日光例幣使街道 (上州路)

 

中山道・倉賀野宿(群馬県高崎市倉賀野町)の追分から分かれて日光に向かう例幣使街道は、街道名が由緒ありげなこともあり、街道にどんな町が、どんな人々の生活が、どんな歴史があるのかずっと気になっていた。中山道・鳥居峠が雪で閉ざされてまだ歩けないので、倉賀野宿から今市宿(栃木県今市市)までの日光例幣使街道、更に日光東照宮までの約130キロを歩いた。

この記録を3回に分け、タイトルを上州路、野州路、神領にした。但し、これは歩いた地域を厳密に考えて付けたのではなく、便宜上そうしたに過ぎない。



 従来、朝廷における例幣使の派遣は、伊勢神宮のみであったが、東照宮に威厳を与えようと考えた幕府の要請を受けて、正保4年(1647年)、日光東照宮に例幣使を派遣した。それ以来、明治維新前の慶応3年(1867年)までの221年間、1回の中断もなく、続いた。
 例幣使の一行は、毎年京都を、旧暦4月1日明け六つ、今の暦で5月中頃午前4時に出発し、中山道を経て、4月11日に倉賀野宿から日光例幣使街道に入り、東照宮の春の大祭の初日である4月15日に日光に到着する。翌日午前中に、例幣使は儀式を終え、昼過ぎには日光を離れて帰路に着く。往路は中山道、日光例幣使街道、帰路は日光街道で宇都宮を経て、浅草寺で休み、東海道を利用して、4月末に京都に帰った。

  


平成14年3月2日(土) 

倉賀野宿の追分に閻魔堂があり、その前の常夜燈の基台に彫られた寄進者の中に、雷電為右衛門ほか相撲関係者の名前を確かめる。

 8時25分    道標「是従右江戸道左日光道」に沿って左の県道136号線を進む。JR高崎線の踏切を越え、工場団地の中を歩く。しばらく進むと、街道は原子力研究所の敷地に入っていくので、やむを得ず左折し、綿貫町交差点を右折する。国道354号線が研究所の敷地に沿って伸びる。所々に例幣使街道の標識があるのがうれしい。
建設残土を積んだダンプが帽子を吹き飛ばす勢いで続く。事業所の背後に畑が広がる。研究所内を通っていた街道は井野川を越えて国道に出てくるらしい。滝川を渡る。このあたりから玉村宿を過ぎる付近まで真っ直ぐな道である。

 

玉村宿

  (群馬県佐波郡玉村町)

例幣使は例年旧暦4月11日夕刻に到着して、本陣に宿泊し、翌12日早朝出発した。

 この宿場は例幣使街道で最も規模が大きく、随一の賑わいがあった。
しかし明治の大火でほとんど焼失し、古い屋敷は殆どない。建て替えられた民家と事業所が並ぶ。ところどころに土蔵が見える。街道からひっこんでいるため火災から免れた井田酒店が「問屋」で、重厚な屋根がひときわ目立つ。

天井に万葉の花々が最近描かれた随身門をくぐると、朱塗りの「玉村八幡宮」社殿がある。

 家の前で花の手入れをしていたおばあさんに聞くと、

二人で歩いてんかい?
本陣はちょっと先だんべぇ。


街道を左に少し入った「木島本陣」跡がある。間口35間、奥行22間の壮大な屋敷があったらしい。
その裏庭だったところに、天保14年(1843年)の例幣使綾小路有長が残した歌を刻んだ碑が無雑作に立っている。

玉むらの やどりにひらく たまくしげ 
ふたたびきその かへさやすらに

帰路は殆どの人が東海道を利用するのだが、帰路も中山道を通ったこの例幣使は、2度派遣されたことでも珍しい。例幣使221人のうち2度任命されたのは5人しかいない。

 地図を見ると玉村周辺は古墳が多く、古くから開けていたことが分かる。
古墳時代、群馬県から栃木県西南部にかけては毛野(けぬ)国と呼ばれ、やがて渡良瀬川の西が上毛野国、東側が下毛野国に分かれた。両地域をつなぐのでJR両毛線と呼ぶことを知った。

 農家の庭に、いちはつが剣のような青い葉を伸ばし、クロッカスが紫色の花をこぼしている。道端のあちこちで赤紫色の花をつけているのはホトケノザだ。陽射しに誘われて雲雀が囀っている。遠くに見える赤城山は雪で白い。
工場団地を過ぎて、JAのガソリンスタンドを左に入る。

 

五料宿

 (群馬県佐波郡玉村町)

「常楽寺」の門前に沢山の庚申塔が整列している。
国道354号を横切って、取り残されたような道を真っ直ぐ行き、すぐ左にある滝沢酒店のご主人に話を伺う。

店の横から奥に「五料関所」があった。ほら、そこに関所に入る門の礎石が二つ残っているだろう。家の後ろには井戸も残っている。旅人は、ここを出て渡し舟に乗って利根川を渡ったんだ。

例幣使街道で唯一の関所であり、入鉄砲と出女を厳しく監視するとともに、川を上下する舟の取締りも行った。
川幅は広く、旅人は難渋したであろう。

 例幣使は4月12日六つ半(7時ごろ)五料関所を通行して柴宿に向かった。

 


柴宿

 (群馬県伊勢崎市柴町)

国道354号に出て五料橋を渡ると柴宿で、ほぼ右側を水路が通り、桜並木の整備された道になる。

大きな松が門前から歩道に張り出した、立派な門構えの「本陣」跡がある。
それ以外は商店と民家があるごく普通の町並みである。
国道を通る車は多い。しかもダンプカーが走りまわっている。群馬県は世帯あたり自動車保有台数が日本一であるが、一家に1台ダンプカーも持っているのかと言いたくなるほど多い。

 宿場のはずれで右に折れ、雷電神社の前で緩やかに左に折れる。

家の庭に花ニラが咲き、畑に菜の花が咲いている。あせびが花をつけ、木蓮が今にも咲きそうである。食堂がないので、SAVEONで幕の内弁当を買い、裏の畑の畦に座って食べる。目の前に青い麦畑が広がる。いぬふぐりの小さな薄紫色の花が足元に散らばっている。白い花をつけたナズナが風に揺れる。朝は風も無く晴れていたが、風が出てきたようだ。

 
昌運寺から東京福祉大あたりは農地改良事業で街道は消えている。まっすぐな国道を進む。
「伊勢崎織物大絣発祥の地」と書かれた大きな石碑がある。伊勢崎銘仙を代表する大絣が盛んに織られた中心地らしい。親子連れが遊ぶ子供のもり公園に大きい白い「まゆドーム」がある。近くに寄って見ると、それは繭形の白いパイプが覆っている子供の集会所だった。


 
忠治茶屋の先を右の細い道に入る。常に左手に見える赤城山がここだけは右手となり、「右赤城」と言われたところだ。農道を左折して又左に曲がって国道に戻る。本来は少し左に道があったようだが、武士橋で広瀬川を渡る。
国道と別れて、左に平行して裏道のような細い道が民家の間をうねうねと続く。「一本松稲荷」がある。高い松が民家の屋根の上に飛び出して見え、一里塚の役目も果たしていたとの説明も頷ける。松の根元に稲荷神社、御嶽神社、石仏が集められている。

 柴宿と次の木崎宿の間(あい)の宿として「境宿」(群馬県佐波郡境町)がある。宿の手前でつかのま国道からそれた後、スーパーマーケットとりせんの駐車場に出る。織間家が営んだ「本陣跡」の記念碑がある。寛政3年(1791年)、小林一茶が信州・柏原に帰郷の途中に立ち寄っている。

                          時鳥我身ばかりに降る雨か

 GUSTOで休憩。
あんみつを食べながら駐車場に隣接する家を見ると、宿場町の町屋らしく間口は狭いが、店、蔵と建物が続き奥行きがとてつもなく長い。

宿場内の真っ直ぐな道は、東町でカギ型に曲がり、小さな本屋サンブックスの脇を左に入って、国道から離れていく。本来はこのあたりから斜め左に伸びる道があったのだろうが、区画整理が行われて、その道は無くなり、東武伊勢崎線を越えて県道312号に出るまで、ジグザグに進む。
 三ツ木橋を渡り、国道17号をくぐり、工業団地の横を進む。「矢抜神社、来迎寺、辻地蔵

 

木崎宿

 (群馬県新田郡新田町木崎)

200年前の文化元年の宿場の人口は男320人女366人計688人。女が多いのは飯盛女が多かったからで、この宿場は玉村宿と並ぶ女郎宿と言われた。飯盛女は新潟から売られてきた女性が多く、新潟・十日町の「新保広大寺くずし」にのせて歌った哀歌が「木崎節」となった。八木節の元歌である。

木崎下町の三方の辻に、
お立ちなされし石地蔵様は、
男通ればニコニコ笑い、
女通れば石持て投げる、
これがヤー本当の、
色地蔵様だがヤー、

 木崎交差点角の米屋で、この石地蔵の所在を聞くと、客で来ていたおばさんが親切に案内してくれた。この地蔵は、宿場の女性たちの信仰を集めたので「色地蔵」と呼ばれた。「長命寺」の門前の地蔵堂に安置されており、毎年8月23日のお祭りに姿を見せる。今日は閉じた扉の格子からのぞきながら手を合わせる。

  17時50分  東武伊勢崎線 木崎駅   42039歩

 

  

平成14年3月3日(日)

 9時20分 飯盛女の厚い信仰を受けた「貴先神社」の境内を抜けて、あぶらや酒店前からスタート。

すぐ、最近建てられた上州木崎宿の碑から左に入り、畑の中の道を進む。穏やかな天気で、青空に雲雀のさえずりが賑やかだ。赤城山の白い山容が光っている。県道312号に出て、又さかえや食堂の手前の細い道に入る。すぐに県道を渡り、県道と並行して住宅の中を進み、やがて県道に戻る。

馬頭観音があり、蔵があり、杉玉がぶら下がっている。「群馬泉の初しぼりできました」の紙がまだ壁に残っている。文久3年(1863年)創業の島岡酒造である。

 

太田宿

(群馬県太田市)

蛇川の椿森橋を渡るあたりから街道は県道の右斜めに進むようだが、マンション、民家が建ち、今その道は無く、県道をそのまま歩く。

 本町交差点を左に入り1キロほど行くと「大光院」、通称呑龍様に着く。開山呑龍上人が貧しい子を寺の弟子として養育したことから「子育て呑龍」の名が起こり、今日も境内のあちこちにお宮参りの家族連れが多い。

 この寺は家康が徳川家の始祖である新田義重を追善するために建立。
例幣使は4月12日、大光院にお参りして昼食をとった。

 
街道に戻る。「本陣」は名家楠氏にたどりつく橋本家が勤め、江戸城西の丸の書院を模して造られていたが、昭和58年に土地争いの末の放火で焼失した。東本町の富士重工群馬製作所の前に「追分」の石地蔵と道標がある。道標には「右たてはやし こか道 左日光道 やき さの駅」と記されている。街道は「すばる町1」と表示された塀の向こう、富士重工の敷地を通る。

 新島町交差点を左折すると、畑が広がり、山々が見えるのどかな風景に変わっていく。いったん工場の敷地に入った街道がやがてあらわれる。国道122号と交差するところで小さな蕎麦屋に入って昼食。


東長岡交差点を渡るとすぐ、「鳥居のない神社」の案内がある賀茂神社である。

昔、例幣使がこの神社の境内で休憩していると犬がうるさく吠える。いくら制止しても吠えるので供侍が犬の首を切った。すると犬の首は空に舞い上がり、鳥居の上にいた蛇に噛み付いた。こんなかわいそうなことになったのは鳥居があるからだと、村人は鳥居をとりはずした。 

農家の間を通る細い道の傍らに「馬洗い場跡」、「台之郷の辻」の表示が見える。
県道128号に出て矢場交差点で左折しすぐに右折して、右手に工場、左手が畑の細い道を行く。「この先桜山跡」の標識があり、農作業中のおばさんに所在を聞くがわからないとの答えが返る。

 
群馬県(太田市矢場町)から栃木県(足利市新宿町)に入る。八坂神社の石杭に「東佐野福居道」が読める。新宿の辻で県道に戻る。矢場川の手前に地蔵尊があり、台座に「右ハたてはやし左ハさの」とある。

 

八木宿

(栃木県足利市福居町)

宿場の入口と出口の両側に2本ずつ8本の松があり、それが地名となった。
 
遊郭の女性が口ずさむ木崎節が明治末期に八木宿に伝えられ、大正期初め、馬方をしていた堀込の渡辺源太郎、通称堀込源太が節回しなどを工夫して「八木節」を完成させた。源太は美声の持ち主で飼い葉桶を叩きながら歌って聞かせたという。
宝性寺に源太の墓がある。

ハァー 昔京都の武家様たちが 
春の4月に金幣かゝげ 
通り行きます日光までの 
宿場名高き例幣使街道

 
「ようこそ八木節のふるさとへ」の歓迎看板が付いた街灯が並ぶ。しかし足利市消防本部はそれどころではないようで、火の用心と染めた赤い旗が道に氾濫している。この時期も空っ風が強いのだろうか。

 八木宿交差点に「本陣跡」と書いた大きな看板を掲げる寺山商店という金物屋がある。残念ながら本日休業のため詳しく聞けなかった。八木宿もなかを売っている御菓子処さくらいで聞いても宿場の様子がよくわからない。
例幣使そば荒川屋の看板に興味があったが、まだ空腹を覚えていないので、通り過ぎてしまった。この店のお品書きには、一階で職人がそばをうち二階で男女が抱きあっている江戸期の茶屋の絵が描かれていることを、あとで知り、食べなかったことを後悔した。

 「県道例幣使街道佐野太田線」の道路標識に沿って歩き続ける。麦畑、ビニールハウス、庚申塔。

 

梁田宿

(栃木県足利市梁田町)


県道と別れて、うなぎや金箱を左折する。宿場の面影はどこにも見当たらない。
小さなよろずやと理容店があるだけのひっそりとした家並みが渡良瀬川の堤防に向かって伸びるだけである。
明治維新の際、官軍と幕府軍が当宿場を舞台に戦った。
その戦死者を弔う塚が、左に入った「長福寺」のきれいに整備された境内の一画にある。

 
渡良瀬川の堤防に土筆が沢山出ているが、西風が冷たい。
昔、旅人が川を渡った所に橋は無く、少し下流の川崎橋を渡る。
河べりのひっそりした道を歩く。庚申塔、地蔵。県道に合流する。

 
畑の中の県道を黙々と歩く。勿論他に歩いている人はいない。
車だけが絶え間なく行き来する。
車が巻き起こす風と斜め後ろからの西風が冷たい。陽が山の端に沈みかけている。
平坦な長い単調な道が一本松地蔵で高台に上がり、下ったところで県道67号とぶつかる。

 
  17時40分 JR 両毛線 富田駅   41066歩


トップへ戻る