大和田街道

明治41年竣工の 大坂・旧難波橋から尼崎・大物までの旧国道。
大正15年淀川大橋が架かり新国道ができるまでは、「大和田街道は尼崎に入り中国街道に合流し、西宮を経て山陽道として下関に達する幹線道路であり、大和田街道沿いの
西淀川区内の人は、それゆえにこの旧街道を阪神街道とも呼んでいた。」
大阪市土木技術協会発行「大阪市の旧道と坂道」による)



平成21年3月19日(木)

7時 北区西天満の旧難波橋北詰で中国街道と分かれ、堂島川北岸を下る。
弁護士会館を過ぎて、鉾流橋に来ると、堂島川の上に見上げる高さで延びる阪神高速の下から、赤レンガと白い縞模様の中ノ島公会堂が覗く。
大阪高裁の植え込みに佐賀藩蔵屋敷跡の碑が立つ。天保期(1830年代)には、堂島、中ノ島周辺に120余の蔵屋敷があったらしい。

大江橋北詰で御堂筋を渡ると堂島浜で、三菱ビル、新ダイビル、全日空ホテルが続き、中之島ガーデンブリッジ際に、世界で始めて商品先物取引を行なった堂島米市場跡の記念碑がひっそりと立っている。
渡辺橋北詰で四つ橋筋を渡る。東洋紡ビルを過ぎると、阪神高速が北に折れ、街道も堂島川から離れて阪神高速の下を進む。
NTTテレパークの地には、明治期 五代友厚が起こした製藍工場があった。しかし、あるはずの顕彰碑はいくら探しても見つからない。

市役所堂島庁舎跡の碑を過ぎて、再開発に背を向けた一画に浄祐寺を見つける。
山門をくぐり赤穂浪士矢頭右衛門七の親父の墓を探していると、住職が墓地の奥にある矢頭長助之墓に案内してくれた。

右衛門七と親父の長助は、寺から少し北の曽根崎新地の長屋に住んでおり、右衛門七が寺の横を流れていた蜆川で蜆を獲って生計を立て、病気の親父の面倒を見ていた。親父の墓の隣にある右衛門七の墓は、親父ひとりじゃ淋しかろうと戦時中に建てられたもの。
なお、曽根崎心中のお初・徳兵衛が、「残る一つが今生の鐘のひゞきの聞きをさめ」と渡った梅田橋は、蜆川に架かっており、ここから近い。

出入橋で曽根崎通を渡り、梅田2西で左折して福島区に入る。
すぐにJR環状線
の福島駅に突き当たる。
駅前から、通勤客に交じってなにわ筋を南に下って、上天神に寄り道。福島に生れ育った田辺聖子は「天神サンはここから九州に流されはったんや」と祖母に教えられたというが、権威ぶることもなく、周りの家並みに溶け込んでいた。

福島の、ごちゃごちゃした町のたのしさは、私の人生の好みなり、志向なりを、かたちづくってしまった気がする。
私の小説に、あんまり、かしこい人も、ワルイ人も、金持の人も、権力者も出ないところはそのセイであろう。
いや、それはあんまりホメたことではないのであるが。
(田辺聖子著「わが街の歳月」より)

福島駅前に戻り、聖天通の商店街に入る。
商店の前に「売れても占い商店街!!」の幟が建ち並ぶ。商店街の真ん中あたりに、商店街の名前になっている浦江聖天がある。この聖天が占いと関係があるらしいが、よくわからない。
道端に
大阪市が立てた大和田街道の石碑がある。このあとも街道筋のあちこちで、この石碑を見つけるが、ここでは起点の西天満から2.2キロ来たことを教えてくれる。
長い商店街が終ると鷺津で、道は広くなる。

海老江に塩野義製薬の研究所、その向かいに大日本住友製薬がある。
頭屋行事を伝承する海老江八坂神社に立ち寄ったのち、中海老江で阪神国道に合流する。
海老江西小学校横を過ぎると淀川で、伸びやかな風景が拡がる。
700メートルもある淀川大橋を渡って
西淀川区に入る。街道は折れて堤防道となるが、そのまま直進して野里に寄り道する。
閑散とした本町商店街を抜けると、一夜官女祭で有名な住吉神社がある。

とびおきた。裸形である。あわてて下着に手を通そうとしたとき、ふしどのなかにすでに男はいなかった。
室内のどこにもいなかった。牛若は膝を折って髪をすきながら、
(夢だったのかしら)
しかし、まざまざと記憶があったし、もの憂い疲れがのこっている。
(司馬遼太郎著「一夜官女」より)

境内に「野里の渡し」の石碑がある。

新淀川が開削される以前の地図を見ると、中津川が住吉神社の横を流れており、本通商店街は川筋に当たる。
中津川は野里から新淀川の対岸の海老江下水場を結ぶ線にあり、そのあと
福島区の大開と高見を分ける線を流れて正蓮寺川に流れ込んでいたようだ。

街道に戻って、堤防道を下流に向う。堤防は3階建ての家よりも高い。
阪神電車の高架下をくぐって淀川と分かれて、すぐ右折し姫島の建て込んだ家並みを抜けていく。大和田街道の石碑が旧難波橋から5,5キロであることを示し、街道を示す「つたい石」が路面に延びている。
姫島通を渡ると道が広がって姫島神社がある。

神社の由緒に「祭神阿迦留姫は新羅の王子と結婚、常に美食を用意して仕えたが、高慢な夫の態度に耐え切れず、逃げ帰った。」とある。
しかし紀香と陣内の離婚騒動を思い浮かべると、最近は女が別れを告げて男をバッサリと切ることが多いようで、厄介な世の中になったゾ。

大野川跡の遊歩道を跨ぐ。ホームセンターダイキ横で折れ、淀川通を渡る。
大和田の小学校の正門横に大和田城跡の由来を記した案内板がある。

阪神高速の高架下をくぐり、神崎川に架かる千北橋を渡るとだ。昔は千軒を越える漁師町だったらしいが、周りを見渡しても町工場しかなく、「つたい石」が消え、街道が消える。

佃の鎮守である田蓑神社は阪神電車千船駅の北、佃の北端にある。
神社の近くまで高層マンションが迫っており、周りに漁師町だった名残りはまったく無いが、神社の境内に立つ「佃漁民ゆかりの地」と刻まれた碑がこの地が東京・佃島のルーツであることを伝えている。

マイシテイおおさかのマンション群を抜け、阪神西大阪線をくぐる。
左門殿川に架かる辰巳橋を渡ると、
尼崎市大物だ。

11時30分   尼崎・東本町   23060歩 

街道の大半は住宅の建て込んだ地域あるいは町工場の多い地域に埋もれているので、歩く前はさほど期待していなかった。しかし歩いてみると、随所に豊かな歴史・文化を感じさせる旧蹟があり、結構楽しめた。(了) 

トップへ戻る