喜連川宿

平成19年10月6日(土)

7時50分  喜連川本町をスタート。
定信は「こゝをば すみやかに立出ぬ」としているが、当方は少し散策して、武家屋敷地区に御用堀、寒竹囲を訪ねて城下町の面影を見、また宿の町並みにいくつか残る老舗に江戸期の賑わいを偲ぶ。

喜連川宿のはずれにある台町の追分で街道は右折するが、逆に左に曲がって専念寺の脇の坂を上ると、突き当たりに喜連川少年院がある。

ここにかつて遊郭があった!
喜連川郷土史によると「喜連川にあった女郎屋は江戸から明治にかけて往来の旅人を客としていたが、明治30年頃いわゆる『新地』と称した専念寺西裏に移って昭和初期まで4軒が営業を続けていた。」
少年院が開所した昭和42年頃は、遊女を思い出して振り返った「見返り橋」が坂の途中にあったらしいが、今は見当たらない。

内川を渡ると、家がまばらになり、緩やかな上り坂が始まる。
奥州道中分間延絵図によれば、女夫坂、長坂、鶴ヶ坂と続くのだが、これら三つの坂はなだらかに連続しているので明確に区別しにくい。定信も女夫坂は記していない。

長阪といひて 名も志るくながき阪あり そのうへの山をなん のふ山といふよし 山上志ばらく平らかなり それより鶴か阪といふをなんこゆ
きのふまでなん いとど平らかなる道をゆきしが きつれ川のほとりより 山いたう多く 阪をこえ橋をわたり 都にてはみなれず めづらしく思ふ
この辺にて はじめて下つけの国のなす山みゆ 雪ところどころにみえて いといたう高き山なり
それより ほどもあらず 烏山のひるの駅につく」

坂道にどんぐりが散らばる。フィオーレ喜連川の横を過ぎる。
森に包まれた峠を下ると南和田の集落で、刈り取りの終わった田んぼや葉の黄ばんだ大豆畑が点在する田園風景が広がる。元禄期 南和田の家数は45軒。しかしほぼ百年後の天明の大飢饉により多数の農民が流出し、戸数6軒となった。定信がここを通過したのは大飢饉の直前である。 

定信が着いた烏山のひるの駅は、たぶん佐久山宿であろう。ほどなく着いたと記しているが、南和田から佐久山宿までは約7キロもある。
彼岸花があちこちに赤く群がって咲いている。
北へ北へ向かう道は、曾根田の集落を過ぎて江川を渡るときだけ東に向かい、川を渡るとまた北上する。それも引田川に沿ったわずかな平地を探りながら進む。

観音坂を上る。多くの旅人がつぶれたので地元では「つぶれ坂」と呼ぶほど急坂だったようだが、今は掘り下げられてさほど苦にはならない。
いったん下った後、さらに老ケ坂をだらだら上りながら進み、前坂を下る。
佐久山は山に迫った土地という意味で「作山」とも書いたといわれている。坂が多いのは当然である。

 

佐久山宿

前坂を下り、鉤の手を曲がると、佐久山宿の下町である。

街道から逸れて左に少し入ると小さな薬師堂がある。
天井の真ん中に竜の絵が描かれている。宿場入口の甕田屋のご主人の話では日光東照宮の鳴き竜を描いた絵師によるものだそうだが、いくら手を叩いてもウンともスンとも言わなかった。

この薬師堂の階段を下りてまっすぐ佐久山小学校に行く途中に、佐久山の殿様の末裔の住まいがある。
殿様は、那須与一と係わりのある那須衆四家の一家である三千五百石の旗本・福原氏である。
福原氏の陣屋跡に立つのが佐久山小学校で、城跡が御殿山公園。この公園の紅葉が佐久山の人々の自慢らしいが、残暑が長かったせいか、まだ色づいていない。

天保14年(1843)の佐久山宿の家数121軒 うち旅籠は27軒。
「佐久山の橋の袂のなめら蛇 人が通ればゆれてからまる」と古謡にもあるように「花の咲山」とも言われて賑わっていた。
地元の人の話では、終戦直後まで街道に女郎屋がずらりと並んでいたそうだ。当時の建物が一軒だけ残っており、それは肉屋の手前に・・・・・。肉屋で買った昼食代わりのコロッケは美味かった。

中町にあった本陣は郵便局手前の井上家。「心」にかたどった池が今も残るらしい。しかし定信は池を愉しむ心境ではなかった。というのは「また風の心地にて つねならず 医師をよびて 薬なと用ゐ」という状態だったのだ。

やうやう此やどりを出侍れば はゝき川といひて はじめこえしあら川のやうになん さゝれ石の清く まことに○○○のかずよむとも つくべくもあらずありて 川二筋にながれ ほそき橋を両方にかけわたしたり
こゝちわろき身にしあれど けしきおかしくながめつゝ行」

箒川を渡る。川原に簗の仕掛けが見える。
中居、八木沢の二つの村が吉沢、親園に名を変えている。いずれの集落にも長屋門、四足門を構えた重厚な百姓家が多い。
いくつかの清冽な小川が集落を横切っている。ここ那須野原には豊富な伏流水が湧き出しているようで、澄んだ流れには長い水草が群茂しており、イトヨが棲んでいる。
親園の集落のはずれ近くの民家と神社の参道脇に、八木沢村が寛永4年(1627)に出来始めたことを示す「町初め碑」と代官を讃える「蒲盧碑」が立っている。
百村川を渡り、川に沿って進む。次第に家が増える。

 

大田原宿

大田原は大田原氏11400石の城下町で、奥州道中では白河に次ぐ大きな宿場町でもある。

道のほどをあんずれば むねにふさかるやうにおぼえて ひたすらちからなくおぼえけるゆゑ やむ事をえず こよひは こゝにやどをとる」

本陣は中町の印南家で、新富町交番付近にあった。
上町と荒町の十字路に町内安全を願った金灯籠が立っている。

14時30分  金灯籠前  34092歩


トップへ戻る