御鮨街道

「岐阜街道・・・??  岐阜から加納、笠松、一宮を経て美濃路につながる街道は、岐阜街道ではなく御鮨街道と呼ばれています。」と電話口で答えた梁田氏(岐阜市教育委員会)は、ファックスで街道の地図まで送ってくれた。

江戸期の初め元和元年(1615)から美濃国代官が、その後元和8年(1622)から明治初年までは尾張藩が、毎年5月から8月まで、毎月6回、長良川の鵜飼漁により獲れた鮎で作った鮎鮨を江戸幕府に献上した。その際の御鮨の運搬に使われた街道で、美濃路から東海道を利用して5日ほどで江戸に着いたという。 

 
平成14年10月13日(日)

御鮨所跡(岐阜市益屋町)
鮎鮨は、鮎を5月は2晩、6月〜8月は3晩にわたって塩漬けし、そのあと水洗いで塩出しして腹にご飯を詰めて作った。
この鮎鮨をつくる御鮨所が、益屋町の十六銀行駐車場、つり勝、株式会社クボタの辺りにあった。駐車場に案内板があったはずと地元の人に教えられて探すが見つからない。

ようやく夜が明けた6時スタート。昨日の九里半街道に引き続き、妻と娘の3人旅だ。
ところどころに重厚な商家が残る。左上、金華山の頂上に小さく岐阜城が見える。国道256号に出て、すぐ本町2丁目のコスモ石油のスタンド脇に入る。南向き一方通行の道がまっすぐ延びている。靱屋町、米屋町、岐阜町本陣跡、白木町、常盤町と1ブロック毎に町名が変わる。結納のさし源本店の前に「御鮨街道」の標柱が立っている。
笹土井町、小熊町、金屋町、美園町。

本町2丁目で二又になり、左に進む。名鉄各務原線を越え、すぐのダイアパレスの右に入り、大塚屋駐車場に沿って左折する。吉野町を右折し、小塩はり灸療院を左折する。

 
中山道加納宿岐阜市加納)

東海道本線の高架をくぐると、加納北広江町である。中広江町に来ると、中山道を歩いたときに寄り道をした和傘の坂井田永吉本店と和傘を干す一画が道の右にある。名鉄本線の踏切を越えると道標が立っている、「右 き婦道 左 中山道」。
左折して、しばらく中山道を歩く。専福寺、善徳寺、カフェレストランちかっぷ、立花屋薬局、加納大橋、だんごや。

茶所薬局で中山道と分かれて右に入る。
薬局横に鏡岩の碑と「ぶたれ坊と茶所」の説明板がある。

江戸期の相撲取りである鏡岩は、土俵外の行いの悪さを改心してぶたれる為に等身大の自分の木像を置き、また茶店を設けて旅人に茶を振舞った。現在、木像は加納宿の妙泉寺に置かれている。

町工場、民家の混在する中をまっすぐな6メートル幅の道が南に延びている。左手を名鉄本線が走っている。
順勝寺から道はゆったりと右に曲がる。左を境川が流れる。細い川であるが、美濃と尾張の境を流れているらしい。今、向こう岸は岐阜県羽島郡岐南町だ。川べりの蔵のある旧家は舟問屋だったのだろう。

街道は国道21号でぶった切られる。左に回ってくぐって、国道の向こうにある街道に戻る。道の左右が低い。
岐阜市のはずれだが、振り返ると真後ろに金華山とその上の城がよく見える。今日もよい天気だ。パチンコDOKANで県道14号と合流する。
やがて小橋を渡って県道と分かれて左折すると、静かな旧道となる。

 
笠松宿(岐阜県羽島郡笠松町)

名鉄本線の踏切を越える。問屋を勤めた高嶋家がある。
問屋は鮎鮨の継ぎ送りに支障をきたさないように設置され、加納宿の問屋から送り受けた鮎鮨を一宮の問屋に送り届けた。家の前に「鮎街道」と書いた石標が立っている。


天保13年(1842)の鮎鮨献上の様子は次のとおり。
桶に鮎大10尾、小20尾の鮨を詰め、4桶を1荷とし、1回に3荷を献上した。1荷を2人で吊り、交代要員を含め12人が運び、先触れを合わせると15人を要した。

現在高嶋家は味噌醤油を製造販売しているようだが、定休日ではっきりとしたことは確認できなかった。
街道から左にそれて八幡町に美濃郡代笠松陣屋跡を見る。隣接して荒れがちな美濃の河川の堤防の手入れ、見廻りを行っていた堤方の役人の屋敷もあったところで、大きな旧家が散在する。
 
しかし、笠松と聞いて誰もが心に思い浮かぶのは、宿場ではなく名馬オグリキャップのふるさとである笠松競馬場であろう。八幡神社の横から県道177号に上がるとすぐ下にその競馬場がある。まだ開門前なので、裏門に回って場内に入る。正門内の横に疾走するオグリキャップの銅像があった。

二百を切った、オグリキャップ先頭、オグリキャップ先頭、オグリキャップ先頭、そして、そしてライアンが来た、ライアン来た、ライアン来た、しかしオグリ先頭、オグリ先頭、ライアン来た、ライアン来た、オグリ先頭、オグリ一着、オグリ一着、オグリ一着、オグリ一着、右手を上げた武豊、オグリ一着、オグリ一着、見事に引退レース、引退の花道を飾りました、ス−パーホースです、オグリキャップです。

                                 (1990年第35回有馬記念実況放送より)

裏門を出るところに20名足らずの所属騎手の名前と顔写真が並べてあり、安藤勝己騎手の若いときの顔がある。彼の地方競馬3200勝のうち7勝はオグリキャップに乗って得ている。

 本町通りの一本右の道に戻る。格子のある家を始め、通り全体に街道の雰囲気がある。大きなモチの木がある産霊神社、門と鐘楼と幼稚園だけの大谷派笠松別院、盛泉寺前の二又を左に進み、ヘアサロンイワセを左折する。本通りと交差する四つ辻に木戸跡の標柱が立っており、そのまま上がっていくと、木曽川の堤に出る。川灯台が復元され、先の四つ辻に立っていた天保4年(1833)の道標の複製がある。「右いせ道 すぐ京道 左なごや道」。木曽川笠松渡船場跡から川に下りるところに、荷車や馬車の輪が土に食い込まないように敷いた石畳が残っている。 

少し下流で木曽川橋を渡る。水量豊かだが、静かに流れている。左に明治期に架けられ、今渡っている橋が出来たので取り壊された橋のけたが水面から3つ顔を出している。

長い橋をようやく渡り、すぐ左折する。関ケ原の合戦で東軍が木曽川を渡る際に道案内をした高橋源左衛門の旧宅跡の案内が堤防上にあり、そこから西にすぐの木曽川堤防道路との四つ角に文政12年(1829)に作られた道標がある。「右 津しま起道 左なこや道」。宝江渡し跡の案内板と「岐阜街道」の標柱もある。街道の名前は土地により異なって呼ばれるようだ。その道を通って岐阜に行く人は岐阜街道と呼び、笠松に行く人は笠松街道と言う。

 まっすぐ進み県道14号に出ると愛知県葉栗郡木曽川町である。中起交差点角にあるスーパータマコシで食料補給をする。
木曽川幹部交番。中山道・鵜沼宿の先で警部補交番があったのを思い出したが、不可解なネーミングだ。
稲葉石材店の看板を左に入る。名鉄黒田駅の左横を通って、JR東海道本線岐阜街道踏切を渡る。地図を見ると、このあたりには往還南あるいは往還東の地名もあり、今も街道が身近にある。

二又を右に進み、すぐ右折すると、右に左に緩やかに曲がる道が街道の道幅で延びている。小さな商店が続く。ねぎ焼はやみ、杉山湯、ひろ美容室、喫茶ニューボン、アダチ薬局、駄がし処ぽっぽ。細い野府川の架かる旭橋。川新金物店、洋品のミズノヤ。諸堂の甍が連なる善龍寺。鍵型に折れてまた南下する。石垣の上に小さな愛宕神社。地蔵堂。家の間に稲田が見える。
東海北陸自動車道の高架をくぐる。右手を名鉄の赤い電車とJRの薄茶色の電車が頻繁に走る。稲田が広がる。セイタカアワダチソウが周りを黄色く染め、白と淡いピンクのコスモスが風にゆれる。毛織物を織る小気味良い機械の音が聞こえると一宮市である。

フレッシュスーパーまる玉で県道190号に合流する。行き来する車が多い。10月中旬にしては陽射しがきつい。今伊勢町の馬寄、新神戸、本神戸を進む。どこにでもある幹線沿いの町並みである。火の見櫓の下の地蔵堂の中に彼岸縄手地蔵。野宮神明社。酒見神社から県道と分かれて左に入る。日光川に架かる和田橋を超える。大宮3丁目は街灯だけが立派な商店街だ。

 
一宮宿(愛知県一宮市本町

左手に真清田神社の社叢が覗く。拝殿、祭文殿、渡殿、本殿が連なる壮麗壮大な尾張一宮である。境内に明後日に行われる駒牽神事の準備がしてある。巫女に伺うと4月の桃花祭に奉仕する馬を決める祭りだそうだ。
神社正面から延びる本町商店街がかつての一宮宿である。もちろん鮎鮨を美濃路清洲宿へ送る重要な任務があった。
大和證券一宮支店前に三八市の市神堂旧地跡の碑がある。一宮は綿栽培が盛んだった尾西地方の綿の集散地で、江戸期から昭和期の戦前まで三と八の付く日に綿に関する店を中心に市が開かれた。その市の守り神が市神である。

今日の昼食は鮨以外考えられないと、鮨屋を探すが見つからない。問屋場があった伝馬通りを右に行くとJR尾張一宮駅。隣接する名鉄新一宮駅の上の名鉄百貨店にある回転すしの「きときと寿し」を見つけて一応満足。

 街道に戻る。西門にイチガシの老木がそびえる地蔵寺は行基の創建だそうだ。そのまま北園通りを越えて細い道を斜めに進んで公園通りの真清田神社御旅所に出るのが正しい道。
間違って、北園通りを左に進み裁判所前交差点を右折して公園通りに出た。まっすぐな県道190号で、道の両側にロードサイド大型店が並ぶ。MAZDA、素材屋、HONDA、四馬路、TOYATA・・・。
 

牛野通り交差点から右へ入る。県道と並行する静かな道である。アパート、畑、浅間社、工場、生産緑地。刈った稲を干している。工場、民家。大江川に架かっていた筋違橋は無く、川の間際から廃道になっているので、左折する。従是六丁と妙興寺を案内する石標が立っている。県道の多加木北交差点に出て、大江川を渡り、すぐにまた右の川沿いの道に進む。水面で鴨が騒ぐ。名神高速道路をくぐると、道はでこぼこになり途切れるかと思うと、そこは稲沢市との境界だった。

 県道を斜めに越えて、両側に広がる稲田の中の道を進む。
娘は我々を置いてどんどん先へ進み、道が左に大きくカーブしているせいもあり姿が見えなくなる。赤池一里塚跡で、待ちくたびれている娘を見つけた。美濃路から分かれて初めての一里塚であるが、塚らしきものは無く、碑が立っているだけだ。
随分陽が傾いている。先を急ぐ。稲田があり、集落があり、ところどころに地蔵堂がある。門に立春大吉 鎮防火燭と書かれている頓乗寺。さらに急いで左手の野村家の前が高札場。右の細い道に入る。裏通りのような道に阿弥陀寺の道標が立つ。

ここ下津の集落は鎌倉街道の宿駅として開けた。

          一宮といふ社を過ぐとて、
          一の宮名さへなつかしく二つなく三つなき法を守るなるべし
          廿日、尾張国下戸といふ駅を行く。
                                                     (阿仏尼作「十六夜日記」より)
弘安2年(1279)阿仏尼は相続を巡っての争いの為に幕府に訴えようと京都から鎌倉に下った。この尾張国下戸は下津のことだそうだ。

 道はぐんぐんJR東海道本線の線路に近づく。 

四ツ家追分(愛知県稲沢市井之口四ツ家町、六角堂東町)

16時47分  美濃路との分岐点である四ツ家追分に着いた。
県道155号の井之口交差点に石碑が立っているが、往時ここに立っていた道標は近くの六角堂長光寺の門前にある。「右 ぎふ道 左 京都道」。


 17時20分  JR東海道本線 清洲駅   52601歩

全長六里半、約26キロ、終始町の中を歩く道だったが、鎌倉期、戦国期から江戸期、さらに現代までつながる歴史が覗ける街道だった。
おいしい鮨が食べられるところがあれば言うこと無しであるが・・・。(了)

トップへ戻る