平成16年10月11日(月)

塩山市裂石の雲峰寺で朝早く、しかし快く宝物殿を開けてもらった。武田勝頼が天目山で敗れた際に家臣に託した日本最古の日の丸の旗や風林火山の旗を見たかったからだ。しかし、寺には申し訳ないが、ガラスに保護され、ぺたんと広げられた旗では、特別の感慨を覚えることもなかった。

9時 寺のすぐ下、大菩薩峠登山口にある番屋茶屋の左脇を下る。
重川に架かる祝橋のきわに、雲峰寺の大きな黒門が見捨てられたように立っている。かつての街道は、この黒門をくぐって川の左岸を下っていたらしい。今そこに道はなく、門をくぐると川に落ちてしまう。 
祝橋を渡って、大菩薩ラインと名付けた国道411号線をゆるやかに下っていく。
天気予報では台風一過の青空のはずだったが、空一杯に厚い雲が覆って、小雨がぱらつき、後ろの大菩薩の峰はまったく見えない。左下に真新しい市営大菩薩の湯。
 

国道が左に曲がるところに街道が現れて、真っ直ぐ上小田原の集落に下りていく。
御影沢の脇に「峠の湧水」と名付けられた水が迸って、数人が用意したたくさんのペットボトルに注いでいる。番屋橋。
屋根を突き上げて二階を作った甲州独特の家が見られる。しかしその大きな草屋根には青や銀色の金属が覆われている。

山の斜面に細長く作られた畑を支える石垣の傍に荻原口留番所跡の案内がある。
その真上に、地名にもなっている地元では「お割れ石」と呼ぶ裂石がある。スパッと真っ二つに裂けた巨岩である。 

国道に出る。街道はこの辺りから中央線塩後踏切までの約9キロの間、北線と南線に別れている。とはいえ並行して南西に下る二つの道は最大1キロほど離れているに過ぎない。我々は江戸期からよく知られていた北線を辿る。
街道は国道にまつわるように延びているはずだが、小松尾、下小田原のいずれの集落も、街道が国道のどこからから分かれ、どこで合流するのか判然としない。歩いている右側は山が迫り、左は一旦、重川に落ち込んで、そこから上がっていく山の斜面に、例の特徴ある大きな屋根の家がいくつも見える。 

重川に架かる小田原橋を渡る。
法幢院の前を右に入って、民家の裏にまわりこむと、ゲートボール場脇で数人の婦人が柿を食べながら楽しそうにおしゃべりをしている。このゲートボール場横の細い小道が青梅街道であることを婦人達が保証してくれた。小田原橋からここまでは、りんご、柿が植わっていて、突然ここに街道が現れる次第だ。
この重川沿いの道は、しばらくすると勝軍地蔵の祠にぶつかる。その一画の中心に「踊石」が鎮座している。この大きな石の上に踊った鬼の足跡がふたつ付いている。

国道を横切って桃畑の中を、そしてまた国道を横切って桃畑の中を進む。葉を見ると桃ばかりではないようだ。木の下で肥料を与えていた男性に聞いた。

このあたりは桃だけでなく、プラムも多い。もう少し下ると桃だけでしょう。
冬の寒さ?大菩薩からの風よりも、甲府に下りてくる八ヶ岳からの風がこちらにも流れてくる。これが寒い。
ここの地名は昔でいうと大藤村の中萩原です。

 

大藤村中萩原の重郎原は樋口一葉の父祖の地である。

「大丈夫か、誰にも気づかれなかったか」
「ええ、でもこんなに動悸がして・・・怖い」
「急ごう、夜のあけぬうちに塩山を出てしまわないと、お前の家から追ってがくるかもしれぬ」
・・・
男は重郎原の樋口八左衛門の長男の大吉、女は青南の古屋安兵衛の長女、あやめだった。
大菩薩峠を背にひたすら歩きつづける二人をやがて黎明がくっきりと浮び上がらせた。

(瀬戸内寂聴著「わたしの樋口一葉」より)

江戸での出世を夢みて駆け落ちをした・・・後に八丁堀同心の株を買って直参になり、夢を実現した・・・二人の間に生まれたのが一葉である。
屋敷跡は国道沿いの桃畑となり、数基の墓もある。
 

国道から分かれ、また合流する。
道祖神をよく見かけるが、いずれも丸石、しかも一箇所に数個、時には十数個が積まれている。井後田の石仏群。文殊川に架かる粟生野橋。上粟生野中組の道祖神。室屋入口からの草の道は畑、果樹園の間に長く続く。
 

一旦国道に出るが、重川に架かる新千野橋を渡って、すぐの駐在所前を右に入る。「荒井割」の石標が立って、千野館の北側の防備として窪地を利用した掘割との説明がある。その掘割の方向に下りて道なりに進むと「札の辻」があり、そのまま草に覆われた道とも言えない細い水路際を、慈徳院の背後を巻くように強引に進む。寺の横から「常光寺坂」の手前の「下街道」から国道に戻る。慈徳院は600年ほど前の南北朝期の武田氏の館跡らしいが、詳しいことは知らない。 

上品な千野六地蔵幢が立つ角を入り、裏通りのような狭い道を抜けると国道に出る。
横切って下りていく坂が「袖切坂」だ。坂の名の由来の説明がある。

両側が竹やぶで昼なお暗いこの坂で、疲れ果てて一命を落とした旅人も多く、その霊魂が救いを求めてさまよっており、この地で転んだ者は霊魂の願いを聞き届けてやれないことを嘆き、お詫びと難から逃れるために、老若男女を問わず着物の片袖を切って供えた。

坂を下ると塩山温泉の温泉郷本通りで、数軒の宿が並ぶ。泉質は硫化水素を含む弱アルカリ性らしい・・・。 

右手の小山は塩ノ山。この「四方から見える山」が、四方の山、しほの山から塩山の地名になったという。なお塩山は宿場ではない。

「青梅街道」
・・・江戸への石灰輸送が新河岸川の舟運を利用するようになると、・・・多摩山間部や武蔵野緒村と江戸を結ぶ商品輸送路に変わり、多摩山地の谷口集落である青梅が、この街道の終点の観を呈した。
青梅から先は宿駅がなく、多摩川に沿って山路九里余りを経て甲州に達するので、「甲州裏道」といわれた。

(吉川弘文館発行「国史大辞典」より)

塩山は、明治36年に中央線が迂回して塩山駅が設けられてから発展したようだ。駅は左手500メートルほどのところにある。 
山裾を進む道が、花かげ通りになり、やがて向嶽寺にぶつかる。

「花かげ」  大村主計作詞
十五夜お月さまひとりぼち
桜吹雪の花かげに
花嫁すがたのお姉さま
くるまにゆられて行きました

大村主計は塩山市の隣の牧丘町の出身で、向嶽寺の境内に詩碑があった。
 
寺の前の道からいくつか大ぶりな屋敷を抜けると、次第にブドウ畑が増え、ようやく広がった青空を連なる峰々が丸く囲む盆地らしいゆったりとした風景となる。シーズンが終わったブドウ畑だが、「甲州」だけはまだその薄紅色の房をつけている。一粒失敬して口に入れると、渋みがわずかに舌に残る。

・・・七日子神社?・・・岩手橋?・・・笛吹川?・・・道を間違った。

向嶽寺の門前から左折すべきところを直進してしまった。伸びやかな風景に浸って地図をよく見ていなかったので長い間気がつかなかった。
向嶽寺まで戻る元気もなく、下井尻と七日市場の果樹畑の境界を南下する。山梨市に入っている。辻交差点で街道に戻る。したがって塩後踏切には行けず南線と合流することを確認できなかった。家並みが続く。東山梨駅入口。八日市場跡の先で右折する。
 

くさかべ通りの表示があって商店がポツポツと増えてくると小原西交差点である。
ここから右へ雁坂峠に向う秩父往還が延びており、先ほどの七日子神社の横を北上していく。
交差点周辺に古めいた建物もあり、かつての繁栄をかすかに感じさせる。
青梅街道は、左に折れて、南下している。商店や民家が混在するごく普通の風景が続く。
上神内川の道祖神。もちろん丸石が積んである。

 
山梨市駅の周辺は再開発が進められており、街道の痕跡を辿るのが難しいと思ったが、地蔵堂を見つけた。赤屋根の祠の中には三体の地蔵が鎮座している。
その裏手はすぐ笛吹川の堤である。かつてはこの付近から川を渡り、「地蔵渡し」と呼んだ。

400年以上前の天正年間に築いた雁行堤と、高々とした赤松の混じる万力林が向こう岸に見える。 

根津橋を渡って、すぐ左に下りる。中央線の笛吹川ガードをくぐると、堤上の道の右に並行する道がひっそりとした家並みのなかに延びている。道際の水路はたっぷりの清流だ。やがてブドウ、桃の果樹園になる。唐土神社の脇からまた桃畑の中を進むと、やがて民家の塀に南無阿弥陀仏と刻んだ自然石がある。塀に半ば隠れた石の左右の「右三峰山恵林寺ゑん山はきハらみち 左やハたみち」と彫った文字を苦労してなぞった。

火の見やぐらの下、正徳寺公民館を右折する。 

岩下新道踏切の直前を左折する。中央線と並行する細い裏道のような、すぐ途絶えそうな、しかし結構長く続く、柿畑、ブドウ畑の中の道だ。やがて舗装された道に出て、山梨市から春日居町に移る。但し、春日居町は明日(10月12日)石和町など6町村との合併で笛吹市となる。
桑戸踏切を越える。春日居町駅が少し先に見える。
柳橋で国道140号と合流する。この別田の三差路は国道と重なる秩父往還の支道の起点であり、灯籠や万霊塔などの石造物がある。 

ここからゴールの酒折まで、街道はほとんど国道と重なるが、鎮目ですこし国道をはずれたりもする。
春日居中学の前から山梨岡神社の参道が延びて、その先の端正な山の姿は大和・三輪山のそれとダブる。この神社の名が山梨郡、そして山梨県の名のおこりだという。

宮武外骨は「廃藩置県制史」の中でつぎのように言っている。・・・明治政府は、「忠勤藩と朝敵藩とを区別するため、忠勤藩即ち皇政復古に勲功のあった大藩地方の県名には藩名を付け、朝敵藩即ち錦の御旗に刃向かった大藩、および早く帰順を表せず、日和見の曖昧な態度であった大藩地方の県名には藩名を付けず、郡名又は山名川名等を県名とした」。
(飯田文弥編集「街道の日本史 甲斐と甲州道中」より)

甲斐は天領であった。 

石和町に入る。石和温泉郷の看板が立つところですこし街道をはずれるが、すぐ国道に戻る。国道と重なった街道は松本地区を貫いて西に延びる。陽が空を金色に染め始めた。甲府市桜井町、横根町に入ってもまっすぐに延びる。 
摩利支天で左に折れ、中央本線の第四青梅街道踏切を渡るとすぐに、甲州街道に突き当たる。

17時20分   酒折山崎三差路で甲州街道に合流。   48637歩  
 

新宿の繁華街を出発した青梅街道は、緩やかに時代を遡るかのように静かな奥多摩の山中に向い、大菩薩峠への長大な尾根や重川・笛吹川の扇状地に残る豊かな自然を満喫させてくれた。(了)
 

 トップへ戻る