平成16年1月21日(水)

武蔵境から甲州街道・飛田給までの武蔵野・調布の両市内の詳しい道筋が分からない。
大山阿夫利神社が編集した「相模大山街道」は次のように記している。

境本村から大沢の天文台の東、深大寺の西をまっすぐに調布に向う。
調布に入る手前でやや西に折れる。

しかし、天文台の東、深大寺の西を通る道が前回歩いた深大寺街道とどこで繋がっていたのだろうか。
調布市郷土博物館に尋ねると関口さんから回答を戴いた。

市域での大山詣のルートは明らかではありません。
ことに武蔵境方面から調布市域に入ると、調布飛行場ができたので旧道は消えています。
江戸末期の「深大寺道」を利用したと考えられます。武蔵野市内・三鷹塚・深大寺・御塔坂を経由して甲州街道に出る道です。

前回南下した深大寺街道の続きを歩けば良いのだ。

 
6時50分  中央線武蔵境駅近くの新道北踏切をスタート。
武蔵野市境南町と三鷹市上連雀の境界の真っ直ぐな道である。
かつては畑が広がっていたこの地に、なぜ商人が集まる連雀の名が付いているのか?上連雀町よりも前に開けた下連雀町にある次の話で納得した。

「下連雀村」
明暦三年正月江戸回禄の時、神田連雀町も共に火をあひしかば、其処は上げ地となりし故住する処の町人へ替地として、武蔵野御札茅場千町野に於て宮地一町余、寺地四町余、名主へ七町余、其外二十四人に四町余より五町余づゝ賜はれり、
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 多磨郡之三十七」より)

 

三鷹市

真っ直ぐに南下する道が連雀通りと交差するところを「塚」という。

「大澤新田」 
二ツ塚   一は江戸往来の傍にあり、一は南の林中にあり、共に高さ三尺余、この通りを二ツ塚通と云、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之四十」より)

しかしいくら探しても塚はない。右手にある大鷲神社の小祠にヒントがないか探すが分からない。塚探しと関係ないが、神社の社名碑は三鷹市の名誉市民である武者小路実篤の書によることに気がつき、筆まめな方だと感じ入った。
道幅が倍に広くなって武蔵境通りと名を変え、依然真っ直ぐに延びる。冷えた身体を朝日が左から暖かく包む。小田急バスの停留所が、山中、配水場前、野崎と続き、人見街道と交差する。出勤途上の車が多い。野崎八幡社。広い東八道路を越える。

 

調布市

武蔵境通りは更に広くなる、というよりも今広げている最中である。富士嶽浅間神社も落ち着かない。
神代植物公園の欅が、葉を落として竹箒みたいに枝だけを曇ってきた空に伸ばして、いっそう寒々しい。深大寺に寄って、お参りをする。朝早いので名物の蕎麦を食べさせる店はまだ開いていない。
御塔坂を通って、電通大の前を過ぎる。大きく高い見事な楠の並木が続く。
 
旧甲州街道に合流し、飛田給・薬師堂まではこの街道を歩く。
「新撰組局長近藤勇生誕の地 上石原」の幟が家々に掲げてある。

宮川(近藤勇の子孫)  
うがった見方ですが、きっとNHKから長州や薩摩のお偉方がいなくなったんですね(笑)。いや、私の聞くかぎりでは、昔は「新撰組をいい役にするのはいかん」と薩長の偉い人がひとこと言えば、ドラマも何もできなかったそうですよ。
(文藝春秋 平成16年2月号「近藤、土方、沖田の子孫集合」より) 

飛田給地区に入る。

「上飛田給村」
村名の義を尋るに『続日本後記』に天長十年五月、多磨・入間両郡の境に悲田所を置れしと見ゆ、そのもよりなれば悲田所の給地にて、もとは悲田給と記したるを、悲を飛と同音の字なれば、いつの頃か飛田とかきかえ、それをばとひ田と唱えしなるべしと云こと村民の口碑にあり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之三十八」より)
 

京王線飛田給駅入口のすぐ先の薬師堂のある一画、行人塚の脇に五つの石造物が並んでいる。そのひとつの庚申塔が道標になっており、「南相州大山・ 北所沢道」が読める。従って、この薬師堂の横を大山道が通っていたことになる。

この細い道を、駅とは反対の北に民家の間を行くとすぐに、現甲州街道に突き当たり、その先は調布飛行場で、確かに道は消えている。右手に白く輝いている味の素スタジアムの方向に足を伸ばすと、スタジアムの前に「1964TOKYO マラソン折返し地点」の表示を見つけた。
 
戻って京王線飛田給駅の東側の踏切を越える。このあたりは研究所や社宅など鹿島の施設が集まっている。
中央自動車道をくぐると、高い松の下に押立神社があり、押立通りを進むと多摩川の堤に出る。
100メートル下流に押立渡しの跡を示す碑がある。

「押立村」
土橋  多磨川に架す、長さ三十四五間、四月より九月までは橋を廃し、舟を用ゐてわたせり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之三十八」より)

幼稚園児が元気よく堤を滑り降りたり、広い河原を走り回っている。
多摩川は少し上流に架かる稲城大橋で渡る。

 

稲城市

多摩川を渡って稲城市に入っても対岸の調布市と同じ押立で、これは江戸期には一つの村だったからで、こちらは向新田と呼ばれた。

ここからは稲城市教育委員会生涯学習課の小谷田さんから郵送して頂いた詳細な地図の通りに歩けばよいので、気楽である。
多摩川の堤下に建つハイシャトレ稲城の脇に押立渡船場跡の案内があり、そこから延びている葎草橋通りを進む。
梨畑が点在し、その畑に囲まれた墓地の一画に孝子長五郎の墓がある。大変母親孝行の人らしく、幕府から銀子20枚を賜ったそうだ。

2本の大通りを斜めに越えると、多摩川の流れを取り入れた大丸用水に葎草橋が架かっており、橋のたもとに、天保9年(1838)に板橋から石橋に架け替えたのを記念して造った1メートル数十センチの石碑がある。
また碑には各地への行程も刻まれている。「大山 十二里 小田原 十六里 江戸 十里 日光 三十六里」。

 
曲がりくねった細い道が、少し道幅の広い旧川崎街道に出る。
自然石で出来た道標がある。「右 八王子 左 大山道」。ここを左に市役所通りに入る。すぐ石橋供養塔やら庚申塔がある。庚申塔の左側面に「大山道」とある。

南武線の踏切を越えてまた細くなった道が現川崎街道に出てくる。そのまま渡って住宅の中の細い道に入る。大きな欅に囲まれた青渭神社という古い神社がある。境内に「東京のナシ栽培の起源」の案内があり、元禄年間(1688〜1704)に京都・山城から淡雪という品種の梨の苗木を持ち帰ったと書いてある。

青渭通りを進む。稲城村役場のあったあたりには、村のかつての中心だったことを物語るように数軒の商店が残る。左手にある市役所からの広い道が途切れて、まるで広場のようなところに出る。昼食を摂ったガストの裏手から、ぐるーと左に大きくカーブする。神王橋を渡らずに松の台通りを上っていく。武蔵野貨物線の高架橋をくぐると、地蔵や庚申塔がある。このあたりは百村地区。

「百村」
個数四十三烟、村内に散在す、・・・村内に一條の往還あり、西の方坂濱村より入て東の方長沼村に達す、この道布田五宿へ通じて甲州道中に合す、幅三間より九尺までの間なり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之七」より)

 
坂浜地区に移る。多摩丘陵の斜面の中腹に延びた道を進む。ほどなく下って、都道を越えて、京王相模原線に近づいて東橋から、両岸をコンクリートで固められた三沢川を遡っていく。

「坂濱村」
三澤川  水源は村の西黒川村と小野路村との谷間より湧出し、村へかゝること三十丁ばかり、東へ流れて百村に入る、川幅凡そ四間ほど、この水を水田へそゝげるなり、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之三」より)

甚吾谷戸橋。左手の高台に駒沢学園の薄チョコレート色の校舎が見える。新きさらぎ橋。
坂浜交差点で鶴川街道を跨いで、稲城第二小学校の方へ上っていくが、すぐ右手に細い道を下りる。中橋を過ぎ、また鶴川街道を跨ぎ、少し上がって民家の間を進むが、すぐに街道に戻る。ここからは道幅が広くて車の多い鶴川街道を歩く。小田急バスの停留所は、県境、於部屋という妙な名が続く。壁を淡い卵色と青色にまだらに塗った若葉台のマンション群が現れる。

 

神奈川県川崎市麻生区

京王線若葉台駅を右手に見て、道は真っ直ぐ延びている。少し先は小田急多摩線黒川駅。この間はマンション、商店も多い。
汁守神社の石段を上り、鶴川街道を行き来する車を見下ろしながら休憩。

この先は多摩丘陵を越える峠越えとなって、道は次第に上がっていく。へヤーピンカーブがあり、おまけに車が疾走するので、些か緊張しながら、歩を伸ばす。

 大山阿夫利神社編集の「相模大山街道」は多摩丘陵から大山への道が多種多様であったことを述べている。なかでも関戸の渡しで府中から乞田、小野路、図師、木曽に至るコースが知られている。今我々が歩いているのは、押立の渡しで調布から稲城を経て鶴川、図師、木曽への道であり、小野路は通らないで、直行する図師で小野路からの道と合流する。

 

東京都町田市

峠を越えるといきなり高層マンションが立ちふさがり、道はダラダラ下りながら、谷を埋め山を削って建てた住宅が広がる景色の中に、入り込んでいく。 

・・・・・・ところで、坂を下る途中を右に入ると小野路へ通じる道があるというので、NPO法人「みどりのゆび」からマップを戴いて後日歩いた。
新撰組の近藤勇、沖田総司は、剣道の出稽古をするために、布田道と呼ばれるその道を歩いて小野路まで行ったらしい。
尾根に延びる整備された道を行くと、左手下に町田の家並みが霞むように広がり、前方の丹沢山地の上に富士山が白く輝く。道端に石仏がたたずみ、竹林が揺れ、田畑を抱く深い谷戸がある。そして高低に富んでいる。
約1時間少しで小野路の鎌倉街道に合流するが、その直前に大きな切通しが待ち受けるのも、この旧道のフィナーレにふさわしい。・・・・・・

 
真光寺十字路を右折する。左は鶴川団地の北の縁。
鶴川街道と鎌倉街道がひとつになろうと近づく、その直前を右に折れて、すぐの石段を下りると千手院の脇に出る。鎌倉街道を渡り、造成された住宅の中を右斜めに上る。かつてこの道を大山に向う人が歩いたかどうかは知らないが、地図を見ると真光寺十字路から一直線である。そして丘の下りになると、木立の中の道はまるで旧道のようだ。
芝溝街道の新袋橋の袂に出た。

 
左手の神奈中サービスセンター、小田急物流センターの向こうに七国山が見え、右手は野津田公園の丘が迫る。
並木で小野路からの大山道と合流する。図師で左に曲が、鶴見川に架かる宮川橋を渡るとすぐに、右へ鎌田坂と呼ぶ細い道を上がっていく。あるはずの縁切り不動のある小さな祠が見当たらない。この不動は道しるべになっていて、「右大山」と彫られているという。右のさらに急な石段を上がる。上りきると住宅街で、右の斜面の雑木林から下に、今歩いてきた図師の家並みが見える。

 
丘の上に造成された住宅街のなかを進み、広い道に面するENEOS忠生SSで遮られるところもあるが、上宿からは木曽町に入って、木々が茂るゆったりとした庭のある農家が続く。覚円坊の前に木曽一里塚がある。

「木曽村」
村内八幡社の鐘の銘によれば、鎌倉将軍家の頃、木曽氏の人こゝに来り住せしことあるによりて、起りし地名なりとみゆ、されどたしかに伝ふる所なければ、今より考ふべからず、・・・相州矢倉澤海道の宿場にて、古は木曽町と号せしが、今は往来もまれなれば、おのづから村里のことくなりて、・・・
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二」より)

家康の遺骸を久能山から日光に移す際に築いた木曽一里塚のことを、風土記稿はなぜか記していない。

 道を下って、武蔵国と相模国とを分ける境川を渡る。

16時50分  JR横浜線古淵駅  52139歩

 トップへ戻る