平成16年2月11日(水)

相模原市

境川を渡って龍像寺坂を上る道は、古淵駅南口自転車駐車場とその後ろのJUSCOにぶつかる。
9時20分  JUSCOの前の国道を跨いだ後、古淵駅から延びる広い道の左に弧を描いて家々の間を抜ける旧道を進む。大野台小学校の正門前に相模原市が立てた案内がある。

「道者みち」
大山参りの人々(道者)がよく利用した道だったので、このように呼ばれていました。
また「大山道」「磯部道」「木曽道」などともいいます。

北 木曽方面 南 磯部方面

小学校のフェンス沿いに延びる道が大野台中学校を過ぎると、クヌギだろうかナラだろうか、葉を落とした雑木林が広がっている。
ここ相模原は20メートル以上の火山灰層に覆われて水に恵まれないことから、開拓が進んだのは江戸時代に入ってからである。左手の大沼地区は、元禄期から淵野辺村と木曽村の人達が開拓を始めた大沼新田で、このあたりは狼が多くて住むことが出来ず、村から通って耕作したという。雑木林は、その当時の人々が植林した名残りらしい。

神崎彰利(相模野市史編纂特別顧問): 父が昭和15年に相模原に出てきて、土地を借りておりましたが、地主は町田の木曽の人でした。私の家だけでなく、その辺一帯の地主はみんな木曽の人でした。・・・・・宝暦14年(1764)の相模野の絵図をみると、草ぼうぼうです。雑木林なんか一切ないですね。この野っ原を開発する途中で薪炭の需要があって、それで植林をして、林畑をつくっていった。雑木林は、そうしてできたものなのです。
(有隣堂発行第432号有鄰「座談会 江戸時代の相模野と丹沢山麓」より) 

相模中央化学研究所が立ち塞がるので、迂回するが、その先の道も住宅や事業所の中に消えている。
相模原市教育委員会文化財保護室の木村さんも、「その道の大半は当時、村の入会地で雑木林や原野であったため詳細な道順は断片的にしか判明していません。」とおっしゃる。

 
人々の営みが道筋を消していく。大日本帝国陸軍測量部が明治39年に測量した地図を見ると、この一帯は圧倒的に桑畑になっている。
昭和12年からは軍関係の諸機関が移ってきて、さらに大きく変貌する。その皮切りとなったのが陸軍士官学校の市ヶ谷からの移転である。

移転先決定の条件としては
一、行幸を仰ぐのに便利であること
二、富士山を眺めうること
三、水その他生徒の生活に必要なものが十分であること
四、予算二七五万円を限度とすること
五、昭和一二年四月までに少なくとも一期分の施設を完了すること
以上の諸点が勘案されたが、原町田西方の座間は、富士山こそ眺められなかったが、その他の条件は満たされるし、地代の安いところからも、ここに決定されたのである。

(山崎正男編集 偕行社協力「陸軍士官学校」より)

大山道が延びていた麻溝台や新磯地区は、耕地の大半570町歩(565ヘクタール)が士官学校に隣接する練兵場になった。
そして戦後、軍施設の多くは接収され、士官学校は米軍キャンプ座間となり、練兵場は住宅、工場等に変わる。
 
ようやく「みねん坂」を下るあたりから旧道の道筋となる。
「左大沼木曽方面 右勝坂原町田方面」と刻まれた馬頭観音。磯部八幡宮の横の八幡坂を下る。野頭家の民俗資料館。能徳寺。道端に庚申塔や道祖神。

相模川の堤に沿って磯辺頭首工公園に相模原市の次のような案内が立っている。

「磯部の渡し」
このあたりには対岸の猿が島とを結ぶ渡し場がありました。
そのため「猿が島の渡し」とも呼ばれていましたが、大山参りの人々にもよく利用されていました。

対岸の上方に大山がぼんやりと霞んでいる。
近くに橋が無いので、今日はここで終わる。 

12時50分  相模線相武台下駅(陸軍士官学校前駅と呼称した時がある。いまどき近郊にも珍しい鄙びた小駅で、電車が来るまで、プラットホームのベンチに座って、前に広がる畑を眺めていた。) 21277歩

 

 

平成16年2月21日(土)

厚木市

磯辺の対岸である猿ケ島までJR相模線下溝駅から歩いて約1時間。相模川は昭和橋で渡る。

「トセンバ」
昭和橋ができるまで猿ケ島に渡船場があった。船は人と馬力用の大きなものの2艘。1年中渡る人があり渡船賃はいいかせぎになった。・・・猿ケ島16軒の権利で、普通は1人が交替で渡船番に出て、夜なべも泊まって番をした。・・・磯辺にシマワリという猿ケ島の人たちの地所があったという。このシマワリを磯辺にわたして猿ケ島渡船場の権利を猿ケ島だけがもつようになったという。
(厚木市文化財協会編集「厚木市文化財調査報告書第36集」より)


8時50分  猿ケ島スポーツ広場のあたりで、ここがトセンバミチと呼んだ道かなと考えているうちに田んぼの中の広い舗装路に出る。春霞が懸かって周りの山々は見えない。宝泉寺の右に廻り込んで、河岸段丘の谷戸坂を喘ぎながら中津原台地に上る。

上がりきったところ、テニスコートの駐車場脇に八王子道と大山道の分岐点であることを示している不動尊の道標がある。明治26年に立てたもので、「明治になり大山信仰が見直され不動尊の御加護を受けて無病息災家業繁昌を祈る大山参詣が広く行なわれた」との説明がある。
南北に延びる道が八王子道で、この道を南に進んでも、相模川と中津川に挟まれた細長い中津原台地を縦断して厚木宿で矢倉沢往還に合流し、大山に向うことが出来る。
 
道標に「西 大山 才戸 小野新宿 伊勢原 十日市場」とあり、そのまま直進して西に進む。上依知歩道橋で県道と上溝バイパスを越える。

「藤塚」がある。宝永4年(1707)富士山の噴火により降った砂を1ヶ所に集めて作ったらしい。
右手の内陸中津工業団地からこぼれたかのように事業所が多い。諏訪神社の裏手の諏訪坂で台地を下る。田んぼが広がり、やがて中津川を才戸橋で渡る。橋のたもとに厚木市が立てた案内がある。

「才戸の渡し」
北は武蔵国八王子から南は大住郡矢名村(現秦野市)をつなぐ矢名街道で、この道には上依知とここの二カ所に渡しがあり、江戸時代には武蔵国からの相州大山参詣道としてたいへんなにぎわいをみせた。

傍らにある1メートル足らずの道標には「西 大山道」と刻まれている。
このあとの大山道は、車の行き来の激しい県道相模原大磯線で、上って台地を進み、下って川を渡る、という繰り返しである。すなわち荻野台地、荻野川、飯山台地、小鮎川、尼寺原台地、恩曽川、高松山丘陵と続く。 


・・・・・荻野台地に上ってすぐの神奈中相模ヤナセの前に、多分「いゝやまかんおん」と刻まれた、半ば朽ちた道標がある。
「何を調べているのですか」と話しかけてきた中年男性が、「ここを右に入るのが大山道だ」と教えてくれる。道はさらに厚木国際カントリー倶楽部を突き抜け、飯山に出て、七沢森林公園にある順礼峠を越えていくのだとのこと。
そこで予定とは違うが右に入る。喧騒の県道から一転、桑畑のある農道に変わる。
道端に祀られた地蔵の傍らに転がっている道標は折れており、「いいやま」観音を示すのか「おおやま」への道を教えるのか判然としない。

一旦広い道に出るが又農道になる。
やがて農家のたたずまいに落ち着いた雰囲気を感じる公所(ぐじょ)地区へ下りていく。地名の公所の由来がわからない。「ぐぞ」とか「こうしょ」とか読み方は違うが公所は全国いたるところにあり、一説には交通の要衝にあるという。そう言えば集落を突っ切る国道412号線の交差点は「公所海道」だ。

あるいは「公問所」と関係するのかな?
冬枯れした芝生が広がる厚木国際カントリー倶楽部が立ちふさがっているので、その先は行けない。しかしこの道は大山道ではなく、巡礼道と呼ばれている飯山観音や座間の星谷観音への霊場めぐりの道ではないのか?・・・・・

 

戒善寺、養徳寺。荻野山中藩陣屋跡に立ち寄り、県道に戻って荻野新宿に出る。

「下荻野村」
昔より小名新宿に市あり、・・・定日は毎月四九の日なりしが、後年厚木村の市盛に成りしより当所は衰微し、今は十二月二十九日のみ市立てり、

(蘆田伊人校訂「新編相模国風土記稿 愛甲郡巻之四」より)

かつての面影を偲ぶものは無い。 
日枝神社、法界寺。富士塚が民家の敷地の1画に大切に保存されている。弘徳寺。

本厚木カントリークラブの脇の滑り台やブランコのある小公園に競馬場跡の案内が立っているのに気付いた。昭和初期、ここに「愛甲郡競馬場」があったそうで、さしずめハルウララのような馬に声援を送っていたのだろう。その後住宅団地になって、地名は駒ケ原。
白山坂から道幅が少し狭くなる。八ツ橋の下を流れる恩曽川は暗渠になっている。 

我々は夏なら当然だが、冬でも歩きながら水分をよく補給する。寒い時は疲れを取ってくれるので暖かいおしるこがいい。缶入りとは思えない味が楽しめるのは伊藤園とカルピスのおしるこで、道端の自販機にこれがあると迷わず120円を放り込む。 

妙昌寺、道祖神。県道603号に出て右手の小野橋方向に行かず、直進して玉川に架かる宮前橋を渡る。
小野地区は伝説の多いところだ。

「小野村」
按ずるに、景行天皇廿八年日本武尊當国に入し時国造等欺きて草野に誘ひ、やがて火を著け焼討んとせし事ありしは、果して此辺の事ならんか

(「新編相模国風土記稿 愛甲郡巻之二」より)

小野小町の出生地でもあるという。
杉の木立の中に小野神社があり、この神社を再興した愛甲氏の本家である横山氏が小野妹子の子孫であるとの案内がある。

舗装された道が山の裾を巻くように進み、やがて上っていく。
道端に咲く小さな花が春の来たことを告げている。鮮やかな青色のイヌノフグリ、六稜の星のしるしのハナニラ、ピンクの花が舞うヒメオドリコソウ、ザゼンソウ。
丘の上に日産自動車テクニカルセンターの白い大きな建物が見える。なだらかな丘の四方からの道が交わるところが標高145メートルの津古久峠であることを厚木市の案内が教えてくれる。

「津古久峠」
後北条時代に小田原と武蔵を結ぶ小田原道として発達し、江戸時代になると大山参りの人々がこの峠を越え、大山道として発達した。最盛期には峠に御茶屋もあったと伝えられている。 

 

伊勢原市

峠を下る。鍼灸治療の龍敬寺。東名高速道をくぐる。白い戦艦のような東海大病院が迫る。
その病院の手前で、左から進んできた旧矢倉沢往還である足柄道に合流する。牛舎の前、竹林寺の辻に「西大山道」の文字を太く深く彫った道標がある。

ヤマト運輸の裏手から渋田川沿いを進む。

咳止地蔵。願をかけるときは泥の団子を、病気が治ると本物の団子をお供えするそうだが、どちらの団子も無かった。今年は暖かいので風邪をひく子が少ないのだろう。地蔵の前にある小さな道標は朽ちかけているが、どうにか「大山道」と読める。

市米橋を渡り、ヤマト運輸の前を左に入って柏尾通り大山道を進む。柏尾通りは保土ヶ谷と戸塚の間の柏尾から大山への参詣路だ。ピラミッド形の山容の大山を真正面に見ながら、ぶどう畑の中の細い土道を歩く。

 峰岸団地の横を進み、東名高速道路をくぐる。
「ひなたみち 七五三引村 いゝやまみち」と道標を兼ねた双体地蔵が立っている。傍らを小川が流れる。
石橋供養塔がある。


左手の墓地は上行寺だ。長く江戸にあった関係から著名人の墓があり、一画に集められている。
墓が将棋の駒の形をした初代名人の大橋宗桂。謀反人の丸橋忠弥の墓は母方の姓を刻んでいる。討ち入り前夜、赤穂浪人大高源吾に「年の瀬や水の流れも人の身も」と読みかけた俳人宝井其角。
 

戻ってすぐ、今度は右手に少し歩くと洞昌院があり、横に太田道灌の墓がある。枯れた「手向けの松」の2つの大きな切株が大切に保護されている。 

また戻って大山を正面に見ながら小川沿いの細い道を進む。「上リ大山」の道標。石倉橋で現大山街道に出る。緩やかに上るバス道を進む。
梛の大木がある比比多神社。神社の向拝の柱を削って煎じて飲むと安産が出来るそうだ。向って左の柱で男子の出産を祈り、右の柱で女子の出産を祈る。左の柱の削られ方がすさまじい。 

16時20分  神奈中バス這子坂停留所  47006歩

 

平成16年2月27日(金)

7時20分  易住寺から旧道の這子坂を上って、やがてバス道に戻る。
家々の庭から今盛りの紅白の梅がのぞく。しかし周りの山はまだ冬枯れの色だ。道は上がり続ける。

先導師旅館の看板が増えはじめ、その旅館の道際に講や世話人の名を刻んだ「石まねき」が数多く見られるようになる。

慶長十年正月、東照宮の命に依て不学不律の僧は下山せしめ、・・・当寺旧記曰、当山之衆徒、乗倶緩、酩酊酒肉、徒労数歳、耽著好色、空過四運、・・・師職百六十六軒、多く坂本村(土人は大山町と称し、村名を唱へず)に住す、・・・
(「新編相模国風土記稿 大住郡巻之十」より)

下山させられた修験者や僧が「御師(先導師)」と呼ばれるようになり、彼らが大山詣での勧誘、講中の結成のため関八州を廻り、参詣時には宿泊場所を提供し、大山登拝の先達を勤めた。彼らのこのような活動により、大山講・お花講・天狗講といった講中が各地に広がり、宝暦年間(1751〜64)には年間2〜30万人もの人達が大山へ訪れた。

 

今回歩くに際し、伊勢原教育委員会文化財保護係の諏訪間さんから大山詣でに係わる話を懇切に伺った。前回歩いた津古久峠越えの道も教えて戴いたもの。

大山は雨降山とも呼ばれ、古来より雨乞いの霊験で知られるほか、祖霊の昇る山、元服の山としての民俗的信仰もあった。五穀豊穣、病気平癒、商売繁盛、航海安全などに御利益がある。
明治初年の廃仏毀釈によって、大山寺があったところを阿夫利神社下社、頂上にあった石尊社を阿夫利神社本社とした。
大山寺は破壊されたが、破壊を免れた不動明王を拾い上げた村人たちが前不動のあったところに再建した。

従って大山詣は江戸期までは大山寺が、明治期以降は阿夫利神社がその信仰の対象になったのだ。

 

明治期、神社の再興を手掛けた権田直助の墓が大山川に面する公園の奥にある。権田氏が御師の分担地域も決めてくれたと、下山途中に大山名物の豆腐料理を食べた和仲荘のおかみさんから伺った。
大山寺は天平勝宝7年(755)東大寺別当の良弁が建立した。その良弁を祀った小さな堂が、やはり川に面して建っている。しかしいくらお堂の中を覗いても、あるはずの良弁像はなかった。

江戸期の参拝者が豆腐を手のひらに載せ啜りながら登ったという「とうふ坂」を上る。「板まねき」の残る家がある。
川沿いに旅館、土産物店が続く。
独楽の絵が描かれた参道の両側に木地師の店が並ぶ。
 

追分社から女坂を上る。楽な山道のはずだが、勾配が結構きつい。
尤も下りで利用した男坂は、さらに急勾配の石段がこれでもかこれでもかと続き難渋した。

8時45分 大山寺に着く。

9時10分 神社下社に着く。平日なので参拝者は数人だ。
眼下に相模湾が広がり、江ノ島が見える。大島が水平線上に浮んでいる。 

9時30分 左横の登拝門から本坂を上る。

勾配のきつい階段で始まる・・・戦々恐々、前代未聞。
階段状の道が延々と続く・・・言語道断、周章狼狽。
夫婦杉、モミの大木、天狗の鼻突岩・・・支離滅裂、悪戦苦闘。

上へ上へと急峻な道が続く・・・吃驚仰天、粒粒辛苦。
富士山に半分雲が懸かっている・・・無我夢中、鵬程万里。

大きな岩が道いっぱいに転がっている・・・空前絶後、難攻不落。
道が垂直に上っていく・・・粉骨砕身、自暴自棄。
足がつる。息も絶え絶えだ・・・勇猛果敢、絶体絶命。 

11時間5分 標高1252メートルの頂上に着いた。 13771歩・・・夫唱婦随、欣喜雀躍。

阿夫利神社本社と奥の院を覗き込むが、石尊社の名にある石は見つからない。 


山頂からの東から南に開いた展望は雄大で、三浦半島から伊豆半島が一望できる。さらに裏に廻ってみると丹沢山塊が連なっており、富士山も姿を見せた。
板橋区志村から歩き始めた「大山詣で」は、大山から素晴らしい景色を眺めるという御利益を授かって終わった。(了)

トップへ戻る