奥州道中

父君のかはりとしてやよひの十余り八日になむあづまを立出て かの白川へ行侍りぬ 
そのころしも長閑に日も長きをりなれば 旅の道すがらのけしき などころをも見侍らん」

寛政の改革をおこなった松平定信が17歳のときに著した「霞の友」の冒頭の部分である。
(以下「霞の友」の引用部分は 江間政発編「楽翁公遺書」による)
安永5年(1776)十代将軍徳川家治の日光社参に際し、白河周辺の警備を命じられた白河藩主松平定邦が病気だったので、2年前に養子になっていた定信が代わりに、江戸藩邸から奥州道中を通って白河小峰城に赴いた。このとき定信が見聞きしたことをまとめたのが「霞の友」である。
今回は若き定信とともに宇都宮から白河までを歩く。

 

宇都宮宿

平成19年7月31日(火)

7時15分  日光道中が分かれる伝馬町の追分を出発する。
池上町の朝日坂を下り、鉄砲町で折れ、曲げ物師のいた曲師町そして近江・日野の商人が住んでいた日野町を通り、大町、上河原町を過ぎ、田川に架かる幸橋を渡って宇都宮宿を出る。

定信は安永五年三月二十一日朝 小山を出立しているが、風邪をひき
「駕籠のうちへふすま 枕なんぞ入れ 紙など押し当てゝ すきまの風をいとひ かたはらちかき人かごに志たがひてぞゆく」という状態になり、早く休憩したかったのだが・・・。

「宇都宮のやどりは何やらん さはりのあればとて 町の末にかすかなる茶屋のあるを見て こゝに志ばしやすらふ」

幸橋のたもとの旧篠原家を過ぎると、街道は道幅の広い旧国道と重なって東北にまっすぐに延びる。
宇都宮城主本多正純が切り捨てた根来組百人衆の胴塚は、岩曽町のスーパー「サンユー」の敷地内の雑木林にある。
このあたりには、宇都宮藩の刑場跡もある。
今は市街地化し、街道には宇都宮の中心部に急ぐ通勤の車が絶えないが、かつて人家はなく沿道は田畑と山林で、恐ろしいほど寂しいところだったようだ。

「日もはやかたふきて 墨をながしけんやうなる雲の 山かとみゆるばかりに立のぼるさま みるもおそろし
木の根 岩かど道をさへきりて 木ふかき道なれば いとどうとうとしく はやく氏家のやどりにつき侍らんと 心のみいそぐ」

海道町にくると、水田が拡がる。
海道新田が開拓されたのは元和年間、江戸幕府が出来てまもないころだが、用水を開削し水田30町歩を開田したのは、ようやく幕末のころである。
水田の先に連なる山々は足尾だろうか、日光だろうか。今年はまだ梅雨が明けず、今日も雲の多い空模様で、山は空と溶け合って判然としない。
王子板紙の工場西側を稚児坂が緩やかに上り、台地が尽きるところに白沢地蔵堂がある。
地蔵堂から、やげん坂を下ると白沢宿である。

 

白沢宿

「そのうちになるかみ初めよりはつようおぼえて 一声ひゞくにぞ 氏家までは 道のほどいと遠し
志ひて志らさわにとまれかしと人々いふにぞ 心ならずも素澤にこよひやどりをとる」

天保14年(1843)の宿村大概帳によると、白沢宿の家数71軒、内旅籠13軒。
本陣の宇加地家は越後の長尾家の家臣で、その縁で米沢藩上杉家は参勤交代の際には必ずここで休息した。
もちろん定信もここに泊まったのだろう。
今も宇加地家の屋敷はあり、江戸末期から明治初期の建物が残る。
江戸期は道の真ん中を流れていた用水が、明治期になって道の両側を流れるようになった。美しい格子のある家も残る。ほとんどの家は現代風に建て替えられているが、かつての屋号を記した札を掲げている。国道と離れているだけに静かで、ゆったりとした空間が残っている。

宿場を出て、九郷半川という小川を渡り、西鬼怒川を渡る。
青々とした水田が伸びやかに拡がり、陽が照り始め暑さと奮闘している妻も、水田を渡る風にしばし暑さを忘れている。
街道は一旦水田の中に消え、鬼怒川の堤に現れる。

三月二十二日 きのふの空にひきかへて けふはいとどうらゝかに さし出る日影ものどけく 日に志たがひて やもふも快よく覚えければ 旅のかはり行みちを けふは見侍らんと うれしくてゆけば いと清き川あり これなんきぬ川といへるよし」

右の方には筑波山 ひだりのかたには黒髪山 そのほか 高原山なんどいう高きやまの もろこし人の絵にことならず川のほとりへのぞみて見侍れば 清き水 きよき石にあたりて 白浪いはほをあらひ ふかきそこまでみえわたりたるは すさましう覚ゆ」

定信は自然の雄大さに感嘆するだけでなく、醜女でしっと深い百姓の妻が、鬼怒川で夫に殺された話を紹介し、さらに次のように言う。

女はもと心よこしまにておろかなるもの故 浪はやく思ひながさで 衣川のうらな くうきめに遭い侍る わが心からより 身のうき事もつらき事もおこり侍るを うきつらきにつけて 人をかこち 天つちをなげきて 我おろかさより起り侍るといふを知らず」

このとき定信は17歳で、この2ヵ月後に「もと心よこしまにておろかなる」女と結婚する。

あまりひろき瀬にはあらねど 水いとはやくて 舟にてはいかゞなんどいふ人もあれば かたわらの かりに造りたるあやしき橋をわたりてこゆ 夫よりしばらくゆけば 氏家の駅なり」

今は阿久津大橋で鬼怒川を渡る。
この鬼怒川左岸の阿久津河岸は東北諸藩ならびに天領で収穫された米を江戸へ出荷する水運の一大拠点だった。
水運関係者が祀った船玉神社は、境内を船型に模し、舳に本殿を置いた。本殿に施された豪奢な彫刻がこの宿場の繁栄を彷彿とさせるが、またその繁栄が嘘のように静かな佇まいの上阿久津の集落である。

上阿久津地区を過ぎ、逢坂を上り、しばらくすると将軍地蔵がある。暑くてボーとなった頭には、地蔵堂前の案内板に書かれていることが理解不能であるが、将軍地蔵は素麺地蔵ともいわれ、日光強飯式の由来ともなった伝説があるらしい。
街道は県道を離れてムーンスターの工場内に一旦消えるが、行人坂を下ってすぐ水田の畦に現れる。
JR東北線旧奥州街道踏切を越え、道標と馬頭観世音があると氏家宿の入口だ。

 

氏家宿

天保14年(1843)の宿村大概帳によると、氏家宿の家数235軒、内旅籠37軒。
宿場の中心部を過ぎた上町のあたりで街道は直角にまがるが、そのまま進むと、道中奉行が作った奥州道中見取絵図には「日光并会津道」とある。会津西、会津中街道を指しているらしいが、これらの街道を通って阿久津河岸から積み出す物資が氏家宿に集まったようだ。
しかし今はどこにでもある町並みであり、かつての賑わいの面影を探すのは難しい。
最近は周りにたくさんあるゴルフ場の送迎バスの発着地である。

五行川に架かる思案橋を渡り、氏家宿に続く桜野の集落に入ると、構えの大きい屋敷が続く。農作業のかたわら、酒造、木綿商い、小物商いなど種々の商売を行って、富を蓄積した家が多かったようだ。
桜野から600メートル以上に亘って松並木が続いていたという。定信も見たはずだが、記していない。それは明治期まで残り、今は「並木」の地名だけが残っている。一里塚を民家の庭に見る。

「遠方に羽黒山 くろかみ山みゆ 残りし雪など霞の間よりほのぼのとみゆるそ えならぬ
志ばしゆけば 早乙め阪となんいふいとおほきなる阪あり」

関東平野は氏家で尽きる。
定信も江戸を出て初めて山道を上る。
かつてこの坂は早乙女坂と呼ばれたが、宇都宮氏と那須氏が戦った早乙女坂の戦いで宇都宮側の総大将を討ち死にさせた鮎瀬弥五郎を称えて弥五郎坂と呼ばれるようになったと伝えられる。
登りが長く続き、汗が滴り落ちた。
坂の頂上から下り始めてまもなく右手に旧奥州街道の標識がある。ところが立入禁止になっている。あたりには夏草が茂っているので、旧街道を辿るのは断念し、そのまま下った。
後で地元の人に聞いたところでは、「旧街道は舗装もされており、また途中に墓があるのでお参りする人もいて、荒れ放題ではない。」とのこと。
坂をほぼ下りたところに、河東碧梧桐の句碑がある。「阪を下りて左右に藪あり栗落つる」

 

喜連川宿

「その阪を下れば 喜連川侯の陣屋なるよしにて いと高き山のうへに松杉などおひ志げりたり
其山の麓に あら川となんいふ川あり いときよき川にて 水そこの石のこりなうみえわたり侍る 
中のかたに淵ありて それへちひさきはしをわたしたり 其橋を二つにしてゆけば ほどもあらずして 喜連川のやどりにつく」

喜連川藩5千石の城下町である。喜連川氏は足利尊氏の血統を伝える名門として10万石の格式を与えられていた。

16時15分   喜連川本町・東野バス停    46126歩


トップへ戻る