女街道


俗にいう女街道は、中山道の脇街道として賑わってきた道である。
中山道本庄宿から分かれて藤岡・富岡・下仁田に進み和美峠を越えて中山道の沓掛宿と追分宿の間にある借宿に至る道をさすこともあり、和美峠から借宿までの道をそう呼ぶこともある。長野県では和美峠から借宿までを女街道と呼ぶのが一般化している。

又その名称の由来も、中山道の表街道に対する裏街道の意味で言われたという説、あるいは難儀な碓氷峠越えや詮議の厳しい碓氷関所のある中山道を避けた女性が大いに利用したからとの説がある。いずれにしろ女街道の名称は古文書・絵図等に見当たらないことから古いものでなく、江戸末期から明治初期に広く世間で使われるようになったらしい。

 

ここでは、本庄宿から和美峠までは下仁田道とし、和美峠から借宿までを女街道として歩いた。

 

平成14年9月22日(日)


群馬県・下仁田町本宿から上り始め、4時間掛かって和美峠に着いた。

峠に立って後ろを見ると上がってきた上州の道が見え隠れし、前にはこれから下りる信州が一望できるという劇的な場面を想像していただけに、木々が周りに茂り、もう別荘地の中に入ったような光景にいささかガッカリする。峠の名を記した碑も無い。
県道43号線軽井沢町和美峠の道路標識を見て始めて、ここが群馬県と長野県の県境であることと、和美峠であることを確認する。


 11時50分  「和美峠」を下る。左の雑木林にゴルファーの姿が見える。和美ゴルフ練習場である。
県道43号は、すぐに碓氷軽井沢ICからの車が溢れる県道92号と合流する。渋滞する車の横をスイスイと下っていく。
しかし街道は右に広がる軽井沢・浅間ゴルフコースの中を通っていたと言われている。女街道は、ゴルフ場に変わっているところが多く、また道路改良もあって、往時の道筋が消えているところが多い。

 左手方向の馬取地区のあたりから旧道がある様子なので、妙義荒船林道に曲がる。
しばらく歩いて一般道に下りようとしても道の両側に別荘があって行けそうもない。偶々見かけた別荘でくつろいでいる夫婦に事情を話し、庭を通して戴いて、一般道に下りる。

原っぱを通り抜けて、レイクニュータウンに入る。

三時六分、現地直通の一五〇メガ帯警備共通波無線のリモコンが、
「こちら、長野一(パトカーの呼出し符号)、ただいまレイクニュータウン附近を検索中、過激派のアジトと思われる別荘発見、銃声が聞こえる!」と、がなりはじめたのだ。
遂に探し求めていた彼らを、追いつめたぞ。
これがあの歴史に残る大事件、「連合赤軍あさま山荘事件」の開幕を告げる第一報だった。

                            (佐々淳行作「連合赤軍あさま山荘事件」より)

昭和46年(1971)、あの連合赤軍の5人も又、和美峠からレイクニュータウンに入り込んだのだ。あさま山荘はレマン湖の左前方の山の中腹に今もあるはずだが、木々に覆われて見えない。シーズンオフなので湖の周りのお店は殆ど閉まっているが、3連休でもあり散策する人は多い。
カフェテラスプリムローズで昼食。

 店の前の道を進むと,県道(地図上では県道の表示は無いが、軽井沢警察署に問い合わせたところ県道157号との答えだ。)に出て左折する。軽井沢南教会があり、華やいだ声が聞こえるのは結婚式を挙げる人たちがいるのだろう。
馬取区公民館を過ぎると、左に入る道が旧道だろう、家々の間を縫って、すぐ県道に出てくる。

雨が降ってはいないが、厚い雲が空一面を覆っている。

 右手少し上がったところに小さな薬師堂があり、横にたくさんの石仏が並んでいる。案内板に記された軽井沢教育委員会の説明の一部は次のとおり。

馬取地区の人々が苦しい生活の中から費用をうみだし、これらの石造物を造り、日常生活の安穏あるいは病気の平癒や、秋の豊作を祈願したもの・・・

少し上る。そして一気に下る。左に妙義荒船林道が出てくる。

 上発地の集落である。前に浅間山の輪郭がぼんやりと見える。
大聖寺の門前に大きな馬頭観音が立っている。
ススキが、コスモスが、稲穂が風に揺れる。家の垣根のイチイに赤い実がなっている。

左手に小山の裾野まで野原が広がる。ところどころに稲田と畑がある。
右手は低い山が連なる。

諏訪大明神の鳥居が見え、後ろの鎮守の森が鬱蒼としている。
野菊が秋の主役になろうと白や紫の小さな花をたくさん咲かせている。
看板が左に三井の森軽井沢カントリー倶楽部があることを示している。
同時に左への道が農耕車優先道路であることも表示している。

 下発地の集落である。新しい双体道祖神。庭木の向こうに蜜蔵院が覗く。大きな道祖神。
西武高原バスの下発地入口停留所で、(地図に表示がある)県道157号が左から合流する。
真っ直ぐに延びた道に車がひっきりなしだ。街路樹のナナカマドに紅い実が鈴なり。
右奥の軽井沢国際射撃場からの射撃音がグオーンと空気を震わす。

そば、キャベツ、パセリの畑が広がる。

 
「発地の石仏群」が道の両側にある。
右手の大きな松の下にたくさんの小さな石仏が並び、左手にも大きな地蔵がいくつもある。
このあたりは一町ごとに地蔵が祀られていたので、地蔵ヶ原と呼ばれたが、開発による移転、紛失により往時の情景はなくなり、昭和41年に残存していた石仏、石碑をここに収集、整備したものである。


 真正面にある浅間山がくっきりと姿を見せれば見事な光景だが、ぼんやりとしか見えない。
風越団地、杉瓜入口を過ぎる。錦木が葉を紅く染め始めている。
家族総出でキャベツの収穫だ。佐久浅間高原キャベツの名で出荷されるそうだ。

釜ケ渕橋で湯川を渡る。川の中の大きな岩に、たくさんの丸い穴があるのに気がついた。ポットホールと言うのだそうだ。

           「ポットホール」    

河底や河岸の硬い岩面にできる大きな円形の深い穴。甌穴またはかめ穴とも。河床の岩石に割れ目や節理があると、河流による選択浸食が行われ、弱い部分が速く削れてくぼみができる。このくぼみに小石などが入り込むと、渦流のため小石がくぼみの中を転がって、円形の穴に拡大する。大きなものは直径・深さとも数mに及ぶ。

                            (地学団体研究会編集「新版地学事典」より)

 

橋を渡ると油井の集落だが、すぐに県道と分かれて左折する。細い曲がりくねった街道らしい道だ。
民家の庭先に道祖神が立っている。
坂を上ると、道端に百萬遍供養塔、百番供養塔。レタス、キャベツ畑。中軽井沢カントリークラブの金網に沿って進む。
十一面観音、馬頭尊が忘れられたようにポツンポツンと道端に立っている。

 街道は右に入る道に進むのだが、しなの鉄道の線路で行き止まりになるので、そのまま進み、鉄道の東沢架道橋をくぐる。三本の道に分かれ、左に行くと信濃追分駅。右側の道を進み、別荘地の中に入り、右折してしばらくすると、線路で一旦途切れた街道が右から現れる。その方向に行くと如意輪観世音大士と刻まれた大きな石碑が立っている。めうぎ御たけ道と読める道しるべでもある。その先、雑木林の中に砂利道があるが、すぐ進入禁止の柵がある。鉄道の線路が近いのだろう。

 Uターンをして元に戻っていく、というよりも女街道を進んでいく。
すぐの青木家の庭に犬が数頭おり、道まで飛び出してくるので、ビクビクしながら通り過ぎる。
温室が現れ、中にクリスマス用に栽培しているのだろう、たくさんのシクラメンが色とりどりの花を咲かせ始めている。


 そして終点の「借宿」に着いた。
中山道と交差する角に馬頭観音が立っている。
立場茶屋だったといわれる小屋は、つぶれかけた姿のままだった。

16時10分   20147歩
 

江戸・板橋宿で中山道から分かれて、川越街道、川越・児玉往還、下仁田道、女街道と脇街道を歩きつないで、信州でまた中山道に合流した。これに要した日数は8日間で、中山道を歩いたときのほぼ6日間よりも時間がかかったように見えるが、今回は道を間違えたり、大いに寄り道をしたので、それを考えると、ほとんど同じだろう。また街道沿いに残る文化と歴史も、中山道と変わらないほど豊かだった。(了)

トップへ戻る