平成16年10月1日(金)

湖底に沈んだ青梅街道は奥多摩町の庄の指(しょうのさす)に現れる。そこは奥多摩湖の最も奥で、小菅川が注ぎ込むところだ。

12時55分   青梅線奥多摩駅から一日数本しか走らない小管行きの西東京バスに乗って、庄の指停留所で降りる。かつて、ここには旅館と米屋の2軒があったが、そのうちの旅館が閉じて今は1軒だけが残る。
小菅川が左を流れる国道139号を進む。国道とはいえ車の流れはさほど無い。

 
ほぼ300メートル先で、東京都奥多摩町から山梨県小管村に入る。
10軒ほどから成る金風呂集落の真ん中から、街道は国道をはずれて右に上る。赤トンボが乱舞する。
上りきったところに大成集落、と言っても数軒の民家と神社と石仏があるだけで、ひっそりとしている。出会った郵便配達員は、このあたりに熊が出たと言う。怖いほど薄暗い山の陰を進む。人気がまったく無い。次第に道は下がる。やがて国道に戻ると余沢集落が広がる。

国道を横切って余沢橋を渡る。杉の木の下に、信玄時代、武州口に備えるために置かれた口留番所の跡を示す標識が立っている。 
白沢川を遡る。
白沢集落から右に折れ、細い流れの宮川に沿って舗装路を上がって行く。今日は秋晴れの好天気だが、今歩いている日陰の道は寒いほどだ。

国道に合流すると小管の湯。
井狩集落の先、木々の間から、山懐に抱かれ小菅川に沿って延びる田元、池の尻の各集落の家々が覗く。

田元集落を緩やかに下っていく道の途中に、大菩薩峠へ上る登山口があった。

14時55分   牛ノ寝方面登山口  15861歩 

池の尻の広瀬屋旅館で泊まる。
夕食は、主人が近くの山から採ってきたキノコが中心。コウタケ、クリタケ、マイタケ、ヌメリスギタケ、シイタケ。明日も朝早くからキノコ採りに出かけるそうだ。

 

 

平成16年10月2日(土)
 

7時25分           田元の牛ノ寝方面登山口を出発

植林された杉林の中の折れ曲がる急坂を上っていく。
この道は現在あまり利用されておらず、草が茂って道筋がわかりにくいのではないかと懸念していた。しかし道は整備されており、まったく心配ない。昨日、小管町役場に伺って問い合わせた際「2年前に整備したので大丈夫です」と住民係の人がいささかむきになって答えていたが、納得した。
オカトラノオの白い尻尾が草むらに揺れる。

 

7時55分          小管の湯からの山道が合流。

小鳥の鳴き声が不思議に聞こえず、二人の腰にぶらさげた熊除けの鈴の音だけがあたりに響く。
次第にコナラ、ミズキなどの広葉樹が増える。

オトコエシが細い茎の上に白い花房を一杯付けている。

 

8時30分          モロクボ平。

平坦な尾根が終わると、上りが続き、次第に足下に散らばる大小のドングリを見ながら上がって行くだけで精一杯になる。
大マテイ山の北側を巻くように陰鬱な道が上り下りを繰り返す。

道端の馬頭観音と刻まれた小さな石が、かつての旅人が此処を通ったことをかすかに、しかし間違いなく伝えている。
モミ、落葉松の植林。

 

9時35分          棚倉 

左右に視界が開けた日当たりの良い一画で一休み中の親子3人と熊談義。大菩薩峠への道で熊を見た人は多いとか。 
牛ノ寝通りに入って、緩い上り下りのある尾根の道を進む。
広葉樹の葉が新緑のようにまばゆい。
熊棚を見つけようと梢を見上げ、爪の跡はないかと幹に目を凝らす。
青紫色の花を連ねたソバナを見つける。

 

11時               榧ノ尾山

イチイの真っ赤な小さな実が道一杯に散らばっている。
キノコ採りをしている人とすれ違う。昨日の宿の御主人の話では、同好の人たちと結構バッティングし、先取りされて悔しい思いもするらしい。


 
11時55分       熊よけのために妻の首からぶらさげたラジオが興奮気味に叫ぶ。

「大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、現在行われているレンジャーズ戦でヒット2本を打ち、今期のヒット数を258本と伸ばし、シスラー選手の持つシーズン最多安打記録を84年ぶりに抜いて新記録を達成しました。」

拍手。一打一打を積み重ねた大記録だ。
きつい上りが続く。我々も一歩一歩と重ねる。


12時45分       天狗棚山

                      南に視界が広がる。
大菩薩湖が銀色の湖面を見せている。霞が掛かったように遠くの山々の山容は定かでない。



12時55分       石丸峠

                       休憩している男女数人は、これからマウンテンバイクで松姫峠を経由して奥多摩に向うのだという。
こちらはもう少しだが、まだ上りが待っている・・・。



13時20分       熊沢山    

疲れた身体にフデリンドウのエメラルドグリーンは鮮やか過ぎる。
とうとう、へばる。岩場の下りが続く。
オオヤマボクチが暗赤色の籠の様な花をぶら下げている。

 

13時35分       大菩薩峠

                      グループで上ってきた中年の男女がひしめいている。火照った身体を冷そうと介山荘で氷イチゴを注文。

「時に机竜之介が巡礼を斬ったのは何処ですか」
「誰か知っている者はありませんか」
「それは無論此処でしょう熊沢ではありますまい」
「猿が大木から上下して、いたずらをしたようにかいてありましたな」
「さよう」
(中里介山作「山道」より)

                      昔の峠は、今の大菩薩峠より北に通じていた。賽の河原と呼ばれているところらしい。                          
                         


14時20分       介山荘を出発、道幅の広い道を下る。

福ちゃん荘。笹原の中を下る。
ロッジ長兵衛。熊出没注意の看板から車道を逸れて山道を進む。

窪んだ溝を辿り、転がる石を跨いで、どんどん高度を下げる。

道端に白い小花をつけたシロヨメナ。
雲峰寺。
                           



16時45分        裂石に到着    38612歩


トップへ戻る