大田原宿

平成19年10月12日(金)

美人系というほどではないが、大田原から白河に至る一円の地にちょっと美人の居ることは、少し通人なら誰れでも知って居よう。
(松川二郎著「全国花街めぐり」より)
楽しみな旅である。

8時 大田原城の大手門口にあたる金灯籠をスタート。
城下町らしく道は屈曲している。寺町を鉤形に折れ、大久保町を過ぎて、堀切で城沿いに下る。
途中、大田原神社の石段を上り、町の商業活動に中心的役割を果たした近江商人が寄進した灯籠を見る。北関東から東北にも及ぶ近江商人の行動力に改めて敬服。
蛇尾川を渡る。左に那須山。

なお、大田原宿に泊まった定信は、翌日(3月24日)目覚めると大層気分がよく、この様子ならば少しも心配ないと思って出発した。
ところが「ふすまのうちにうづもれて おかしきけしき めづらしきさまをもみるべきにあらず」と、状態は一向に良くならず、早く宿に着くことを願っている有様だった。

今日は目的地の芦野宿まで県道72号をなぞるように歩く。
中田原の一里塚の先に、棚倉街道が分かれる追分「是より 右たなくら道」がある。

紫衣事件で幕府の怒りを買った二人の僧が奥州道中と棚倉路に分かれた地点である。
出羽上山に流された沢庵がそのとき詠った決別の歌が案内板に書かれている。
「何れの日にか旧楼翼を双べて帰らん 常無く只此の如し 世上の禽も枢機有り」。
流されてもなお意気盛んである。
後日許された沢庵が、品川・東海寺を開いたのは有名だが、棚倉に流されたもう一人の僧である玉室のその後を知らない。

このあたりから市野沢地区である。

「かたはらちかき人も 長き道にはまた風にもあたり つかれやすらんとて 市澤といへるところにいとおほきゝ町屋のあるをとめきて 志ばしやすらう」
定信が休んだ市澤は、この市野沢だろう? 町屋が多くあったとすると滝集落か。

市野沢郵便局手前のほほえみセンターの、一本の柳の脇に掲げられた一句がいい。
名前は分からないが、地元の人が七十歳になった記念に作ったらしい。
 「気に入らぬ風もあらうが糸柳」

練貫十文字を越え、道端にある「右奥州海道」と刻まれた永代常夜燈を確認したあと、緩やかな上り坂が始まる。
奥州道中分間延絵図は子ツコ坂、北窪坂、そして鎌取坂を記しているが、掘り下げられて低くなっており、さして苦労はない。
かつては荒涼とした那須野が原の草原の中の道だったらしいが、今は畑になっている部分も多い。
小さな樋沢神社にある葛籠石と八幡太郎愛馬蹄跡のある巨岩の脇で休憩。
切通しとなった愛宕峠の坂道の途中に鍋掛の一里塚がある。江戸から四十一里である。

 

鍋掛宿

坂を下って広い鍋掛十文字に出る。ここから鍋掛宿が始まる。
天宝14年(1843)には家数68軒、うち旅籠は23軒あり、那珂川をはさんで対岸にある越堀宿とともに川留めの際には大いに賑わったようだ。しかし右に緩やかにカーブを描く古町、仲町、東町の通りには、ごく普通の家並みが延びるだけで、往時のものは殆どない。
馬宿はファミリーマートの向かいだろうか。高札場はラーメン屋、木戸は珠算塾の手前あたりか。
本陣は東町にあったらしい。本陣の菊池氏は水戸から秋田に移封された佐竹氏の家臣で、秋田に行かずに鍋掛に移り住んだという。

街道は県道から右に分かれる小道を進み、東町の端で左折し、県道を越えて、すぐ右折、さらに右斜めに折れる枡形から那珂川の渡しに下りていく。しかし実際はこの枡形から渡し場に降りていく道がよく分からず、それらしき道も草に覆われているので辿ることは断念した。
渡し場を探している際、鮎つりをしている人が「終戦直後は、まだ渡しがあった。橋が出来ても板の間から下の水面が見える木の橋だった。」と教えてくれた。
那珂川の深い谷は照明橋で渡る。

「中川といへるにいたりぬ
此中川といへるは やなせの波いとあらく 二筋にながれて 瀧なども二ところにあり 是もあら川 はゝ木川なんどいふ川のごとく きよらにて石いと多し
それをみつゝ行ば ほどなう越堀のひるのやどりに来る」

 

越堀宿

川を渡って左に折れる。中町に本陣の藤田家があった。

「このやどの庭に 茶亭のあるよしきゝおよびし故 いかゞとかたはらの人にとへば あるよしいふにぞ やどのあるじに人をしてたづねさすれば みちのくのほとりの諸侯 いづれもこゝにやどり かの亭にて詩歌の興を催され あまつさえ そのうたなんどをも あるじに賜はるよしいふ」
この茶亭については他の文献に見当たらない。

諸大名が泊まって賑わった宿場を偲ぶよすがは、明治期の大火のせいで全く無い。
周りに人影が無い。我々を見つけて吠える犬の鳴き声だけが大きい。これでは美人がいるのか、いないのか、とんと分からない。
宿内の浄泉寺にある「従此川中東黒羽領」と刻んだ領界石は、もともと川べりにあったもの。奥州道中分間延絵図・解説篇によると、黒羽藩主が大阪城在勤のときに大阪で作らせ、船で運んだとのこと。

越堀宿を出ると次の芦野宿まで坂の連続で、「二十三坂七曲り」といわれ、難路として知られていた。
まずは富士見峠に向かって上っていく。白い蕎麦畑が拡がる。

「行々みはべるに この辺は山のみ多く 都にてはみなれぬものぞかしきのふけふは はやうるさきようにおぼゆ」

木々に覆われているためか、それほど高くないためか、峠の頂上に来ても富士山は見えない。期待はずれの峠に妻はがっかり。
真っ直ぐに下る道が寺子の集落に延びる。
峠の頂上にあった「 ・・・江戸四十一里 ・・・仙台五十里 会津二十四里」と刻んだ道標を兼ねる馬頭観音が、一里塚を復元した公園にある。

下ノ坂を下り、余笹川を渡る。
石田坂の小集落を抜け、石田坂を上る。
このあと、かつては笹子坂を下がり、笹原坂を上り、愛宕坂を上り、番屋坂を上ったというが、今は掘り下げられて緩やかな一つの坂となっている。
しかし、江戸期、人馬ともに苦労したことは馬頭観音が多数残っていることでも分かる。
五郎右衛門坂を下がり、黒川の小集落を抜ける街道は、黒川の流れに阻まれる。黒川は下流で余笹川に合流する。

黒川橋を渡ると、ヘアーピンに曲がっていく坂道を上る。かつては直線で山を越えたらしいが、雑木林が茂り、分け入る道が見当たらない。
女夫石を見、一里塚を過ぎる。
二十三坂七曲りの最後の坂である西坂を下ると、ようやく芦野宿である。

ところが、定信は山越えの苦労をまったく知らぬげである。
「よさゝ川といふ川を渡りはべれば 右のかたに松原いと多くあり
それを過れば 黒川となむいふ川あり その小橋をうちわたりてゆく 
こよひはあし野にやどをとる」

 

芦野宿

宿内の三光寺は定信ゆかりの寺である。聖天堂に掲げられた「聖天」の扁額は定信の書といわれている。聖天堂の前には、定信お手植えの「楽翁」と名づけられた黒松が太い枝を伸ばしている。

15時40分    三光寺   40378歩



トップへ戻る