芦野宿

芦野は那須衆四家のひとつである旗本芦野氏3016石の知行地で、天保14年の芦野宿の家数は168軒、うち旅籠25軒。人数は男160人女190人、女が30人も多いのは飯盛女が多かったことを示している

平成19年10月13日(土)

6時35分  宿場入口にある米問屋だった池沢家の前をスタート。
各家の前には屋号を記した行灯風の外灯が置いてある。足袋屋、本田屋、ぬり屋、京屋・・・・。
本陣跡は地元の芦野石を使った美術館になっている。

「二十五日   きのふよりは やまふもまたこゝちよく これにては旅の道も心にとまれとうれしくて 辰の刻過るころやどを出てゆけば こゝになん遊行柳といへる柳あり」
ようやく元気になった定信、「堤をへだてゝ 遠かたよりみし故 おなじひとつみどりとみえて わかざる」と遊行柳を見つけるのに苦労している。

芭蕉が「田一枚植ゑて立ち去る柳かな」と詠んだ季節とは違って、今は稲刈りを終えた田んぼが柳の大木の周りに広がる。

宿場を出るとゴールの白河まで、街道は国道294号に寄り添うように延びている。
国道から逸れて峯岸の集落に入ると、民衆教化のために刻んだべこ石の碑があり、奈良川を渡って板屋の集落に入ると、農民を諭す諭農の碑がある。
板屋坂は掘り下げられて深い切通しとなり、一里塚が両側の随分高いところに取り残されている。

「此ほとりは 岩山いとおほく まいて 都にはみなれぬものなり
ふじならでは 夏かけて雪の残る山はなきを この辺にては みわたす山々白う雪の残りて 中々やうかわりしながめともなり」

小高い丘の際に並ぶ蟹沢、高瀬、脇沢の小さなひっそりした集落を抜けていく。
岩山が多いせいか、道端に馬頭観音が多い。
国道に合流するが、また逸れて奈良川沿いに家並みが続く寄居本郷の集落に入る。
かつてここは立場だった。現代版立場は田代宅。親切な奥さんが、花で埋まった庭に我々を招き入れる。お手製のたけのこと蕗の煮物、野菜サラダ、そしてもぎたてのミニトマトの愛子ちゃんがテーブルに並ぶ。生活のこと、家族のこと、話がはずむ。
田代さんの家の先、集落の中ほどに廻米問屋だった松本家と大島家があり、盛時を偲ばせる門構えが並んでいる。

集落を出て国道に戻るところで旗宿道が分かれる。古来多くの歌に詠まれた「白河の関」への道である。
泉田の一里塚を過ぎ、大久保の集落に入り、旧国道を進む。ところが街道はこの旧国道ではなく、集落から山に入って旧国道に平行して山の中腹を走っていたらしい。芦野石の採石で山が削られて街道はもう分からないという。

 

境の明神

国道に合流した街道が上っていく。

「あしのより志ばらくゆけば 下野の国とむつの国とのさかひとて 社二つあり これなん境の明神といひはべるよし」

二つの境の明神が下野と陸奥を分けている。下野の玉津島神社と陸奥の住吉神社。 その間、神社の道を挟んだ向かい側に「従是北白川領」の榜示杭が立ち、黒羽藩と白河藩の境界を示している。

小ぶりな空間のなかに歴史が苔の下にもぐりこんで息づいていて、たとえ北か南へ数メートル行っても、その気分がこわれてしまう。こんないい所へくるというのも、生涯で何度あるかわからない。
(司馬遼太郎著「街道をゆく 奥州白河・会津のみち」より)

神社の前を車がひっきりなしに走る目の前の風景と司馬遼太郎が描く風景とがどうも一致しない。
この奥州への入口を彼がこれほどまでに絶賛するのは、何故だろうか?
どうも彼には、平安人が抱いた奥州へのあこがれと同じ思いがあって、ついには奥州の北端を北のまほろばとまで表現するに至るのではないか。

この峠には名物の餅を出す茶屋が多くあり、参勤交代で通過する仙台藩主や盛岡藩主もまた、必ず明神に詣で、和歌を詠み、茶屋で休憩した。

「この社のほとりに いとおほきなる茶屋あり いつも父君のこゝにやすらい給ふところのよしいふ  予も こゝに足をとゞむ
末々の者のつかれのやすむをまちて 立出れば たゞちに白阪のやどにつく」

 

白坂宿   

秀吉の指示によって宿駅になり、飯盛女たちを抱える旅籠も多かった白坂宿だが、明治期の大火で、真っ直ぐな宿通りに宿場の景観はまったく残っていない。
本陣跡は田畑になっている。
宿場のあった泉岡集落を抜け、ひたすら歩いて皮籠集落に至る。街道から少し入った林の中に金売吉次兄弟の墓が並ぶ。

「此さかよりほどもあらで 皮籠村といへるにいたる 此村をかく名つくることは むかし熊阪長範といへるぬす人 吉次 吉六 吉内とて ゆたかなるあき人のありしをみて 其たからをうばひとり 皮籠をこゝにすておきし所ともいふ
もと 盗人は世のおとろへより起こる 国の政をつかさどるほどの人も 利によりて人をあげ専ら私欲に志たがひてのみ おほやけの政をとりおこない侍る これをなん 大臣のぬす人という 」 

ここまで来ると白河宿までは一里もない。
しかし今日歩いている街道は緩やかではあるものの終始上り続けているため、我々は随分疲れており、楽な距離ではない。

 

白河宿

「そのさとをなん過れバ 松の幾千本となく道のひだりみぎにつらなりたり それを行きつくせば 九番町といひて町屋あり 予が行べき道には 白き砂を志きて はらひきよめたり   其町の間いとながくして さかえとむとみゆるもうれし 行ことすくなからずして 白川の城につく」

定信の記す松並木なんてどこにもない。稲荷山の山裾を廻り、城下に入る。九番丁、七番丁、三番丁を過ぎ、南湖橋を渡って、一番丁で天神町へ曲がる。
山木屋で黒まんじゅうを頬張って休憩。山木屋のおばあさんによると、並びの「かめや」は江戸期から続くうどん屋だという。

「かめや」の外見は、老舗に似つかわしくなく、裏寂れた食堂風だ。
暖簾をくぐる。古びた店内にはおかみさんが一人。長いテーブルと長椅子。
メニューは、かけうどん・かけ蕎麦の二つだけ。いずれも300円ぽっきり。
かけうどんを注文すると、煮たうどんになぜか 丸まった油揚げが入っている。
味は悪くない。やみ付きになる味かもしれない。
「江戸時代からずーと、うどん屋をやっているのですか?」と質問すると
おかみさんは「そうです」とだけ答える。
「ここに定信が植えた松があると聞いたのですが?」と質問すると、
「お城から貰ってきたんです。」とだけ答える。
おかみさんは余計なことは一切言わない。従って、江戸時代のいつごろからうどん屋なのか、なぜ、誰から 松を貰ってきたかはまったく分からない。
食べ終わって、店の横に廻ると玄関に続く庭に、くだんの松が堂々と枝を張っていた。

天神町、中町、本町の商店街を東へ東へ進んだところで北に折れ、横町、田町から城下を離れる。
阿武隈川を渡り、向寺の町並みを出て坂を上り曲って下ると、奥州道中の終点である女石の追分である。
ここまでが道中奉行の管理する奥州道中で、この先東側の丘寄りに続く道は勘定奉行が管理する奥州道という脇街道となる。

14時20分  女石の追分   40218歩

松平定信は、霞の友を次の歌で結んでいる。
「かしこしな 道ひろき代の 旅なれハ うさもつらさも 志らかはのせき」

                 (了)


トップへ戻る