青梅街道

内藤新宿から南武蔵野を横断し、青梅宿を経て大菩薩峠を越え、甲府・酒折に達する街道である。
慶長11年(1606)、江戸城の増改築で使用する漆喰壁の材料となる石灰を、産出する青梅の上成木村、北小曽木村から運ぶため武蔵野台地を切り開いたのが、街道の始まりと伝えられている。

 

平成16年6月29日(火)

青梅街道は、甲州街道と分岐する内藤新宿追分から始まる。新宿三丁目の新宿通りと明治通りが交差するところで、かつての面影は伊勢丹前の追分バス停、追分交番や追分だんごの名前だけに残っている。

6時5分   夜間行なわれていた地下鉄13号線工事の路上の後片付けがあわただしく終わり、車と人が動き始めた交差点から、新宿駅方向に歩き始める。新宿のメインロードとはいえ、朝早いので雑踏はまだ無い。
もちろんインドカリーの中村屋も閉まっている。店主の相馬夫妻が彫刻家の萩原守衛を支援したことで有名だが、林芙美子の放浪記の出版祝いもここで行なわれたという。


歌舞伎町で夜が明けるのを待っていた人の群れが東口広場の地下への入口に吸い込まれる。この広場の片隅に明治期に英国から贈られた馬水槽がある。馬・犬・人間が別々に水を飲めるようになっている動物愛護の設備だ。
まっすぐ進んでJRの線路にぶつかる、入口に さくらやすぐ の表示がある幅3メートルほどの角筈ガードが、かつての街道の跡だそうだ。西口一帯は江戸期の角筈村で、文政年間(1820年ごろ)の村の家数は108軒。 

思い出横丁を過ぎ、西口広場を左に見て、すぐ先の新都心歩道橋に上る。大ガードをくぐってきた靖国通りと交差するところが現青梅街道の起点だ。旧街道は現青梅街道と殆ど重なっており、従って今回は排気ガスを大いに吸いながらのウォーキングである。
常円寺には辰野金吾・隆親子が眠っている。ともにその墓に東京大学名誉教授と刻んでいる・・・。
辰野金吾は東京駅を設計した。

この駅のモデルになったのはアムステルダム駅という話が世間に伝わっている。・・・そういう伝えは設計を担当した辰野金吾の設計事務所にも建築界にもまったく伝わっていない。この伝えにダマされて、日本の建築関係者は、オランダに行くたびアムスに寄るが、みんな首をかしげて帰ってくる。
(藤森照信著「建築探偵の冒険 東京篇」より)


左に高層ビル群。新宿警察署。 
緩やかに下る成子坂。地名の由来は、いつのころか客が門に付けた鳴子を引いて来たことを知らせる鳴子酒屋と呼ばれるお店があったことによるらしい。東京医大病院の前のジョナサンで朝食。
坂の途中、鳥居から延びる参道の奥に成子天神が祀られている。境内に、江戸期このあたりの畑で鳴子ウリと呼ばれた真桑瓜が盛んに栽培されていたことを記した案内板が立っている。 

成子坂下。神田川に架かる淀橋が新宿区と中野区との境。中野坂を上る。坂上の山手通りと交差するあたりにもいくつか高層ビルが出来ている。中野坂上から西に中野宿があった。中野宿も次の田無宿も、石灰を江戸に運ぶために設置された伝馬宿だ。 

宿内は上宿・中宿・下宿に分けられ、中宿には街道に面して名主・堀江家があった。街道の北側にある中央二丁目の宝仙寺は、かつての中宿と下宿の境にあたっていた。中央三丁目はかつての上宿で、街道の北側には慈眼寺がある。
(東京都教育委員会発行「歴史の道調査報告書 青梅街道」より)

慈眼寺の境内には街道筋に置かれていた石造物が集められており、そのひとつに「右いくさ道」「左あふめ道」と刻まれている馬頭観音がある。
商店が続く通りの少し先の丸之内線・新中野駅上のパチンコ店の前から、石神井道が右に分かれており、この観音はもともとその追分に立っていた。その細い道を井草道ともいったのだろう、また少し前までは商店が軒を並べていたのか、追分商店街と呼ぶ。
 

追分の手前、左に鍋屋横丁が延び、右は新井薬師を通って板橋への道がくねっている。
車と通勤・通学の人が増えてきた。中野通りをまたぐ。かつては旅人の目印だったイチョウの巨木がある北野神社西町天神。そして神社の先は杉並区だ。 

樹木が豊かな蚕糸の森公園。公園の前の高円寺交番の脇を入る細い道は練馬街道。公園の西端に立つ二基の大きな青銅製灯籠は、その先にかつて参詣者で大変賑わった妙法寺があることを示している。環七を越える。取り巻く空気は湿り気を帯び、通り過ぎる人々にけだるさがまつわっているが、並木のイチョウだけは葉の青みを増している。

五日市街道が左に分かれていく。杉並区役所前には一里塚ないし、地元の人が半里(はんみち)塚といった名残りのサイカチの木が昭和初期まであったという。天沼陸橋の手前で旧道は現青梅街道と分かれて左に入る。藤澤ビルの後ろに立派な長屋門が残り、明治天皇が屋敷で休まれたことを記した碑がある。 

荻窪地下道で中央線をくぐる。地図を見ると街道は新宿から青梅まで終始西北西の方向に延びており、したがって真西に延びているJR中央線を右下から左上へ斜めに横切る。右手に天沼八幡通りへ通じる道がある。

戦争前、荻窪の八幡通りは美人横丁といふ名前だと聞かされていた・・・。
戦前、天沼八幡様の裏手あたりは軍人の住宅が集落のやうに集まってゐた。軍人は器量好みで面食ひと言われ、美人の細君や娘さんが、八幡様前のこの通りを駅の方に向って歩いて行った。お昼すぎになると、三越や帝劇に行く美女が化粧して通って行く。美人横丁といふ名前が似合ってゐた。
(井伏鱒二作「荻窪風土記」より)

荻窪駅前に出て、現青梅街道と再会。教会通りと称する路地のように狭い道に少し寄り道。かつて近くに徳川夢声や太宰治、井伏鱒二が住み、勿論彼らも散策したであろう道の両側には、洒落た店、レトロな店が混在し、興味深く歩いているうちに天沼教会まで来てしまった。 
環八と交差する四面道の地名の由来については諸説あるが、地元の古老のひとりが次のように話している。

本当は四面燈だったのです。あの交差点は天沼・下井草・上荻窪、下荻窪四カ村の接点で、5、6年前まで、南角の上荻窪村分にあった秋葉神社の常夜燈が、現在の交差点の中心辺にあって、四カ村を照らしていたので四面燈とよばれ、それが地名になり、いまでも地元の年寄りは「しめんとう」とよんでいます。バス会社が停留所を設けた時に、よび易いように四面道としたため、本来の名が失われたのです。
(森泰樹著「杉並歴史探訪」に於ける志村政吉さんの話)
 

ここから西は八丁通りと呼ばれ、中野宿と田無宿の「間の宿」として栄え、大正12年の関東大震災までは、荻窪駅前より商店の数も多く賑やかだった。駅前よりいささか寂しいが今も八丁通り商店会として健在だ。イチョウ並木が続く。

荻窪八幡神社の本殿前に、太田道灌が植えたという槙の木が飄然と立っている。狛犬も延宝6年(1679)に奉納されたという古いもの。
井草八幡宮は井草村の鎮守にしては、老松古杉のうっそうとした社叢で社殿も秀麗だ。
善福寺の先は練馬区で、並木が背の高いケヤキになった。
千川上水跡。小さな石で叩くとかんかんと鳴る関のかんかん地蔵。
ケヤキの作る日影が心地よく続く。 

いつのまにか街路樹がケヤキからイチョウ、トウカエデに変わっている。西東京市に移る。東伏見の広い道の両側に昼休み中の大型トラックが並ぶ。中野を過ぎると殆ど起伏のない状態が続いていたがこのあたりは緩やかに下る。

西武新宿線のガードをくぐる。
右から延びてきた富士街道と交差するところに、小さな弘法大師碑があり道標も兼ねていたらしいが、碑を覆った祠が邪魔で刻まれた字は読めない。

田無宿への入口の田丸屋の前にあった庚申塔が少し離れた柳澤集会所にあった。高さ4メートルほどの大きなもので、「是より左ハあふめミち」「是より右ハはんのふ道」と刻まれている。
田無神社、総持寺と続き、田無宿の家並みが延びている。旧田無村の名主だった下田家が街道から少し左に入ったところにあり、飢饉に備えた稗倉もある。

府中道が分かれる。さらに、橋場の三叉路では右斜めに東京街道が分かれる。この道こそ小平市・萩山を通って箱根ケ崎に至る当初の青梅街道の道筋で、その後小平市・小川に伝馬宿が出来てからは直進して小川、残堀を経て箱根ケ崎に至る、いま我々が歩く道が主に使われるようになったという。 

畑が現れ、屋敷林のケヤキが増え出すと小平市。ケヤキの葉が風に揺れてサワサワと音を立てる。

享保七年(1722)、江戸幕府は財政再建の目的をもって、大規模な武蔵野新田開発に着手した。青梅街道や五日市街道は開発のための道路ともなり、道の両側には短冊状の地割が施され、道に面した住居の裏に耕地ができ、屋敷ごとの防風林やケヤキ並木も作られた。こうした独特の景観をもつ新田村が次々に出現していった。
(吉川弘文館発行「街道の日本史 多摩と甲州道中」より)
 

小金井街道を越える。青梅街道バス停。野中新田を開発した僧侶が母村から移して村の鎮守にした武蔵野神社。西武新宿線を越える。小平ふるさと村に旧小川村、小川新田の開拓に中心的役割を果たした名主の小川家の住宅玄関棟が移されている。

延命寺も小川新田に移住した農民たちが母村から引寺したといわれる。熊野宮。仲町を中心に旧小川新田村があった。真っ直ぐに真っ直ぐに道が延びる。平安院。西武多摩湖線の青梅街道駅。門前で野菜直売をしている農家が多い。武蔵野線新小平駅。 

田無宿と次の箱根ケ崎宿の間の距離は18キロ、途中は東西に細い道が延びる無人の荒野だった。2俵、約100キロの石灰を馬で運ぶのだが、真夏、真冬には行き倒れてしまう馬が少なからずいたという。そのため明暦2年(1656)中間地点に継ぎ立ての機能を持つ村が小川九郎兵衛によって開かれた。これが小川村で、小川2丁目の道幅が広いのは当時の伝馬場の跡だそうだ。 

1881年(明治14年)7月14日
昨日の大雨のために道路は大変ぬかるみ、車を降りて歩かなければならないほどひどい箇所がいくつもあった。小川は道路に沿って長く伸びた、農家がまばらに散らばる村落で、かなりの広さの豊かな畠と竹林に囲まれていた。宿が三軒あって、小川屋旅館はまずまずだが他の二つは低級のようだ。
(アーネストサトウ著 庄田元男訳「日本旅行日記」より)

 
先般歩いた鎌倉街道上道をまたいで、西武国分寺線を越える。府中街道が南下している。
小平神明宮の鳥居の脇のケヤキの根元に「是より東江戸道 北山口道」の道標。小川寺。このあたりは枝を思い切り空に伸ばしている背の高いケヤキが多い。小平上宿の小川三叉路を直進。西陽を真正面から受けて歩き続ける。

野火止用水に架かっていた青梅橋は橋柱ひとつが残っているだけだ。その傍に道標を兼ねた庚申塔が立っているが、前の西武・東大和市駅から吐き出される人々はそ知らぬ顔で通り過ぎる。 
東大和市駅前をグルリと廻って桜街道と名付けられた車の行き来が激しい街道を進む。

東大和市が青梅街道を「桜街道」と称した根拠は、瘡守神社付近から西の残堀集落にかけての約6キロの沿道に、かつては桜が植えられていたことに基づいている。・・・江戸時代の状況については不明であるが、明治末期頃にはまだ桜の木も旺盛で、町内運動会が行なわれていたこともあり、また大正時代末期にもまだ、大きな桜の木の下で花見ができたようである。
(「歴史の道調査報告書 青梅街道」より)

中小企業大学校、ダイエー、イトーヨーカドー、森永乳業、カシオ電機が並ぶ。

18時5分  多摩モノレール 桜街道駅   55914歩


トップへ戻る