平成16年7月3日(土)

7時10分 多摩モノレール 桜街道駅前をスタート。

1877年(明治10年)4月17日
小川から1時間45分で残堀に着く。道は幅の広い平地を過ぎていくのだが、桑に囲まれた畑以外に何も見えないところもときどきあった。あちこちでアブラナが群生し、芳香を漂わせていた。その後森を抜けて巨大な山桜の並木を通過する。
(アーネストサトウ著 庄田元男訳「日本旅行日記」より)

山桜があった道の両側にマンションがあり、商店があり、民家がある。 

いま歩いているのは東大和市、隣接するのが武蔵村山市、東村山市と紛らわしい地名だ。市制施行の時点で山形県の村山市、神奈川県の大和市がすでにあり、武蔵国の・・、東京の・・ということでこんな市名にしたらしいが、もう少し知恵を出してもよかったのではないか。 

桜街道は、武蔵村山市に入ると江戸街道に名を変える。一直線の道であることに変わりはない。
村山団地を抜ける。茶畑が現れる。国立療養所の建物が見える。平成13年に閉鎖された日産自動車工場跡にぶつかるので、榎交差点からこの跡地を迂回して、上砂橋からまた江戸街道に戻る。残堀の集落に入ると農村らしく緑が多い。車の行き来が激しくなってきた。 

地図を見ると前方に米軍横田基地がある。それを避けるように経塚向公園の東で街道は北に向きを変えたというが、グリーンタウンと名付けた住宅地が出来ており、正確に辿れない。曲がり角に立てられていた馬頭観音が、グリーンタウン内の立川バス武蔵村山高校南停留所近くに移されているのを見つける。側面に刻まれた「右青梅道」「左羽村道」が読める。

グリーンタウンの西側から街道らしき道を西北に進むと、瑞穂町に入り、ベビーザらスの駐車場裏に「一本榎の庚申塔」がある。文字通り庚申塔が一本の榎の根元に立っている。 
新青梅街道を瑞穂石畑交差点で斜めに渡る。次の小さな四つ角に二本の榎があって人々が一休みしたようで、二本榎跡と書かれた小さな白い木杭だけが民家の脇にひっそりと立っている。
家々の軒に祭り提灯が掲げられている。箱根ヶ崎の八雲神社の夏祭りだという。 

箱根ヶ崎宿は日光街道と青梅街道が交わる交通の要衝で、寛文8年(1668)には石灰を継ぎ立てるのに必要な馬が81頭おり、天保12年(1841)には9軒の宿屋があった。
日光街道は八王子の千人同心が日光勤番のために往来したもの。日光勤番は、八王子を出て拝島、箱根ケ崎、二本木、扇町屋、坂戸、松山、行田、館林を経て、佐野からは例幣使街道に入って日光まで40里、3泊4日の行程だったそうだ。

日光街道にぶつかり、右折する。このあたりは中宿。現青梅街道に合流して左折する。円福寺の周辺は横宿。宿場町らしい面影は今どこにもなく、この地名だけに残っている。ただ交通の要衝であることは今も同じで、国道16号を始め何本もの幹線道路が集まり、車が引きも切らず、沿道の商店も遠慮気味だ。 

八高線青梅街道踏切を越えると宗安塚と呼ぶ三叉路で、右にかつての成木街道、現在の岩蔵街道が分かれる。
道幅の広い現青梅街道は瑞穂松原で新青梅街道を吸収し、国道16号を跨ぎ、長谷部、師岡の新田を真っ直ぐに貫いている。

三菱自動車の販売店を過ぎたところに伝馬道の標識がある。成木の石灰を運ぶのに使われた右手斜めから合流する道だが、今はひっそりとしている。 
青梅市に入る。沿道にはホンダ、ニッサン、スバル、スズキと車の販売店が続く。
正午を過ぎて陽射しが一層強くなってきた。6本の道が交わっていた六道の辻が分からない。青梅新町に入る。ホームセンターヤサカ、トヨタ、安楽亭、DORAMA、笑笑、くら寿司、吉野家、SEGAAMUSEMENT。

青梅新町の開発に着手し、また名主だった吉野家の母屋が街道からひとまわり奥に引っ込んで残っている。茅葺入母屋の威風堂々とした屋敷だ。
街道に沿った家々の前に井戸跡の表示がたくさんあるのは、開拓に当たって井戸を掘るのに難儀したことを後世に伝えているのだろうか。 

野上交差点のあたりから、街道は右に曲がって、「大曲り」と呼ばれていたそうだが、区画整理等で消えている。なんとなく街道があったらしいところを進み、いなげやの駐車場の間のくねくねと曲がる道に街道を見つけて、ケヤキが木陰をつくる道間公園の横から青梅市民センターの前に出る。東青梅五丁目北交差点横の左斜めに入る道を進むと、自然石の道標があるところは飯能との「追分」。六万薬師通りの名のもとになったお堂がある。
高いマンションが現れるとJR青梅線東青梅の駅前で、車の行き来が多い道に出る。旧青梅街道の標識がある。成木街道入口、勝沼第一踏切。 

「青梅村」
東西十五町余り、南北五町程、村の中央東西への往還一條東西へ貫き、民戸四百二十軒余、大抵ひさしを並べ左右に連綿し又は他所にも散住せり、街道にあらざれども甲州へ往返の旅人多くここに路をとれり、故に甲州裏道と云、本道よりは二里ほど近き故なり、されど官事をおひし旅人は必ずこの塗によらずと云、・・・
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十九」より)

青梅宿は住江町、本町、仲町、上町、森下の各町が細長く延びている。右手は低い山が迫っており、寺や神社はことごとくその小山の中にあるようで、左手は多摩川に向って急斜面で下っている。

住江町にはすっかり青梅の風景になった懐かしい映画の看板がいくつも掲げられている。
そのひとつに大菩薩峠第二部というのがあった。

甲源一刀流音無しの構え 兪々冴ゆ
出演 片岡知恵蔵 中村錦之助 小暮実千代 東千代之介 長谷川裕見子

古い佇まいの商店がいくつか残るが、仲買商だった稲葉屋を見学。
森下陣屋跡の熊野神社で道は鍵の手に曲がって、裏宿の町並みとなる。馬方と傘屋ばかりだったというが、普通の民家が続いているだけだ。義賊の名に因んだ七兵衛公園に石造物が並ぶ。 

裏宿と日向和田の境界で街道は国道を離れて神明橋通りへ下りていく。民家の脇を廻り込んで土塁に沿って真っ直ぐに下る。ざーざーと多摩川の流れる音が聞こえてくる。道が川に近づくときらきら光る水面と鮎釣りをしている人の姿が見える。民家があり、散歩をしている人が古い道は左だよと、なおも川沿いの道を教えてくれる。しかしその道も車が駐めてある家の前で尽きるのかと思案していると、新聞配達の兄ちゃんが、家の前をそのまま進むと古い道が残っているよと教えてくれた。半信半疑で進むと、竹と杉の林のなかに道が続いている。扉を開けたら別世界があった感じだ。
この林を抜け出て現青梅街道とぶつかるところが、多分、高札が立っていた「茶堂」と呼ばれるところだろう。現街道をまたぎ、その右手に並行する山麓の旧街道らしい道を進む。 

日向和田駅からは現街道を進む。左手を流れる多摩川に神代橋が架かっている。橋から川を見ると水面は怖いほど下にある。

江戸時代の神代万年橋はさらに120メートルほど上流のところで、現在セントフローリアン教会のある敷地から川岸へ下りた所にあった。この橋の手前のところ(現ドライブイン「へそまん本舗」)に万年屋という茶店があり、・・・地元の古老の話では、この店は昭和7年ごろまではあり、宿泊する者もあったという。
(東京都教育委員会発行「歴史の道調査報告書 青梅街道」より)

 
横吹坂とも長八坂とも呼ぶ緩やかな坂を上る。上りきったところから旧道は青梅線を越えて右手の山の中に入っていくらしいが、樹木が黒々と覆う山を見て敬遠し、そのまま現街道を進む。 

永盛橋の手前で右に入ると、角に地蔵が立っている「おんまわし」と呼ばれた道で左手に曲がっていく。青梅線の滝沢ガードをくぐる。海禅寺通りの表示があるのは、その名の寺に通じているのだろう。まっすぐな道の両側に民家やアパートがある。七夕の笹が揺れている。現街道から少し入ったところに、こんな静かな集落が、まるで桃源郷のようにあったことに少々感激した。しかしもちろん俗世間と無縁ではない。その証拠に参院の東京選挙区のポスターが道端に掲示されている。 

鍵の手に地蔵が祀られている。曲手踏切を渡って現街道に戻る。二俣尾駅の南を過ぎ、二俣尾橋の手前を右にぐるっと廻ってまた街道に戻り、こんどは街道に並行する坂を上る。上ったところで本来の旧道は青梅線の踏切を渡って民家の庭に入って行くらしい。そこで踏切の手前を左に進んで、やがて西木戸踏切を渡る。すると杉林の中の急な下り坂になり、平溝川に架かる奥沢橋に着く。この橋のたもとに、昭和初期まで2軒の宿があったという。沢の音に混じって、カナカナの声が聞こえて、陽が西に傾いていることを知らせている。

「二俣尾村」
・・・村内奥澤橋と云を東の方より渡れば街道あり、その道左右にわかる、左は甲州大菩薩峠へ通ふ道にて、東西に通ず、右は小曽木村成木村を経て秩父郡へゆく道なり、ゆへに二俣尾の唱おこれりと、・・・
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二十八」より)

左へ折れて、青梅線の高い鉄橋を見上げながら下る。
かつての軍畑の渡し場で、軍畑大橋が架かっているところで、現街道に一旦でるが、またすぐに青渭通りと名づけられた坂を上る。上ったところにあるはずの黒地蔵がわからず、キョロキョロしているうちに右手上の青梅線の線路際に薬師堂を見つけた。家の間を下って現街道に戻る。旧沢井村の名主・福島家の茅葺屋根の屋敷がある。

澤乃井醸造元を過ぎまた細い道に入り、現街道に寄り添って進み、やがて下って現街道に戻る。下り始めるところにあるという大きな岩が、蔦に覆われていてなかなか見つからなかった。 
また現街道から右手前方に坂を上っていく。
画家の川合玉堂がよく来ていたという玉川屋という蕎麦屋がある。暖簾を下ろしていたが無理を言って上がり込む。

18時20分  御嶽・玉川屋   58198歩  

下を流れる多摩川の川風に火照った身体を当てながらビールで乾杯。 ここから青梅線御嶽駅までは数分である。


トップへ戻る