるのを待つ。


地震坂、千石坂、室瀬一里塚、

道の両側に杉の壁が延々と続く。
杉に遮られて陽もあまり射さない。
その延々と続く道を歩いているのは二人だけ。

車が体をかすめていく。
おっかなびっくりの道が続く。

陽が山の端に近づき、空を朱色に染め出した。急げ。急げ。

 右手に日光街道の黒く続く杉並木が見えた。

  17時10分  「追分地蔵」に着く。 

日光街道と合流する日光例幣使街道の終点である。 41583歩

 

平成14年3月17日(日)


今市宿

(栃木県今市市)

例幣使は4月14日 今市宿で泊まり、翌日日光に向かった。。

  9時20分  追分地蔵をスタート。男体山が霞がかかったようにぼんやり見える。今年は春が早い。

3つの杉並木街道すなわち日光、例幣使、会津西の街道が今市宿で一本になって日光に向かう。そこで大谷川(だいやがわ)を渡って会津西街道の杉並木も確かめる。江戸期の家並みがそのまま残っていることで有名な大内宿は、この会津西街道沿いにある。


三代将軍家光が東照宮建造の際滞在した館があった如来寺、お彼岸が近いのでお参りする人が何組もいる。
今市宿市縁(いちえん)ひろばにある市観光協会で、本陣跡と脇本陣跡を確認する。宿場の木戸の鍵を預かっていた鍵屋という屋号の家もあったらしい。
観光協会の2階でたまり定食を食べる。「はやとうり」の漬物の歯ごたえが気に入った。歩いてきた文鋏宿で製造しているようだ。

昼食後12時5分 日光東照宮に向かって出発。

滝尾神社の横から杉並木が始まる。きれいに整備されているところも多い。
道の両側の水路を雪解け水が音を立てて流れる。
1時間半で東武日光駅に着く。


 

鉢石宿

(栃木県日光市下、中、上鉢石町)

ゆっくり上がる道の両側に旅館やみやげ物店があり、東照宮が近いことを教えてくれる。

 14時40分 陽明門をくぐって、東照宮拝殿に昇殿。  19084歩

 日光例幣使街道を歩いてきたと聞いて感動したらしい若い禰宜から説明を受ける。

最後の例幣使が捧げた金幣は、拝殿、石の間に続く本殿の扉の後にある外陣に安置されているが、見ることはできない。

東照宮の建築物は儒教、朱子学の教えを基にして造られているので、中国的な印象を与える。たとえば唐門に竹林の七賢人が彫られている。また陽明門に彫られている子供の多様な動きに、子供がのびのびと遊ぶ世界を実現している。

家康は寅年生まれ、秀忠は卯年生まれ、家光は辰年うまれ、寅卯辰で3代。
拝殿の中央の上にトラの彫刻があり、唐門にウサギが彫ってある。龍は遠慮して真ん中でなく拝殿左右に彫られている。

襟を正せば拝殿の階段までは昇れるというので、裃を六文で貸す衣装屋が宿場にあったらしい。

 

丁寧な説明に感謝しながら、ひとつだけお願いをした。

日光例幣使街道は、ダンプカーに脅かされてビクビクしながら歩いた街道でした。杉並木の中も車が多く、ゆったりと歩ける道は殆どありませんでした。是非とも、人が安心して歩ける杉並木街道にしていただきたい。

 

                                                                                                                おわり


トップへ戻る