大山詣で(おおやまもうで)の道 

江戸期、関東一円で相模・大山の阿夫利(あふり)神社への信仰が盛んになった。
そして参拝する人々が行き来した道を「大山(おおやま)道」あるいは「大山街道」と呼んでいる。

大山街道といえば、江戸・赤坂御門を起点とする現在の国道246号線にあたる矢倉沢往還が有名である。
しかし、大山街道は参拝した人の数ほど無数にあって、関東各地に道標などの痕跡を残しており、矢倉沢往還もそのひとつに過ぎない。
 

ところで、中山道の志村一里塚の先、清水坂を下る手前に「大山道ならびにねりま川こへ道」と刻まれた道標と「是ヨリ富士山大山道」と書かれた庚申塔がひっそりと立っている。ここで中山道から分かれたのち、遠い大山までどのように歩いたのだろうか? 

今回は、この道標がある東京都板橋区志村から神奈川県伊勢原市の丹沢山地にそびえる大山までの「もうひとつの大山道」を探ってみたいと思う。しかし、この道筋を教えてくれる文献は殆ど無く、あっても断片的で、簡単なものである。
そこで、道筋にあたると考えられる地域の人達に問い合わせたところ、いずれも詳細にご教示頂いた。どうにか歩けそうである。


お世話になった次の人達に厚くお礼を申し上げます。(順不同)
   調布市郷土博物館の関口さん
   稲城市教育委員会の小谷田さん
   厚木市郷土資料館の増田さん
   相模原市教育委員会の木村さん
   伊勢原市商工観光振興課の市川さん
   伊勢原市教育委員会の諏訪間さん
 

平成16年1月10日(土)

東京都板橋区

8時15分  「大山道ならびにねりま川こへ道」の道標と「是ヨリ富士山大山道」と書かれた庚申塔の前を出発。

中山道の左を並行する道の両側は、民家、アパート、駐車場が混在している。
Santoku(スーパー)にぶつかり、城山通りと御成場通りが交差する四つ角に出るが、かつてはSantoku、サイゼリヤ、三徳駐車場を突っ切って城山通りの右手裏の道に続いていたと思われる。すぐに熊野神社。隣にある志村小学校の前から真っ逆様に下る急坂で、下りきったところが首都高速5号線。


高速道路をくぐると逆さ川と呼ぶ川があったというが、今は暗渠がその川筋を示している。志村第2公園という小公園に3基の庚申塔が並んでいる。真ん中に立つ塔に「向左 禰りまヨリ大山道」とあり、指示通り左に進む。事業所が多い。
爪先上がりの南坂が現れる。左手の斜面は木々に覆われており、ヒヨドリ、ムクドリ、キジバトなどが生息しているとの表示がある。
この急坂を上ると中台である。町工場が増えてくる。中台ふれあい館に向う老人の吐く息が白い。

子育地蔵の右を進むと、中台村の鎮守だった稲荷神社に突き当たる。境内にある飛行路の目標にもなったという椋の大木が、上部を切られ、葉を落として寒そうだ。
神社の前のバス道を左に行き、すぐ横の渡辺商店の脇を入って進む。左に曲がって細い道を鍵の手に曲がり、すぐに左に下ると道はさらに細くなる。緩やかに下った道が今度は一転上がっていく。こんなにも起伏のある地域が板橋区にあるとは知らなかった。周りは民家、事業所、町工場。

ほどなく出た富士見街道を右に進むと、すぐに「かみなか庚申塔」。左の道を進むと、マンションが増えてきて、前方に東上線の踏切の警報灯の点滅が見える。

なお東上線のここから池袋寄りに、大きな商店街で知られる大山があるが、この地名の由来も大山詣でと関係があると考えられている。東京三菱銀行大山支店あたりに、大山詣での人々が休憩するための「二階堂」というお茶屋があったそうだ。
10時、COCO‘Sで遅い朝食。

 

東京都練馬区

踏切を越えると、四辻の真ん中に馬頭観音が祀られている。
川越街道に出るこの道を「練馬横町」といい、街道に出たところを「しやかい」と呼んだという。

「しやかい」の由来は、板橋の遊郭への入口というので、ここを通る人をひやかしたからともいわれる。
(練馬区教育委員会編集「練馬を往く」より)

川越街道の下練馬宿があった北一商店街に、客を呼び込む大きな声が飛び交う。
大山への道は、建設工事中の環八通りへ曲がる。ここにあった「従是大山道」の道標は、右手奥の北町児童遊園の砂場の横に疎開している。
 
環八通りの左脇にまだ旧道が残っており、子育地蔵が大切に祀られている。
現川越街道を渡り、富士街道と名付けられた環八通りを進む。大山詣では江戸初期から行なわれ、約300年ほど前の享保年間から富士詣でが加わって「大山道」が「富士大山道」となり、明治期に富士街道になった。富士街道は練馬区の北東から南西へ斜めに真っ直ぐ延びている。それはまるでNYのブロードウェイのように委細かまわず直進する。
 

お好み焼の京味峠の前に「右ふじ大山道」と刻まれた大きな庚申塔が立っている。この左手に御殿という小字があったらしい。

「下練馬村」
屋敷跡  村の南にあり、右馬頭と称せるもの住すといふ、その姓氏及何人たる事を伝へず、今陸田となり御殿表門裏門等の小名あり、礎石など掘出す事まゝありと云、
(「新編武蔵風土記稿 豊島郡之五」より)

一説によれば、右馬頭は少年時代の五代将軍綱吉で、脚気を患ったが医薬の効めがなく、陰陽頭に占わせると、城の西北にあたる馬の字のつく所に転地するとよいということになった。そこで、下練馬村に御殿を建てて療養したという。しかし今はトラック置場の奥に住宅が並んでおり、これらの話がピンとこない。

風土記稿には練馬の地名の起源も書かれている。

此地原野なりし頃篠某と云ふ浪士来り住み、近国の牧場の馬を盗み来り、こゝにて調練し他にひさぐ事を業とし、後浪游の士を呼集め此地を開墾す、よりて練馬の名起これりと云、
(「新編武蔵風土記稿 豊島郡之五」より)
 

右手に陸上自衛隊練馬駐屯地の白い長い塀が続く。

真っ直ぐな広い道を進むと、ほどなく商店が増えて有楽町線平和台駅に着く。左手のみずほ銀行練馬平和台出張所の前に馬頭観音があるが、刻まれているという各所までの距離は観音の表面が磨耗しているので、読めない。
本寿院に入ると、馬が衣を着て数珠を持って座っている珍しい馬頭観音があった。

練馬春日町トンネルの先、志村から測って一里の位置に一里塚子育地蔵。 
富士街道は豊島園大腸肛門科前から環八通りと分かれて右斜めに入り、道幅は狭くなる。愛染院の入口に大きな練馬大根碑が立っている。練馬大根を栽培した百姓・又六の菩提寺だということから昭和15年に練馬漬物組合が建てた。鐘楼の礎石は沢庵石を集めて出来ている。

春日町交差点を越える。
さかえ幼稚園を過ぎたところに庚申塔があるが、この辺りにかつて高松寺という寺があったらしい。その寺に服部半蔵が奉納した二体の仁王像が、道の左手に入った高松小学校近くの御嶽神社の小さな鳥居の脇にある。
道から少し入ると、まだ農家が残っており、畑があり、大根がある。しかし武蔵野に多く見られたという屋敷林の欅の大木は、周りを見渡しても見つからない。

富士街道に戻る。ほぼ一直線の道が延びる。かつてはクヌギの並木があったというが、今はない。
谷原延命地蔵が祀られている。台石に「左たなし道大山道二里」と刻まれているので、一方通行の出口だが地蔵の左側の道を進む。谷原の交差点を斜めに横切る形で真っ直ぐに延びる道が高野台を抜けると、左手に西武池袋線石神井公園駅。
14時 両麺屋で遅い昼食。

踏切を渡ってすぐの消防団小屋脇の庚申塔の後ろに一里塚改築記念碑。子育地蔵遊び場。
日銀運動場。その奥に石神井公園の冬枯れした木立が見える。街路樹が背の高いユリノキになっている。一瞬だが畑が広がる。延命地蔵。

 

西東京市

高塚にある馬頭観音を見逃した。この馬頭尊は上保谷村の東の入口を示す標識でもあったという。
富士町交差点で新青梅街道と交差。柔らかい西日を浴びながら歩く。車は少ない。生産緑地の表示がところどころに見られる。
 柳沢北口商店街に入る。ほっとストリートの幟が揺れる。西武新宿線柳沢駅前を過ぎ、長い商店街が尽きるところに六角地蔵石幢があり、「大山道」と刻んであるのが読み取れる。左折して西武線の踏切を渡る深大寺への道を進む。

大山阿夫利神社編集の「相模大山街道」は次のように別の道筋を記している。

田無の辻から100メートルばかり青梅街道を西下し、宿の下田名主家の裏から直角に南へ向うのが大山道である。これから向台、柳橋で五日市街道・千川上水を横断し、真直ぐ武蔵境駅へ向うが、駅の東の踏切から旧境本村へ入る。

これは、西武線踏切を渡らずにそのまま直進し旧青梅街道から新道に入って南下することを意味する。しかし新道は名前のとおり新しい道である。明治22年に中央線の前身である甲武鉄道が開業して境駅が出来ると田無に至る道が開かれ、またその際に玉川上水に架けられたのが柳橋である。従って江戸期この道を歩くことには無理があり、六角地蔵石幢から深大寺街道を進んだと考えるほうが自然である。

なお鉄道を利用して大山詣でをする際にはもちろん新道を通っていた。

小沢   七月にはいると、白装束の人達が腰につけた鈴をチリンチリン鳴らしながらこの街道を通ってお参りに行ってな。・・・富士街道を通って、青梅街道を抜けて、新道から境へ出て汽車に乗ったんだろうな。
浜中   ・・・大山街道というのはどこの道だんべ。
小沢   さあ知らねえ。私なんかも15才の時、元服で大山へ登った。田無から境へ出て、汽車で飯田橋から東京駅経由で平塚まで行ったな。そこから人力車で伊勢原へ出て、大山の麓の御師(おし)の家で一泊して翌朝早く頂上まで登ったものだ。
下田   元服なんてやったの。おれやらなかったぜ。

(田無市中央図書館編集「田無のむかし話」より) 

 踏切を渡ると住宅街の中の榎ノ木通りとなる。青梅街道を渡る。ファミーユ柳沢の脇の畑にある馬頭観音に「右深大寺道 左柳澤 所沢道」とある。

 

武蔵野市

武蔵野大学と東京三菱銀行グラウンドの間を抜ける手前に道標があり、「西 府中道 南 ・大寺」が読み取れる。千川上水を越え、五日市街道から大師道に入る。大師道の名は深大寺の元三大師堂への道に由来するので、深大寺街道と同じだろう。道は途中境浄水場で迂回するが、緩やかに曲がりながら住宅街の中を延びている。

 17時   中央線武蔵境駅  39149歩

 トップへ戻る