平成16年9月13日(月)

御嶽・玉川屋の前の民家の土手に元禄期の道標がある。
「従是 みきりハ日原山みち ひたりハみたけ山みち」

8時   慈恩寺坂とも呼ばれる、この日原山みちを進む。左下は青梅線御嶽駅だ。
線路沿いに進み、川合玉堂画伯の住まいだった長屋門のある家の手前の跨線橋を渡り、下って現青梅街道に出る。すぐに街道と平行する細い道を上がる。隣近所に住んでいる人の息遣いが聞こえるような建て込んだ民家の間に街道が延びる。 

現青梅街道に合流する。
左手の杉の木立の先に多摩川の流れが見える。地図で見ると、今日歩く予定の街道は、多摩川の対岸が迫る峡谷の左岸を遡るかたちで延びている。

道端に三体の石仏がある。道をはさんで立場茶屋があったというが、前にある赤い屋根の家なのか、その先の家なのか、周りに尋ねる人がいない。時折車が疾走していく。 

御岳美術館降り口から現街道をはずれて多摩川の岸辺の方向に下るが、やがて現れるせせらぎの里美術館の敷地に街道は消えている。
の途中でこれまでの青梅市から奥多摩町に移る。

横を並行する現街道に合流して、尾崎の坂を進む。このあたりに平将門の従者である尾崎十郎なる人物が居を構えていたという説がある。

美術館の敷地に入った街道はその後右手斜面に上っていたらしいが、それらしき痕跡は見当たらない。そのまま現街道を進むと、やがて消えた街道が右手の青梅線の小さな船沢ガードに出てくる。
ここから街道をすこし遡ってみようとガードをくぐると、すぐに神塚(かづか)の五輪塔が見つかった。室町期の古いものらしい。彼岸花がよく似合う。その先は青梅線の線路に沿い、すぐに線路を越えて右手に見える神塚神社の方向に延び、先ほどのせせらぎの里美術館につながっていたらしい。 

現街道から左手の川井キャンプ場に下る。多摩川に合流する大丹波川にぶつかるが、ここに往時の橋は無く、すこし上流に架かる大正橋を渡る。左手直角にダイナミックな斜張橋の奥多摩大橋が多摩川を跨いで吉野の方向にいざなっている。

川井橋の手前を現街道に分かれて右に入る。細い道が青梅線の川井沢ガードの下を折れ曲がって上っていく。
薄暗い林を抜けると川井村の集落が現れる。

「川井村」
村内平地すくなく片下がりにて南はひくく北は高し、・・・民家五十六軒、農業の間に炭を焼き材木をきり出し、或は多磨川にて夏の間は鮎をとり、是等をもて生業の資をなす、・・・甲州への街道多磨川に添て東西に達す、
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十六」より)

風土記稿では多摩川を多磨川と記している。炭を焼き材木をきり出した人々の子孫は、都会に出て働いているのであろう。名主だった家に住む人はいない。八雲神社に、石段を跨いだ楼門を兼ねた珍しい舞台がある。
道が下って現街道にまた合流する。

「小丹波村」
村内はすべて谷間多く平地少し、・・・
甲斐国都留郡への街道村の中程をつらぬく故に、宿駅をなして旅人をとどめて生業を資くる家もあり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十八」より)

その旅人をとどめたのが、古里の交差点ちかくにあった旅籠の長屋、伊賀屋。吉野街道が分かれるところでもあり、車の行き来が多く、早々に先へ進む。

「多磨川」
水底石多し、川幅十五間許、深さは三尺より四尺許に至る、年ごとに鮎の魚をとりて公に奉ること当村を以て限とし、此より川上は其役なし、筏木を川上の村々より伐出すことも、此所までは素流しといひて、一二本流し出し、当所にて筏に編立をくりだすと云、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十八」より)

多摩川は筏を流して江戸に木材を供給した筏道でもあるが、上流から流された木材は、流れの緩やかなこのあたりで大いに筏が組まれたという。

 
消防団第一分団から現街道に分かれて左に入る。太子像、石燈籠。
旅人が喉を潤した名水の釜の水が見つからない。清見橋の手前から左手下を見ると、山葵田の跡らしきところに清らかな水が湧いている。この湧水が名水となんらかの関係があるのだろう。低いが水量豊かな不動滝。
寸庭集落への橋を左下にみて坂を上って現街道に合流する。
ここで消えた街道は花立橋の直前右手、生い茂る草に半ば隠れた道を上がったところに現れる。 

杉の木立のなかの幅2メートルに満たない爪先上がりの道を上がる。
民家が現れると、そこは棚沢集落の東端で、将門神社の下を大きく巻いて進む。
ずいぶん高いところまで上っているらしい。道が崖っぷちに延びて、左真下に多摩川がきらめき、対岸に坂下集落、その集落を抱くように低い山々が連なっているのが眺められる。
林の中に旧街道の面影が残る道が続く。えぼ地蔵、馬頭観音。立場茶屋「はなや」だった建物の二階の戸袋に放れ駒の漆喰細工が残る。馬の水呑場。

「棚沢村」
山林七分陸田は僅に三分に及べリ、土民各おのが構への前に石垣をたたみて田盧を結ひ、農業のいとまには材木を伐り出し、或は炭をやき或は漁撈し生業の資をなす、村の中程を東西に貫ける街道は、甲斐国へ往還の道なり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十八」より)

村の中ほどにあった高札場は小さな石仏や庚申塔があるあたりらしい。 

青梅線鳩の巣西踏切から現街道に戻り、鳩の巣トンネルと花折戸トンネルに入らず、その左側に残った道を進む。現街道から別れて白丸駅への方向に坂を上る。

滝の沢、くさぎ沢を渡って、JR線路の踏切を通り白丸本村小字丸之内に入る。青梅街道はさらに登り坂約50メートル程が続き、右 根岩(ねえや)越方面と左 数馬方面との分岐点に至る。
(東京都教育委員会発行「歴史の道調査報告書 青梅街道」より)

数馬の切り通しが開かれるまで隣の氷川村へは、根岩越えが主要道だったらしい。しかしこの山越えの道は・・・登るにも下るにも容易でない、特に屏風付近は難所で、これをよけて、大きく迂回した小径も足場が悪く両手の力を借りなければ通れない(「奥多摩町誌」による)・・・難行苦行の道だという。 

数馬方向に進む。
道端のあちこちに水引が小さな赤い花をつけている。立場茶屋「めしや」があったところに渓山窯。
薄暗い林の中の道の先に、数馬の切り通しがあった。岩盤を見事に断ち割ってある。奥多摩町誌は、元禄年間に奥氷川神社にいた神官の数馬藤原永義という人が切り開いたとの説を紹介している。

ところが、この切り通しの先で崖っぷちの道が突然なくなる。高い崖の上では飛び下りることも出来ない。街道は、現在ある氷川トンネルの上の氷川の七曲りと言われる難所に続いていたはずだが、どうなったのだろう。


現街道を歩く。
五差路の右方向は奥多摩駅。
左手に三本杉が亭々と天を衝く奥氷川神社。

「氷川村」
村社あり、これ旧き社にて村名もこれより起りしといへり・・・この地は日原・小河内・青梅の三方へ往来せる巷なれば、日原及近きあたりの山中より日々ここへ炭を負ひ来れり、又青梅辺よりも日毎に馬を引来りこの地の炭・白箸木履・其外山中よりつくり出せるさまざまの品を買とりてあきなふ、彼是交易の所なり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十七」より)

氷川大橋を渡ると、右に日原道が分かれる。このあたりに高札場があり、南氷川商店街は氷川宿の名残らしい。 

この商店街のはずれに近い花福生花店を右に入るところから「奥多摩むかしみち」が始まる。奥多摩湖までの約10キロの整備されたハイキングコースだが、これがかつての青梅街道だという。奥多摩ビジターセンターが作成したコース案内を見ながらのんびりと歩く。

ゴーゴーと音をたてて流れる多摩川に落ちこむ急峻な渓谷に沿って延びている。
時折ある道沿いの家々は片足立ちのような危なっかしいバランスで建っている。

西多摩の崖添いの家―――出鱈目な傾斜の崖に、いくらかの整理が加えられ、家の脚となる丸太が素人技師の見当付けによって、そこここに立てられ、住居の床を作り得る土台をそれらの上に架し得たことで安心と喜びとが展開され、それからそれと幾段にもなった家が見事なタッチで崖と一体になって形成されてしまう。
(今 和次郎著「日本の民家」より)
 

気楽に、気持ちよく歩いてきた「むかしみち」は、そんなに楽ばかりさせませんよと言わんばかりに、最後に中山集落への胸突き八丁を用意していた。残った力を振り絞り、息も絶えだえに上っていくと、突然西日のなかに真っ黒な巨大な小河内ダムが現れた。

16時15分    奥多摩湖  水と緑のふれあい館     43368歩

 

我が家は何処へ   東尋常小学校1年  原島諒作
   今にここが湖になります。そうすると水がたまってきます。山の上まで水が一杯になります。どこのうちでも皆埋まってしまうから、うちを壊してトラックに積んで下のほうへ引っ越すのです。僕のうちでは何処へいくのでしょう。僕のうちではお父さんがいないからお母さんが、みんなを連れてくれるでしょう。僕のお父さんは支那へ戦争に行っています。
(小河内村役場編集「小河内村報告書」に掲載された児童の作文。昭和13年秋に書かれたもので原文はカタカナです。)

青梅街道のここから先の約15キロは湖底にある・・・・・。


トップへ戻る