日光御成道

日光に徳川家康が祀られてのち、家康の忌日である4月17日に行われる祭礼には、将軍自ら参詣するか、大名や高家を名代に参拝させるのが恒例になった。

将軍が社参する際、初めは千住から日光道中を通ったが、やがて岩淵、川口、鳩ヶ谷、大門の4宿を経て岩槻城が最初の宿所になり、岩槻から日光道中の幸手宿に出た。この街道を日光御成道と呼ぶ。

 

平成14年12月14日(土)

駒込追分(東京都文京区向丘1丁目)

日光御成道は、日本橋から駒込追分までは中山道と同じ道である。地下鉄丸の内線本郷三丁目で降り、この追分に向かう。
途中に東大の赤門がある。11代将軍家斉の娘の溶(やす)姫が加賀・前田家に輿入れした際に建てられたもの。見上げると、軒の丸瓦に前田家の家紋である梅鉢、屋根の上の棟瓦に葵の紋、そして鬼瓦に大学の文字がついている。
言問通りを越えると東大農学部、江戸期は水戸藩下屋敷があり、畏れ多くも・・・の御老公様もいた。
 この先が「駒込追分」で、ここに日本橋から最初の一里塚があった。
この追分にある「高崎屋酒店」は、江戸期から続く酒屋で、現金安売りで武士や町人に人気があり両替商も兼ねていた。


ここで中山道は左へ回り込むが、日光御成道は真っ直ぐ進む。この道は都道455号、というより本郷通りのほうが馴染みがあり、また岩槻に向かうので岩槻街道と呼ばれることも多いようだ。
地下鉄南北線のルートと重なっており、東大前駅がスタートでもある。 8時00分

 街路樹のイチョウは殆ど散って、朝早くから落ち葉を掃除している人をあちこちで見かける。通りの両側は高層マンションに変わりつつある。

5階建てのビルになっているので、危うく通り過ぎそうになった西善寺、整然と並ぶ墓地に、蝦夷地探検家の近藤重蔵の墓がある。
その隣の正行寺には、咳どめの「とうがらし地蔵」があるが、本堂は閉まっている。
この向丘1丁目から駒込にかけては植木屋が多かったので小苗木縄手、なまって「うなぎ縄手」と呼ばれたそうだ。その縄手を進むが、今、植木屋は無く、寺が多い。向丘2丁目から左の白山上へ行く道は薪を売っていた薪町通り。

 本駒込1丁目歩道橋の脇の天栄寺の門前に「駒込土物店(つちものだな)跡」の石碑がある。
駒込のやっちゃ場があったところである。近村の農民が、野菜を担いで江戸に行く途中ここにあった大きなサイカチの木の下で休み、付近の住民がその野菜を買ったのが、その起こりで、土物は大根、にんじんなど土のついたままの野菜をいう。神田、千住と並ぶ江戸三大市場のひとつで、昭和初期に豊島青果市場へ移るまで300年以上も続いた。

 歩道橋を渡って反対側に東林寺がある。霜柱を踏みながら墓地の中を探すと、大坂で適塾を開いた「緒方洪庵」の墓がある。幕府の奥医師として江戸に招かれた翌年の文久3年(1863)に亡くなっている。

昔の学塾の師弟は正しく親子の通り、緒方先生が私の病を見て、どうも薬を授くるに迷ふといふのは、自分の家の子供を療治して遣るに迷ふと同じ事で、其扱は実子と少しも違わない有様であった。

                            (福沢諭吉著「福翁自伝」より)

2メートルほどの墓石の横に同じく大きな追賁碑が立っており、そこには森林太郎撰と刻まれていた。

 南北線本駒込駅付近の南谷寺には目赤不動尊が祀られている。
隣の養昌寺には、樋口一葉が「何事も語るとなしに玉くしげ ふたりある夜は物も思はず」と想いを募らせた、小説家というよりも一葉の思慕の人として知られた半井桃水の墓がある。
また能率の父上野某の墓があるというので、誰だろうと探したら産業能率短大の創設者だった。

 その先の「吉祥寺」の重厚な山門をくぐると、冬桜が白い、ひそやかな花を咲かせている。広い墓地に、五稜郭に立てこもった榎本武揚の墓がある。市中を厳しく取り締まり妖怪と恐れられた鳥居耀蔵の墓はいくら探しても見つからない。二宮尊徳の墓碑の前の、白い塀の中を覗き込むとゼネコン鹿島を発展させた鹿島守之助、卯女夫妻の現代風なのがあった。

 街道からはずれて、「文京九中入口」信号を右に入り、天祖神社に突き当たって左に曲がると、高木家の「駒込名主屋敷」がある。薬医門の表門から、享保2年(1717)に建てられた大きな母屋が見える。

 参道にイチョウの大木が続く天祖神社の右奥は、都立駒込病院、江戸期はそこに「鷹」匠屋敷があった。街道に戻り、2ブロック先を右に入ると、「富士」神社で、小高い駒込富士がある。この神社裏一帯で駒込「茄子」を大いに作っていたらしい。
そこで古川柳は 「駒込の一富士二鷹三茄子」。

 不忍通りを越えると、道の両側は、ほぼ10階建ての細いビルが並んでおり、左側はそのビルの隙間から六義園の木々がのぞく。

やがてJR駒込駅である。寒いので構内のあじさいでそばを食べる。

駒込駅前商店街の「妙義坂」を下りきったところが霜降橋交差点。角に肉のホンダがあったのは偶然か。「大炊介坂」を上がると旧古河庭園。江戸期は一時牡丹園になっていた。

その先の しのだ米店の手前の路地を入ると、「六阿弥陀」の標石が立っている。坂を下って無量寺の境内に沿って左に回り込むと表門があり、そこにも同じような六阿弥陀の標石が立っている。春には寺の表門に田楽の店が、秋には裏門に名産の茄子を焼いて鰹節をかけて売る「しがらき茶屋」が出たというが、この標石のあった二つの場所がそうらしい。今、寺の周りは民家とマンションが立ち、隣の古河庭園の木々をねぐらにしているのかカラスがうるさく飛び回っており、のどかな光景を想像するのは難しい。

 道幅が広く、両側の建物が低く、空が広い。
財務省印刷局滝野川工場がある。郵便切手などを印刷しているらしい。滝野川警察署の先の道の上り車線の両側に「一里塚」が残っている。


 「飛鳥山」に沿って六石坂を下る。
飛鳥山と呼ばれたのは、中世に(京都の)新熊野神社の荘園を基盤に勢力を強めた豊島氏が、熊野の飛鳥明神(厳密にいうと新宮にある「阿須賀」神社だろう)を勧請した社があったからである。
まっすぐ行くと音無橋だが、渡らずに右へ下っていく。左に見える大きなイチョウの下の青銅色の屋根は、熊野・若一王子を勧請した「王子権現」である。
八代将軍吉宗は、この地域の紀州との関わりに特別の感情を持ち、王子権現に飛鳥山を寄進し、飛鳥山に桜を植え江戸市民に開放して花見の名所にした。また流れが急で滝のように響いたので滝野川とも呼ばれた石神井川を、熊野本宮の近くを流れる川と同じ名の「音無川」に変えた。

なお十条の地名も熊野の十条峠に由来する。


 坂を下りきるとJR王子駅親水公園口で、その前の森下通り商店街の細い道に入る。すぐのHOTELロンドンの手前に新扇屋ビルがある。その中に江戸期から続く料亭「扇屋」があるはずだが、あれっ?  狐のたたりか、どうも廃業したようだ。

「王子の用足しの帰(かい)り狐が出て来やん。乙な新造(しんぞ)に化けやがったあ。玉ちゃん ったら ああい って返事いしやがん。そいから俺えうめえこといって扇屋い連れ込んでさんざん飲んだり食ったり。とうとう狐的(こんてき)の畜生酔っぱらって寝ちまいやがった。そいから俺あその卵焼きを持ってずらかり」
「なあんだ。そいじゃあなにかい、おい、あべこべに狐化かしゃあがったんじゃねえか」
(八代目春風亭柳枝による「王子の狐」―榎本滋民他編落語名人大全より)

 

交差点に出て、角に子育て地蔵のある「王子大坂」の急坂を上がる。たねや榎本徳次郎商店の看板が掲げられた花屋にはクリスマス用のシクラメンや正月用の葉牡丹が並んでいる。

 本郷通りに合流する直前を右折して王子第2小学校前からドーンと下ると「王子稲荷」がある。
そしてJRの線路を跨いで反対側、王子信金本店の斜め角、テレセン王子店の奥に装束稲荷がある。昔このあたりは雑草の生い茂った淋しい場所で、そこに生えていた大小2本の「装束榎」と呼ばれた榎に毎年大晦日に関八州の狐が集まってきて、装束を改めて王子稲荷へ参殿したという。

そこで古川柳は 「元旦に関八州の毛を拾ひ」。

王子稲荷の近くに「名主の滝」がある。名主の畑野某が屋敷の庭に造ったもので、夏は涼しいだろうし、紅葉の頃は綺麗だろう。今は寒そう。

「三平坂」を上がって能登屋豆腐店脇から本郷通りに戻る。中十条一丁目交差点を直進して狭い道に入る。只今12時30分、昔ながらの銭湯の建物の幸乃湯はもう沸かしているのだろう、高い煙突から煙を出している。

中十条二丁目信号、右に下るとJR東十条駅。左に十条中央商店街を入るとすぐに「篠原演芸場」がある。今月の公演は藤川智昭座長の藤川劇団で今日の出し物は花街の母。

荒川小学校前でスダジイの大木に覆われた十条富士に上る。街道らしく緩やかな曲線を描く道が続く。環七を馬坂歩道橋で越える。昔は切通しの崖から清水が湧いていたという「清水坂」をゆっくり下る。左からJR埼京線が、右から京浜東北線が次第に迫ってきて、埼京線の王子道ガードをくぐる。
右に左にくねる道筋の両側に商店、民家、アパートが混在している。根古屋商店とガレージの間の細い路地入口に、ごみすて場ではありませんと表示されている、まさにそこが 「稲付一里塚跡」である。その先、静勝寺への入口に當寺開基太田道灌公・と刻まれた石柱と、村人の浄財によって作られた地蔵が立っている。

JR赤羽駅西口から駅コンコースに入り、手打ちうどん木屋で、てんぷらセットを食べた後、東口に抜ける。レディスファッションアストリアの左脇を進む。突き当たりに宝幢院があり、門前の道標に「南 江戸道 東 川口善光寺 西 西国富士道 板橋道」とある。

 

岩淵宿(東京都北区岩淵町)

右折して赤羽交差点で国道122号に合流するところが南北線赤羽岩淵駅である。

少し先の国道沿い、建設中の9階建ての賃貸マンションの前に「岩槻街道岩淵宿問屋場跡」の碑がある。問屋場の向かいに小田部家の本陣があったらしい。岩淵宿は日光御成道の最初の宿場で、荒川を隔てた川口宿と合宿で、月の内16日から末日まで役を勤めた。今、周りに当時を偲ぶものは全く無い。

荒川の堤防に渡船場跡の碑が立っている。荒川大橋を渡ると右手に水色の岩淵水門が見える。明治期以降、下流で隅田川となる荒川の水害に対処するため、荒川放水路を開削し、岩淵水門を造った。これにより、荒川が増水した際には隅田川への流れを水門で閉じ、放水路に流して浅草・本所地区の水害を防いだ。

 

川口宿(埼玉県川口市本町)

街道は、荒川の堤防沿いに建てられた南中学校を縦断していたらしい。

左手に善光寺が見える。明治14年(1881)高崎線を敷設する際に英国から輸入した工事用機関車が、神田の交通博物館の屋外に保存されている。この機関車を善光号と呼ぶのは、この河原から陸揚げしたからである。

堤防下に「鎌倉橋の碑」がある。源義経が頼朝の軍勢に合流するため奥州平泉から馳せ参じたときに通った橋らしい。
ここから真っ直ぐ延びる通りが宿場である。酒屋の田島屋本店、浜田接骨院や中西日進堂薬局の建物にその名残りを見る。また松葉寿しの脇の路地を入ると、本陣を勤めた「永瀬家」に往時の門が疲れた様子で立っている。人がたくさん歩き、バスも通っていた時代もあったようだが、今はうらぶれた商店街と言わざるを得ない。現在川口の中心はJR川口駅前である。

 道は本町交差点に出る。交通量が多く、ようやくの思いで道を渡ると「錫杖寺」。将軍が日光社参の際には必ずここで休憩して昼餉をとった。屋根瓦に葵の紋が見える。

国道122号に出て「上の橋」で芝川を渡る。ここから鳩ヶ谷宿の手前までは、国道が街道の道筋で、往時の面影は無い。松や杉の並木が昭和40年代まで残っているところもあったようだが、道を拡幅するときに切ったので、今は全くない。すさまじい交通量である。

殆ど一直線の道が約2キロ続き、変電所前の交差点でようやく国道と分かれて、右へ鳩ヶ谷の市街地へ入っていく。日がすっかり暮れて真っ暗だ。

 16時50分 地下鉄南北線につながる埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅  35353歩


トップへ戻る